猟師から聞いた話なんだが、昔に自分の友人の猟師が、


山で子犬を拾ってきたそうだ。
まだ目も開いていない赤子で、
なぜか山の中に一匹だけ落ちてたそうだ。

野犬の子犬は、成長すれば猟犬として良く役に立つ。
喜んで育てていたら、何か犬と違ったそうだ。



真っ黒でゴワゴワした毛が生えてきて、

犬の毛質とは違う。


耳は丸い形をしていて、

犬と違って尻を付いて座ることが多い。


ミルクを飲むときも前足を使う・・・

しばらく育ててみてやっとわかった。

・・・クマの子供だったのだ。

何であんな所に転がっていたのか解らないが、クマの子だった。



たまげたもんだがこれはこれで嬉しい。

クマは犬より鼻が良いし足も速い。

力もあるし犬より役に立つ。

なので育て続けることにした。


そんなこんなで1年経って、

結構大きくなって、初めて狩りに連れて行くことに・・・。


すると突然何かに反応して、

どこかへ走っていく。

犬のおかげで見失わずに済んだものの、


あまりの足の速さに驚いた。 何を見つけたのかと思えば、

木の中に顔を突っ込んでいる。


キョトンとしていると、

野生の日本ミツバチの巣をくわえて持ってきたのだった。

それから半年経った日、

今日も何かの臭いに釣られて、

崖っぷちまでやってきた。


何があるのかと上を見てみればでかい何かの鳥の巣。


ヒナもいるが、ヒナが鶏ほどもある。

しかもその横に転がってるのは死んだ鹿・・・

巣もかなりでかい。

「おめぇ・・・とんでもねーもの見つけたなぁ・・・」と思わずつぶやいた。

巣の下である自分の足下にはたくさんの骨が散らかっている。


しばらく考えていると、バサッバサッバサッとかなりの羽音。

飛んできたのは、身の丈3メートルはある化け物のような鳥。


ハヤブサに鷲を足して2で割ったみたいな奴がそこにいる。

尾っぽの先にたなびく飾り尾も偉く長い。

羽を広げてこちらを睨む。

もの翼長がとんでもなくでかい。

10m以上はあったそうだ。

羽の内側には青色の斑点があり、

目は∞の形に瞳を入れた感じの目をしていた。

あまりの馬鹿でっかさに声も出ない。


急いで逃げようとしたが、腰が抜けて逃げれない。


そのとき、猟熊が自分を背中に乗っけると猛スピードで走り出した。

犬もそれに釣られて走り出し、何とか事なきを得た。


その頃から自分の里で牛や馬がピンピンと姿を消し始めた。

牛小屋は屋根から破壊され、中の牛を捕っていく。

紛れもなくあの怪鳥に違いないと確信し、そのことを暴露し、


退治に乗り出した。牛を一匹広場に置き、猟師が総出で迎え撃つ・・・という作戦だった。



明け方、バサッバサッバサッ・・・

大きすぎる羽音と共にそいつはやってきた。

牛を足で捕まえると飛んでいこうとした。

ババンッバーンバババーン!!!

と、鉄砲の音が響いた。

しかし、そいつは何事もなかったかのように逃げ去っていった。

奴のいたところには血痕が結構な量残っており、それ以来奴は来なかった。

調べたところそれは「鷲駿」という妖怪だそうで、ひらがなで書くと「ぐはい」読みは「ぐわい」だという。