143 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/12/12(土) 21:09:31 ID:A3J/QS0H0
私の体験した話。

青年部で委員会を開くことになった。
運悪く商工会の会議室が利用できず、メンバーの家に集まることにした。
山中に新しく造られた、小さな団地の中の一軒家だった。

部の事業についての論議が白熱し、討論が終わったのは丑三つ時を過ぎていた。
コーヒーを飲みながら雑談していると、二階の吹き抜けから声がする。
女の声だった。
何と言っているのかは聞き取れなかったが、はっきり耳に届いた。

「娘さん、目を覚ましちゃったんじゃないか。誰か呼ぶ声がしたぞ」
そう私が家主に言うと「何も聞こえなかったけどなぁ」と首を傾げながら階上の子供部屋を確認しに行く。
その日は奥さんが夜勤で留守。
二階には彼の幼い娘しかいなかった。

「いや、ぐっすり寝てたよ。空耳でしょ」
帰ってきてからそう言うのに、今度は私が首を傾げた。
「えー、確かに聞こえたんだけどなぁ」
すると両隣の仲間が「声なんかしなかったよ。勘違いだろ」と家主に同調する。
真向かいに座っていた最後の一人が、青い顔で呟いた。
「僕にも聞こえました。
 女の人の声で、誰かしらに“来て”って呼んでました」


144 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/12/12(土) 21:10:29 ID:A3J/QS0H0
場が一瞬静まりかえった後、皆が揃って立ち上がった。
「さ、夜も遅いし帰るとするか」そう口にすると、家主が血相を変える。
「ちょっ、一緒に確認しに行ってよ! 怖いじゃんか!?」

逃げ損なった。仕方がない。
皆で恐る恐る家中を見て回ったが、メンバーの他には誰の姿も見えなかった。
泣きそうな顔の家主を残し、とっとと引き上げることにする。
暗い山道を車で下っていると、少し落ち着かない心持だった。

後日別件で集まった際、メンバーの一人が奇妙な話をし始める。
祖父にあの夜のことを話したところ、こんなことを言われたのだそうだ。
『あそこらのマミは、気に入った男を山に連れ去るっていうからな。
 気を付けろよ』
マミとは人を化かす狸のことなのだという。

「お前ら、狸に告られたんじゃね?」
あの時声が聞こえた私ともう一人は、しばらくそう言ってからかわれた。






オカルトランキング