67:名無しのオカルト 2009/05/01(金) 16:19:59 ID: ID:nupKAOZT0

豚切り

天気がいいので大学の友達とそいつの地元の山にちょっと登ってきた

木陰で暗いくらいだったが、意外と急なこともありあっというまに汗だくに
もうすぐ頂上というところで後ろから「ほー、ほー」という男の声が
呼ばれてるのかと振り返るが、後ろには誰もいない
しばらく歩くとまた声がするが、やはり誰もいなかった
鳥かと一瞬思ったが、あきらかに中年男性のような声

「なあ、さっきから変な声がしねえ?w」
と先を歩く友人に言うと、そいつは歩きながら器用にバックをあさると
アルミホイルに包まれたおにぎりを取り出し後ろに投げた
すると「ほっほっほー」みたいな声がして、それ以降声は聞こえなくなった

友人にあれはなんだと聞いてもよくは知らないと言われた
地元の習慣で声がついてくるときは食べ物を投げるらしい
ちなみに友人はその声が聞こえていなかったらしい

なんだか釈然としなかったが、とりあえず山頂で食べた梅おにぎりは美味しかった
あと帰り道で海苔を先に巻くか、後に巻くかで大議論した
先に巻いた方が御飯に味がなじんで美味しいと思うんだけどな・・・

77:名無しのオカルト 2009/05/01(金) 21:28:38 ID: ID:isVUJGjj0

>>67
山で食べるおにぎりの美味しさは異常




84:名無しのオカルト 2009/05/02(土) 01:58:56 ID: ID:AeYk5D9i0

>>67
おにぎりにわさびとか辛し詰めて、後ろに落としたらどうなるんだ?
実験おながいします

雷鳥さん、絶好調ですね
日本の森は、妖精が森番をしてくれてるんですね
なんかいい話
そういや、西欧の妖精には、森のキノコってのが定番のような気もしましたが、、




103:名無しのオカルト 2009/05/02(土) 23:55:48 ID: ID:I4+LITTX0

>>67 体験談ではなく民話で恐縮だが、「ほー、ほー」の声で思いあたるハナシがある。

 江戸時代の頃。とある村の若者達は、冬の間、丹波の奥へ木びきに雇われて行っていたそうな。
 木びきたちの小屋の外で、夜になるときまって「ホー、ホー」という呼び声がきこえてきたそうな。
 ふくろうの声かと思うとそうでもなく、もっとずしりと重く背中が寒くなるような声なのだそうだ。

 もし、その声のまねをして「ホー、ホー」とやると、その者は何かにつかれたように外へ出て行き
そのまま、行方不明になってしまう…。
 が、外の声に応じて「ホー、ホー」と言い続けていると何もおこらないということだ。
 これは言い伝えによれば「グニさん」という物の怪の仕業ということらしい。

 ある晩、若者達は退屈しのぎに、グニさんをからかってやろうということになり、
いつものように森の奥から「ホー、ホー」がきこえてくると、「ホー、ホー」と呼び返す。
 これを、順番に繰り返していたそうな。

 すると、その声はだんだん小屋に近づいてきて、とうとう屋根の上で聞こえるようになった。
 若者達は、さすがに怖くなってきたが、途中で止めるわけにはいかない。
 小屋の中では若者達が交代で、必死に「ホー、ホー」と続けていた。

 夜が明けるにつれて、外の声がだんだんかすれてきて、とうとう聞こえなくなる。
 すっかり夜があけたので、外へ出てみると小屋のまわりにおびただしい血が流れ、
その血が山の奥へと続いており、その血をたどって行くと、山奥のある大木のところでとぎれ、
そこに身体は人間でくちばしがあり、手に羽根の生えた怪物が倒れていた…。

 この民話は、はりまの伝説(加東郡編)等に収録されていたもので、「グニさん」と若者達の必死さが、
なんとなく面白かったので、印象に残っているお話でした。

 >>67の聞いた「ほー、ほー」の声の主が、グニさんの同類かどうかは分からないのだが、とても面白かった。
 もし、都合が悪くないのであれば、その山が、どの辺りの山なのか教えて頂ければ嬉しい。




105:名無しのオカルト 2009/05/03(日) 02:20:00 ID: ID:BVVjGdTuO

若者の一晩の退屈しのぎに付き合って死んじゃったなんて
グニさんちょっとかわいそうな
血まみれになって一体何があったんだろ




106:名無しのオカルト 2009/05/03(日) 02:42:48 ID: ID:ohTufpy60

昔、「まんが日本昔ばなし」でそんな話があった気がする・・・。

古狸「た~ろべ~はたんぽこたん」
村人「そういうものこそたんぽこたん」
(村人は村の衆が集まって茶を飲みながら交代で)
を朝まで延々と繰り返して最後は狸がぶっ倒れるって話。




107:名無しのオカルト 2009/05/03(日) 03:02:15 ID: ID:JUcWKwU90

ちょっとからかう程度ならまだしも、皆の衆で寄ってたかって物の怪を頃すな
と言いたい
人間って本当に怖い生き物だな
南無南無




109:名無しのオカルト 2009/05/03(日) 09:19:05 ID: ID:DKZbJqNtO

>>107
さては、散々その存在を指摘されている、山の物の怪ネット工作組の一員だな?!
と、恐らく期待通りのレスをしておく。




110:名無しのオカルト 2009/05/03(日) 10:51:07 ID: ID:Nrw6zWNr0

>>107
先に1対1で、人間の方が死んでますが…




111:名無しのオカルト 2009/05/03(日) 12:35:19 ID: ID:JUcWKwU90

>>109
結局、人里に出てくるってことは、物の怪も好奇心旺盛というか、かまってもらいたい子ちゃんなのかもね




113:名無しのオカルト 2009/05/03(日) 19:51:28 ID: ID:H4j75H1V0

>>67です
あえていうなら長野の上の方です
次もしその山に登ることがあればわさび握り用意しときます
意外と旨いのが逆に怖い話ですが

菜飯にワサビは最強すぎる




117:名無しのオカルト 2009/05/04(月) 07:57:00 ID: ID:na1QrkV50

>>113
>後ろから「ほー、ほー」という男の声が
超辛わさび握り喰わせたら、「ぼっー、ぼぼぼー、水くれー」みたいな火の付くような声で苦しんだりして、、
でも、あまり物の怪さんを苛めないでくださいね
時計に住む小人にわさびを喰わせる物語を思い出した
@物の怪工作員




120:名無しのオカルト 2009/05/04(月) 14:13:28 ID: ID:XdwIp8e90

>>103

> もし、その声のまねをして「ホー、ホー」とやると、その者は何かにつかれたように外へ出て行き
>そのまま、行方不明になってしまう…。

> が、外の声に応じて「ホー、ホー」と言い続けていると何もおこらないということだ。

ここが分かりにくいな
声を真似せずに「ホー、ホー」言うということか?
だが「ホー、ホー」なんて皆似ているように聞こえるぞ




125:名無しのオカルト 2009/05/04(月) 22:25:26 ID: ID:3AKNIgqq0

>>103です

>>106の、「まんが日本昔ばなし」の話は知りませんでした。それも同じタイプの話ですね。
とても惹かれるものがあります。タイトルが分れば良いのですが…。

>>113 わざわざ有難うございます。

>>120 グニさんの「ホー、ホー」の声に答えて「ホー、ホー」と答えるという事です。分り難くて申し訳ありません。
民話集によれば、グニさんはプライド高く、真似される事が、我慢ならないそうですw

因みに「グニさん」は、個人的には「狗賓(ぐひん)さん」=「天狗」が訛ったものじゃないかと思っています。
その姿はカラス天狗に似ているようですし…。
ウィキでみると、狗賓は、階位の低い天狗、もしくは天狗の総称のようで、行き過ぎた自然破壊に対する警告を与えるとか…。
ならば、「木びき小屋」へ現われるのも納得ですw

又、長野、岐阜あたりでは「山の神に餅を備える狗賓餅など…」の風習があるようですね。
>>67の「おにぎりを取り出し後ろに投げた 」というのも、その風習のアレンジのような気もします。

こうして妄想を膨らませると、民話にある山の怪異も結構、現代まで続いているようで楽しい気がします。




129:名無しのオカルト 2009/05/05(火) 00:30:58 ID: ID:JUv42I+VO

>>125
山の怪異じゃないからスレチかもしれないんだけど、千年前から書物で伝わる怪談が、現代の怪談として形を改めて伝えられているのを知って驚いたことがある。
携帯からだからおかしな部分があったらごめん。
片輪車という割と有名な怪談がある。宇治拾遺物語だかにも載っているし、江戸時代の甲賀郡誌にも載ってる。長野にも類話がある。
内容は、民家の並ぶ道筋を毎晩、車輪が片側にしかついてない車(牛車だろう)が通る。
その車には女が一人乗っているらしいが、見ると祟りがあるとかで、車が通る時刻には皆戸を閉ざしていた。
だが、祟りを信じなかったある者が覗き見をする。車の女はすぐ気付き、仕返しをしてやる、子供の寝床へ行ってみろと言い、去っていく。
寝ていたはずの子供はいなくなっていた。
悲しんだ親は、子供に罪はないから返してくれという和歌を詠み、戸口に貼りつけておいた。
翌晩もやってきた怪しい車の女は和歌に気付き、風流さに感心し、子供を返す。
以上が古い伝承。
一度切ります。




131:名無しのオカルト 2009/05/05(火) 00:43:30 ID: ID:JUv42I+VO

>>129の続き。
現代編なんだけど、おいらの知人に忍者の二大名産地の一方である甲賀に代々住んでる人がいる。姓も、甲賀流忍者の祖か何かと同じだし先祖は多分忍者。
その人から偶然聞いた話。子供会の肝試しの時に聞いた怪談話だと。
知人の住んでる近くの川近くの家の前を毎晩、助手席に女が一人乗っただけの白い乗用車が通る。怖がって付近の住民はその車を見ないようにしていた。
だが、確かめてやろうと覗いた人がいた。覗いてから、寝ていた子供のところへ行くと子供がいなくなっている。
翌晩、子供を返してほしいという旨の貼り紙を戸口にしておくと、親心にほだされて子供を無事返してもらった、という話。
古い伝承の改竄だろうと思ったが、よく聞いてみると、詳細な場所まで聞かされていたんだと。
おいらが話を聞いた知人は全く同じ伝承があることを知らず、かなり驚いていた。
江戸時代の甲賀郡誌と、長野にも同じ伝承があると言ったが、甲賀流忍者は元々長野の望月村という場所から来たんだそうだ。
それを聞いて、長野と甲賀という離れた場所に同じ伝承がある理由が推測できて面白かった。







オカルトランキング