489 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 09:25:26.41 ID:OXIeC7VF0
長文失礼します。

我が家は代々由緒正しき零感の家系。
それが理由で、連れてっちゃう系の神様モドキを預かっている?らしい。
連れて行かれるのは第一子のみで、男女は関係ないそう。
元は神社で祀っていたのを、もう連れてかれるのやだ!と、
てきとうな村人に押し付けてみた所、その家の子は連れて行かれなかった。
結論としては、見えると連れて行かれる。見えなきゃセーフ。
それで、村中探して選ばれた零感が私のご先祖様。
これまたてきとうなことに、平身低頭お願いされて、イイヨーと預かっちゃったそうだ。
 
490 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 09:27:37.25 ID:OXIeC7VF0
(続き)
長男が結婚する時に神社に詣でる以外は特に取り決めもなく、
私も、成人した時にこの話を聞かされるまでは一切知らなかった。
そして、知ると同時にご先祖様にも神様モドキにも半端無く申し訳ない気持ちになった。

幼い頃、しきりに遊びに誘ってきた名前も知らない子を、「私は本を読む」とスルーし続け、
たまに外遊びしても自宅の庭から一歩も出ず、
「遠くに行っちゃう寂しい。一緒に行こう」とのお申し出を笑顔で拒否し、
私を抱きかかえてどこかに連れて行こうとしたおっさんの股間を蹴り上げ、
夜中に何かに引きずられた際「ふざけんな!私は寝る!」と一喝したのは私だ。
 
491 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 09:54:53.94 ID:EwGd+mvf0
それ零感じゃなくね?
 
492 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 10:00:15.59 ID:OXIeC7VF0
(続き)
最終的に、「何で一緒に来てくれないの」と泣かれたので、
幼いながらに「何で私が行かなきゃいけないの。会いたいならお前が来い」という趣旨のことを言った。
「え!?え、あ、はい。えっ・・・すみません」みたいにしどろもどろになられ、
その時以来その子とは会っていない。
今思えば、私は同じ子と認識していたけれど、その子の見た目は、少女からおっさん、犬?まで色々変化していた。
 
493 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 10:02:43.64 ID:OXIeC7VF0
(続き/最後)
もしその子が神様モドキだったのなら、代々話しかけるも一切合財無視され、
久々に出会えた話せる子がこんなんで、それはショックだったろうと思う。
幸い大した病気も怪我もせずに大人になれたけれど、
連れて行かれるのは嫌なので、たまに夢に出る度蹴り倒している。重ね重ねすまん。


そして、レベル不足で細切れ&書き込みに時間がかかってしまいました。更に重ねて申し訳ないです。
 
494 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 10:17:01.71 ID:xoxHz0Ld0
単なる突然変異か、それとも神様モドキがあまりの寂しさに同居人を開発したか
>>489の将来の子供が思いやられる
 
495 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 14:52:28.09 ID:BptqoARi0
命とられるんじゃ、仲良くはできない存在だよね。
 
496 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 14:54:34.58 ID:tZEVSSmq0
死神みたいなもんなんかな
見えたら一人連れてくってノルマか?
 
498 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 23:31:54.98 ID:Qiwe+TMq0
>>489
>連れてっちゃう系の神様モドキを預かっている?らしい。
連れて行かれるのは第一子のみで、男女は関係ないそう。

どこの神様モドキだ??
まるでナマポ生活してる神様みたいで気に食わないな、個人的に。
>>490からのくだりの対応は正しい。
そんな神様いたら俺も股間蹴り倒してるわwww
 
499 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 00:06:57.37 ID:dM/7f1Pf0
>>489です。
反応ありがとうございます。
神様モドキは、「ヤマノモン」と呼ばれてました。
やま は、山だと思うんですが、もん が、門なのか物なのか者なのかわかりません。
現在既に結婚して子供もいますが、いまだに私の夢に出てくる辺り、子供の方には行っていないようです。

そして、万が一子供の方に行こうもんなら張り倒す所存です!
ではROMに戻ります。ありがとうございました。
 
500 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 00:38:07.09 ID:4KJwZkpx0
アタイ阻止
 
501 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 01:21:19.04 ID:gtt3jQqf0
それ名前からしても、神ではなく魔物の一種だと思う。
489が亡くなったら、どのような形であれ「ヤマノモン」に取られて、
それから次に、489の子孫の第一子へ向かうというしくみじゃないのかなあ。

脅かして悪いけどあまり笑えない気もする。
 
502 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 02:04:40.36 ID:pFC7s9yt0
会いたいのでちゃんと自分から夢で会いに来てるあたり
意外に素直かもしれん
 
503 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 03:02:50.17 ID:tQkM8/FV0
素直に山の者(モノ)じゃないづかね
その連れてっちゃうよおじさん(~幼女~犬)
民俗学で祖霊が山に行くっていうのなかったっけ
 
504 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 10:02:35.10 ID:dJ5AXNVI0
神様もどきに命とられないようにするには、霊感の有無じゃなくて、
誘いを断れるかどうかにかかっているね。
 
505 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 13:49:24.76 ID:Ed3Ofz5U0
>長男が結婚する時に神社に詣でる以外は特に取り決めもなく、
>私も、成人した時にこの話を聞かされるまでは一切知らなかった

えーと、>>489とは別に、兄ちゃんも居るんか? それとも>>489が長子なん?
もし兄弟姉妹が居るのなら、同じような経験は無いのかとお尋ねしたい!
 
506 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 14:06:54.31 ID:dJ5AXNVI0
神様もどきの心情汲むのは、まぁありのかもしれないけど、
ご先祖様に申し訳なく思うのはなぜ・・
おとなしく命とられたほうがいいのか
 
509 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 15:44:37.79 ID:Ed3Ofz5U0
>>506

> 我が家は代々由緒正しき零感の家系

 ……なのに、なぜか見えちゃっててスミマセン
 零感の家系ゆえに代々お預かりしてきたはずのヤマノモンと交信とか
 もしや村の禁忌かもしれない、申し訳ありません!!

て、ことじゃなかろうか
 
510 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 22:03:17.60 ID:gtt3jQqf0
うーん。
民俗系の聞き書きとかでは、そういうの沢山あって
パターンはだいたい同じ。
先祖が、五穀豊穣や富・繁栄を、子々孫々に続かせる代わりに
何かを差し出すことを、魔物か神と約束する。
約束を守らないと祟るか、旅の坊さんとかが来て退治してくれる、という奴。

坊さんとか外部の介入が無いと、霊的に代々続いてタイプの憑き物の一種じゃないかと。
だから今はどうあれ、危険かもとマジで思ってる。
 
511 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 00:05:16.75 ID:zPSsaxqM0
>>510
説得力あるねぇ

昔々は魔物も神様も生きてる人間からすれば同じ畏怖の対象(怒らせたら怖い=怒らせなければ強い味方)だったのかもな。
けど今のご時世では迷惑極まりない存在な訳で…。

もうそろそろいろんな意味で清算する時期に来ているのは確かだな。

願わくばそんな時代錯誤の人身御供を要求する存在と縁が切れることを…(-人-)
 
512 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 14:57:51.12 ID:uDpuQwT/0
>>511それって坊さんのフカシじゃないの
布教のために、(坊さん)「各地で山の悪神を退治したったんすよ!ついこないだもね!そこで!」
(純朴な人々)「ほぉー!」って
 
513 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 15:28:21.93 ID:6h46NL6r0
元々日本での『神様』っていう定義はそういうものでしょ
神には和魂と荒魂があって、穏やかな豊穣神と荒ぶる祟り神との両面がある
だから昔から荒ぶる神へ鎮めのための人身御供があったり
そもそも荒ぶらないよう祭りや儀式があるもんだ

坊さんが退治パターンは、神様鎮まって暴れなくなった→退治されたやったね!という伝承の湾曲かなと思う
フカシもあるかもしれないけどw

神との付き合い方が時代によって変わってきてるのは確かだろうけど
清算なんていう人からの意見はおこがましい気もするけどな
 
514 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 17:03:25.60 ID:n6wzzGXq0
それが神様だったなら
消えていくのはもったいない気がしてしまう
なんか人形とかご飯とか別のもので勘弁してくれないかなー
 
515 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 17:43:34.36 ID:OSZ/wURf0
連れて行かれた魂はどうなるか気になるね。。恐いことされてしまうんだろうか
 
516 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 17:56:41.92 ID:TA/YC3wW0
>>513
清算というか、神を必要としない平和な時代と思えばいいんじゃない?
長い歴史の中でそういう時があってもいいでしょ
神と呼ばれるような現象の方でもきっと特に気にするようなことはないだろうよ
構ってちゃんから離れられてバカンスにでも出かけるかも





オカルトランキング