39名無しさん@おーぷん :2015/07/12(日)22:47:12 ID:vdy ×
 暑い夜、なんだか良く分からないモノを見た事がある。
形状は胃というか、腸というか。質感は湿っていそうだが、そんなにヌラヌラしていなかった。
色は多分肌色っぽい色(ライトに照らされていた為、詳細不明)。大きさはミニバン位。
当時、俺はタクシードライバーをしてたんだけど、お客を送る途中、田と田に挟まれた農道でそれを見た。
最初はカバーをかけたコンバインかと思ったんだが、そんなものが田舎の農道とはいえ道路を半分塞ぐような形で停めてあるわけがない。こりゃおかしいぞと思い、停車した時にはクルマとソレの距離は20m程になっていた。
お客が異常に気付き、前を見ると「おお」と緊張感の無い反応。
お客にクラクション鳴らしてみなと言われ軽く1回鳴らすと、その訳の分からないものはちょっと跳ねた後、大きさの割には音も無く、また、大きさの割にはCGのような速さで田んぼに消えていった。

しばらく車を止めたままポカンとしていたが、お客からメーターが回っていることを指摘されて我に返り、あともう少しで到着する集落に向かって走り出した。

色々お客に聞いてみたが、
・レアキャラ。あえていうなら化け物。神様ではない模様。
・田の悪いものを食べるらしい。出た年の翌年は豊作になると言われているが、お客が以前に見た年の翌年は冷夏の為凶作。
・見た者は知っているが、見ない者は存在自体をまず信じない。(そりゃそうだ)
・人を襲うという話は聞いたことが無い。
とのこと。

業務が終わり、営業所に帰った際に、喫煙所で同僚数名に話をすると、案の定「ンな訳が無い」という反応。
ただ、俺が訳の分からないモノを見た近辺は、しばしばドライバーから「夜中走っていると田が光る」という話がでる地点という話を聞いた。






☜1日1クリックの応援お願いします