私の家系は、ちょっと勘が利くといいますか、霊感が強い傾向があります。
特に母は所謂『予知夢』なんかを見たり、人の隠し事を察知して、言い当てるなんて事もしばしばです。
まぁ、母親の勘とか女の勘とか、そういう類なのかなって感じもしますが。
しかし、霊が見えるというわけではなく、とにかく察知するってだけです。
それは私の兄たちも同じで、次男は結構洒落にならない体験もしてるようです。
因みに、父は全くそういうものは働きません。
『勘』のかの字もないってタイプですw


そして、母や私達兄妹に共通するのが『金縛り体質』です。
先に書いた、兄の洒落にならない体験も、殆どがこの金縛りに関する出来事。
けれど私は、兄が「この部屋では寝れない」と泣きを入れるような場所でも、全然平気で何事もなく眠れたため、自分には霊感や不思議体験など無縁なんだな、と思っていました。

そんな中、私が高校生になった頃、実家の隣にお寺が建ちました。
窓を開ければ寺があるって環境は、あまり好ましいものではありませんでしたが、綺麗な真新しい建物だったので、気持ちが悪いとまでは思っていませんでした。

ですが、その頃から私までも、金縛りに遭うようになったのです。
内容としては、ありきたりですが・・・こんな感じです。
夜中、突然目が覚め(正確には意識だけ醒める)、同時に身体が動かなくなり、部屋の中で女性のクスクス笑う声が聞こえました。
あ・・・ヤバイ。
これは目を開けてはダメだ。
そう思い、とにかくそのままジッとしていたんです。

すると、その声が段々自分に近づいてくるのが分かりました。
クスクス・・・クスクス・・・。
あ~・・・やだな。
どうしよっかな・・・と案外冷静に思考は働いていました。
それでも目だけは開けまい、あわよくば寝てしまえ、自分。
と思っていると、笑い声が途絶え、ほっとした瞬間、耳元に気配を感じました。

「◯◯(←私の名前)ちゃん」

そう耳元で呼びかけられたのです。
ひ!と思った瞬間金縛りが解け、その後は隣室の母の部屋に猛ダッシュして布団に潜り込み、また寝ましたw

そんな感じで、ちょくちょく金縛りに遭うようになったため、母がお札を部屋に貼ってくれたり、部屋に盛り塩したりしていました。
でも寝てる間に起こる事なので、そこまで気にせずに暮らしていたんです。

まぁ、家族(父除く)揃ってそういう経験があるので、そういう金縛りにも楽観的でしたしw
家族みんな、「塩置いときなー」「お経唱えなー」くらいの反応でした。

ちょうどお盆の時期でした。
夕方窓を開けたまま部屋で寝ていた時です。
つけっぱなしのTVの音が、急に大きく聞こえ始めました。
目を閉じたまま、あーこりゃ始まったぞと思いました。
案の定、身体が固まり、同時に窓から何かが入ってきた気配がしました。
TVの音がどんどん大きくなります。
もはや騒音レベルです。

いつものように『南無阿弥陀仏・・・』と頭の中で唱え始め、早く終わるのを待ちました。
すると、身体の上にドスン!と何かが乗ってきたのです。
思い切り、大人の人間が乗ってきたような感覚です。
息も止まりそうなくらい苦しかったのですが、必死に頭ではお経を唱え続けました。
ところが今度は、顔を大きな手で押さえられました。

基本的に金縛りの際、私は絶対に目を開けません。
それは、兄が金縛り中に、色々見てしまった体験を聞いていたからです。
けれど今回は、はっきりと分かります。
大きな手が自分の顔に当てられ、ぐうぅっっと思い切り押し付けているのが。
ここまで来るとこちらも必死で、『南無阿弥陀仏』から『南無妙法蓮華経』に至るまで、知ってるお経をがむしゃらに唱えました。

すると、それに抵抗するかのように、さらに手の力が強まります。
長い!長い・・・!今回のは長い!!と、焦り始めました。
とにかく力いっぱいに押し付けられ、それでも負けるか・・・!負けるか!!とお経を唱え続け・・・。
ついには、あまりの苦しさに目を開けてしまいました。

目の前には、髭だらけでボサボサの髪をちょんまげのように結った、男の顔がありました。
イメージ的には、時代劇なんかに出てくる浪人が、髭も髪も伸ばし放題にしている、そんな顔と髪型です。
表情までは覚えてませんが、大きな手の指の間から、それをはっきりと目にしたのです。
その瞬間、何故か私の中に強い怒りが起こり、男の顔に向かって「うおおおおおおおおお!!!!」と、大声で怒鳴っていました。
吼えた、と言ったほうがいいでしょうか。

すると、顔への圧迫が解かれ、男の顔がスゥ・・・っと消えました。
そして、身体も自由になったのです。
ガバっと跳ね起きた時も、怒りが収まっておらず、「待てこの野郎!!!!」と叫んでいました。
今思うと、何故あんなに怒っていたのか分かりませんがw

落ち着いてから部屋を見渡すと、あれだけ爆音に聞こえたTVの音量もいたって普通で、窓からは、真っ赤な夕焼けの陽が差し込んでいるだけでした。

そんなこんなで、いい加減に金縛りに嫌気が差していた頃、電車の中で友人に、上に書いたような体験内容を話していたんです。
向かい合わせに座り、興味津々で聞いていた友人が、途中から私の後ろにばかり目をやっています。
どうしたんだろう?と思った瞬間、突然後ろから60代くらいの女性に話しかけられました。

「それはね、あなたに助けて欲しいからなのよ」

正直相当びっくりしましたが、後で友人に聞くと、女性はずっと私の後ろで、話をニコニコ聞いていたそうです。
困惑している私たちに、女性は柔和な笑顔で続けます。

「あなたはね、血が巫女さんなの。だから、みんな救って欲しくて来るの。今度からは、『ここは違うよ、お帰りなさい』って言ってあげるといい。それで大丈夫」と。

「え?え?」と戸惑う私に、女性は顔を近づけじっと見つめ、「あのね、あなたは神さまに仕える血筋なのね。お家は神社に関係してない?」と、聞いて来ました。

「そんな事はまったくない」と答えると、「それなら、お母さんかお父さんに聞いてごらん、必ずそうだから」と断言します。
正直、いきなり見知らぬ人からこんな事を言われ、不気味だったのですが、友人がノリノリで女性に質問していました。
そこで言われたのが、

・寺ではなく、神社に関係する血。はっきりと「神主さんが先祖にいる」と言われました。
・あなたは絶対に危険な目に逢わないから、心配しなくていい。
・日頃見えないのは守護霊が強いから。

ついでに、「友人は良い結婚する」と言われていましたが、私は言われませんでした・・・。
さらに女性は、「困ったらここへ訪ねて来なさい」と、住所を渡そうとしてくれたのですが、あまりにも突然の事で、「いいですいいです」と固辞しました。

帰宅後、母に電車での顛末を話し、「神主なんていないよねw」と言うと、祖父が昔、神主を副業にしていた事実が出たんです。
確かに母方は代々神道なんですが、初耳でした。
母も大層驚いていて、しきりに「すごいね~」と言っていました。

数日後、そんな話を手土産に、祖父の家に遊びに行きました。
祖父は黙ってその話を聞いた後、どこかから資料を持ってきました。
それは家系図でした。

「このな、一番上見てみなさい。
◯◯◯とあるだろう。
これはな、朝廷に仕える巫女さんなんだ。
それの一番偉いの。
それが◯◯◯で、家の始まりなんだ」

(すいません。もっと歴史なども交えて説明してくれたのですが、詳しくは書きません。結構特定されるような内容なので)

これは母も初耳の事だったようで、3人で暫く無言になりました。
その後、祖父は白い紙に墨で『きよめたまひはらいたまへ』と書いて、私にくれました。

「それを持っていろ。
また金縛りに遭ったらそれを唱えろ」と付け加えて。

結論から言って、その後まったく金縛りに遭いません。
なんとなく嫌な感じの場所に行っても、その言葉を唱えるようにしています。
後で知ったのですが、祖父がくれた言葉は『祝詞』の一節なんですね。
それにしても、電車で会ったあの女性は、一体何者なのでしょうか。
その後、電車に乗る時は探しましたが一度も見かけませんでした。
住所を貰っておけば良かったかも知れません。





☜1日1クリックの応援お願いします