41 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 01:49:51 ID:HJXUQLbYO
俺の母は小学校の教師をしている。 
霊感があり、赴任先によっては、かなり肉体的にヤバかったらしい。 

10年前に4年生のクラスを担任したとき、かなりの霊感がある女生徒Aと出会った。 
Aは小学校に入学してから、近所の誰がいつに死ぬとか、校庭にこんな霊がいるとか口走り、
校内では有名になっていたらしい。 
しかし、上級生の自殺を言い当てたとき、イジメの対象になった。 

そのときに担任なったのが俺の母で、Aの能力は本物と感じていた。 
実際に受け持ってみると、上に挙げたことを口走り続け、 
感情をコントロール出来なくてポルターガイストを起こしたりした。
それで母は、本人に謹むようにと霊感を封印させた。 

一年が経ち、Aが5年生に進級したときも母が担任だった。 
そして、ある事件が起きた。 


42 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 01:50:42 ID:HJXUQLbYO
他のクラスの生徒が深夜になっても帰宅しないらしく、 
5年生のクラスを担任している教師達が学校に集まり、探すことになった。 
母もその一員で、この霊感を何とか生かせないものかと思ったが、そっち方面の力は無かったらしい。 

頭を抱えていると職員室の電話が鳴った。
母が電話に出ると、相手はAで焦っている様子だった。 
「先生、学校の人で、行方不明になっている人いないですか?」と言う言葉に驚いた母は、隠さずに伝えた。 
「やっぱり。夕方からある病院のイメージが離れないの。
 血の臭いとか、肩に乗っかってきたり、段々ひどくなってきて、体がしんどい。 
 でも、誰か生きている人間もいて、集団で出られないってドア叩いてて、私行かなきゃいけない気がする」 

Aの訴えを聞いた母は意を決し、職員室をあとにした。 


43 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 01:51:33 ID:HJXUQLbYO
Aを迎えに行った母は、コンビニの駐車場で詳しく話を聞くことにした。 
A曰く、場所は廃墟と化した某病院らしい。 
時計を見ると深夜0時を過ぎている。 
母はAを信じ、車を走らせた。 

車のランプがつかなくなったり、急にラジオがついて変な声が聞こえて耳鳴りがしたり、 
かなりアクシデントがあったらしいが、20分ほど走り何とか病院に着いた。 

着いた途端、立っていられないほどの眩暈と吐き気に見舞われ、 
それはAも同じで、母は可能な範囲で浄霊し、結界を張って突入した。 


44 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 01:52:43 ID:HJXUQLbYO
廃墟の病院は、2階建ての棟と3階建ての棟の、2つの棟から成り立っていた。 
しかしAは、導かれるように進んでいく。 
そして手術室らしき場所で、行方不明になっていた生徒を発見した。 
どうやら、ネットで募った仲間達と探検している最中に、ドア開かなくなって失神したらしい。 

それから9年後。 
就職を機に上京した俺は、得意先に勤務していたAと出会い、
俺の母とも再会したAは、6月に俺の奥さんになりました。 


47 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 02:32:32 ID:Q+dLy3+10
>>41 
運命ってあるんだなぁ... 
良い方向に導かれてるよね。 


48 :41:2008/09/21(日) 03:06:56 ID:HJXUQLbYO
>>46 
本人も俺の母から言われて、随分と自身で抑えるようにして、 
更に中学2年生のときに父親が亡くなったのを機に、霊感(霊を見たり部門)が弱まったそうです。 
カンは冴えたままらしいが。 

俺と奥さんは隣の市に住んでいたから、互いに出会うまで顔も名前も知らない。 
母は家では仕事の話はしないタイプだから、奥さんの名前を聞いたことすらない。 
母も奥さんの就職先までは把握していない。 
にも関わらず、俺が得意先で初めて出会ったとき、隅に呼び出した奥さんの第一声が、 
「間違っていたらごめんなさい。
 あなたのお母様って、○○市で教師をやってらっしゃる○○さんですか?」 

奥さん、俺と出会う前日から、ずっと俺の母の顔が頭から消えなかったらしい。 
高校ぐらいから忘れかけていた母の存在が、急に。


☜1日1クリックの応援お願いします