158: 2018/09/24(月) 02:43:21.16
黒い鳥居
俺も一つ書こうか

俺は高校生の頃田舎に住んでいて、山がそこら辺にあった
秋頃だったかな確か

友人3人と山の近くの広場でサッカーしてたら、ボールを飛ばしすぎて山に入ってしまった
全員で探して見つけたその場所は、小さい社だった
ボールは社の敷地内に普通に落ちてたんだが、その敷地内に入るのを躊躇う程不気味な所だった
黒い鳥居、そして社が一つ
それだけだった
木々で薄暗くなった太陽の光が、その不気味さをより一層増していた
それでもボールを置いていくわけにはいかない
俺と友人がその敷地内に入った
小さな敷地だったので、他の友人も目の届く範囲にいた
ボールを取ってさっさと戻るところだが、社が気になる
近づくと、その社には石が置いてあった
大きさは、確かソフトボールくらいだったと思う
たぶん…石だったと思う
何しろその石には、お札が大量に貼られていた
不気味が恐怖に変わり、ゾッとした俺はボールを取って走って戻ろうとした

その時
俺は背後から強烈な視線を感じた
あの感覚はあの時以外は体験したことがない
[視線を感じる]なんて、意味不明な表現だと思ってたからだ
とにかく背後にとてつもない悪寒を感じながら、社から離れた

出た時には汗まみれになってた
一緒に入った友人も、同じ感覚だったらしい

その後は特に何もないが、もうあの場所には近づいてない
見に行くなんてしたくもない




オカルトランキング