【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!





 21 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 21:47:47 ID:hCt6GD0+0
いろいろ読んでたらいろいろ思い出したから書いてみるよ。
文章力なくてスマンが。

うちはかなりの田舎に住んでる。
代々神社をやってるんだが
(俺の家のは小さい。本家がでかい)
俺と妹は小さい頃から継ぐ気なんてさらさら無く、
兄と姉がときどき神社についての勉強(?)
みたいなのしてた。
だから俺は自分の家の神社が
どんな神様を祀ってるとか全然知らないわけ。

そんな俺と妹と、姉ちゃんが家で留守番してたときのこと。
俺の家は古くて、便所が家とはなれたところにある。
ぼっとんというか、気持ち悪くて、
妹は極度の怖がりなんでいつも俺がついてってた。
神社の裏に便所はあって、その奥は森みたいになってて
祠とかがぽつんと建っててあんま近づくなって言われてた。
妹が夜中に起きてきて、「お願い。トイレついて来て」って
言われたもんだから目を擦りながらついてった。
妹が入ってるとき、なにやら森の奥のほうから音が聞こえてきた。
カーンみたいな、コーンみたいな、鉄と鉄がぶつかり合う音みたいなの。



523 :521:2007/03/05(月) 22:03:05 ID:hCt6GD0+0
妹が出てきてから、音のするほうに一緒に行ってみることにした。
「やめとこ、ねえ、怖いってば」とか
ブツブツいってるけど俺は気にせず行った。
もともと妹にはちょっと霊感があるから、
何か感じてたのかもしれない。
音のするほうにだんだん近づいていくと、
人間がいることに気付いた。
でもそいつの風貌が恐ろしいの。
顔に色塗ってて(赤?茶?)目なんか開ききってて
するとその女が(多分女。年齢はわからない)
「おまえたちhdfg、k;!!!!」みたいに叫んできて
石投げながら追いかけてきた。
妹も俺もわけも分からず半泣き状態。無我夢中で逃げた。
そこに姉ちゃんが来て「よくも!かえれ!!」
みたいなこと言って
「カルヅゲタマが知ると」とかその後叫んだ。
あまり聞き取れなかった。
女は森の奥へ逃げていった。
姉ちゃんが来なかったらどうなってたんだろ・・・
俺が「姉ちゃんありがとう、何だろ・・・あいつ」って
言ったらそばで妹がしゃくりあげてる。
姉ちゃんは「さつき(妹)を部屋に連れてって。
あとで話すから」って言わった。
姉ちゃんもちょっと青ざめてた。
俺と妹はそれ以上に青ざめてたけど。

妹が布団に入って、その部屋で姉ちゃんは俺と妹に話してくれた。
まず「さつき、見たんだね。アキ(俺)は?」って言われた。
あの女のことかと思ったけど、どうやら違うらしい。

俺の家族の名前は俺含めて仮名です。


525 :521:2007/03/05(月) 22:12:22 ID:hCt6GD0+0
「まさかあんなのがまだいるなんて。
つき、詳しく言うとどんな感じだった?」
「うん、初めて見たから詳しくは分からないけど、
女の子だった。 凄い髪が長くて、女の髪にぶらさがってた」
妹と姉ちゃんが何やらそのようなことを話している。
あの時はたしかに女の子なんて居なかった。
髪の毛は女も長かったけど、
そんな人間がぶら下がるほどの長さでもなかった。
ていうかぶら下がれるの?人間。
「アキは見えなかったんだよね?」
って言われたから「うん」って言うと、
姉ちゃんは話し始めた。

なにやら俺の家の神社は
昔呪いの方の御祓いとかもしてたらしく、
あの祠に居るのは昔地方一帯に呪いをかけてた神様らしい。
(俺たちは「ババさん」とか「ベベさん」とか呼んでた)
その影響かもしれないが、俺の家の神社の裏では
時々呪いの儀式が行われていたらしい。
本来ならば他人に気付かれてはいけないものらしく、
物音は立てずに行われていたので俺らは気付かなかったらしい。

529 :521:2007/03/05(月) 22:24:12 ID:hCt6GD0+0
俺の家の神社でやると、
跳ね返った呪いが祠で受理されるのだという。
今回は一番オーソドックスな
「丑の刻参り」ではないだろうか。
俺の推測だから分からないけれど、
多分本格的なものだろう。
姉ちゃんはそのあとも色々語った。
今回のあの少女はここの神社に居た霊ではなく、
外から入り込んだものであろうということ。
なんかこっちの地方の霊ではないらしい。
(何で分かったのかは聞いたけどスルーされた)
そして恐らく姉ちゃんでは力が足りない、
兄ちゃんか母ちゃんでないと駄目らしい。
あの女は最近うちの神社に昼間決まった時間に
御参りに来ていたらしく、
そのときの服装は決まって赤いワンピースだった。
まさか丑の刻参りをするとは、兄ちゃんでも思わなかったらしい。

「詳しいことは私の口からは全部いえないから、
 明日両親と兄ちゃんが帰ってきてからにしようか」
そこで話は終わった。
多分森では続きが行われていただろう。
俺がトイレ我慢できなくて、
コソコソもう一回行ったときも音してたからorz


532 :521:2007/03/05(月) 22:34:26 ID:hCt6GD0+0
両親と兄ちゃんが帰ってきてからは、
神社で本格的な話し合いが始まった。
「あれはいかん。早いとこババさんにあずかってもらおう」
ということを母が話すと、
「もしかしたらババさんでもあかんかも」
という答えが兄から返ってきた。
俺は黙って聞いてた。
話によると、あの少女はやっぱりこっちの地方の霊ではないらしく
昔先祖が張った結界
(この結界の中にいたらババさんのところに自動的に誘導されるらしい)
も効かない、きわめて強い霊だという。
正体があまり分かっていない分、
俺ら家族(というか4人)はもう一度結界を貼ることにした。

そのときに姉ちゃんが「あ」と声を上げた。
妹が「昨日の女が来た!」と叫んだ。
女は確かに赤いワンピースに、前見たときより比較的、
髪の毛はまとまっているまともな格好をしてた。
ただ今日だけは、神社のところに祭っている
箱みたいなものに石を投げ出した。
父ちゃんが「やめろ!キヌを置いて行け!キヌを!」
と女に向かってみたことも無いような形相で叫んだ。
後から聞くと、キヌは少女の名前らしい。
少女が名乗ったと兄ちゃんは言ってた。
俺は聞こえなかった。
女は一目散に逃げ出した。

538 :521:2007/03/05(月) 22:41:54 ID:hCt6GD0+0
女は祠のほうに向かっていって、祠を必死であけようとした。
祠があいた。初めて俺は祠の中を見たけど、こけしみたいなのが入ってた。
「見るな!見ちゃいかん!」と父は言い、
母はまた「カルヅゲタマが知ると、オンヌシが黙ってはいないぞ」みたいなこといった。
(この言葉については「継がんやつには関係ない」といって教えてくれない)
女はうめきながらこけしを撫でている。父と兄ちゃんが取り押さえて、
「アキとさつきは神社へ行け!ババさまにお願いしてくれ!」と母が叫んだ。
俺と妹は走って神社に行って、何も考えずババさまにお祈りした。
すると妹がやけに泣き出した。
「ふぃ、ひゃあ、ぎゃえgcrんxc」と訳の分からないこと言って
「呪うぞ」と妹からは聞いたことの無いような低い声でつぶやいた。

543 :521:2007/03/05(月) 22:49:01 ID:hCt6GD0+0
俺はもう怖くて怖くて、
本当に大泣きしながらババさまにお祈りした。
妹はときどき白目を剥きながら、
「のろう」という言葉を交えつつ叫んでいる。
俺の家の神社は山の上のほうにあるので、
人は誰も来てくれなかった。
そのとき、さすがに霊感の無い俺でも分かった。
妹が俺の背中を引っかくときに、
なにかが俺の髪をひっぱった。
妹の手は両手とも背中にあるから、妹ではない。
そして「受け止めた」か
「いけるとみた」みたいな言葉が聞こえてきて
妹が倒れ、俺もなぜか身体が軽くなった。
そして母が「終わった」と言って、
「さあ、さつきを連れて行って」と、どこかへ歩いていった。
さつきはもう意識を取り戻したようで、
「自分でいける」と言って俺と二人で歩いて家まで行った。


548 :521:2007/03/05(月) 22:55:39 ID:hCt6GD0+0
俺はまだ半泣きだったけど、妹も両親も、
兄も姉も意外と平気な様子で、
その日の晩御飯は普通の白い飯だった。

あのときに助けてくれたのはババさまでは無いらしい。
あの女がどうなったのかも、誰も俺と妹には教えてくれなかった。
ただあの女が神社に来ることは二度と無かった。
ババさまの祠はというと、今は別の場所に移されて、
相変わらず近づいてはいけないといわれている。
母も父も兄も姉も「忘れろ」とだけ俺に言う。

あと、ババさまはあくまで呪い関係の神様らしく、
あまりいいものではないようです。
あのあと母が何度も本家に行って、
同じようなこけしを目撃したので本家が処理してくれたんだと思う。


これでおしまいです。
俺の中ではまだ決着ついてないんですが
家ではこの話題はタブーになってますorz
文章が下手ですいませんでした。



553 :521:2007/03/05(月) 23:03:33 ID:hCt6GD0+0
読んでくれた方ありがとうございます。

あと質問なんですが…これって何かわかったりしたら
また書き込んでもいいんですかね?



558 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 23:10:19 ID:CLi+oIPv0
>>521
乙でした。おもしろかったです。
また書き込みまってます。



559 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 23:10:27 ID:nmF7GB970
>>553
てか>>521以外は皆、事の真相を知ってるんですかね?
家族でも緘口令が敷かれるなんて……。



561 :521:2007/03/05(月) 23:14:37 ID:hCt6GD0+0
>>558
どうもです。臆病者ですがまだいくつか体験があるので
機会があれば書かせていただきます。

>>559
妹と俺は知りません。
姉ちゃん、父ちゃんも深くは知らないそうです。
うちの神社は母、次に継ぐのは兄なんで。
継ぐ人以外は災難があるといけないので深く知らされないとか。







 ☜1日1クリックの応援お願いします



先月のことです。Aと俺は山へ測量に入りました。

山の測量に行く時は、最低3人で行くようにしていたんですけど、行くハズだった奴がインフルエンザで倒れて、他に手の空いてる人も居なかったんで、しょうがなく2人で行くことになったわけです。でもやっぱり不安だったんで、境界を案内してくれる地元のおっさんに、ついでに測量も手伝ってくれるように頼みました。
おっさんは賃金くれればOKという事で、俺たちは3人で山に入りました。

前日からの雪で山は真っ白でした。
でもポールがよく見えるので、測量は意外にサクサク進みました。

午前中一杯かかって尾根の所まで測ったところで、おっさんの携帯が鳴りました。
おっさんはしばらく話をしていましたが、通話を終えると、急に用事ができたので下りると言い出したのです。
おいおいって思ったんですけど、「あとは小径に沿って土地の境界やから、そこを測っていけばイイから」って言われて、
小径沿いだったら大丈夫かもな、まぁしゃーないか、みたいなムードで、
結局、Aと俺の二人で続きをやることになりました。

ところが、おっさんと別れてすぐ、急に空が曇ってきて天候が怪しくなってきました。
「このまま雪になるとヤバイよな」なんて言いながら、Aと俺は早く済まそうと思ってペースを上げました。

ところで、俺らの会社では山の測量するのに、ポケットコンパスって呼ばれている器具を使っています。
方位磁石の上に小さな望遠鏡が付いていて、それを向けた方向の方位や高低角が判るようになっています。
軽くて丈夫で扱いが簡単なので、山の測量にはもってこいなんです。
俺はコンパスを水平に据え、ポールを持って立っているAの方に望遠鏡を向けて覗きました。
雪に覆われた地面と、枝葉に雪をかかえた木立が見えますが、ポールもAの姿も見えません。
少し望遠鏡を動かすとロン毛の頭が見えたので、
次にポールを探して、目盛りを読むためにピントを合わせました。

『あれ?』
ピントが合うと、俺はおかしなことに気付きました。
俺たちはヘルメットを被って測量をしていたのですが、Aはなぜかメットを脱いでいて、後ろを向いています。
それにAの髪の毛は茶髪だったはずなのに、今見えているのは真っ黒な髪です。
『おかしいな』
望遠鏡から目を上げると、Aがメットを被り、こっちを向いて立っているのが見えました。
が、そのすぐ後ろの木立の隙間に人の姿が見えます。
もう一度望遠鏡を覗いて、少し動かしてみました。

女がいました。立木に寄りかかるように、後ろ向きで立っています。
白っぽい服を着ていて、黒い髪が肩を覆っていました。
『こんな雪山に・・・なんで女?』
俺はゾッとして、望遠鏡から目を離しました。
「おーい!」
Aが俺の方に声を掛けてきました。
すると、それが合図だったかのように、女は斜面を下って木立の中に消えてしまいました。
「なにやってんスかー。はよして下さいよー」
Aのその声で、俺は我に返りました。

コンパスを読んで野帳に記入した後、俺は小走りでAのそばに行って尋ねました。
「今、お前の後ろに女立っとったぞ、気ぃついてたか?」
「またそんなこと言うて、止めてくださいよー」
笑いながらそんなことを言っていたAも、俺が真剣だとわかると、
「・・・マジっすか?イヤ、全然わかりませんでしたわ」と、表情が強ばりました。

Aと俺は、あらためて木立の方を探りましたが、木と雪が見えるばかりで女の姿はありません。
「登山してるヤツとちゃうんですか?」
「いや、そんな風には見えんかった・・・」
そこで俺は気付きました。
あの女は、この雪山で一人で荷物も持たず、おまけに半袖の服を着ていたんです。
「それ、ほんまにヤバイじゃないっスか。気狂い女とか・・・」
Aはかなり怯えてました。
俺もビビってしまい、居ても立ってもいられない心持ちでした。

そんなことをしているうちに周囲はだんだん暗くなって、とうとう雪が降ってきました。
「はよ終わらして山下ろ。こらヤバイわ」
俺たちは慌てて測量作業を再開しました。

天候はドンドン悪化して、吹雪のようになってきました。
ポールを持って立っているAの姿も見にくいし、アッという間に降り積もる雪で小径もわかりづらくなってきました。
携帯も圏外になっていました。
俺は焦ってきて、一刻も早く山を下りたい一心でコンパスを据え付けました。
レベルもろくに取らずに、Aの方に望遠鏡を向けようとしてそっちを見ました。
すると、さっきの女がAのすぐ後ろに立っていました。

今度は前を向いているようですが、吹雪のせいで良く見えません。
Aは気付いていないのか、じっと立っていました。
「おーい!」
俺が声をかけてもAは動こうとしません。
すると、女のほうが動くのが見えました。
慌てて望遠鏡をそっちに向けてビビリながら覗くと、
女は目を閉じてAの後ろ髪を掴み、後ろから耳元に口を寄せていました。
何事か囁いているような感じです。
Aは逃げようともしないで、じっと俯いていました。
女はそんなAに囁き続けています。
俺は恐ろしくなって、ガクガク震えながらその場に立ち尽くしていました。

やがて女はAの側を離れ、雪の斜面を下り始めました。
すると、Aもその後を追うように、立木の中へ入って行きます。
「おーい!A!何してるんや!戻れー!はよ戻ってこい!」
しかしAはそんな俺の声を無視して、吹雪の中、女の後を追いかけて行きました。
俺は測量の道具を放り出して後を追いました。
Aはヨロヨロと木立の中を進んでいます。
「ヤバイって!マジで遭難するぞ!」
このままでは自分もヤバイ。
本気でそう思いました。
逃げ出したいっていう気持ちが爆発しそうでした。
周囲は吹雪で真っ白です。

それでも、何とかAに近づきました。
「A!A!しっかりせえ!死んでまうぞ!」
すると、Aがこっちを振り向きました。
Aは虚ろな目で、あらぬ方向を見ていました。
そして、全く意味のわからない言葉で叫びました。
「◯◯◯◯◯◯*!◯◯*!」
口が見たこともないくらい思いっきり開いていました。ホンキで下あごが胸に付くくらい。
舌が垂れ下がり、口の端が裂けて血が出ていました。
あれは完全にアゴが外れていたと思います。
そんな格好で、今度は俺の方に向かってきました。
「・・・◯◯◯◯!◯◯*!」
それが限界でした。
俺はAも測量の道具も何もかも放り出して、無我夢中で山を下りました。
車の所まで戻ると、携帯の電波が届く所まで走って、会社と警察に電話しました。

やがて捜索隊が山に入り、俺は事情聴取されました。
最初はあの女のことをどう説明したらよいのか悩みましたが、結局見たままのことを話しました。
警察は淡々と調書を取っていました。
ただ、『Aに女が何かを囁いていた』というところは、繰り返し質問されました。

翌々日、遺体が一つ見つかりました。
白い夏服に黒髪。
俺が見たあの女の特徴に一致していました。

俺は警察に呼ばれて、あの時の状況についてまた説明させられました。
その時に警察の人から、その遺体についていろいろと聞かされました。
女の身元はすぐにわかったそうです。
去年の夏に、何十キロも離れた町で行方不明になっていた女の人でした。
ただ、なぜあんな山の中に居たのかはわからない、と言うことでした。
俺はあの時のことはもう忘れたいと思っていたので、
そんなことはどうでもエエ、と思って聞いていました。

けれど、一つ気になることがありました。
女の遺体を調べたところ、両眼に酷い損傷があったそうです。
俺は、Aのヤツそんなことをしたのか、と思いましたが
どうも違ったみたいで、その傷は随分古いものだったようです。
「目はぜんぜん見えんかったはずや」
警察の人はそう言いました。

結局、Aの行方は今でもわかっていません。
残された家族のことを考えると、Aには生きていて欲しいとは思いますが、
あの時のことを思い出すと、正直なところ、もう俺はAに会いたくありません。

ただ、何となく嫌な予感がするので、先週、髪を切って坊主にしました。




 ☜1日1クリックの応援お願いします




 

602 :牙誰:04/07/16 15:46 ID:4o6AmNNl
小学生の時、近くの神社で写生大会があった。
俺は友達二人(双子の兄弟)と神社の横にある、大きな木を描いていた。木が一番描くのが楽だろうと思ったからだ。

一時間ほど経って、その兄弟の絵を覗き見ると、俺の絵にはないものが描かれていた。
それは木に何本も刺さった、斧やのこぎりだった。しかも兄弟で同じ所に。
ちなみに俺が見た限り、木には何も刺さってはいない。
だけどやつらは口を揃えて、「いっぱい刺さってんじゃん」と言う。
もう一度よく見たが何も刺さっていない。
そのうち二人で何か会話を始めた。
「あれ描く?」
「やめようよ、先生に怒られるし」
「かわいそうだね」
俺にはまったく意味不明な会話だった。

あれから十年以上経ち、その双子は一人が自殺、もう一人が失踪した。
正也、和也には見えてはいけないものが見えていたのだろう。

 ☜1日1クリックの応援お願いします




 539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/21 23:37 ID:pbRAqOfd
地方の寺の息子です。でも今は東京でリーマンw 家は兄が継ぎました。
信じてもらえるかわからんけど、子供のころの出来事をいくつか。

・お盆の時期になると、敷地内の墓地に昼夜関わらずあの世から戻ってきた人(…だと思う)がうろうろしてました。
小学校に入るまで、それが普通だと思ってた。

・中学卒業するまで、毎朝毎夜本堂で親父のお勤めを正座して聞かなきゃならんかった。サボるとぶん殴られたもんで…
そんな夏の夜、本堂の扉を開けっ放しにして兄と一緒にいつものお勤めをしていたら、
背後から明らかに異様な気配がしてくる。かさかさ音もする。
子供だから怖いのと気になるのとでそわそわしてると、親父が一括、
「やかましいぃっ!お前ら仏の教えを聞きたいのなら、もう少し静かにせんかっ!」
(こんなような内容だった。うる覚えだが)
…それまでわさわさしてた気配がぴたりとやんだ。
それ以来、本堂の縁側にひざまずく白い影…というか煙みたいなのをたまに見かけるようになった。

・小さいころ、
格子柄(チェックみたいな模様)の着物着て裸足の、おかっぱの男の子と境内で遊んでた記憶がうっすらとある。
でも、その子が話してる言葉がさっぱりわからなかった。

・何歳ごろか忘れたけど、
ある一時期、境内にある大きな木の真ん中あたりに、鈴を持ったしわしわのおじいさんがずーっといた。

とりあえずこんなところかな。
でも中学入るくらいかどれもらさっぱり見なくなったし、変な体験もしなくなったなあ。


541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/22 04:39 ID:yHNH8IYq
>>539
すごく興味深い!
それらの現象はお兄さんも一緒に感じていたのですか?
住職であるお父さんは、成人してからもそれらの気配を普通に感じてられたということでしょうか?
しわしわのおじいさんて、たぶんすごくいい守護霊のような気がします。
鈴の意味はなんなんだろうなぁ(・∀・)ワクワク


543 :539:04/06/22 21:14 ID:iTmRT/lr
おお、煽られると思ったけど、ちゃんと反応してくれた人達がいた(・∀・)ありがとうございます。
なかなか信じてもらえんのですよ。

親父は昔から見るみたいです。
でも僧侶という手前、お化けとか幽霊とかいう表現を使わず、もっぱら『異形』という言葉を使いますね。
若い頃、山の中の寺で修行してた時に、一つ目一つ足の坊主の妖怪(?)を見たことがあるみたいで、
小さい頃は他人様のお墓に上って仮面ライダーごっこをするなど悪いことするとすると、
その妖怪のお話をエンドレスに聞かされたものです。
まあ、すぐ『拳』に変わりましたが(笑)

兄も見ます。これが一番たちが悪い。どっちかというと、お化けに好かれるタイプ。
ちなみに顔はゴリラですが(笑)。
境内に水子地蔵があります。
これは寺伝だと、昔飢饉のときに亡くなった子供をまとめて供養してるみたいなのですが、
小さい頃は絶対その近くで遊ばないように祖父から言われていました。
…そうじゃなくても子供心に薄気味悪いところでしたから、近づきたくなかった覚えがあります。
そこでまあ、色々あったんですが、結論から言うと、
兄はその場所で『あっちの世界』へ二度ほど引っ張りこまれそうになってます。
ちなみに、私が前述したおかっぱの男の子と出会った(?)のも、水子地蔵のある裏手のちいさな空き地でした。
今は駐車場になってますが。

私は見るというよりも、そうですね、感じると言った方が多いです。
見たとしても、強いて言うなら煙みたいなものを見る事が多いです。
感じるときは何故か右半身だけががきれいに逆立つような感触を受けます。

なんかくだらないこわい話みたいになってしまいましたね。すいません。




 ☜1日1クリックの応援お願いします



604 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 06:56:59.11 ID:L110NAA50
私は凄い雨女で、遊ぼうと決めた日は大抵雨。
趣味でダイビングやってるんだけど、ポイントについたらだいたい雨が振り出す、
神社巡りしてても雨か霧に見舞われる。

そんなんだけど去年の夏、初めて厳島神社に行った。
宮島に着いたとき曇り空が晴天に‼
一緒に行った友達と手をとって喜んだ。
その日一日は落し物も帰ってくるし、人にも恵まれて最高だった。
翌日の市内観光は雨だったけどw

帰宅して祖父にその話をしたら、
自慢げに「うちは代々平家の側近だったからね。歓迎されてるのかもね」と言われた。

偶然かも知れないけど、ちょっと不思議だった話。


606 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 15:54:11.21 ID:xBI98Oej0
>>604
神社に入った時に天気が変わったら、その神社の神様に歓迎されているという説があるそうです
私も晴明神社に行った時に急にみぞれが降ってきたり、
東照宮に行った時に急に雨が降ってきて歓迎されてないのかと思ったら、逆だといわれた事があります





 ☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ