688 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/29(日) 18:49:04.43 ID:YznYh8RPG
昔お世話になっていたピアノ教室の先生の小さい娘さんの話。
先生にはお祖父さんとお婆さんがいて、曾孫である先生の娘さんを溺愛。
お婆さんが亡くなった時に娘さんが天井の隅ほうを見て、
「じいじ(お婆さんが亡くなる何年か前に他界)とばあばが一緒に来てるよ。天国に行ったお祝いで赤飯食べたんだって!ばあばよかったね!」
もちろん娘さん以外見える人はおらず、みんな唖然としてしまったそうな・・・

「天国にも赤飯あるのねー」とピアノを弾く私の隣で先生が話してくれたけど、驚くところはそこじゃないと思った。
先生は見えない人だけど先生の周りには変わった人が多いせいか心霊的な話をよくしてくれたけど、話の中でこれが一番面白かった。




オカルトランキング