702 : 本当にあった怖い名無し:2015/06/20(土) 11:47:44.86 ID:qIA0t4QT0.net
フォーカシングだと、表面の感情としか接触できないんだよな
人間は心の痛みが耐え難いレベルだと、心を凍らせて身を守ろうとする
心の深い層にはその痛みが凍土のように眠っていて
時々痛みのシグナルを意識の浅いところに伝える
この凍土を溶かすと、ぼんやりと感じる怒りとか悲しみ胸の痛み
そういったソフトな感覚じゃなくて
本当に生々しい感情があふれ出てくる、
忘れたはずの封印したはずの赤黒い激しい怒りの波動、とか
生きてはいられないと思えるくらいの絶望感(失望感)、愛情の裏返しの恨みとか、
見捨てられる恐怖とか(赤ちゃんの頃の記憶)

一番解放しにくいのが罪悪感ね、これがあると他の感情も解放するのが難しい気がするな
人を傷つけたり、嫌がらせ苦しめたりする人ってこの封じ込められた強い感情がたくさんある
まだ自我が確立する前に、自分では対処できない感情を封じ込めた
それが心奥でうずいている、

なんだろう、埋もれている激しい怒りは悲しみは復讐心に燃えている
でも対象がないんだよw
元は昔の親の態度への怒りだったり失望だったり先生とか身近な大人に向けたものでも
その対象はもういない
(いるけど昔のその人と今のその人は違う人という感じ)
激しい感情はぶつける先を探している

でもってその対象になるのは、憎い相手恨みを感じた相手ではなくて「身代わり」なんだよな
その「身代わり」は、大昔憎んだ相手の代用としての他人だったり
深い傷を負った自分の「身代わり」、
つまりは自分の代りに残酷な神に捧げられる犠牲の羊としての誰かだったり

 



703 : 本当にあった怖い名無し:2015/06/20(土) 11:53:34.13 ID:qIA0t4QT0.net
理由もなく他人を傷つける人というのがいるもので
(理由はあるんだけど、非合理というか理不尽だ)
それをやる本人すらなぜ自分がそういう行動に駆られるかわかってない
自分の中に眠る生々しい激しい感情のせいとは思ってない
苛められる側や攻撃される側も理由はわからない
(私の場合はある程度、波動が見えるから例外だけど)

ああこの人は自分の身代わりとして、わたしにも同じ痛みを与えたいのだな
ああこの人は母親への怒りをわたしにぶつけているのだな
これって怪談でよくある話なんだよね

何かのきっかけで眠っていた感情のエネルギーが動くことがある
それが祟りをなしたり、不合理な行動に人を駆りたてたり
人間って自分が思っているほど理性的でも合理的でもないんだよ


704 : 本当にあった怖い名無し:2015/06/20(土) 12:01:54.61 ID:qIA0t4QT0.net
祟り話とか怨念とか本当に死んだ人間(幽霊)が介在している場合もないではない、
けれど実際は生きてる人間の心の奥に凍結し封印したはずの感情のエネルギーが、
そういう現象を起こさせる
またはストーリーを人々の心に形成させる

怪談ってすごく理不尽なことが多いよね?
なぜたまたまそこを通りかかった人が酷い目に遭うのか?
でも日常気づかない意識レベルで、しばしば起っていることなんだな
いや怪談ってのは実はとても深いんだよなw


705 : 本当にあった怖い名無し:2015/06/20(土) 12:03:12.44 ID:qIA0t4QT0.net
生々しく激しい感情のエネルギー、封じ込めたはずの…


706 : 本当にあった怖い名無し:2015/06/20(土) 12:08:04.35 ID:qIA0t4QT0.net
おっと途中で…
人々はこの生々しい感情を恐れている、自分の中にもそれがあるからね
それは感情というだけでなくて力(エネルギー)を持っている
それに指向性を与えると呪いになるw


708 :本当にあった怖い名無し:2015/06/20(土) 12:17:46.46 ID:qIA0t4QT0.net
誰にでも多少は眠っているんだよな、このネガティブな強い感情
エックハルト・トールが「ペインボディ」と名付けたものと同じだろう
なぜ怪談話に出てくるのが女の霊が多いかというと
エックハルト・トールも書いているが、女性の方がペインボディが強い?
(表現が変かもしれない)
つまりは痛みに耐えてきた歴史が長い、虐げられ抑圧され辛い役割を負わされてきた
ペインボディが表面化すると、
特に女性は感情的になり憎悪に満ちた態度で
一番親しいはずの恋人や夫に当り散らす、まるで憎い仇でも見るような目で
相手のを睨む…女性(に限らないんだけど)自身が
なぜ自分がそういう風になるのか自覚していない、
ペインボディ自体は女性の方が男性よりはるかに強い、
男性も女性のこの負の感情エネルギーを恐れているし
女性に対いて罪悪感を抱いている場合はよけいに女性を怖がるだろうね

でも、本当に強い怨念のエネルギーを辿ると男性の場合が多いんだよ
日本3大悪霊は全員男でしょ、
男性の方が元々持っているエネルギーが強いし、意志も強い
(意志の強さもエネルギーの強さと比例する)


709 : 本当にあった怖い名無し:2015/06/20(土) 12:26:10.16 ID:qIA0t4QT0.net
もしも誰かにわけもなく攻撃をしかけたり、苛めたり、
嫌がらせとかしたくなったら心の中に閉じ込めた感情がないか探ってみるといいよ
あとしつこく誰かに執着するならば、最初の人間関係に躓いている人が多いね
つまりは母子関係、屈折した情念を母親の代理に向けている

赤の他人を負の感情のはけ口にしても、恋人や夫に当り散らしても何も解決しないし、
良いことはない、感情のエネルギーの方向を変える技術
わたしはそれを知ってたはずなんだが(前世でww)
全然思い出せないw


710 : 本当にあった怖い名無し:2015/06/20(土) 12:36:30.90 ID:qIA0t4QT0.net
負の感情のエネルギーに操られる(無自覚なまま)だとそれをどんどん増やしてしまう
つまりは心の闇を深める、つまり業を深める結果になる
深めるだけじゃなくて広める、人から人へ
それは蓄積され広がっていく、回り回って自分のところに戻ってくる
何倍にも膨れあがって、それに飲み込まれて正気ではいられないほど
(誇張ではないよ)

だから感情のまま、衝動のままでは駄目なんだよ
自分のためにも世界のためにも






オカルトランキング