【観覧注意】怖い話まとめ

当サイトは古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!




861 :本当にあった怖い名無し:2018/04/11(水) 20:18:42.78 ID:CUWkiYvE0.net
嫁は所謂見える人なんだけど、ちょっと変わってて、 
幽霊とかを見るんじゃなくて、聞いてると妖精や妖怪っぽいものが見えるらしい。
幽霊も見える事もあるけど、波長を合わせないといけないから苦痛らしい。
でも嫁の子供の頃は、あなたの知らない世界とか幽霊話ばっかりで、
自分の見えてるものが何なのかわからなかったと言っていた。
そんな嫁から聞いた嫁の話。


862 :本当にあった怖い名無し:2018/04/11(水) 20:19:33.63 ID:CUWkiYvE0.net
なんか嫁は昔は肉眼メインで見てたらしいんだけど、
肉眼だと見えたものがいい奴か悪いやつかわかんないから、
心で見るようにしたら区別つくようになって、肉眼で見る力衰えてったらしい。
心の目と言いながら、おでこを指差してたけどな。



863 :本当にあった怖い名無し:2018/04/11(水) 20:23:53.93 ID:CUWkiYvE0.net
なんか嫁は、神社の神様とかとも話しかけてくれたりするらしく、 
通りすがりの神社とかの鳥居から白い手がにゅーって出てきて、おいでおいでされた事もあると言っていた。
(今忙しいって言って無視したらしいが) 

一緒にいて明らかにおかしいのは、
気持ち悪いくらい神社に行くと晴れ女で、降水確率90%で出かけても晴れる。
スッゲー降ってたのに駐車場ついた途端に晴れるのは毎度ビビる。


864 :本当にあった怖い名無し:2018/04/11(水) 20:33:10.47 ID:CUWkiYvE0.net
俺も目の当たりにしたのは、M県の某有名な神社に行った時。
「あ!まじか」って突然言うから、どうしたのか聞いたら、
「高いとこに連れて行かなきゃ」っていって地図見出して、
「よし!ここだ」っていって、近くにあるちょっと小高い展望台みたいなとこ行ったんだ。
そこはすごい霧で、霧が濃すぎて展望もできないから誰もいない。
「ちょっと待ってて」ていって展望台の端に行って、嫁が万歳した。
万歳というか、\(^^)/こんな逆ハの字。
そしたら目の前で霧が割れてくんだよ。モーセみたいに。両側に霧が割れるの。
零感人間の俺には何してるかサッパリだけど、すごい強い風が真ん中から吹いて割れてく感じ。
そのあと「よし!」ていって、嫁が展望台の端から帰ってきたら、
また霧が両側から攻めてきて、目の前が霧で埋まった。
何だったの?て聞いたら、 
「高いとこに持ってけって言われたから持ってきただけ」と、よくわからない答えだった。


865 :本当にあった怖い名無し:2018/04/11(水) 20:40:52.45 ID:CUWkiYvE0.net
あと、当事者には物凄く申し訳ない話なんだけど、
結婚式も嫁はお気に入りの神社であげたかったみたいで、
そこの神社に電話して、結婚する予定の日に結婚式の予約を入れようとしたんだ。
でも結婚式のいい日取りってすぐ埋まっちゃうみたいでさ、予約がいっぱいですって断られたんだ。
電話切ったあと、嫁はすぅーって息吐いたあと、
「私の結婚式あげんと誰の結婚式あげるんじゃー!!!!」って大声で怒鳴ったあと、
また神社に電話して「結婚式挙げたいんですけどー」っていってた。
なんと一件キャンセルが出てますとの事。
笑顔で「ラッキー」て言ってたけど、絶対なんかの力が働いたんじゃないかと思ってる。
どんな事情でキャンセルされたか知らないが、幸せであって欲しいと思う

 
☜1日1クリックの応援お願いします




378 :本当にあった怖い名無し:2012/06/23(土) 20:57:15.82 ID:0oDzfDXO0
ガキの頃、朝起きたら、火の気がない和室の押入の襖が、下30cmぐらい焼けていたことがあった。 
焼けているというより、襖の上紙一枚だけが『炙られてめくれてる』というカンジで、
下から古文書みたいな筆文字がのぞいていた。

その家は家を建て替えるあいだ1年間だけ借りていた古い木造家で、他にも不気味な現象が多々あった。 
だいたい家の造り自体が不可解で、焼けた押入の奥にも隠し戸のような扉があり、扉を開けると6坪ほどの裏庭。
裏庭には、ここからしか出入りできないようになっていた。 


379 :378:2012/06/23(土) 21:13:47.27 ID:0oDzfDXO0
階段の途中には小さな戸棚があり、戸棚の奥は窓もドアもない六畳ほどの真っ暗な板の間。 
この戸棚は気がつくといつも3,4cm開いていて、階段を上り下りする足音も昼夜を問わず聞こえた。 

階段を昇った真正面にあるトイレは、1畳ぐらいしかないにも関わらず両側にドアがあり、
どちらからも開かない(鍵がかかっている)ことがしょっちゅう。
勝手に水が流れたり、ペーパーホルダーがカラカラ鳴ったりとかも日常茶飯事だった。 

包丁、ハサミ、カッター、ドライバーなど、刃物類がしじゅう消えるのも気味悪かった。


381 :378:2012/06/23(土) 21:27:36.50 ID:0oDzfDXO0
うちの家族は引っ越してすぐ異常に気付いたが、親はあえて仲介屋には何も聞かなかったらしい。 
また引っ越すのは金も手間もかかるし(賃料がすごく安かったのだそうだ)、1年だけのガマンだと思っていたのだと思う。
だから、この家が事故物件だったのかどうかは判らないが、この家は俺らが引き払ってすぐ取り壊された。


383 :378:2012/06/23(土) 21:30:23.78 ID:0oDzfDXO0
後日談があるんだけど……書いてもいい?


386 :378:2012/06/23(土) 21:44:34.16 ID:0oDzfDXO0
この家に越して半年ぐらい経った頃、俺は原因不明の高熱を出して1カ月近く寝込んだ。
その時、3日続けて同じ夢を見たんだ。 
この家の隣には有名な古い大寺院があったんだけど、
その奥にある大きな薄暗いカンジの池で、友人とボートに乗ってる夢。 
で、池の中央まで来ると、なぜかオールが動かなくなる。
焦って力任せにオールを引き抜くと、ずぼっとオールに大量の黒髪がからまってくる……。 
俺、学校でこの話をして、友達と寺の奥までに確認に行った。でも、池なんかなかったんだ。 
だけど……


387 :378:2012/06/23(土) 21:49:31.08 ID:0oDzfDXO0
大人になってから、俺はたまたま仕事で『江戸の歴史』を調べることになった。 
で、古地図を見てみたら、その寺の敷地内に大きな池が描かれてたんだよ。 
俺が調べたところでは、江戸時代、その寺には大奥で不始末を犯した奥女中が預けられることがあり、 
その中にはこの池に身投げした人もいるということだった。 
寺と家の関係は判らずじまいなんだけど、自分的には何らかの関係があったのかなと思ってる。



☜1日1クリックの応援お願いします



40: 2016/07/11(月) 02:01:13.85 ID:e1OT4cU10

大手じゃなくておじいさん一人と奥さんの二人でやってる古本屋でバイトをしてた頃があって、
漫画本とか単行本より古書とか紐で製本されているような本を取り扱っていた
古書あるあるっていうか、業界人なら結構経験するんだけど
仕入れたはず本の冊数が店舗で整理すると少ないことがよくあって、
これだけ聞くとじいさん達も老いさらばえてきたなって話なんだけれど、
それは数え間違いじゃなんかじゃなくて数える人によって冊数が変わる

例えばおじいさんが10冊仕入れてきても奥さんが数えたら6冊しかなくて俺が数えたら8冊しかない、
みたいなことがざらにあって、目の前で奥さんに数えて貰うと確かに6冊なんだけど
自分で数えると何故か8冊ある、みたいな感じで人によって目に見えない古書が混じってる時がある
そういう人によって見えたり見えなかったりする本は売り出しても大抵気づいたらなくなっていて、
ヤフオクに出品して落札されても、いざ郵便で発送すると配送事故でお客の手元に届く前に何処かに消えることが殆ど。
だから縁起が悪いってことは特にないんだけれどどんなに高価でも捨てるっていうのが暗黙のルールになっていた
ひどいのタイプは誰にも見えない本で、そういう本は仕入れた時にも店舗に並べる時にも誰も気づかなくて、
お客が手に取って値札がないぞとレジに持ってきた時にはじめて気づく
そういうお客には欲しいなら売るけどなくなるよっていう旨を伝えるようにしてる
不気味がって買わないお客もいるけど大抵のお客は面白がって持って帰って2、3日後に青い顔をしながら店に来る
一番驚いたのは小学生位の女の子が一人で来店して色んな本を見てたんだけど
レジに来た時に重そうに空気を小脇に抱えて持ってきたことがあった
じいさんも奥さんも自分も店にいたんだけれど誰にも一冊も見えてなくて
本が好きなら無料で持って帰っていいよというと喜んで空気抱えて帰っていった
それから味を占めたのか自分がバイトを辞めるまでたまに来店しては誰にも見えない本を無料で持って帰っていた。
どんな本だったのか聞いておけばよかったとたまに思います


48: 2016/07/11(月) 08:37:11.53
>>40
その女の子が買ってった(持ってった)本は
バカには見えない本だったんだね、きっと

49: 2016/07/11(月) 09:37:29.33 ID:e1OT4cU10
>>48
お、おう


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ