244:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 13:06:24 ID: ID:AUtJZJZ50
ちょっと聞きたいんですけど
よく道祖神やお地蔵様の前に小石が置かれてますよね。
あれってどんな意味があるのですか?

245:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 14:04:00 ID: ID:oFhY5JlFO
ね!?>>242日頃人は神様にも人にもいかに無様で滑稽な事をしているか解るだろ?
>>244なにか念が詰まってしまっている石でないかい?
それか普通に参道を歩く→大きめの石が足下にある→周りを見渡す→迷い悩む→
猿田彦さまの前につい置いてしまう。。
そんな石が集まり今では石があればそこから落ちたと思い元の位置に戻す感覚で新たに石を設置wwwかな?


246:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 15:30:16 ID: ID:t7yzD/e50
>>244
「小石=難」を預け、これを拾って取り払って下さいという気持ちの表れだよ。

247:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 15:31:16 ID: ID:AUtJZJZ50
そうなんだ、ありがとう。


248:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 17:56:21 ID: ID:oFhY5JlFO
灘→海岸→石=難
という考え方?
勉強になりました。
石と難は、例えた過程に意味なしですか?


249:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 19:21:33 ID: ID:AUtJZJZ50
ついでにもう一つ聞いていいですか。
オレの住んでる町の外れに小さな神社があります。
長い石段の序盤あたりに何も塗られていない木の鳥居があって
上りきると社があります。
そういう事に疎い自分には、その小さな社はむしろ祠に見えます。
名前や由来を示す額も何もありません。
祠の横に子供の背丈くらいの小屋掛けがあってその中に石に浮き彫りにされた
何かの神様のようなものが彫られています。
今は町ですが明治の中ごろまでその辺り一帯は村と呼ばれ
祠はその村の北東の外れにやはり北東を向いて建てられています。
石段の前は鎌倉時代に使われた街道でその向こう側は
丘陵でその頃は隣の村です。

ほとんど訪れる人のない静かなその場所を自分とても気に入っているのですが
フト思ったんですよね。
一体誰が何の為に建てたのかと。
街道沿いですから旅の安全祈願もあるでしょうが
その少し手前に古くからある立派な神社もあります。
神社というのは塞の石や依代のように境界線、結界の役目もするんでしょうか。


251:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 19:35:59 ID: ID:8UBaWGco0
>>249
市役所や図書館で調べればいいじゃん

254:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 20:20:05 ID: ID:L6dmq7X9O
>>251
調べてはみたんですよね、ネットや本で。
でもその神社のことは出てないんです、自分が探した限りでは。
地図にもそれより小さな神社や稲荷は載っているのにその神社だけないんです。

ただ幾つか判ったのは、その神社の裏手にもう一つ神社があること。
さらによく見ていくと、自分の住む市は改めて神社が多いと思いました。
しかも恐らくは昔の村の境界線と思われる上に
同じ様な比較的小さな、しかし地元の名前が付けられた神社が並ぶようにあること。

歴史の方はまだ江戸後記くらいまでしか追えてません。
ただ相当昔から集落があったようです。
自分の住む町には縄文後記の縦穴式住居後が
隣の町からは小さな古墳が幾つか見つかってますから。

それとネットから、これは噂ですけど隣の町で山を切り崩して
大規模な宅地造成をした時に沢山の人骨が出てきたとか。
その土地は昔墓地だったとか、古戦場だったとかの噂がありました。
ただ、山を切り崩して造成したんだからあまり当てにはなりませんけど。
いろいろありがとうございました、も少し調べてみます。


257:名無しのオカルト 2008/02/21(木) 13:15:22 ID: ID:TLvYAd810
>>249
それは道祖神か庚申堂じゃあないかいね?

君の村やなくて隣の村がこしらえた
どっかの有志がやしろをこさえた

後者なら同じような形式というか似たようなつくりのが
ほかにもあると思うよ

って254でもう書かれとるんかw
街道沿いやから道祖神やと思うけど、地元の名前がついてる神社があるなら
式内社か式外社に記載がないか調べてみるよろし


250:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 19:26:49 ID: ID:+MDMCPPC0
北東は鬼門だから
村を護るためのものでしょう。


252:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 19:37:30 ID: ID:AUtJZJZ50
であればこそ、もう少し立派で名前もあって良いような気もするんです。
目の前が街道って言っても当時は馬一頭通るのがせいぜいだったようだし
石段も社の回りも木が茂ってて何かワザと人目から隠すような感じです。
供え物も何時来てもないし忘れられた場所って幹事です。
唯一、一月も終わりになってから注連縄が替えられたくらいでしょうか。


253:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 20:11:41 ID: ID:IKryvj2v0
ごく小さい祠のような神社となると、氏神さまだとかそういう可能性もあるかも。
なんにせよここで聞くよりは図書館かその界隈に住む人、
とにかく土着のもので探したほうがここより有益な情報が見つかると思う。
そして出来たらここに報告してくれると個人的に嬉しい。


255:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 21:22:41 ID: ID:lOq+agBaO
古くからの聖地が現在では寺社として祀られている場合もしばしばある。
神社の名前でもある地名そのものにヒントが隠れているかもね。

…縄文の神が形を変えつつも今そこにおわす。何と素晴らしい事だろう。


256:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 23:52:40 ID: ID:t7yzD/e50
>>248
概ね、君の示したもので良いと思う。
宗教的構造物の殆どは呪術的性質があるからね。

>>249
>神社というのは塞の石や依代のように境界線、結界の役目もするんでしょうか。

そこまで関係がはっきりとしているのならそうといえるでしょうね。
また続く神社を鑑みるに、それらの大本から御分霊を頂いて祀った可能性もあるかも。

由来や逸話に関しては郷土史の範囲になるから何とも云えないけど、調べてみる価値はありそうだね。
>>255の云うように、「…縄文の神が形を変えつつも今そこにおわす」可能性も十分に考えられるし。

あと余談だけど、案外、本気で追ってゆくと君の家の出自に辿り着くかも。


266:名無しのオカルト 2008/02/23(土) 05:22:54 ID: ID:PudRF96wO
>>255~257
アドバイスありがとうございます。

とりあえず今日図書館に行ってきます。
時間があれば市の民族資料館にも。


268:名無しのオカルト 2008/02/23(土) 05:37:49 ID: ID:PudRF96wO
連投すいません>>266です。
実はあの祠の中に何が奉られているのか知りたかったので格子の隙間から覗いてみたのです。
でもそこは昼間でも上から木が被さっていて暗くて何も見えませんでした。

そこに行くときはいつも自転車なので着脱式のマグライトがあります。
それを突っ込んで中を照らしてもいいものでしょうか。
なんとなく無礼な気がして…。




271:名無しのオカルト 2008/02/23(土) 11:17:32 ID: ID:uxCfgsby0
>>266、>>268
>まずあの神社に興味をもったのは主に父の郷里での話からなのです。
>婆捨て山

思ったのは、捨て神をお守りする家の話なのではと云う事。
まあどちらにしても、ネットで君の郷里の謎を解くのは難しいと思う。
逆に、君が地元で聞き調べたものを紹介してくれたら嬉しいかな。

>カマのまわりでオッカサンがよんでもオトサンがよんでもダレもこないよ。

それ自体は話題の神社に関わるものであるとは言い得ないけど、少なくともインスピレーションといった意味ではよく理解できる。
ちなみにうちの地元では、「おっとさんが呼んでもおっかさんが呼んでも行きっこな~あ~い~よ」。


274:名無しのオカルト 2008/02/23(土) 19:07:22 ID: ID:q4fOt+3V0
>>268
壊さなければおk

むしろ不審者と思われるのもひとつの手だ
近くの人に目撃されれば管理者に話が行く
つまり、詳しい人の方から接触してくれる可能性ありだ
お勧めはノート持参で相手にどっかの学生と思わせることだな

でんでら野
遠野物語に載ってるね







オカルトランキング