762 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/11/17(火) 18:25:37 ID:5s8Q8HvZ0
友人の話。

彼の連れに、いわゆる“見える人”がいるのだという。
二人で山奥の神社へ出掛けた折に、その連れが境内の一角をじっと見つめたまま動かなくなった。
「何か見えるか?」そう尋ねたところ、連れは短く答えた。
「肉がいる」
何だそれはと問うてみたが「肉は肉だ」と、それしか答えない。
しつこく問い質すと、桜色をした肉の塊が境内の隅を這っているのだという。
引き攣った友人の顔を見て、連れは息を一つ吐いてから続けた。
「大丈夫、悪いモノじゃないと思う。
 時々、烏や犬がかぶり付いているから、毒もないんじゃないかな。
 古い神社には割といるんだ、あの肉。
 初詣の後なんか明らかにブクブクと大きく育ってる。
 ひょっとしたら、人が吐き出していった願い事や悩み事を喰ってるのかもね。
 それを鳥や獣が更に喰らう。
 いわゆる浄化ってやつなのかな、そう思うよ」

それからというもの、彼は悩み事が出来るとその神社へ参拝するようになった。
柏手を打ってしばらくすると、不思議に頭がスッキリとするのだそうだ。
「ああいった話を聞いた後だから、単に思い込みなのかもしれないけど。
でも言われてみれば、確かにあの社、妙に烏が多いんだよな」







オカルトランキング