886:名無しのオカルト 2017/04/09(日)08:13:59.94 ID: WtSpdzL20.net

先祖供養を神社の神様にお願いするのってあり?

888:名無しのオカルト 2017/04/09(日)10:28:06.49 ID: stBtEGiC0.net

>>886
家の宗旨による
代々神道で神葬祭してる家なら春日大社はなんかやってた気がするが、そもそも
神社で先祖供養系の祈願を受け付けてるところ自体が稀じゃないかな

仏教の家なら順当にその宗旨で
別の宗旨であっても亡者供養の本尊として適している観音や菩薩、如来にお願いするのがいいだろう

祈祷で人助けしてる人のサイトでは、亡くなった方の家系の宗旨でやってあげないと
かえって不具合が生じるとか
先祖供養は自分だけでなく子孫や他の血縁者にも良くも悪くも影響が出かねない行為なので、
素人判断でめったなことはしない方がいいと思うよ




889:名無しのオカルト 2017/04/09(日)11:21:13.38 ID: igmHR6CE0.net

>>886
今、仏教から神式に変えてる人多いよ




890:名無しのオカルト 2017/04/09(日)11:32:49.94 ID: 8FvA2vAx0.net

>>886
まず供養という言葉自体が仏教のものだからね。
仏教の葬式で弔った先祖の冥福を祈りたいなら素直にお寺へ。

神葬祭で送られた故人は祀られて子孫を守るという感じになるので
神に死者の冥福を祈るのはおかしいことになる。




892:名無しのオカルト 2017/04/09(日)12:57:59.59 ID: stBtEGiC0.net

>>889
自分の葬儀を神葬祭にしたいならそれでいいけど、
>>890も書いている通り過去すでに仏式で葬儀した先祖に関してはその宗旨でやるべき

先祖供養とは何か
相手がもっとも欲している”生前にやっておくことができなかった善行による徳”を
子孫が肩代わりしてプレゼントしてあげること
本当に相手に喜んでもらいたい贈り物は相手の好みのものを調べて選ぶだろう
欲しくないものを送っても喜ばないばかりか怒らせる場合があると聞く
特に生前その宗旨を信心して亡くなった方に、まったく違う世界観の宗教を
押し付けたらどう思うか想像してほしい




893:名無しのオカルト 2017/04/09(日)14:23:06.31 ID: 18MVkTU00.net

>>892同意
このスレの人はよく見聞きして知っている人が多いと思うけど、宗派替えは
トラブルの元になりやすい。

日本の歴史上、檀家制度が導入された後に人生を送ったご先祖さんは
自分が死んだら子孫はその宗教宗派で先祖供養を行ってくれると
思っている訳だからね。

宗派替えするならご先祖さんに十分な断りを何度も何度も繰り返してから
にしないと「なにやっとんじゃ〜!うちは代々OOのやり方なんじゃ(怒)」
とそれまで安らかに眠っていた先祖まで騒ぎ出すことになる。
(霊能者の書いた本の中に浄土真宗の西と東の作法の違いで
先祖が文句言うエピソードなんかもある)

生きている自分の信仰は公序良俗に反しない限りなんでもOKだけど
日本人なら先祖供養は家系の宗派に沿ったものにしたほうが良い。

※但し浄土真宗は先祖供養をしないので供養したかったら
天台・真言・修験道の祈祷寺院で依頼するのは構わない。
浄土真宗も法事を行うが、他の宗派と違って先祖供養に見えるけど
やっていることは阿弥陀如来への報恩のお参りなので
先祖への供養回向じゃない訳よ。




912:名無しのオカルト 2017/04/09(日)19:24:09.32 ID: C+DU8VyU0.net

>>886
結論を書けばあり。
というより墓参りは古神道からきた祭祀。
古来から日本の古神道では先祖崇拝が基本。
古代の人は五穀豊穣・子孫繁栄が主な望みでしたから、元々は先祖を崇める事で性としての側面、つまり子孫の繁栄を願ったと言われています。
人格神を祀り、御霊を鎮めるなんて例は沢山あります。
これらに仏教が習合した結果、現在の墓参り信仰があるのですよ。
墓参りが仏教的だったなら輪廻転生なんて存在できない事からも伺えます。
仏教だけでに考えると「先祖が守ってくれている」なんて考えは出てこないですし。




887:名無しのオカルト 2017/04/09(日)09:13:17.67 ID: HKvFRry60.net

大国主様ならアリでは?
幽冥主宰大神という肩書きもあるし




895:名無しのオカルト 2017/04/09(日)16:33:23.17 ID: 6yaCtGna0.net

逆はよく聞くけどな、
仏式から神式に変えたらご先祖さまが安心して供養されたって話。
神式にして先祖が供養されて運気も上がったて話はよくよく見るな
俺も俺の代になったら速離檀し神式にするつもり




897:名無しのオカルト 2017/04/09(日)17:07:30.27 ID: stBtEGiC0.net

>>895
先祖が「供養」ってなに?成仏の間違いかな

現代人のように宗教観念の希薄な人生を送った人なら了承もなしに突然
宗旨替えされても特段文句が出ないのかもしれないけど、ガチ信仰してた人は
やっぱり非常につらいらしいと聞くが、その話の元ネタなどあればkwsk聞いてみたいな

先祖といっても直系以外は血縁者がねずみ算式に増えて膨大な数になっていき、
中には江戸時代からの檀家制度とは相いれない信念・信仰を持っていた人「も」
いる可能性は否めないね。しかし全体から見ればかなりの特殊例かと

最近の、仏式→神式もしくは無宗教形式の葬祭の流れは、喪主側がガメつい檀那寺と
モメたりとか、実家から離れて独立したから実家の宗旨に何の思い入れもないから、
とか、供養する側(ぶっちゃけお金出す側)の事情が目立つね




902:名無しのオカルト 2017/04/09(日)18:10:10.25 ID: S+qKIcL90.net

900
わかる。
先祖が仏式が辛くて神式にしたら無事いったのも聞くし
逆のバージョンも聞く。
結局ここは自分の信仰の押し付けしかないんだよね
しかも○○では先祖が苦しむとはんば脅迫みたいなことしてくるからたちが悪い。




914:名無しのオカルト 2017/04/09(日)19:28:59.85 ID: J7xd41Ij0.net

今でいう供養の祖霊を慰めるという考え方は神道のもの。
供養を神道的に言うなら「鎮魂(たましずめ)」や「慰霊」
本来の仏教には祖霊信仰の概念はなく、供養という言葉は仏に供物を捧げるという意味。

神道の葬儀を「神葬祭」
○周忌、○回忌などの年忌法要にあたるものを「霊祭(れいさい)」や「御霊祭(みたままつり)」などといいます(○年祭)。




917:名無しのオカルト 2017/04/09(日)19:32:17.91 ID: ZXkNa30h0.net

今も外国の仏教では葬儀も供養も法要もある国はあんまないよ
日本の場合は神式で死者をまつっててそれを仏教が取り入れた珍しいケース。
当然神社でも供養を行なう場所もある。






オカルトランキング