【観覧注意】怖い話まとめ

当サイトは古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!




風鈴集めが趣味の友人がいた。

大学を留年するほどバイトをしながら金を稼いで、
食うものも食わずに風鈴を買い集めては
嬉々としてコレクションを私に披露していた。

やれこれは珍しいトルコで作られた風鈴だ、とか
これはスルメイカで出来た風鈴だとか、
風鈴について説明する友人はいつも楽しそうだった。

確かに綺麗に色づけされた風鈴や
涼やかな音色には心惹かれるものもあったが
冬でもお構い無しに風鈴を飾り、
風鈴について語り続ける友人には
私も多少辟易していた。

しかし、
そんな不健康な生活を続けていたせいか、
3回生の夏休みに下宿先のへやで
心筋梗塞を起こして友人は倒れ、
帰らぬ人となった。

程なくして、
友人の田舎から年老いた両親がやってきて、
友人の死後の処理を進めていた。

私は数少ない友達の一人と言うことで
友人の両親に頼まれて
部屋の整理を手伝うことになった。

久しぶりに入る友人の部屋は
あいも変わらず風鈴だらけで、
窓を開けて風を招き入れると
暑苦しくなるほどの風鈴の音色が鳴り響いた。

そんな中で、
膨大な数の風鈴と
ほとんど必要最低限のそれ以外の荷物を片付け終え、
ダンボールに詰め終わった。

しかし、

「ちりーん、ちりーん。」

とまだ部屋の中から風鈴の音がする。

片付け忘れた風鈴があるのかと思い私は

「ちりーん、ちりーん。」

と鳴る風鈴の音を頼りに部屋の中を探す。

どうやら、
その音は押入れの中からしているようだった。

風の無い押し入れの中で
風鈴が鳴るものかといぶかしがりながらも、
先ほど片付けたはずの押入れの戸を開けると
そこに音の原因はあった。

こぶし大ほどの見知らぬ壮年男性の生首が
押入れの天井に吊るされていて、それが

「ちりーん、ちりーん。」

と口でしゃべっていたのだった。

生首の下には
墨で簡単な体が書かれた短冊が吊るされていた。

私が呆然と眺めているのをお構い無しに
その生首は目をきょろきょろさせながら

「ちりーん、ちりーん。」

と繰り返していた。

私は友人の両親から、
部屋の片付けの手間賃として
その生首風鈴を貰い受けた。

しかし、
生首風鈴は吊るさなくても気まぐれに

「ちりーん。ちりーん。」

とうるさいので
結局処分することにした。

そして先月生首風鈴をコレクターに高値で売ることができ、
そのお金で省エネタイプの新しいクーラーを買うことが出来た。


☜1日1クリックの応援お願いします




もう時効だと思うので書きます。

話の中に実在する固有名詞が出てきますが、

それを誹謗、中傷するものではありません。

小学四年生の二学期に、誰が持ってきたのか、
クラスで『うしろの百太郎』という心霊コミックが回し読みされ、
ちょっとたブームになった事がありました。

こ存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、その作中に、
妖精の存在を実証する方法が出てくるエピソードがあります。

具体的には、
寺社等の清浄な場所に生えている大木の根元に砂山を作り、
その頂上を平らに均して鏡を置き、
更にその上に薄く砂を被せておきます。

そして砂山の斜面に上り階段を作って一晩おくと、
翌日には階段と鏡に被せた砂の上に小さな足跡がついている、
というものです。

劇中でこれを行った主人公は、
悪戯な妖精に異世界(妖精界?)に引きずり込まれてしまいます。

十月の終わり頃だったろうと思うのですが、
クラスでも一二を争うヤンチャ坊主だったT君が、
果敢にもこれを試してみたと言い出しました。

T君曰く、
試した場所は彼の家の庭の一番大きな木の下という事で、
友人達は口々に

「それじゃあダメなんじゃないか?」

と言いましたが、
とにもかくにも結果を見るため、
放課後、六~七人くらい連れ立って
彼の家に行く事になりました。
(私を含め何人かは、
「学校に来る前に自分で足跡をつけてきていて、
皆を驚かそうとしているんだろう」と思っていました)

T君の家に着くと、
早速その庭の木の下に確認に行ったのですが、
当のT君が最も驚いた事に、
足跡どころか砂山自体がありませんでした。

予想外の展開に皆少なからず興奮し、

「これは妖精が消してしまったのだろうか?」

などと話し合っていた時、
T君のお母さんが現れ、
砂山は庭掃除で片付けられた事が判明しました。

また、砂山に埋める鏡を、
お母さんのコンパクトを壊して調達していたらしく、

T君はお母さんに怒られ、
私達は逃げるようにT君の家を後にしました。

翌日、翌々日と、
T君は学校を休みました。

そして次の日、
先生からT君が死んだと知らされました。

子供でしたので詳しい話は聞かされませんでしたが、
少し遠く(隣の学区)に大きなイチョウの樹がある神社がありまして、
T君はその樹の太い枝の上で死んでいたそうです。

洩れ聞こえてきた話を纏めると、
コンパクトの件で怒られた日の晩に、
その鏡を持って家を抜け出したようで、
抗議の意味で隠れていたのか、
登ったはいいが降りられなくなったのか、
とにかくパジャマ姿という薄着だったために
夜半の気温低下で衰弱死した
という事らしかったです。

大人には言いませんでしたが
(言っても取り合って貰えなかったでしょう)、
私達の間では、T君は今度こそ本格的に儀式を行い、
妖精の悪戯で死んだのだと囁かれていました。

なぜなら、
その神社は私達の普段の行動範囲の外にあり、
家出したからと言って、
そこに行く理由がありませんし、
行ったとしても、
そのイチョウの樹は幹が太くて枝も高く、
梯子でもなければ登れないからです。

既に真相は知る由もありませんが、
今となってはとにかくT君のお母さんが気の毒だったなと
思うばかりです。


☜1日1クリックの応援お願いします


429 :本当にあった怖い名無し:2007/02/19(月) 06:36:37 ID:IVYyX7pu0
年末年始あった驚きの体験。

その日、私は締め切り迫った原稿を前に、ネタが出てこなくて困ってたんだけど、
ふと気付いたら、作業用の小テーブルの端に、男の子が立ってこっちを見てた。
真夜中に一人暮らしの女の部屋にいる、という以外は別に変わったところもない子。

ぽかんとしてる私に、「手伝ってあげようか」って言ってきた。返事をしなかったから二、三回。
そのうち寝不足も手伝ってか、これがきっと修羅場の妖精さんなんだって思って、
「手伝っちゃだめ?」って質問に、「ぜひ!」って返事した。

だけど、体育座りしてるだけで何もしてくれない。
まあいいや、ほっとこう、と思って原稿に向かった瞬間、
それこそ溢れるようにネタが湧いてきて、これはいい!と全部メモした。

それでもまだまだ出てくる。
ついには原稿の裏まで使って書きとめて、ほっと顔を上げたら、
その子がじーっとこっちを見てて、「本できそう?」って聞いてきた。
余ってたページどころか、あと五、六冊ほどできそうで、
嬉しさのあまりハイになって「うんうんできる。いっぱい!」って言ったら、
「よかった」ってにっこり笑って、すうっと消えた。

これは事件だーって、同じように修羅場だった友達に電話したら、
ものすごく冷静な声で『いいから寝ろ』と言われて、電話を置いた後記憶がない。

気がついたら午前十時だった。
夢かと思ってテーブル見てびっくり。メモが全部あった。

二度目のびっくりは新年明けて、彼氏の実家に遊びに行った時。
アルバム見てたら妖精さんがいた。彼氏の子供の頃とそっくりなんだ。顔も髪型も。
私がじっくり見てたら、「俺、かわいいだろー」って上機嫌なってたけど、さすがに言えなかった。

ただ、年末原稿かかりっきりでデートのお誘い何回も断ってたから、
寂しくって早く上がるよう手伝いにきてくれたのかな、と今は思ってる。
ちなみに私、そのアルバム見るまで、彼氏の子供の頃なんて見たことなかった。

↑このページのトップヘ