私の友人の不思議なお話です。
もう10年くらい前の話ですが。
その子は前からちょっとした霊感少女の気があって、「今日元気ないでしょ。
気の色が薄くなってるよ~(見えてるらしい)」って子でした。

ある日の事。
夢を見たそうです。
背丈が50センチくらいの小さいおばあちゃんが馬を連れていました。

おばあちゃんは「この馬を預かって欲しい」と言ってすぐに消えてしまったそうで。
ただその日から彼女曰く”馬に憑かれた”状態になってしまったらしく、髪の毛の伸びる量が半端でなく、実際に2ヶ月で10センチ近く伸びてました。
(たてがみ?)
あと嫌いだった人参や他の野菜が大好物になったとかで(笑)

そんなで2ヶ月位経った頃、お正月に親戚のいる新潟に行きました。
初詣に弥彦神社(?)に行ったそうです。
親戚一同10人位で境内に向かう参道の途中、ふと見ると小さい祠があり、何だろうと思って近くに寄ると、古い馬の像がありました。
どうやら馬を奉ってある祠のようでした。
その時彼女は、はっとして、あの時のおばあちゃんは私がここに来る事を分かってて馬を預けていったんだと思い、財布から小銭を出して祠の前に置き、丁寧に参拝してみんなの所へ戻ったそうです。
新潟から帰ってきてからは憑いていた馬もいなくなったとか。
髪の伸び具合もストップしました。

その後、親戚で集まった時にその時の話になり、「あそこに馬の祠あったよね~」と言うと、親戚はそんなのは無かったとみんなで否定したそうです。
親戚の一人が初詣の時にビデオ撮ってたからそれで確認しよう、という事になり確認してみる事にしました。
ピースしたりはしゃいだりしながら楽しそうに参道を歩く親戚一同。
砂利道を進む最中「ここ!ここの右側だよ!」と彼女が言った時、映像の中の彼女は画面からひょいと右側に消えました。

「ほらここに祠が・・・」と言おうとした時、またすぐに彼女の姿が画面に戻ってきたそうです。
その間僅か1秒ほど。
その後はまた楽しそうに歩く親戚達の姿が映されていました。

その1秒ほどの間ではとても、祠の中を確認して、財布から小銭を出し、お参りをする時間なんてありません。
あれは何だったんだろうね~?なんて彼女は言ってました。




☜1日1クリックの応援お願いします