【観覧注意】怖い話まとめ 

当サイトは古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!




364 :本当にあった怖い名無し:2010/03/15(月) 00:56:35 ID:nwOELEO40

27歳の時、妹と共に上京してた頃の話。

当時働いてた会社の近くに隣接するように二つ神社があった。
両方とも駅前にある。一方はK神社、一方はY神社。有名な神社で、受験シーズンはY神社はテレビに出る事もある。

このY神社は学問の神様と有名だが…非常にヤバイ。
それが神社周辺だけの事なのか、神社自身なのかは中に入って確認していないから定かではないが…。様子を見るにも昼間でも入りたくなかった。

会社も駅から徒歩五分ほどの場所に在ったのだが、駅からの道が二つ別れる。K神社ルートと、Y神社敷地を一部は居るルート。
Y神社ルートの方が断然早く会社に入れる。駅から二分ほどだ。

朝の時間は貴重だ。特に私は喫煙者で、会社に行って早いうちからぼんやり煙草を吸うのに時間が多いに越したことは無い。
Y神社ルートに気付く前は、K神社ルートだったが、時間短縮に朝だし大丈夫だろうとY神社ルートを毎日使うようになっていた。

Y神社の前を通ると、何か腐ったような匂いがしていたのは気になった。
臭いな…と思いながらも毎朝、そして帰りも通っていた。


二ヶ月ほど過ぎたある日、会社から帰ってぐったりと部屋で横になってうとうとしていたら夢を見た。
古い古い大きな座敷のある屋敷の一室で、私を含めて数人の男がいた。

私は大きな姿見の前で、遊女らしき女をうつ伏せにして押さえ込んでいる。女は髪が振り乱れ、着物もみだれて、あられもない姿だ。
私は何も思うことは無く、女の髪をわしづかみにして力任せに引っ張り、首を仰け反らせている。

白い白い綺麗な首があらわになる。その首に他の男が、鋭い刃物を埋めてゆく。
髪を引っ張り仰け反らせているから傷口が、くの字で広がっていく。

そこで夢の中で私の意識が起きる。けど、行動はそのまま。
うわぁ…いやだ。そんな事を思っていたら、女の首を切り終えた刃が、私の足のふくらはぎに食い込んだ。

そこで私が、着物を着た男だと知る。男の意識と私の意識が重なる。男は、仲間が誤って自分に怪我をさせた。
治療されて当たり前だと思う。私は事情が分からずに、パニックになる。

怪我をした男が顔を上げて仲間を見ると、仲間の男は笑っている。
三人いたと思う。三人とも手に、惨殺目的のために作られたとしか思えないような凶器を持っていた。そして私を見てニヤニヤ笑い迫ってくる。

だめだ!やばい!!逃げなくては!!
男の意識は訳が分かっていないようだった。私は完全にロックオンされた!!と思った。

無理矢理覚醒しようともがいた。同時に酷く金縛りになっている。
迫ってきた男たちの持っていた凶器が生きたまま頭をつぶすためのものだ。と思いながら無理矢理に何もかもを振り払って目を開けた。

夢から醒めて目を開けて、体も起こしたけれど、視界が夢の片鱗を残している。
体から力が抜けて、すぐにでも気絶しそうだった。気合と根性で肉体の感覚を現実に引き戻そうとして、私は鞄の中の携帯電話を取り出した。

その間もざわざわざわと聞こえない気配と音が、私を飲み込もうとしているように感じた。
実際、がっくがっくがっくがっくと、無理矢理金縛りを解いた影響か、全身が痙攣のように震えて止まらなかった。

でも、そこで怯えて縮こまったら、事態が悪化すると思い。本能的な危機感から動いていた。
携帯を開いて、霊感のある友達の番号を引っ張り出す。その間も視界は何度も見えなくなる。

何とか電話をかけることが出来て、コール音を聞きながら、頼むから出てくれ!と祈った。
少し待って、友達が出た。

「…うわ…どうしたん!?」
「ご…ごめ…ちょ…とぉ…こあい…ゆめ…み…れ…」

未だに痙攣の様な震えも治まらず、呂律も上手く回らない。声が震えても居た。

「大丈夫!?話し聞くから、落ち着いて…大丈夫!?」

友達の声に安心して張り詰めてたものが溶けて、私は声を上げて泣いた。
泣きながら、自分の意識を必死に保とうと何か色々話してた。友達はそれを聞いてくれた。

落ち着いてから、ちゃんと話そうと思ったときに、さっき見た恐ろしい夢の前に、もう一つ奇妙な夢を見ていた事を思い出した。


夢の中で私は葬儀屋で、顧客の家を訪問するという夢だった。

夢の中で訪ねた家で、髪の長い女が私を出迎えて、家の中に招かれるのだが、一歩玄関に入った途端。
何かやばい気がして、入ってはいけない気がして、女に適当な言い訳をして出ることにした。

「大事な書類を車に置きっぱなしにしてきてしまいました!すみません、すぐ取ってくるのでお待ちくださいね!!ほんとうに、間抜けですみません」

苦笑しながら和やかな雰囲気で話しを持って言ったのだが、一歩玄関に踏み入れた足を外に向けたときに、手遅れだったと気付く。
両足に先ほどまで私の対応をしていた女の長い髪の毛と首が巻きついていた。それを思い出したときに、夢の遊女とその女が同一だと感じた。

兎に角逃げなくては!
玄関から出たら、生首も髪の毛も消えていた。マンションの一室と言う場所だった。二階の。

マンションから下りる階段が消えていた。何とか逃げなくてはと廊下から見える外に目を凝らしたら、こちらに背を向けて何か作業している男がいた。
恰幅のいい男だった。黙々と何かをしているが何をしているのかわからない。

その男に声をかけて、場の流れを変えようとおもった…が。いざ口を開けて声を出そうとすると。
「気付かれるな!!!!」
という意識が起きた。

意味不明だが、気付かれたら危険だと感じて…。
そうしたら男が黙々としている作業がなにやら禍々しく思えて…逃げ場を失いどうしたものかと思案した時に、すとんと、あの屋敷の夢に入った。


友達に、その話しを全てした。
友達が、何時に無く静かな声で…「普通の夢や無いよね」と呟いた。

「ごめん…こんな話して」
「いや、いいねんけどな…うん。この電話取った時にな、なんかが突然首に巻きついたと思ったんよ。あんたな…その女の身代わりにされかけてん」

友達が話し始めた。

なんか霊団?のような悪霊の巣の様な空間があって、そこのものに目をつけられた、というのだ。
目をつけたのは、延々とその空間で残忍に殺されるばかりを繰り返している女で、私を身代わりにと目をつけたというのだ。そして身代わりにしようとして夢で引っ張り込んだら、他のものにも気付かれて標的にされてる、と…。

「どこでこんなもの拾ってきたん?もうなんか…人の形してないやん…なにこれ?」

心当たりは一つしかない。Y神社だ。
友達はY神社の話しを聞いて「すごい臭いな」と呟いた。

「イチョウの木があるのかなとか思ってるんやけど」
「いいや…これ…死体の腐ったにおいやろ」

友達は断言した。

「……多分、あんたそこで目ぇつけられたな。なんでやばいって分かっててそこの道とおるんさ!?」
「朝やから…かまわんと思って…」

「気いつけや。しつこいで。面白くて楽しくて殺しするような連中やで」

震えは治まったけれど、気配はまだ近くにあるのは分かった。笑いながら私の怯える様子を見ている。

「笑い声が聞こえるし。ほんまに気いつけや!?」

心霊現象として終わるとは限らないと…ひしひし感じた。
例えば、今から一人で夜道を歩けば…通り魔に会う。殺される。そう感じていた。精神的に囚われてたんだと思う。

煙草を吸うにも、室内禁煙でベランダが無い部屋なので、携帯灰皿を持って玄関外で吸っていたんだが、外に出るのが怖くて仕方が無かった。帰宅後禁煙が数日続いた。
外と言う世界に触れたときに、連中のゲームが始まりそうで…。殺される。本気でそう思った。

でも、社会人。そんな理由で休むわけにも行くまい。稼がねば生活が出来無い。翌朝、怯えながらも出社した。
仕事をしているといつもどおりのペースが戻ってくる。昼休みに一人でK神社にお参りをした。時々お参りをしては応援してくださいとお願いしていた。


その日は、こんな事がありました、怖いことが起きませんように。負けませんように。とお願いしていた。ちょっと泣きながら。
もうY神社ルートは通らないようにして、K神社ルートで大回りして行き帰り歩いた。

そんな折に、会社の上司と世間話をしていた時に、部長の話しを聞いた。
部長はかなり霊感が強いらしく、その上司はたまにその話しを聞かされているようで

「隣のY神社さ、やばいって言うんだよね~。君そう言うの分かる?」
「……ああ~…。はいマジヤバイので、参拝はオススメしません。敷地に入るのもオススメしません。K神社はオススメです。とても良い神社です」

なんて話した。その上司はほんと良い人で、心霊系統は信じてないけど、否定まではせず話しを聞くという人だった。

もう年末近くなって、会社を出る時間には日が暮れていたが、K神社のルートを通ったら全く怖くなかった。
とても空気が澄んでいて気持ちが良いくらいだった。

出来るだけY神社から意識を逸らして、出来る限り昼休みにK神社に通っていたら救いの神がやって来た。
私があの日電話した友達から連絡があり、私が地元へ戻れるように采配してくれたというのだ(当時家庭の事情でちょっとあったので)。

友達のお母さんに、友達が私の話しをしたらしく、友達よりも霊感の強いおばさんは「あの子…このまま東京におったら…死ぬな」と言ったらしい。
もう、ほぼ強引に、私が自分の意思で戻れるようにと動いてもらって、私の東京生活は終わることになった。


話しを聞いた一週間後には、私は新幹線に乗っていた。
新幹線の中で、京都に入った時に、空気が変わったのが分かった。そこではじめて「東は私には合わなかったのか…」と感じた。

Y神社の連中も、京都に差し掛かった途端、気配がなくなった。体から緊張が消えていった。
地元に帰ってきて、友達の家にお邪魔した、時散々言われた。

「このままやったら、死んでしまうからって、もう急いだよ~」と、おばさん笑いながら…。

「死ぬって?」
「まぁ、大病するか自殺か」

友達はあっさり言ってくれた。

今振り返ってみたら、不安な気持ちが現象を増徴させてより恐ろしく感じてたんだろうし、隙も大きかったのだろうと思う。
けれど、Y神社はやばい。シャレにならん。と言う思いは今でもある。

この話数年過ぎてやっと、人に話せるかな?と判断して投下。

思ったよりも長くなってしまった…。申し訳ない。
そして最初に書くべきだったが、感覚の鋭い人(特に東の方)影響出たらごめんなさい。





☜1日1クリックの応援お願いします




796 : 首なし地蔵 : 投稿日:2010/02/18 10:51:09 ID:qHWiZd6Y0

小学生の頃、近所の公園で毎日遊んでくれたお兄さんがいた。
その人は皆から「セミの兄さん」と呼ばれていて、一緒にサッカーをしたり虫取りをしたり、どんな遊びにも付き合ってくれた。

自分はその頃都会から転校してきて間もなく、そのお兄さんのことをほとんど知らなかったのだが、遊べば遊ぶほどに不思議な雰囲気をもつ人だなと思った。
すごく物知りだなーと思う時もあれば、え?こんなことも知らないの?と驚くこともあった。

ある年の夏休みに、セミ採り用に改造した3本重ねの虫取り網を使って、そこら中でジージー鳴いてたセミというセミをあっという間に全て捕まえて、セミの鳴き声でやかましかった場所を嘘のように沈黙させてしまったという武勇伝を聞き、それが彼のあだ名の由来だと知った。

小学生にとってはいつでも遊んでくれる楽しい遊び相手だったが、大人達にはいい年して仕事もせず大丈夫なのかしら、などと白い目で見られていたので少し複雑な気分になることもあった。


ある日、いつもの公園に遊びに行くと、セミの兄さんの周りにたくさんの子供たちが集まっていた。
けいどろや缶蹴り、氷おになどの遊びをするときは10人以上の大人数になることもあるが、セミの兄さんの周りには明らかに20人近くはおり、その中の半分は近所の友達で、もう半分は見知らぬ顔だった。

どうやら隣町の団地にある山の森に遊びに行くらしく、セミの兄さんが隣町の小学生も集めて皆で行こうということになったようだった。
その当時は学区外への移動については学校であまり注意を受けておらず、自転車さえあれば10Km程度の移動はさほど問題ではなかった。

その場にいた大部分のメンバーが行くことになり、セミの兄さんを先頭に隣町の団地に出発した。
この時、セミの兄さんの自転車をこぐスピードがめちゃくちゃ速くて、うちらは息を切らしながら「やべーよ、何であんなにはえーんだよ」などと言いながら何とかついていった。

うちらが目的地に到着したのはおよそ20分後で、その後さらに5分ほど待つと全員が到着した。
セミの兄さんは皆に向かって大声で言った。

「これから森に入るけど、ここはやばい場所だから絶対に一人で行動しちゃダメだからな!」

セミの兄さんについてきた連中のほとんどは、この団地の山の「有名な噂」を知っていた。

鬱蒼とした森の中の道を進むと「首なし地蔵」と呼ばれる地蔵がある。
酔っ払ったサラリーマンが地蔵の首を蹴り壊し、その呪いでサラリーマンの一家は火事で全員死んでしまったのだが、今でもその地蔵の前を通ると、『くびをよこせ、くびをよこせ、くびをよこせ』という不気味な声が聞こえるらしい。

隣町であるうちらの小学校にもその噂は流れてきており、面白半分に女子に話すと大げさに怖がられ、学校の先生や親たちも皆、この噂を知っていた。

「ここ、毎日ガッコ行く時に通ってるけど。今までに一回も聞こえたことないぜ、そんな声」

隣町のKという男子がそう言ったものの、やはり皆は興味があるらしく、かく言う自分も「首なし地蔵」が本当にあるのかどうかを自分の目で見て確かめたいと強く思っていた。
今にしてみると、それが間違いだった。

セミの兄さんを先頭に、10人以上の大人数で首なし地蔵を目指して森の中を進んでいった。
すでに日が暮れかけており、オレンジ色の夕日が木々の葉っぱの隙間からキラキラと差し込む光景はどこか幻想的でもあった。

道をだいぶ進んだところで、セミの兄さんが突然ぴたりと止まり、うちらに向かってここで待てと制し、「ちょいとションベン」と言ってそのまま道脇の木陰に入ってしまった。

5分ほどしてから、道脇のほうからガサガサと音がして人影がぬっと現れた。
俺はぎょっとした。現れたのはセミの兄さんではなく、変な目つきをした小柄な爺さんだったからだ。

その爺さんの目は鳥か昆虫のようにキョロキョロと忙しなく動きまわっており、気味が悪いのを通り越してどう見ても異常だった。
直感的にこれはまずいと思い、「やべえ、逃げろ!!」と脱兎のごとく走り出し、入り口を目指して逃げまくった。

逃げている途中、さっきまでは自信満々だったKが突然「うわあ!うわあああ!!」と悲鳴を上げた。
Kの視線の先を見ると、10mくらい先のところに変なモノがいた。

そこには逆さまの男がいた。そいつは頭で地面に立っていた。もう、そうとしか言えないほどに頭が足なのだ。
本来頭があるべきところに足があって、地面に頭を乗っけて、歩くくらいの速さでススススススー、と動いていた。

後頭部をこちらに向け、逆さまのままでそいつは迫ってきた。逆さまの体がスススススーと動くたびに、周りの木々が『バキッ、バキバキッ、バキッ!!』と音を立てて揺れ出し、葉っぱや木の枝が大量に落ちてきた。
それと同時に耳鳴りがキーーーンとして、頭が強烈にガンガン痛み出した。

逆さまの男はその間にもススススーとこっちに向かって近づいており、うちらは発狂したり大泣きしたりしながら森の中の道を出口を目指してひたすら猛ダッシュで駆け抜けた。
決して後ろを振り返らず、無我夢中で走り続けた。

なんとか森を出ると、10人以上いたメンバーが6人しかいないことに気付いた。
Kや、セミの兄さんもいなかった。

「どうしよう、俺はもうあの森に絶対に入らんし、でも、母ちゃんとか心配してしまうし…」

誰かがそう言うと、皆沈黙してしまった。

結局、各々自分の家に帰って親に話をして、その日のうちに警察の捜索が始まった。
いくつかの質問を受けた後、もう遅いから早く寝なさいと言われ、それに従った。

その夜はなかなか眠れず、逆さまの男の姿と、おかしな爺さんの姿が頭の中でぐるぐる回っていた。
そしてふと気が付いた。

似ていた。確かに似ていた。逃げている時はパニック状態でほとんど意識できなかったが、さっきの逆さまの男の後頭部とか、服装とか、体格とか、セミの兄さんそのものだった。


翌日学校に行くと、昨日はいなかったメンバーの全員が来ていて、ほっとした。
しかし隣町の団地の男子1人とセミの兄さんが未だに見つかっておらず、警察の捜査が続いているそうだった。

途中ではぐれたメンバーに昨日のことを聞いてみると、
「うちらも見たわ。やばいと思って奥のほうで隠れながらいつ逃げようかって悩んでて、でもセミの兄さんがここにいろって言うから、警察の人が来るまでずっと隠れてた」

警察が来た時にはセミの兄さんの姿はどこにもなかったそうだ。そしてKの姿も。
ただ、問題の「首なし地蔵」があった所には、首がない5体の地蔵の後ろのほうの地面に大きな穴が空いていて、その中に何十枚にも及ぶ大量の赤い頭巾が放り込まれていた。

その赤い頭巾に埋もれるかのようにして、穴の底から小柄な老人の腐乱死体が見つかった。
死後1ヶ月は経っていたらしく、栄養失調による衰弱死との事だった。

俺はあの時セミの兄さんと入れ替わるようにして現れた、変な目つきの爺さんのことを思い出した。
キョロキョロとした目つきとその異様な雰囲気はあまりにも異常だったので、今でも忘れられない。

結局、Kもセミの兄さんもその後見つからず、警察の捜査もいつの間にか終わっていた。
俺らは隣町の団地の山には二度と近づかず、首なし地蔵のこともいつしか忘れていった。


それから10年ほど経ち、小学校の同窓会に呼ばれ久々に地元へ戻ることとなった。
そこで偶然にもあの時一緒に団地の山へ行った友達に出会い、恐ろしい話を聞いた。

なんと、あの後Kもセミの兄さんも見つかったというのだ。どちらも死体で。

俺が就職と同時に地元を離れて間もなく、住宅一棟全焼、焼け跡から家族全員の焼死体が見つかるというニュースが地元で流れた。
その住宅というのがまさしくKの家で、Kを除く家族の人たちは皆、リビングルームで亡くなっていたらしい。

しかし、火元を調べているうちに家の床下からもう一体の遺体が出てきて、その遺体がKのものであると分かったのだ。
他の家族の遺体とは異なって完全に白骨化しており、しかも床下からはハンカチサイズの真っ赤な頭巾が何十枚も出てきた。首なし地蔵の後ろの穴に入っていた頭巾と同じように…。

そして、ほどなくしてセミの兄さんの捜索が再開され、例の団地の山奥でセミの兄さんが見つかった。
俺たちは全く気付かなかった事だったのだが、実は首なし地蔵のある場所の近くから小道が伸びており、その先には小さな祠があったのだ。

その祠には赤い頭巾を被った一体の地蔵が祀られており、お供えものなどが置いてあった。
セミの兄さんは、祠のすぐ近くの草むらの中から見つかった。

セミの兄さんの遺体の様子については、現在も捜査が続行中ということで詳しいことは教えてもらえなかったらしい。
ただ、「着衣した状態で白骨化していた」「他殺と認められる形跡があった」ということは確かで、その友達は警察から不愉快な質問を色々と受けたようで、心底うんざりした様子だった。

俺はセミの兄さんがあの日、「ちょいとションベン」と言って木陰に入っていってしまったのを最後に、二度と見ていない。
でも、多分セミの兄さんの死体は逆さまの姿で見つかったのではないかと思った。

あの時の、逆さまの男の後頭部が、服装が、体格が、一緒に遊んでもらった兄さんの姿そのままに、今でも目に焼きついているから。


以上が自分が体験したことの全てです。不可解な部分が多いのですが、その時一緒にいた友達のほとんどは自分も含めて地元を離れてしまったので詳しいことは分かりません。首なし地蔵は今でもそのまま残っているそうですが、

たまに和菓子などのお供えものが置いてあるという事です。あと、しばしば自殺者が出ているという話も聞きました。

いずれにせよ、もう二度と、あの場所には行くことはないと思います。





☜1日1クリックの応援お願いします




493 1/3 2008/02/29(金) 01:52:08 ID:H/RTl9fG0

この前職場の同僚Aと居酒屋で飲んでいたときの話。 偶然俺の前の職場の飲み会とカチ合った。

俺は特に問題があって辞めたわけじゃないし、前の職場の人とも仲が良かったので、合流はしなかったけれど、なんか向こうの人が何人もこっちの席に来て注いでもらったり、唐揚げとか刺身とかをおごってもらったりとかしてた。

そのうち同僚Aが気分が悪くなったって言い出して、俺たちは一足先に店を出ることになった。店を出て、「だいじょうぶか?」なんて言ってたら、同僚Aが

「お前の前に勤めてた会社の課長、ほら、さっき酒注ぎに来てた人、あの人はもう駄目だな」なんて言い出した。

「なんで?」って聞いたら、Aは「あの人、3人の生霊に憑かれてるよ。人間ああなっちゃあもう駄目なんだ。俺、それで気持ち悪くなっちゃったんだよ」だって。

「生霊?マジかよ、そんなのわかるの?」って聞いたら、どうもAには分かるらしい。

「例えば、おまえでも、初対面の人に会って3分話してみて、いや、一目見て嫌悪感を感じる人間っているだろ?見た目がキモイっていうレベルじゃなくってさ」と、Aはそんなことを言い出した。

A「そういう人間ってのは、なにかしら憑かれちゃってるんだよ。あの課長程の凄い憑かれ方のやつは俺も初めて見たけどな」

俺「そんなに凄く憑かれちゃってるのか?あの課長」

A「うん、ああなっちゃうともう駄目だ。何をやってもね」

俺「生霊って、恨みみたいなもんなの?」

信じられなかった。確かに、前の会社のあの課長は尊敬できない人だったが、そんな強力な生霊が3人分も憑くものなのだろうか?

A「ああ、恨みっていうより執念、いや、怨念かな?」

俺「じゃあ藁人形とか、そういうことをどこかの3人がしてるって事?」

A「そうじゃないよ。思うだけでいいんだ」

俺「相手を恨むには、自分も代償を払わなくちゃいけないってよく言われるけど?」

A「そんなのは要らないんだよ。恨みを晴らす代償は、あの課長にされた色々な、嫌がらせなり、セクハラなり、パワハラなり、とても言葉ではいえないような汚いことをされた事で前払いしてるんだから」

俺「ていうと、頭の中であいつ氏ねとか思うだけで生霊が憑くってこと?」

A「そうだよ、こわいねー」

まあ、そういうこともあるのかな、と俺は思った。 あの課長なら恨まれても納得だ。

ちょっと気になったので、俺はAに聞いてみた。

俺「なあ、俺には生霊は取り憑いていない?」

A「お前にはじーちゃんばーちゃんしかついてねーよ。これからもお年寄りを大切にしろ」

どうせなら、若いねーちゃんに憑いてほしかった。

最後に、一番気になることをAに聞いた。

俺「それでさ、あの課長に憑いていた3人って、どんな人なの?」

A「1人は女の人だね。おとなしそうな感じだけど、よっぽどひどい目にあったみたい」

そうか、確かに前の会社は事務員さんがコロコロ変わっていた。噂では、あの課長が気に入らなければ即クビになったそうだ。

A「あとは男だ。1人はなんか思いつめてたなー。ああいうのが一番やばい。恨みに取り憑かれると、今の自分の生活なんか関係なく恨みつづけるからね。そのせいで更に状況が悪くなっちまう。恨む事で、自分の今の生活を駄目にしてるんだ」

なるほど、恨んでばかりいたら今の生活もままならないって訳だ。こいつ、いい事言うじゃん、と俺は思ったね。

A「3人めはね、お前だったよ」

おれかーwww( ´_ゝ`) そうかもしれないね。あの課長には本当に氏んで欲しいと思ってるからね。

それにしてもAは凄い。本物です。本当に見えてるんだね。

それ以来、なんかそういう力を信じるようになりました。





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ