【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!



大戦中は陸軍の小隊長か中隊長かをやってた家のじじいの話なんだが。
じじいが消防のころ学校の裏山を少し登った広場でよくあそんだそうだ。
ある日その広場で日暮れまで遊んで、暗くなり始めたので帰ろうとする と広場の縁に子狐が何匹か顔を出したそうだ、狐など珍しくも無い田舎 だが、とてもかわいいのでその時持っていた黒砂糖のカケラをやったそうだが、近かづくと逃げるので近くの石の上に置いたそうだ。

それから何度か似たような事が夕暮れにあり子狐も近くまで寄ってくる ようにはなったが、決して手からは菓子などを食わなかったそうだ。
じじいも上の学校へ進学しその子狐のこともいつしか忘れてしまった。

時は流れて、じじいは陸軍に入った、親類に陸軍の上層部の方がいたの でかは知らないが出世は早かったそうだ。
そして中国へ、ある日小隊だか中隊を率いて川沿いに進軍していた時の こと。 側面から明らかに優勢な敵の攻撃を受けて川と敵に挟まれるよ うな状況になった。川上、川下にも敵に回り込まれ、川を渡って後退す る以外道が無いが、川幅と水深が結構あるので、川を渡る際に狙い撃ち となって全滅してしまう。 進退極まってしまった。

最初に頭に浮かんだ事とは、惨殺された見方の兵士の姿だったそうで、 全員決死の切り込みを考えたそうだ。
その時、敵の方を見ると、ちょうど敵味方の中央に狼が1匹こちらを向い て、ちょこんと座っている。銃弾飛び交いとてもその様な状況の場所では ないのに・・・ そして良く見るとそれは狼ではなく、金色の綺麗な狐だ ったそうだ。 そして次の瞬間。

その狐が2mほど跳ねたかと思うと、ぱッっと尾が数本の別れた。近くの 兵士もソレを見て「わあ~」っと騒ぎ出したそうだ。
狐は分かれた尾から大量の火の粉を振りまいて敵味方の間を走り始めたの で、乾ききった枯れ草が凄い勢いで燃え始め煙と炎が一面埋め尽く したそうだ。これ幸いと、部下に渡河命令を出し、じじいは最後に 軍曹と川を渡ったそうだ。川を渡って追っ手を狙い撃ちにすることとし たが敵はこなかったそうだ。 煙も薄れた対岸を双眼鏡でくまなく見るも の姿はすでになく。部下と一体なんだったのかな?と。
この世の物とは思えなかったので、部下と対岸に手を合わせて心の中で礼 を言うと・・・ じじいの耳元でだれかささやいたそうだ、聞いたことの 無い若い女性の声で・・・・「うまかったぞ」

戦後その広場には小さな御稲荷さんが出来たとさ。



 ☜1日1クリックの応援お願いします



220: 本当にあった怖い名無し 2009/06/06(土) 20:00:40 ID:kO899dyA0

俺が子供の頃の話なんだけど。
 
俺は山の中の小さな村に住んでて、家から少し離れた所に爺ちゃんが住んでた。
その爺ちゃんは、今で言うお払いみたいなことをしていて、狐憑きや村で切れない木があるとの爺ちゃんに頼っていた。
 
俺はそんな爺ちゃんに憧れ、よく家に遊びにいってた。
そんなある日、いつものように爺ちゃんの家に行き、縁側で喋ってた。
 
「俺も大きくなったら爺ちゃんみたいになりたい」
目に見えない者を倒す爺ちゃんは、ヒーローそのものだった。
だけど爺ちゃんは
「やめとけ、こんな事をしても何の得にもなりゃせん・・・お師さんもそうじゃった。」
広い庭を見渡し
「もうここまで来よった・・・わしもそろそろか・・・」
と呟いていた。
 
それから数ヶ月した頃、学校の帰り道で爺ちゃんに会った。
爺ちゃんは田んぼの中を四つ足でグルグル歩き回り、蛙を捕まえ食べていた。
爺ちゃんの目はギョロギョロしていて、舌はだらしなく垂れ下がり口の周りは泥だらけだった。
 
あまりの光景に俺は怖くて動けずに、ただ見ていた。
そして爺ちゃんが俺に気づくと低い唸り声をあげた。
 
俺は走って逃げ、親に爺ちゃんのことを告げた。

 

 

222: 本当にあった怖い名無し 2009/06/06(土) 20:25:12 ID:kO899dyA0

それから数日して爺ちゃんは死んだ。
 
葬式の時、大人は爺ちゃんの顔を見ることを許してくれなかった。
 
それから少したって爺ちゃんの家で、日記を見つけた。
それは爺ちゃんのお師さんが、死んだ時のことが書かれていた。
 
お師さんの身体が弱くなるにつれ、力も弱なっとる。祓ってもきりがない。
どこからともなく物の怪が現れ、お師さんに入り込む。
苦しんで絶命した時は、恐ろしい形相だった。
 
こういう事に携わってると奴らから怨まれるのは当然・・・
力を無くした時に、復讐にくる。
わしも同じ目に合うのだろうか。
 
俺は爺ちゃんが縁側で話したことを理解した。
 
向こうから見れば、爺ちゃんは敵で、祓い逃した奴や人間に悪さをする奴は、いつまでも復讐の時を待っている。
そしてお払いをする人間の最期は静かに死ねないという事を・・・

 

 



 ☜1日1クリックの応援お願いします

182 :本当にあった怖い名無し:2013/11/02(土) 07:30:29.17 ID:bFSZLFGl0
スレチかもしれんし流れ切ったらすまん。
無意味に長いのでスルーしてくれても構わない。

バイト先の先輩と同僚の話。
先輩は同性の俺から見ても感じのいい、優しい人とかいい人っていう代名詞がぴったりな人、
同僚は、ちょっと内向的すぎるけど真面目で接客とか作業とかが丁寧な子。
先輩は元々面倒見のいい人なんだが、同僚が気にしいで大人しすぎるせいか、
特にその同僚の子のことを気にかけてるみたいだった。

183 :本当にあった怖い名無し:2013/11/02(土) 07:32:49.16 ID:bFSZLFGl0
民度が低いとかよく言われるバイトなんだが、俺のいたとこは比較的平和な店舗で、休日にバイト同士で出かけたりとか、お互いの家に行ったりすることがよくあった。
その日も例に漏れず、俺と先輩で(バイト仲間で実家暮らしの)後輩の家に遊びに行ったんだが、後輩のケータイに電話があって、畑の人手が欲しいから手伝いに来てほしいとのこと。
後輩が畑に行くなら帰るか、と帰り支度でしたものの、なんだかんだあって成り行きで一緒に手伝いに行くことに。
184 :本当にあった怖い名無し:2013/11/02(土) 07:35:25.32 ID:bFSZLFGl0
畑の手伝い自体は難なく終わり、むしろおやつに晩ご飯までご馳走になって有難い限りだったが、後輩のおじいちゃん(後輩家族とは別居、初対面)に帰りにこそこそっと話しかけられた。

「あの兄ちゃん(先輩のこと)、生霊ついてんぞ」

な、なんだってー

正直いきなりそんなことを言われてかなり戸惑ったのだが、苦笑して補足説明を入れてくれた後輩いわく、おじいちゃんはいわゆるみえるひとで、後輩にもおじいちゃんが関わる不思議体験がいくつかあるとか。
後輩のお父さんと釣りの話で盛り上がっている先輩には聞こえないように、こそこそとおじいちゃんから話を伺ったところ、

185 :本当にあった怖い名無し:2013/11/02(土) 07:40:07.85 ID:bFSZLFGl0
・先輩には生霊?がついてる
・生霊は生霊なのたが、先輩に悪影響はゼロで、むしろ守護霊状態
・外見の特徴から生霊は同僚の子だと思われる(写メ見せて確認取った)

おじいちゃんが言うには、同僚の子は自分に親身にしてくれる先輩のことがすごく好きで、半端なく好きで、うっかり生霊飛ばしてる感じ。
ただ、付き合いたい、とか私が先輩を幸せにする、とかそういった感情ゼロで、ただ純粋に先輩のことが好きでひたすら先輩の幸せを願うタイプのせいか、
生霊になっても悪影響を出さずに、むしろ同僚の生霊に先輩が守られていたり運気を上げてもらっている状態だとか。

186 :本当にあった怖い名無し:2013/11/02(土) 07:42:16.39 ID:bFSZLFGl0
「こんなにあったかくて綺麗な生霊なんてはじめて見た」と仰っていた。

ただ、今は守護霊な同僚だけど、生霊であることには変わりなく、
何かの拍子に歪んでしまう可能性もあるので、できれば何とかした方がいいとのこと。
何とかって言ってもなー、無理矢理引き剥がすのも(できるかどうかは別として)なんか可哀想な話だし、
かといって先輩に同僚の生霊ついてますよーなんて言えないし、まさか同僚に、先輩に生霊飛ばすのやめろよとかなおさら言えないし、
とその後、後輩と顔合わせる度に二人で頭を悩ませていたのだけれど、俺達が何もするまでもなくあっさりと問題は解決した。

187 :本当にあった怖い名無し:2013/11/02(土) 07:45:07.95 ID:bFSZLFGl0
実は同僚のことが好きだったらしい先輩が同僚に告白して、先輩と同僚が付き合い始めた。

二人がくっついたあと、先輩と同僚とで後輩の家に遊びに行ったらしく、
たまたま居合わせたおじいちゃんが大層驚いていたそうだ。
何でも、両思いになったことによるのか、守護霊な生霊が本物の守護霊にランクアップしていたらしい。
そんな現象を目の当たりにしたのは初めてで、おじいちゃんから話を聞いた俺も後輩も人の思いってすごいなーと感心しながら
ムダになった生霊なんとかしよう作戦のメモをシュレッダーにかけた。

190 :本当にあった怖い名無し:2013/11/02(土) 08:03:56.96 ID:bFSZLFGl0
連投規制引っかかった。ごめん同僚は女の子。

ちなみに同僚の守護霊は先輩だけでなく同僚自身も守るようになっていて、
もしこの先輩と同僚に子供が生まれたらその子も守るだろうとのこと。
なんだそのハイパー守護霊羨ましい。

先輩はほんとにいい人だし、同僚は同僚でいろいろ複雑なやつだから行先が心配だったんだが、
2人とも幸せそうで何より。
二人の婚約が決まったので、記念に。幸せな家庭を築いていってほしい。

長々とスレ汚しすまんかった。



 ☜1日1クリックの応援お願いします

270 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/18(水) 22:24:45.30 ID:ZL8BFAXFi.net
流れ切って悪い。どこに聞けばいいのか分からんからここに書く
今日、今さっきのこと。一日入院から帰ってきた親父の腕に『一木(鳥居マーク)ニ』と読めるカッターで引っ掻いたような傷が出来ていた。
(鳥居マーク)のトコは『形』の左側みたいな感じに傷がある。
病院のベットで点滴打っていただけなので、んな不可解な傷が出来るような状況ではなかったらしい。
親父は霊感が強くて、過去何度も幽霊に遭遇している。
ググってみたら『一木神社』ってトコはは高知県にあるらしいがウチとは縁もゆかりもない。

今週末時間あったら行ってみようと思うんだけど、やっぱ危ないかな?

273 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/19(木) 05:07:18.26 ID:6AVborbN0.net
>>270
まだ傷残ってる?
できればうぷしたら反応あるかもよ
276 :264@\(^o^)/:2014/06/19(木) 19:10:36.85 ID:xN7afUYai.net
>>273
>>274
一日たったけどサンクス。昨日撮った写真があるからうpする


Part93-276
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5136228.jpg



冷静に考えたら偶然できた傷に見えて来たこともないこともないかもしれない。
高知県って片道5時間かかるから行くにしたら遠いんだよな。
ってかこういう写真ってうpして大丈夫なもんなんだろうか
278 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/19(木) 20:48:23.08 ID:GaAEghlS0.net
>>276
馬鹿にしてる訳じゃないけど
その傷をよく解読したな
横にしたり逆さまにしたりすると別の意味になりそう
279 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/19(木) 20:53:44.55 ID:xN7afUYai.net
>>278
解読したのは親父。鏡でこの傷を見た瞬間そう読めたそうだ。
別の角度からもよく観察してみたけど、意味を持ちそうなのは『一木神社ニ』だけだった
281 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/19(木) 21:41:21.27 ID:GaAEghlS0.net
>>279
無意識の内に父親自ら彫ったとか
予知夢みたいな物を見て忘れない内に彫ったが何故かその記憶が無くなってるとか
若しくはキャトルミューティレーション?的な
なんかワクワクしてきたぞ
283 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/19(木) 21:47:05.96 ID:xN7afUYai.net
関係あるかわからんが、親父は以前にもその病院に入院していて心霊体験をしている。
寝ているウチに女性の霊がベッドの隣にやってきて、しばらく足元に腰掛けていたんだと。俺が着替えを届けに行ったとき、ちょうど霊がいたらしい位置に長い髪の毛と水たまりがあった。
284 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/19(木) 21:51:12.51 ID:xN7afUYai.net
>>281
俺もそれは思った。左腕に傷があるから、寝ぼけて右手で掻いた傷じゃないかと。(親父右利き)
でも、親父は爪を切ったばかりで爪が短く、こんな傷を作れそうではなかった。
285 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/19(木) 23:23:16.90 ID:McPZ8hzC0.net
直線ばかりだからカッターみたいな物で自分で切ったんだろ。
リスカじゃないけど、自分に傷を付けてしまう病気?
287 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/20(金) 00:03:48.51 ID:peLPbAali.net
>>285
いや親父に自傷癖はない。
今日もまだ傷残ってた。ちょい薄くなってたが。行った方がいいのかな? 一木神社。
289 :270@\(^o^)/:2014/06/20(金) 00:11:01.03 ID:peLPbAali.net
連投してたなスマン。もしまた経過あったら報告するわ。



 ☜1日1クリックの応援お願いします


297292 :2014/06/25(水)12:59:29 ID:tGhszhMX3
今日は暇なのでついでに物の怪話も一つ置いてきます。

今住んでいる辺りは山が多い地域。ずっと平たいs県に住んでたから最初は山の多さにびっくりした。
とある日曜日、夕暮れ時に夫と車で買い物に行こうとしたらコンクリートで護岸してあるところに何かがよじ登ってる。
あれー、人間にしてはなんかおかしいなと思った瞬間「ダメだ!!見るな!!」と頭の中に声が響いて体が震えてきた。
「山童(やまわろ)だ、気をつけろ!!山に捕まるぞ」とも言われこれは真剣に怖かった。
こんなに民家が近いのに物の怪が出るなんて吃驚したし、何度も言うが怖かった。

以来山の護岸はあんまり見ないようにしている。山には神様も物の怪もいる。大切にしないといけないし
人は領分をちゃんと守らなきゃいけないと痛感した出来事でした。



 ☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ