892 :本当にあった怖い名無し:2013/07/15(月) 01:09:52.00 ID:SlUymU8W0
先週の土日に、5歳となった娘を連れてばあちゃんの墓参りに行った。
生まれはここでは無いがどこか懐かしく、ゆったりとした時間はあっという間に過ぎ、帰る日となった日曜の夕方。
妻に娘は庭にいるから連れてきてと言われ、見に行く。
楽しそうに1人遊びをしている娘に声を掛け、車に先に乗らせた。

高速を走り始めてから1時間、娘は未だに1人でヒソヒソ話しては楽しそうにニコニコしている。
妻「娘ちゃん。なんだか楽しそうねー。ママとパパもお話したいな」
俺「そうだなー。ちょっと寂しいな。でもまるで誰かと話をしているみたいだね?」
娘「そうだよ!〇〇ちゃんと話をしているの。朝から一緒なんだー。じいちゃんのこといっぱい教えてくれるよー!」
その〇〇とは、ばあちゃんの名前だった。
てかなに!?なんか連れてきちゃった!え?
すこし焦りながら爺さん事を聞くと、正確な答えが返ってくる。
これはマジだ、こんなに知っているはずがない。
それは娘が生まれる前の事にさえも答えられる。
俺「ばあちゃん!わかった!来月また行くから、今は帰ってwww」
わけもわからず半笑いになったパパに、「待ってるよ!だって!!」と娘が答える。

なんだかわからんまま3日たってしまった今日。
ばあちゃんのアルバムを引っ張りだして娘に見せてみた。
「これ!ばあちゃんだーw」と指された写真には、20代のばあちゃんが写っていた。
疲れた今日は飲んで寝よう





オカルトランキング