387 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2016/03/27(日) 16:31:04.29 ID:Y4pDJm8XO
半月くらい前の出来事を投下。一部下ネタ注意。長くて申し訳ないです。

華奢で臆病な女友達にモラハラ&粘着ストーカーしていたキモ男を数人がかりで〆る(のが目的の話し合い)現場に立ち合った日の深夜、久し振りに金縛りに遭った。

ふと目が覚めたら妙な浮遊感とじっとり重くてイヤーな空気。
こりゃ久々に来たな…と思っていると、枕元に『ネズミ男っぽい黒い人型で、顔にあたる部分にぼんやりと目鼻口の輪郭がある』ヤツが立っていた。

辺りに漂う魚介類を腐らせたような臭気、黒い影がこちらに覆い被さるように身を乗り出し「ぐぶぶぶぶ」と実にキモい声で勝ち誇ったように笑った。

その時点で「あ。コイツ友達をストーカーしてた奴(生き霊?)だ」と何でか分からないがそう頭の中に閃いて、同時にイラッとした。
ストーカー野郎は話し合いに同席したA子さんの叔父や従兄弟とは目を合わせず汗をダラダラかきながらボソボソ言い訳を繰返し、念書を書かされ去り際にチラッとこちらを睨んで「覚えてろ」と言ったのだ。こちらが睨み返すと同時にA子叔父が「どういう意味だ!!」と怒鳴り付けたら慌てて目を逸らし逃げ失せたが。

余程念が入っているのか指すら動かせず口も訊けず仕方ないので
「この野郎!気の弱い清楚系のA子さんには居丈高でも普通には目も合わせられないヘタレの癖して。彼女欲しけりゃヒン曲がった性格と『女になら勝てる』の粘着異常思考を治して来い、人を金縛るなんざ百年早いんだよ!
それからまず最低限清潔にして来いや。近寄ると臭い、歯グソもフケもタップリで女を脅しつきまとっても誰が相手にするもんかい!!」
と頭の中で毒づいた。
 
388 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2016/03/27(日) 16:35:00.47 ID:Y4pDJm8XO
続き。

 
すると次の瞬間ドガン!!と寝室のドアが開いた。
そこにはたとえ馬に蹴られても目覚めない筈の中1の息子が仁王立ちしていた。そしてすさまじく据わった目をして

「お前!!根性腐った事ばっかしてっからいつまでもチ○コ痒くて臭えんだ!!馬鹿!!ド腐れ!!不細工!!」

と動揺してるらしい黒い塊を罵倒。ズカズカと詰め寄り

「何だコラ話す時は人の目ェ見て話せ!!」「風呂入れ!!」「ネチネチグチグチケツの穴小せえんだよ!!」「消え失せろ!!」

そう怒鳴った息子は、手近にあった鬼平犯科帳ワイド版をひっ掴み、黒い塊をぶん殴った。
黒い塊は抵抗もせず黒く汚い口を大きくあけて「ぐわあああ」って感じで頭を抱える仕草をし、殴られる度に小さくなった。

 私はというと普段は物静かで学校でも「ご隠居」とアダ名で呼ばれている息子の豹変ぶりに唖然としてしまい、金縛りが解けたのも気づかなかった。

最後、握り拳大に縮んだ黒い塊をテニスボールみたいに「ぺいっ」と打つと、窓をすり抜けて出ていった。
全てが終わると息子は無表情ないつもの息子に戻り、速やかに鬼平犯科帳を片付け「む、臭い」と呟き、ファブリーズを持って来て「♪ファーブリィィズゥ~わわわわ~♪」と謎のムード歌謡を口ずさみながら部屋中に散布し「じゃ、おやすみなさい」と、呆然とする私を残し何事もなかったかの如く自室に引っ込んだ。

翌朝、起床した息子に昨夜の騒動について聞いてみたが「えー!?何それ覚えてない」と一言。

因みに例のストーカー野郎は、丁度我が家の金縛り事件があった翌日から猛烈に腹を下し、数日寝込んだらしいと後でA子さんから聞いた。
 
389 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2016/03/28(月) 00:59:26.37 ID:DysHkSqNO
息子w
将来大物の予感w
 
390 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2016/03/28(月) 01:28:03.46 ID:qyGdFzbxs
それ、中身が違った可能性が微レwww
 
391 名前:387-388[] 投稿日:2016/03/28(月) 16:14:42.03 ID:5YCNq3+LO
>>389
 今は成長して強くなったので安心して笑っていられますが、息子が小さい頃は生きてるのも死んでるのも変なのが寄ってきて大変だった時期もあります(´・ω・)


>>390
 どうなんでしょう…息子の場合後ろの人が特殊なので、中身が入れ替わったりしたらもっとトンでもない桂小枝師匠みたいな感じになりそうな…
 






オカルトランキング