137:名無しのオカルト 2013/02/06(水) 22:31:54.58 ID: ID:FhxeXTia0

地元にある普段人が誰もいない小さな神社がある
子供のころ何度かお参りした程度だったんだけど、去年の大晦日

138:名無しのオカルト 2013/02/06(水) 22:38:48.91 ID: ID:FhxeXTia0

途中で送信されてしまった、すみません
去年の大晦日(2年参り?)をふと思い立っていってきた
就職祈願でいったんだけど、自分自身、履歴書に書ける内容なんてボロボロ(もうすぐ30歳)
肝心の面接も自己PRなんてまともにできず、終わった直後「終わったな」と思った
でも、合格通知が届いた
自分では、土地神様が必死のお願いを聞いてくれたのかなぁと思っています




140:名無しのオカルト 2013/02/07(木) 00:21:22.06 ID: ID:vS9tHCt80

>>138
土地神様のお蔭もあると思うけど
貴方の諦めない努力が内定を貰えた
結果なのだと思います

本当に、おめでとうございます
仕事、大変な事もあるかもしれないけれども
体に気を付けて、頑張って下さいね
応援しています




144:名無しのオカルト 2013/02/07(木) 09:16:15.22 ID: ID:QCMY8oceO

>>137
おめでとうございます
頂いたチャンスを生かしてこれからも頑張って下さい!

去年の夏、夫婦揃って失業して経済的にもギリギリの状態で仕事を探してた。やっと面接までたどり着けた会社からも不採用の通知。
どうにも困り果てて、いつもお参りしてる氏神様にお願いしに行った。
そしたら帰宅直後にその会社から電話があって、「もし希望の部門でなくても良ければ」って。

今も生活は厳しいけど、毎月自分のお給料の中から精一杯のお賽銭を包んで、お参りを続けさせて貰ってる。少しでも神様にお礼の気持ちが伝わってたらいいな。




337 : あなるのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/09/28 01:41
休みの日には、よく一人でツーリングに行く。
いつもは街を当てもなくふらつくのだけれど
たまには田舎のほうに行ってみるかってことで
俺はどんどん山の中に分け入っていった。

どれくらい走っただろうか。
青々とした八月の風景がゴーグルに映る。
轟音が真昼の静寂を切り裂く。エンジンの振動が心地よい。

道はずいぶんと細くなった。
黒いアスファルト、緑の山、蒼い空。あれは何だろうか。遠くに赤い点が見える。
赤い点に向かって飛ばす。それは鳥居だった。
俺はバイクを止めた。
鳥居の両脇には灰色の狐が二匹ちょこんと座って、こちらを睨んでいる。
草臥れた紅色の向こうには、やけに長い石段。
苔むした石段を包む木々のトンネル。気づくと俺は石段をを上っていた。
トンネルを抜けるとそこには小さな御社があった。
二礼二拍一礼。神様にはこうやって御挨拶するんだとガキのころ親父が言っていたっけ。
俺は御稲荷さんに挨拶を済ませると、木陰に腰をおろした。
太陽に照り付けられた体を、吹き抜ける風が冷やしてくれる。

眼下に何処までも広がる田圃。
いつも神様は、俺達の暮らしを影でそっと助けてくれてるのかもしれないなと
その時、ふっと思った。

もしかして、この御稲荷さんは
街の生活に流されて、自然の大切さを忘れている俺をここに、導いてくれたのかもしれない。

長駄文&スレ汚しスマソ。




オカルトランキング