412 :雷鳥一号:03/12/01 00:55
知り合いの話。 

夏休みに家族で、山へキャンプに行ったのだそうだ。 

夜、ふと目を覚ますと父親がいない。 
テントから顔を出すと、父親と灰色の影がぼそぼそと話をしていた。 
彼女は父親がいることに安心して、そのまま寝てしまったという。 

山から帰ってくると、父親はいきなり身の回りの整理を始めた。 
遺言を書き、財産分けまで済ませてしまい、家族はずいぶんと驚いたらしい。 

整理が終わるとほぼ同時に、父親は逝去した。心臓麻痺だった。 
親族から、まるで自分の死期を知っていたようだと言われたそうだ。 
彼女は、そのキャンプ場には二度と近づかないと言っている。 


413 :雷鳥一号:03/12/01 00:56
知り合いの話。 

仲間と二人で、冬山でのロッククライミングに出かけた時のこと。 
天候が急に崩れ、岩棚の途中で数日足止めを食らった。 
これは危ないかなと弱気になっていると、同行した仲間がさらりとこう言った。 
「大丈夫、俺の寿命はまだあるから、ここは生還できるはずさ」
どういうことかと問うてみた。 
聞くと昔、彼は山で出会った何者かに、自分の寿命を教えてもらったのだという。 
それの正体が何なのかは分からないが、彼自身は不思議と信じているのだと。 

次の日には吹雪は止み、彼らは怪我も無く下山できた。 
彼の寿命がいつなのかということまでは、さすがに聞けなかったそうだ。 


414 :雷鳥一号:03/12/01 01:00
友人の話。 

彼のお祖母さんは、かつて胃癌の手術を受けたことがある。 
手術をしてからというもの、お祖母さんは元気を失くしてしまったのだという。 
健康状態に問題は無いのだが、何をする気にもならなかった様子だった。 

そんな時、お祖母さんの友人から「遊びにおいで」と誘いが来た。 
出かけるのを渋る祖母を、家族皆で気分転換に行っておいでと送り出した。 

数日後、帰ってきた祖母は見違えるように元気になっていた。 
「私はまだ二十年は死ねないんだよ」
そう言って、色々な学習やボランティア活動に顔を出し始めたのだという。 

お祖母さんの友人に、「どうやって励ましたのですか」と父が尋ねたところ、 
「何もしていませんよ」と答えられた。
ただ、その友人の家は山中にあるのだが、
どうやら祖母は、そこで出会った誰かに「良いことを教えてもらった」と言っていたらしい。 
少々不気味だが、「塞ぎこんでいるよりは元気な方が良い」と家族は言っている。


☜1日1クリックの応援お願いします