354 :本当にあった怖い名無し:2018/08/23(木) 22:18:35.21 ID:aZGI9yRb0.net
怖い話じゃなくても良いですか?

私の母は占い師から「あなたには福の神がついている」と言われたのが関係しているのかどうか、お金に困ったことはなかったそうです。
というより、お金に困りそうになると不思議と食べ物が大量に手に入ったり、臨時収入があったりと危機を乗り越えられるような出来事が続いたそうです。
その中でも私が遭遇した不思議な話をしたいと思います。

私が小学5年生の時、今日のような台風で母と同じ部屋で寝ていた時の話です。
朝5時頃に窓の外(室外機を置く小スペースがありました)で、空き缶がコロコロ転がる音が鳴り出しました。
私もその音で目が開き、室外機の上においてた缶が倒れたのかなーと思いながらうつらうつらとまた眠りに入りました。
ちょうど意識がとぶ瞬間に、窓が開く音がしたのは覚えています。
翌朝(?)しっかりと起きてリビングに向かうと母が満面の笑み。
どうしたの?と聞くと、ポケットから5000円札を出してこう言いました。
「このお金が入ってきたのよ」
詳しく聞いてみると、私が空き缶の音を聞いた頃に母も目が開いたらしく、
缶の転がる音を聞いているうちに、缶が「助けてよ~助けてよ~」と言っているような気がしたそうです。
仕方ないな…と渋々窓を開け、手を伸ばして空き缶を室内に入れた瞬間、強風に乗って紙が勢いよく部屋に飛び込んできました。
空き缶を起こしてごみまで飛んでくるなんて最悪…!と感じながら飛んできた紙を拾うと新渡戸稲造が…ということだったらしいです。
私もその時起きてたのに!と悔しかった記憶があります。

その他にも、大雨の中玄関(雨は当たらない場所)にびちゃびちゃの一万円札が落ちていたり。
母といると不思議なお金のエピソードには困らなかったです。




オカルトランキング