460:名無しのオカルト 2010/01/25(月) 18:02:32 ID: ID:D6d0qw4c0

529 :本当にあった怖い名無し:2010/01/22(金) 06:26:23 ID:nZzU++DG0
突然なんだがうちの家系は代々座敷わらしを囲う家系なんだとさ

バァちゃんの代でそれも途切れたって話を両親からよく聞かされてたわ

途切れた理由は男とデートに夢中で水と食事を与えるのを忘れてたっていう下らない理由

まぁアホらしい理由だよな、豪快でエネルギッシュなバァちゃんらしいっちゃらしいわ

でもさ、座敷わらしって水や食料なんかとるのか?お化けだろ?って聞いたんだよ

そしたら両親は笑ってた。バァちゃんも笑ってた

俺の好奇心は寝たきりのジイちゃんにまで及んだんだよ

そしたらジイちゃんな、「(俺の名前)はテレビや人の言う事を信じているのかい?悪魔や悪霊なんて物は
 所詮人間が作り出した物なんだよ」

その後もしばらくジイちゃんと会話してた

ちょい続く


461:名無しのオカルト 2010/01/25(月) 18:03:19 ID: ID:D6d0qw4c0

530 :本当にあった怖い名無し:2010/01/22(金) 06:39:14 ID:nZzU++DG0
ジイちゃんから色んな話しを聞いた。戦争時代やジイちゃんの父、祖父に至るまで

特に戦争時代、前線で活躍してる時右耳の鼓膜破った話しなんかはジイちゃんが輝いて見えた

うちのジイちゃんは物知りでさ、知らない事なんてないんじゃないかと思うほどの人

んで肝心の座敷わらしの件なんだが、それも教えてくれた

なんでも大昔、俺の住んでる所は大飢饉や災害で相当の人が亡くなったらしいんだ

んでここいら一帯の人達は部族のプライドが高く、他の部族を寄せ付けない人種だったんだとさ

そんな人達が他所から新しい血を混ぜて、一族を繁栄させようなんて思う訳も無く

当然、部内で子孫繁栄を目指したんだと  つづく




462:名無しのオカルト 2010/01/25(月) 18:04:32 ID: ID:D6d0qw4c0

531 :本当にあった怖い名無し:2010/01/22(金) 06:51:08 ID:nZzU++DG0
結果生まれてくる子はアレな子も多かった訳なんよ

でもそんな子、誰も育てる余裕なんてないよな

そこで当時いくつも「蔵」を持ってたうちの家系の出番

愛玩用として育てたんだと

大きくなって、♂は貴婦人や未亡人に、♀は独身男性にって具合

それを「お座敷わらべ」って呼ぶんだと教えてくれた

当時似たような境遇の村なども表には出さないがこういう事はよくあった

だから一つ買えば幸運を、2つ買えば子孫繁栄、3つ買えば孫の代まで~みたいな売り言葉ができた訳だ

当時へーと聞いてた俺だが今思えば要は人身売買だわな

つづく




463:名無しのオカルト 2010/01/25(月) 18:06:44 ID: ID:D6d0qw4c0

532 :本当にあった怖い名無し:2010/01/22(金) 07:06:40 ID:nZzU++DG0
おもしろい事にジイちゃんはこの話、河童や妖怪なんかにも通じていると言った

夜中に彼らを運動させに外に連れて歩くんだってさ

そこで事情や自分の村の裏の顔を知らない「子供達」がそれを目撃する

街灯も無く、ロウソクに頼らなければ真っ暗な道でそれを子供達が目撃する訳だ

親たちは子供に汚い大人の世界を教えたくないために河童や妖怪のせいにする

これが日本の妖怪の正体だとジイちゃんは笑ってた

当時お化けは実在しないんだと安心したなぁ

真実とは蓋を開けてみるとこんなにも簡単なんだな

つづく

534 :本当にあった怖い名無し:2010/01/22(金) 07:16:15 ID:nZzU++DG0
でもよく考えたらバァちゃんの代まで続いてたんだよな?

男とデートって人が餓死するまでデートしてたのか?

ちょっとも罪の意識は無かったんだろうか

今は途切れたって事はその最後の子が亡くなって終わりって事だもんな

まぁこういう訳で、座敷わらしはもう存在しないかもってお話しでした

洒落怖な話しじゃなくてすまんかった




468:名無しのオカルト 2010/01/26(火) 08:21:15 ID: ID:ITnNCxvg0

>>460
コピペにレスのアレだが、座敷童子と性的な要素が
関係する話は結構良く聞くな
ちょっと前にも、座敷童子をレ××して没落した家の
話があったし

俺の知っている話だと、座敷童子を嫁にした家ってのがある
とはいえ、本人は>>460のレスみたいな池沼だったりしたわけ
じゃなかったらしいんで、多分、何か公言できない馴れ初めを
それで誤魔化したんだと思うけど

その家は今も残っているけど、土地屋敷の規模のデカさを
除いては、維持費やら何やらで生活はむしろ苦しいらしい
家の人は、人と結ばれた座敷童子は貧乏神に堕ちたけど
今でもここにいて、貧乏と引換に家の存続を守っているんだよ
って言って、笑ってた




470:名無しのオカルト 2010/01/26(火) 09:24:52 ID: ID:KZ7WDIOL0

>今でもここにいて、貧乏と引換に家の存続を守っているんだよ
>って言って、笑ってた

 そんな状況でも笑って受け入れられる人、尊敬するわ
 その人に幸アレ。 






オカルトランキング