写真のように手を組む形を「狐の窓」といい、こんな風に手を組めば、狐の嫁入りが見れたり、人などに化けている妖怪の正体を見破る事ができる

CORZnUbUEAA6seD

「狐の窓」をし、「けしやうのものか、ましやうのものか正体をあらわせ。」と呪文を三回唱え、その手組みの指の間(窓)から人などを覗いてみると、「人に化けている妖怪の姿」を見ることが出来ると言われています。


CORZnUaUkAAlUT8






オカルトランキング