【観覧注意】怖い話まとめ

当サイトは古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!



608 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/03/21(木) 14:49:34.60 ID:3uR+sZlz0

書き込むのここでいいかわからないけど…

あるまとめサイト見てたらここのまとめが載ってて、
霊の集まるだか通る場所がなんとかって話が出てたから
暇だったので何の気無しに「霊 通る場所」でぐぐってたんだ。

そしたらそのまんま「霊道」って言葉とその条件とか内容が出てきた。
そして読んでいるうちに、それがそのまんま以前住んでいる家にあてはまる事に気がついたんだ。

609 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/03/21(木) 14:58:08.34 ID:3uR+sZlz0
私は以前、千葉県I市のI駅から徒歩7分の所に2年程住んでいた。
そこを選んだのは、犬を飼っていたので広くて安いところを借りたかったから。
3DKオール電化で64kだった。
多少外観は古いけど中は綺麗だし、都内までは約40分。まあまあ快適だった。

私はそこに暮らしながら都内のキャバクラに勤め始めた。
まずそこが頭がおかしいと思うんだけどされはおいといてくれ。

生活は荒れた。
キャバクラと言っても稼げなかった。
と言うか、初めてな事もあっていいように使われた。
売上月150あっても月収は20そこそこだった。

毎日朝3時頃帰宅で休みは日のみ。
ほぼ酔っていたり疲れていて何も出来ない。
東北に居た頃から溺愛している飼い犬に構ってあげられない毎日。
体が弱い子だったから病気通いは必須なのに。

そんな日々を過ごしていたある日、
その犬が死んだ。死因はわからない。
その二日前辺りからご飯を食べなくなって、これはおかしい、
明日は休みだから一眠りしたら病院に連れて行こうと思っていた矢先だった。

私はもう完全に気が狂ってるんじゃないかと思うくらい泣いた。
犬はその日のうちにお骨にしてもらった。
自暴自棄とはああいう事を言うのだろう。
より、生活は荒れた。
後悔してもしてもしきれなかった。
死にたかった。

亡くなって一週間も経ったころだろうか。
家でうとうとしていたら
玄関から誰かが入ってくる気配がした。

え?誰?と思いながらも、体を動かすことが出来なかった。
はじめて「金縛り」にあった。
私が寝ている時間は昼間だったので、
いろいろな事を考えた。
親?不動産屋?あり得ないのに。

入ってきたそいつは、私が寝ていた居間(寝室の布団では犬が死んで以来寝れなくなった)の引き戸を開けて入ってきた。
冷や汗と動悸が止まらなかった。怖い。

長くなった。まとめるの難しい。


枕元に、確実に居る気はするのに、相変わらず体は動かない。
そうこうしていると、そいつは私の頭を踏んで、
掛けていた毛布に入ってきた。
懐かしい感触。
飼っていた犬の感触だった。

そこで体が動くようになった。目が覚めた様な感覚。
勿論そこに犬は居ない。
玄関の鍵も閉まっている。誰か来た形跡も無い。

泣いた。号泣した。
もしかしたら夢だったのかもしれない。
夢でもいい、会いたい、また会いたい。
私はその日から眠る事だけが唯一の楽しみになった。

その事があってからその家には約一年半住んだのだが、
誰か入ってくる足音、気配→引き戸を思い切り開けられる
そんなパターンの金縛りに度々遭うようになった。
残念ながら犬は一度も出て来てくれなかった。

犬を亡くして病んでいたから、で説明がつくのかもしれない。
それでも初回の金縛りの時来てくれたのは犬だったんじゃないかと今でも思っている。

その家から引っ越して今、約3年が経つ。
今の家では金縛りも無くなった。
元々、霊感も無いし霊的な物に物凄く興味があるわけでもないので、
この話はたまに話のネタに人に話す程度だった。

そうしたら今日、冒頭に話した「霊道」の存在を知った。
そしてピンと来た。あれ?もしかしてあの家…。
まさかね、と以前住んでいた家の地図を開いた。


霊道の条件とは、私の見たサイトでは「北東→南西」「お墓とお墓の間」だったのだが、
見事に当てはまった。
玄関から居間の引き戸、そしてベランダの窓はそのラインに並び、
建っている場所はI霊園とIO霊園の真ん中。




オカルトランキング



98 本当にあった怖い名無し sage 2009/10/17(土) 11:23:58 ID:T+d0OgtN0
ここでいいのかな?

夢で不思議な話を
同じ家とか場所とかを繰り返し夢に見ることはあるだろうか
別に続きモノって事ではなく、ホラーであったり日常的であったりと
関連性はないけど舞台がいつもそこってやつ
大抵は昔住んでた家だとか友人や親戚の家だったりとか
でも全く覚えがない場所だが、よく夢に見るということがある
学校でそんな話をしていて、友人が教えてくれた話

彼は昔からよく夢に見る場所があった
ちょっとばかり洋風の普通にある住宅で、2階建てだという
いつから見るようになったのかは覚えていないが、中学に入ったときにはすでに、ああまたかと
思えるくらいだった
彼にはとても仲のよい友人Kがいた
家が近所で母親同士も仲がよかったため、お互いの家を行き来して毎日のように遊んでいた
好きな漫画もゲームで使うキャラも一緒
成績も同じくらいで、身長体重も変わらない

中学1年の時にいつも通り遊んでいると、夢の話になった
「いっつも同じ家の夢をみるんだよ」
食いついてきたKも同じような体験をすることがあるらしい
メモ用紙に家の間取りを書いて説明すると、Kも同じだと言った
いろいろ話している内に全く同じ家のように感じた
奇妙な偶然に好奇心が刺激され、お互いの夢の話をすることが多くなった
家は割と広くて4,5人の家族が住めそうな所
だけど二人とも1階の角部屋だけは入ったことがない
中学という微妙な年齢のこともあって、どちらが先にあの部屋に入るか競争しようということになった
その頃から悪夢が続くようになった
家の中を包丁をもった殺人鬼に追い回されたり、姿の見えない幽霊に追いかけられたり
例の部屋に近づくことは出来なかった
最初は「俺たち前世で兄弟だったんじゃね?」と盛り上がっていたが
次第に夢の話はしなくなった

彼曰く、あまりに似すぎている自分たちが正直気味が悪くなったと
顔は似てるわけではないけど、本人達にしか分からないシンパシーのような物があるんだと
それは彼も同じだったようで高校は別の所を選んだ
でも仲のよい親友であることには変わりなく、電話で話したりはしていた
部活や進路を決めるような時にはお互い別々にしようと暗黙の了解があった

大学に進む頃には違う生活環境で次第に疎遠になっていた
冬休みに実家に帰省すると久しぶりにKから年賀状が届いていた
年賀状にはペットの犬の写真
ああ、チョコまだ生きてるんだと懐かしかった
印刷のあけましておめでとうの下に小さく書かれたKの筆跡

「あの部屋に呼ばれた。俺が先に行くぜ」

その言葉に血の気が引いた
数日前に見た夢で彼も部屋に呼ばれたのだ
変わらず一定周期であの夢は見ていたが、そのときはなんだか雰囲気が違った
誰もいない家の中を歩いていると、なんとなく、ああ、今ならそこに行けるなという気分になったという
ただ彼は行けなかった
行こうとしたときに携帯が鳴って起こされた

学校が始まってしばらくしたときに母から電話がきた
Kが行方不明になったらしい
一人暮らしをしていたアパートから忽然と姿が見えなくなったと
何か知らないかとKの親が聞きにきたというのだ
もちろん夢の話など出来るはずもなく、知らないと言うしかなかった
それから半年以上が経ったが、まだKは見つからない

疎遠にはなっていたが、とても寂しくて仕方がないと落ち込んでいた
先を越されたと悔しい気持ちもあるんだと

対して怖くもないかもしれないけど、正直俺はぞっとした
俺もまた同じように毎度でてくる家がある
夢で見たことを他人に話してはいけないと祖母が言っていた
それまでなんとなく言いつけを守っていたけど、そういうことかと納得した


オカルトランキング



726 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/07/29 04:29
友達の叔母さんの体験談で、ネタでなく実話です。


友達の叔母さんは、若い時からヨガをやっており、
今は教室の先生もやっているとか。
その叔母さんの若い頃の話です。

ヨガの修行のために、叔母は長期滞在でインドのある地方(聞いたんですが名前忘れた)
へ赴いた。
そこは世界各国からヨガをやっている人々が修行に来るような有名な場所で、
叔母はそこで一人の白人男性(確かカナダ人)と知り合い、仲良くなる。

ヨガの世界はフリーセックスな思想らしく、二人は肉体関係も交えながらも
日々仲良く共に修行をしていたそうだ。
そんなある日、いつものように二人は瞑想をしていると・・・
叔母の瞑想のイメージは、自分が異国の服を着て、一人の男に殺されてしまい、
土の中に埋められてしまうものであった。

瞑想から覚めた二人は、互いの顔を見合うや否や、

「あ~~~~~~~~~!!」

と指を指し合った。

728 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/07/29 04:48
>>726
で、何事もなく帰ってこれたわけね?ヨカタネ


733 名前:726つづき? 投稿日:02/07/29 15:22
>>728
結局、その叔母さんが見たのは自分の前世のイメージで、
自分を殺した男というのは、一緒にヨガを修行していた目の前の白人だったらしい。
白人男性も、同じように自分が女性を殺してしまうイメージを見ていたそうだ。

その後二人はしばらくこんな事があるのかと、愕然としていたが、気を取り直し、
「まー過去の事だし」という事で水に流し、滞在している間、仲良く修行していたそうだ。

まー本当かどうかはわからないけど、前世で自分を殺した男と現世で寝てるってのは
結構洒落にならないかな~と思って。
怖く無くてスマソ




オカルトランキング

↑このページのトップヘ