952 :名無しの霊体験:2013/10/21(月) 17:05:05.64 ID:uqKSnPy80
私は沖縄出身。
沖縄では『医者半分、ユタ半分』と言うことわざがあるくらい、
ちょっと嫌なことが続いたり、体調を崩したりすると、ユタ(霊能力者、イタコみたいなもの?)に行くことが今でもある。
また、人が亡くなるとユタを頼んで、
「ちゃんと葬儀に満足した?」とか、亡くなった本人に聞きに行くのも、なんとなく慣習になっている。
ここまでが前提。

うちの祖父母は10人の子供を生んだのだけど、三男(私から見ると伯父さん)は生まれてすぐに亡くなってしまったらしい。
それが戦前のこと。
ここらへんちょっとうろ覚えなのだけど、
あまりに幼く亡くなってしまった子は、一族のお墓に入れてあげることが出来ず、
屋敷の敷地内に別のお墓を作って、そこに納めてあげる決まりなのだそう。
祖父達も近所のユタを呼んで、その儀式を行って貰ったんだけど、
儀式後に祖父が変な顔をしているので、祖母が尋ねると、
祖父「あのユタはダメだ。拝みが届くわけがない」
祖母「どうして?」
祖父「僕は耳がいい。
 ユタの拝み言葉聞いていたら、「ぐんぼー(牛蒡)、どぅーぶに(胴骨?)……」って、
 ご馳走の種類言ってるだけだった('A`)」
沖縄にはユタは多いけど、インチキユタも多い。
でもインチキだ!と言い切れるような確証もないので、そのままに。

それから40年程経って祖父が亡くなってからのこと。
納骨も終わった頃、ユタ(前出のユタとは別の評判のよい人)を通して祖父が言ったこと。
亡祖父「うちの墓の傍まで、子供がはいはいして来るんだけど、そこから中に入れないみたいなんだ。
 あれはうちの小さいの(三男)だと思うんだが、だっこしてあげたいのに出来ない。なんとかしてくれないか」
やっぱり拝みが届いてなかったかーということで、三男の為の拝みをやり直してもらった。
そしてしばらくしたら、またそのユタのところで、
亡祖父「だっこできたよー( ´∀`)」
と嬉しそうな祖父が見えたらしい。

これもやっぱり、零感の私にはどっちが当たってるとは判らないけれど、おじいと伯父さんが幸せそうな方を信じています。


☜1日1クリックの応援お願いします