599:雷鳥一号 2009/04/15(水) 19:40:58 ID: ID:Gq7kdmYV0

知り合いの話。

彼の親戚に、イイナワ使いと呼ばれる人がいたという。
イイナワとは飯縄と書くそうで、人に使役される一種の使い魔なのだそうだ。
使役する者をイイナワ使いと呼んだというが、飯縄は人を病気にしたりもするので、
大層忌み嫌われたらしい。
そのためナワ使いの家筋は、人も入らないような山奥へ追いやられ、人目を避けて
隠れるように住んでいた。

「まぁそうは言っても、昔の話だからね、どこまで本当なのかわかりはしない。
 今は一族も皆、里や町に出て暮らしてるしね。
 イイナワなんて誰も使えやしない」

「でもね、その小父さんは本物だった。
 下界から持ち込まれた、失せ物・探し人・占いといった問題事を、すべてナワを
 使って解決していたっていうんだ。
 そればかりか、どうやら人を病気にしたり、不幸にしたりすることまでやってた
 みたいでね、親族からも恐れられてた」

「なぜか僕はその人に可愛がられていてね、よく話をして貰ったよ。
 ある時、聞いてみたんだ。
 イイナワってどんな動物なのかって。
 何で人の言うことを聞いてくれるのかって」


600:雷鳥一号 2009/04/15(水) 19:43:18 ID: ID:Gq7kdmYV0

(続き)
小父さんは真顔でこう答えたという。

『伝えられてるイイナワっていうのがどんなモノなのか、私は知らないんだ。
 呼び名からすると飯綱権現のことだと思うけどね。
 つまり狐だ。
 でも、私が使っているのはそういうモノではないから』

そう言って、腰に下げた瓢箪を取り出し、目の前で振ってみた。

『この中にね、私の弟が入っているんだよ』

何とも言えない顔で、小父さんはそう言った。

『私より五つばかり年下だけど、残念なことに死産だったんだ。
 その子がなぜか、この瓢箪の中に入り込んでしまってね。
 家族は誰も信じてくれなかったが、弟の声が聞こえるのも、弟と話が出来るのも
 私だけだったから、仕方のないことだね。
 何と言ってもこの世に二人だけの兄弟だからね、意思の疎通も簡単なんだよ。
 タマ(魂)だけの存在だから、お狐様みたいなことが可能なんだろう」

住んでいた山村の廃棄が決まり、一族が山を下りても、小父さんは一人山に残った
のだという。

「小父さんは今でも、瓢箪と会話しながら暮らしているんじゃないかと思うよ」

そう言った彼の顔は、どこか寂しそうに、しかし安堵しているようにも見えた。




615:名無しのオカルト 2009/04/16(木) 07:45:53 ID: ID:yyqCjY3T0

>>599
イズナ使いだよね、この手の妖怪系話面白い。




617:名無しのオカルト 2009/04/16(木) 10:44:24 ID: ID:WUgCIT1U0

>>599
雷鳥さん、いつも乙です

しかし、あいかわらず興味深いですね。日本で人間の霊を使役するって話は読んだことがありませんでした。
東南アジアの呪い師が使うという、胎児の霊 トヨール(名前は今検索して初めて知りましたが…w)に似てますね

参考
KL情報!マレーシア、ご案内いたしま~す!
マレーシアのお化け トヨール
http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/blog-entry-110.html




616:名無しのオカルト 2009/04/16(木) 09:41:25 ID: ID:nlH+2bVe0

イズナは修験道師が好んで使った。
イズナ使い対イズナ使いの戦いは凄惨を極めた。

イズナ=狐である




618:名無しのオカルト 2009/04/16(木) 14:56:03 ID: ID:zR+qwUEt0

イズナは、別名クダギツネとも呼ばれ
竹筒など、管に入れて持ち運んだそうな。
狐と呼ばれるが、オコジョやテンなどが実体と言われる。
蚤やダニを介して病気を感染させる、古代の生物兵器だとも。




619:名無しのオカルト 2009/04/16(木) 15:03:34 ID: ID:Tf39FFl5O

>>618雲斎乙




620:名無しのオカルト 2009/04/16(木) 17:22:58 ID: ID:g40Zc/jBP

ぬ~べ~で見た!




621:名無しのオカルト 2009/04/16(木) 17:29:17 ID: ID:ixy+KhPi0

クダギツネとかオコジョ、テンと聞いて、長野県かな?と思ったけど
日本各地どこにでも居るのかな?

オカルトではないが、大学の教授のところに付近の農家の人から
電話がかかってきて、庭に出没するオコジョを捕獲してくれって
依頼を、教授が「専門外だ」って断っていたのを思い出した。
なんで大学教授に頼むのか、ちょっとオカルトだったw




622:名無しのオカルト 2009/04/16(木) 17:54:36 ID: ID:mgk+Gk2R0

オカルトではないが ちょっとオカルトだったw

どっちだよW


※管狐(くだぎつね)とは、日本の伝承上における憑き物の一種である。長野県をはじめとする中部地方に伝わっており、東海地方、関東地方南部、東北地方などの一部にも伝承がある。関東では千葉県や神奈川県を除いて管狐の伝承は無いが、これは関東がオサキの勢力圏だからといわれる。

Seizan_Kudagitsune



名前の通りに竹筒の中に入ってしまうほどの大きさ、またはマッチ箱くらいの大きさで75匹に増える動物などと、様々な伝承がある。

別名、飯綱(いづな)、飯縄権現とも言い、新潟、中部地方、東北地方の霊能者や信州の飯綱使い(いづなつかい)などが持っていて、通力を具え、占術などに使用される。飯綱使いは、飯綱を操作して、予言など善なる宗教活動を行うのと同時に、依頼者の憎むべき人間に飯綱を飛ばして憑け、病気にさせるなどの悪なる活動をすると信じられている。

狐憑きの一種として語られることもあり、地方によって管狐を有するとされる家は「くだもち」「クダ屋」「クダ使い」「くだしょう」と呼ばれて忌み嫌われた。管狐は個人ではなく家に憑くものとの伝承が多いが、オサキなどは家の主人が意図しなくても勝手に行動するのに対し、管狐の場合は主人の「使う」という意図のもとに管狐が行動することが特徴と考えられている。管狐は主人の意思に応じて他家から品物を調達するため、管狐を飼う家は次第に裕福になるといわれるが[3]、初めのうちは家が裕福になるものの、管狐は75匹にも増えるので、やがては食いつぶされて家が衰えるともいわれている


※飯縄権現(いづなごんげん、いいづなごんげん)とは、信濃国上水内郡(現:長野県)の飯縄山(飯綱山)に対する山岳信仰が発祥と考えられる神仏習合の神である。

Izuna_Gongen_the_circumstancial_appearance_of_Mount_Izuna


概要

多くの場合、白狐に乗った剣と索を持つ烏天狗形で表され、五体、あるいは白狐には蛇が巻きつくことがある。一般に戦勝の神として信仰され、足利義満、管領細川氏(特に細川政元)、上杉謙信、武田信玄など中世の武将たちの間で盛んに信仰された。特に、上杉謙信の兜の前立が飯縄権現像であるのは有名。

その一方で、飯縄権現が授ける「飯縄法」は「愛宕勝軍神祇秘法」や「ダキニ天法」などとならび中世から近世にかけては「邪法」とされ、天狗や狐などを使役する外法とされつつ俗信へと浸透していった。「世に伊豆那の術とて、人の目を眩惑する邪法悪魔あり」(『茅窓漫録』)「しきみの抹香を仏家及び世俗に焼く。術者伊豆那の法を行ふに、此抹香をたけば彼の邪法行はれずと云ふ」(『大和本草』)の類である。しかし、こうした俗信の域から離れ、現在でも信州の飯縄神社や東京都の高尾山薬王院、千葉県の鹿野山神野寺、千葉県いすみ市の飯縄寺、日光山輪王寺など、特に関東以北の各地で熱心に信仰されており、薬王院は江戸時代には徳川家によって庇護されていた。別称を飯綱権現、飯縄明神ともいう。




オカルトランキング