【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 神様系



277:本当にあった怖い名無し[sage]:2005/05/11(水)17:02:47ID:ANvx2pj60
子供のころ、祖母の家に七福神の布袋様の木彫りの置物があったんですが、祖母に、この目を閉じて布袋様の頭をなでると口からお金が出てくるよと言われ、やってみると本当に口の部分に10円玉が挟まっていました。

私と妹はすっかり信じ込み、二人でヒマさえあればなでなでしていました。
で、実際は当然周りで見てた大人がお金をサッと挟んでたわけですが、私たち姉妹はわりと強欲な子供だったので、誰も見てないときもそれぞれ一人ずつこっそりなでてたんですね。
そういった時でも3回に一回はお金が出てきました。妹も同じだそうです。

大人たちも飽きてきてだんだん相手にしてくれなくなってきたので、そんなことも知らない私たちは
「むしろ誰も見てないときの方が出る!」
と思うようになり、さらになでまくりました。
しかし何がきっかけかは分かりませんが、ある日からプッツリとでなくなりました。

その頃はすでに私たちも飽きてきていたので、大して気にしませんでした。
今思うと私たちがやたら熱心なので、あきれた布袋様が遊んでくれたのかな~と。

ちなみにその布袋様は今でもありますが、頭の部分だけ妙にツルツルしています。



オカルトランキング




1:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)01:59:47ID:12r
ミシャグジとかアラハバキとか
やっぱ大和朝廷と対立してた異民族の神様で神道とは別のルーツなんかな?



2:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:00:45ID:12r
ミシャグジさま
ミシャグジとは中部地方を中心に関東・近畿地方の一部に広がる民間信仰で祀られる神である。長野県にある諏訪地域はその震源地とされており、実際には諏訪大社の信仰に関わっていると考えられる。
全国各地にある霊石を神体として祀る石神信仰や、塞の神・道祖神信仰と関連があるとも考えられる



3:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:01:16ID:12r
アラハバキ
アラハバキとは、東北地方を中心に古くから庶民の間で信仰されてきた日本の民間信仰的な神の一柱で、アラバキとも呼ばれます。
荒脛巾・荒吐・荒覇吐・阿羅波比・阿良波々岐など表記はさまざまですが、信仰の厚い東北地方を始め、アラハバキを祀る神社は全国にあります。



4:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:01:43ID:PkL
土偶の格好しとるアラハバキ



10:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:02:56ID:12r
>>4
東日流外三郡誌はNG



5:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:01:43ID:7py
ぬっぺふほふ



11:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:03:38ID:12r
>>5
江戸初期に駿府に現れた記録が残ってるんだよな



6:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:01:47ID:twQ
殺したらまんまんから穀物出した神様おったよな



8:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:02:21ID:rrq
>>6
保食神
記紀の神やな



19:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:05:24ID:f4N
>>6
しかも客人にためにケツや鼻から食い物出してたで



7:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:02:08ID:PkL
目から産むとかなんなん



12:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:03:43ID:LHC
土着信仰が多めやからもう語り継ぐやつがおらんのやろ



13:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:04:23ID:12r
>>12
代々語り継いでる一族とかめっちゃロマンあるわ



18:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:05:17ID:LHC
>>13
ロマンあるけど大部分が途絶えてしまったんやろな
ミジャグジ様なんかその代表例ちゃう?



15:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:04:30ID:rrq
おおよそ日本の神は四種に分類できるらしいで
古典の神、人神、民俗信仰の神、外来の神って感じで



24:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:07:30ID:12r
>>15
古典の神の例が記紀に出てくる神で
人神が太宰府天満宮や靖国神社
民俗信仰がミシャグジやアラハバキ
外来の神は七福神
って感じかな?



27:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:08:55ID:rrq
>>24
せやな
付け足すと古典の神は古くから大和朝廷に属してまとめられた地域の神、民俗信仰の神はそこからあぶれた神って感じやな



20:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:06:18ID:PkL
日本て悪さばっかするヤベー神様っておんの?



22:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:07:02ID:LHC
>>20
日本の神様って基本祟り神ばっかりちゃうん



23:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:07:14ID:rrq
>>20
アメノカガセオは古典だと悪神扱いやな
もちろん祀ってる神社もあるけど



30:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:10:03ID:12r
>>23
アメノカガセオって又の名をアマツカミボシって言って金星のことなんやっけ?
金星は他の星と周期性が違う動きをしてるから



35:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:12:03ID:rrq
>>30
せや
太陽=アマテラスに逆らうくらい光り輝く星みたいな扱いで悪神になったっぽい
ちな関係ないけど、君の名はサイドストーリーでちょい名前が出てくる



25:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:07:49ID:oJJ
>>20
一般人でも神を殺したり撃退出来るのが日本のお家芸



29:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:09:19ID:f4N
>>20
イザナミは1日1000人殺すで
そしてイザナギは1日1500人産ませる

人間の寿命の始まりや



32:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:10:29ID:PkL
>>29
化けもんになってたイザナミさんこっわ



26:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:07:53ID:PkL
祟り神なんて表現されるとこわいわ



34:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:10:47ID:LHC
>>26
生贄要求してくる系なんてその最たるもんやろ
京都の祇園祭だって祟り神を鎮魂するお祭りやし

31:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:10:26ID:tx5
金星と同一視される存在多くねw



37:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:13:31ID:12r
>>31
金星=凶星っていう共通認識なんやろ



33:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:10:34ID:tx5
ルシファーもそうやろ



38:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:13:56ID:Yd9
あまり知られてないけどチートみたいな能力もった神おるんか?



41:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:16:43ID:rrq
>>38
うーん日本神話ってあんまバトル系やないからなあ
後世平田篤胤がアメノミナカヌシに聖書の造物主の概念を取り込んで他の神とは一線を画す超越的な力を持った神って扱いにしたとかやねえ



44:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:18:02ID:9nU
>>38
海幸彦
潮の満ち引き操作できる



39:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:14:22ID:PkL
あの頃から惑星の認識とか概念あんのかよすげえな



40:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:15:03ID:2VF
惑星は普通の星と動き違うからどの文化でも注目の的やぞ



42:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:17:02ID:9nU
アマツミカボシは金星じゃないぞ



43:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:17:36ID:12r
>>42
そうなの?



46:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:19:05ID:9nU
>>43
何なのかよくわかってない
そもそも日本の神話で神について善し悪しなんてかかないのにハッキリ悪神と書いてあって異様だってことやな



45:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:18:31ID:rrq
>>42
星の神の扱いやけど、強いて言うなら金星の神って扱いやろ
北極星の扱いする説もあるけど



50:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:20:55ID:9nU
>>45
あれは後世の俗説みたいなもんやし
アラハバキは異民族っていうか北方諸民族のうちの一派ってのはほぼ確定
ミシャグジさんはまぁ…ね



58:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:23:01ID:rrq
>>50
色んな説あるからなあ
ただ金星は明星として強い輝きを放つからそのため太陽神の敵扱いされたって説は納得できる



47:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:20:04ID:PkL
中国のフッキジョカとか聖書やと人間を泥からつくったみたいな話あるよな



48:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:20:09ID:LHC
日本の神様って諸外国と比べても
「生贄寄越さなきゃ暴れるぞコラ」
系だいぶ多いよな



51:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:21:27ID:9nU
>>48
カーリー「呼んだ?」



57:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:22:58ID:9nU
まぁ一番わかりにくくしてるのは明治以降の国家神道で神様ランク付けしちゃったせいなんだけどな
>>54



55:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:22:19ID:12r
>>48
どこもそうじゃないの?
ユダヤの神様だって嫉妬する神だし



49:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:20:21ID:tpo
ツクヨミとかいう名前だけの空気



53:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:22:11ID:PkL
>>49
なんか矛でかき回した



52:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:21:36ID:ncl
日本の神々は、いろんな地方の土着神だけじゃなく、色んな地方の世界観・自然観をごった煮にした上に、文明発展途上でより発展した文明と出会ってしまったことで本来なら文明発展とともに消えていくような類例の神と文明発展してから登場する神が混在した状態になってるみたいやで

神話学的にかなりめんどくさい(それでいてちゃんと他の類例がしっかり残ってる)構造になってるそうや(体系化されているわけではない)



56:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:22:41ID:ncl
アラハバキって氷川さんとある意味同居してた神で、だから関東由来やで、たしか



75:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:28:41ID:12r
>>56
氷川神社の中にアラハバキ神社があってアラハバキ祀ってるんやね
日本武尊の東征前に関東の住民たちが信仰してたのがアラハバキなんかな



83:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:32:38ID:ncl
>>75
そういう認識でええみたいやね
東征に伴って東北にひろまった、ってのがまあ主流説やなかったかな

ただ「どんな神か」はさっぱりやねん



87:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:35:21ID:9nU
>>83
アラハバキは朝廷系の神じゃないやで
主神だったのが祀ってるグループが朝廷に恭順して結果神社で主神が朝廷系の神になって客神扱いで祀られるようになったって説
神っていうか元々人だったのを神格化した説もあるし



81:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:32:28ID:9nU
>>56
東北やで



89:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:36:06ID:ncl
>>81
それ、『東日流外三郡誌』の影響下にある説やで、たしか



91:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:40:53ID:9nU
>>89
少なくとも関東にはアラハバキ祀ってる神社ほぼないで
君らが採ってる説が真ならもっと色んな所にあってええはずや
因みに個人的に一番謎なのが寒川神社の寒川ヒコとヒメ命



92:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:41:54ID:QZH
>>91
これほんま謎やな



97:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:45:41ID:9nU
>>92
個人体にはやはりアラハバキは土地の豪族なり統治者の祖先神かなんかをシンボライズしたものだと思うんご
んで朝廷に恭順してって…って感じ



59:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:23:28ID:BU3
女が最高神って珍しくない?
日本は初期からフェミニストにむしばまれてたんやろな



63:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:24:46ID:tpo
>>59
女社会やから
昔はセックスは女から誘うものだったんやで



65:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:25:04ID:rrq
>>59
元はアマテルって男神だったのが女帝統治時代に主神に格上げされる際女神になった説もあるで
元は太陽神に使える巫女がそのまま昇格して太陽神になった説もあるし



67:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:25:17ID:9nU
>>59
土着信仰は女神が多い



76:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:29:56ID:ncl
>>59
社会が発展していくにつれて、具体的には生産手段が整うにつれて、そして衛生状態が向上してある程度人が死ににくくなるにつれて、
子を産む女性から長時間働いて恩恵を生む男性上位に変わってく

日本はこの過程で文明度アップイベントが発生(渡来人の土着化)して、社会変化を神話に反映させる暇がなかった表れらしい



60:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:23:45ID:9nU
そもそも皇室自体アマテラス祀ってなかった説あるし



64:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:24:56ID:ILt
記録媒体もろくにしっかり残せないから伝え間違いとかめっちゃありそうやんな
それでも残ってるってのはすごいことンゴねぇ…



68:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:25:47ID:QZH
最近の神話学で言われてるのは最初はアマテラスではなくタカミムスヒが最高神だったと



72:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:27:15ID:rrq
>>68
日本書紀やと天孫降臨や神武東征で活躍するのはその名残なんやろなと個人的には思ってる



69:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:26:24ID:9nU
そもそも最高神とかいうのが結構後の考え方だしなあ



70:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:26:58ID:ncl
沿岸航行の日本じゃあんま星の神様目立たないんやけどな
(天之御中主も大陸系やないか言われてるし)

日本じゃオオヤマツミみたいな山の神になる



74:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:28:17ID:QZH
>>70
住吉三神は海神だけど星の神だって説があるな



80:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:31:25ID:rrq
>>70
アメノミナカヌシがは中国の天帝思想に影響受けて後から神話を編纂するに当たって創作された説が有力やな
古い時代の神社にアメノミナカヌシ祀る神社は少なくて、のち妙見信仰と習合してから民衆に広まったとか



73:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:27:29ID:QZH
あと天津甕星を金星に比定したのは平田篤胤やな
だから本当はなんなのかよくわからない



77:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:30:41ID:PkL
アソコ焼いて殺されたヒノカグツチも祀られてるんやな



78:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:30:42ID:qZ9
白山信仰は水神で立山信仰は曼荼羅なんやっけ



79:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:31:16ID:QZH
氷川神社は出雲系氏族が武蔵に移り住んで建てた神社で、語源的には島根の斐伊川からきてる
祭神もスサノオ
だけど何でアラハバキとスサノオが対立せず同居できたのかは謎やな



99:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:49:12ID:ncl
>>79
wikiソースだが
「主祭神がスサノオであるという明確な記述は江戸時代までしか遡れない。」
だそうなんや

関東古神社の御多聞に漏れず、ここもヤマトタケルの在陣説話が残ってるらしいんで、早くから大和朝廷と手を結んだ豪族なのは間違いないみたいなんやが、その主神はやっぱ謎
(最後の門のチョイ脇辺りに客神の社があるんやが、それが訊いたことない名前やったんだよな)



103:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:53:13ID:QZH
>>99
いやいや武蔵国造やからスサノオやろ



82:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:32:33ID:PkL
日本のヘビ信仰ってやっぱインドの影響なんか



84:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:33:08ID:QZH
>>82
大神神社とかかなり古いし土着やない



86:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:35:02ID:PkL
>>84
各地にあるよな家の守り神になるからアオダイショウは放置とか
かなりデカいヘッビやで



101:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:50:56ID:12r
>>82
蛇神信仰は世界各地にあるよね
脱皮する姿が一度死んで生まれ変わるように見えるから復活や生命力のイメージになりやすいんよね
アスクレピオスの杖にも巻きついてるし
蛇が悪のイメージなのはキリスト教だけや



88:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:35:35ID:rrq
個人的に気になってるのはクニノトコタチなんやが、あれどっから来たんやろ
日本書紀やと本文でも一書でも最初らへんで必ず出て重視されとるし、



90:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:37:07ID:QZH
>>88
吉田神道のイメージしかないわ



98:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:45:42ID:12r
>>88
大本教のイメージ
出口王仁三郎は最高神をクニノトコタチにしたために
当時の天照大御神を中心にする国家神道を脅かすからって戦中に大本事件で弾圧されたんよね



100:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:50:17ID:Yxx
>>98
近代やとそれが有名やなあ
ただ、国ってところからして、アメノミナカヌシみたいな天の思想の中国神話由来とは違う気がするんや



102:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:51:12ID:9nU
>>100
普通にヒンドゥーとかじゃね



105:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:56:10ID:oQZ
>>100
普通に日本古来の神やろ
古い時代からいる創造神



93:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:42:19ID:c8J
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命すき



94:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:43:15ID:rrq
>>93
誓約に勝った感がまんま出とるよな



95:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:43:31ID:QZH
>>93
名前が強そうなのにクッソ臆病



96:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:44:02ID:syx
無限に食べ物作れる(ただし食物はケツから出る)



104:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:54:47ID:ncl
蛇に関しては「セグロウミヘビ」ってのがおってな

コイツの影響か、太平洋には蛇絡みの説話が結構多いみたいやで

たしか出雲大社のお使いの一つやなかったかな




108:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:01:53ID:9nU
ワイはアマテラスが天皇とは別の民の神だった説を採るンゴ
皇祖の神の話で多いのは海にまつわる逸話んで神武天皇のお母さんも鮫 いわゆるワダツミを祀ってたんではないかと思うんご
んでなんかあって太陽神祀ってる民(多分卑弥呼らへん)と統合・合併したんではと思うんごね
そうすると旧唐書にある日本は倭国の別種也と符合するんごね



110:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:04:00ID:oQZ
>>108
卑弥呼=天照説もあるよな



112:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:05:02ID:9nU
>>110
せやな
そもそも卑弥呼個人名じゃない説あるし 日見/巫女だとか役職名ってのは多く言われてるんごね



113:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:06:14ID:qZ9
邪馬台国はやっぱ畿内じゃなかったんやろな



114:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:08:33ID:oQZ
>>113
でも邪馬台国って読み方ヤマト国やろ?
名前だけ大和政権が受け継いだんかな



126:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:34:48ID:ncl
>>114
実は魏志倭人伝では「邪馬『壹』國」と記されてるんや

「壹は臺の誤字や」いう力技が通説になってる
(正直結論先にありきでええんかこれ、という気が凄いするんやが)



115:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:10:20ID:QZH
逆に神話に名前があってもどこの神社にも祀られない神もいるよな
イヅノメとか



116:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:11:58ID:oQZ
津速産霊神も祀られてる神社知らんな



119:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:16:14ID:qZ9
>>116
天神社
奈良県大和高田市三和町。
祭神:高皇産霊神、神皇産霊神、津速産霊神
だそうな



117:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:14:49ID:oJJ
天照によって主神はアマツカミになったけどそれ以前はヨモツカミやったしな



118:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:15:50ID:mLm
熊襲系とかあるらしいな



120:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:17:37ID:oJJ
オオクニノヌシ「お前らが統治するの認めたる代わりにワシにスゴイゴウカな神殿建てろや」



121:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:21:06ID:oJJ
安倍晴明「なんかいつの間にか神になってたわ」



122:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:24:05ID:O4R
ワイの地元には国常立尊って神が眠ってるって言う山があるわ



123:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:24:40ID:O4R
国常立尊ってどんな神なんや?



124:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:26:45ID:Yxx
>>123
記紀の最初に出てくる神
造化神とか根元神の扱いやな



125:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)03:30:30ID:O4R
>>124
サンガツ
以外とエラい神様なんやな
知らんかったのが申し訳なくなってきたわ



128:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)04:44:49ID:wFB
神にも上位中位下位とあるが下位しかおらん印象や



129:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)08:49:56ID:Pzo
もしかしたら複数の蛇神を1つのグループとして祀ってたのかもね
ミシャグジ様とかアラハバキとか、各々豊穣だったり天候だったり
それが名前と役割がバラバラになってお稲荷様とかに役割が再分配されたとか

氷川神社で素盞嗚尊と共に客人神として祀られてるのは
高天原から追い出された素盞嗚尊の立場にも関係してたりしないかな
かじった程度の知識で書いてるけど



71:名無しさん@おーぷん19/07/02(火)02:27:01ID:Y9p
ワイ「はっぴゃくまんの神々って大杉ィ」
トッモ「やおよろず」
ワイ「はっぴゃくまんの…」
トッモ「やおよろず」
ワイ「さっきからガイジかな?w」
トッモ「八百万でやおよろずって読むんだよ」

ワイ(日本語ってクソやな)





オカルトランキング






769:本当にあった怖い名無し:2011/08/02(火)03:19:44.20ID:a7jkVnQ60
ちっちゃい神様を感じることがある

ちっちゃい神様たちは普段ニコニコしてそこに居られるだけなんですがすごく繁盛してるお店で小槌振ってる大黒様だけは
「土用の丑の日まで忙しいんですわっ!」
とギレ気味になりながら必死で小槌を振っておられた
神様も大変なんだなーと思わず笑ってしまった



771:本当にあった怖い名無し:2011/08/02(火)17:30:58.45ID:zxchIHJi0
>>769
想像したらかわいすぎる




オカルトランキング



512:本当にあった怖い名無し:2009/07/01(水)15:39:19ID:hE7OqoHM0
神社の話が出てるから、そのつながりで

自分の家は農家なので、家を守ってくださってる神々は毎年10月になると出雲大社へと出かけます。
道中気をつけてというちょっとした儀式をしてお見送りしてます。
勿論お帰りになる時もちょっとした儀式をします。

数年前、縁あってその出雲大社へと旅行に行くことになりました。
いつも我が家の神々がお世話になってます(私ごときがおこがましいんですが)との意味を込めてお参りしたところ、神楽殿にて神々が踊ってる姿というか残像のような影?が見えました。

ほんの1分程度だったかと思いますが、太鼓がドーンと鳴るとそれは終わりました。
(実際には太鼓は鳴ってません)
とても神々しく、神聖なその舞に涙がこぼれました。

でも、後になって神様って見えるの?とか、狐に化かされたのか?とか思ったんですが神楽殿…しかも出雲大社の中にそういう邪なものもいないはずで。
考えてもわからないから、自分が想像している神々を映像化?してくれたのか?と今では勝手にそう思ってます。






人気ブログランキング



635 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 00:03:02.07 ID:ZBkmCm090.net
色んな意味でスレ汚しな俺の体験談を一つ

3ヶ月くらい前から、自分の周囲で「眼」を見かけるようになった
なんでか知らんけど、それは何もないはずの場所にポツンど浮かんでたり、すぐ近くの物陰や隙間からこっちを覗いてるときもある。色は全体が黄色で黒い虹彩がある、なんか爬虫類っぽい眼
眼以外の部分は見えたことない。
なんか気味悪いなぁと思いながらも、別に曰くのある場所へ行ったり、祟られるようなことや人から恨みを買うようなこともした覚えがないからそのうち消えるんじゃないかと思ってほったらかしといた。

すんません、続きます
 
636 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 00:15:11.52 ID:MOOnPksE0.net
で、先週
その日は朝からどうも腹の調子が悪くって何度もトイレへ行ってたんだ
自分の仕事は大工なんだけども、その日は屋根の葺替え工事のために事前に古い屋根板の上にフェルトを貼る作業を一人でやってた
その時ふと足元を見ると、板と板の隙間、形状差異で他より広く隙間の空いてるところから例の眼がこっちを見てた
次の瞬間、眼に気を取られてた自分はバランスを崩して滑りかけ、思い切り足に力を入れて踏ん張った
腹具合が悪くて、トイレを我慢していて、不意に力む、最悪の三拍子が揃った結果、臀部に生じる嫌な感触、ソレと一緒に放出されるガスの音と臭い

続きます
 
637 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 00:19:55.44 ID:MOOnPksE0.net
そしてそのガスは板の隙間にいる眼をほぼ直撃、まさに「(;ω;´)ブボボッモワ(´;ω;`)ブワッ」な状態
俺はたしかに見た、あの時初めて眼が瞬きして、しかも潤目になっているのを
それ以来その眼は見ていない
あれがなんだったのかはわからんけど、呪いや祟りだとしたら大の大人にウ○コ漏らさせるという成果を出してるんだから一応成功なんじゃなかろうかorz
 
638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 01:52:03.49 ID:jzPb+MaC0.net
>>635-637
色んな意味でスレ汚しだ!(笑)
災難&撃退乙!
眼も災難だったんだなぁ‥‥
 
639 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 03:02:18.67 ID:XUDhBxNE0.net
妖術の類に遠見の手法があるけどそれかなあ?
感知できるって時点で書き手さんもなかなか敏感な感覚をお持ちってことになるけど。
見守りたいという強い気持ちから生き霊を飛ばしたとなれば
くっさー!ってことで懲りちゃったパターンがありえるからこっちが有力かも
 
640 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 07:52:36.34 ID:acMqBU1K0.net
>>637
こっちが涙目だよな…
 
641 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 23:18:08.37 ID:K1Id3YCC0.net
>>639
本気で言ってるのか?
 

658 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 16:49:15.40 ID:qcH2A77Xp
去年辺り、『いろんな意味でスレ汚しな話』を投下させてもらった大工です、ご無沙汰です

あのあとちょっとした後日談が出来たので、投下させてください。内容的にはあまり笑えないかも

あのあと、同じ現場で外壁の張替作業もすることになってその下地を施工中、足場板がぽっきり折れて自分は3m下へ落下、第2腰椎破裂骨折で救急車で運ばれ即入院となりました

その日の夜、夢で前回の話で言ってた目の持ち主と対面した

続きます
 
659 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 16:54:48.51 ID:qcH2A77Xp
夢に出てきたのは、でっかいヤモリ。片方の目がなくて眼窩がポッカリ穴になってた

目が前に屋根の板の隙間見えたのとそっくり同じだったんで、ああコイツがアレの正体かと思い、まさか俺の屁で目が腐った? 恐るべき俺の屁!とか一瞬バカなこと考えたが

同時に今回の事故もコイツがこの前の屁の仕返しにやったことで、今夜は腰も折れて動けない俺に止め刺しに来たんじゃないかと激しく焦った

続きます

 
660 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 17:02:10.50 ID:qcH2A77Xp
そんなこと考えてガクブルしてたら、いきなりヤモリが『すまんかった』と喋った

今までオカ板で動物霊がしゃべる話とか読んでも信じてなかった口なので、ポカーンとなる俺、ヤモリがまた喋った

『わしの片目と稲荷の社、お主の骨で一応の手打ちになった』

はい? 手打ち? 何が?

『最後にお主が詫びを入れることになったから、怪我が治り次第○○の屋敷跡に供物を持って詫びに行け』

続きます
 
661 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 17:11:21.87 ID:qcH2A77Xp
○○っていうのはうちで家屋の解体を請け負った家の屋号だけど、解体したのは普通の家屋だけで祠とか壊した覚えなんてない

マジでこのヤモリは誰と何が理由で、俺の骨折まで条件にして手打ちしたんだ?っと思っていたらまたヤモリが喋った

『あそこは歳経た蛇の棲み家だったがお主が壊してしもうた、意趣返しが心配でわしがしばらく見張っていたが防げそうにないので、痛み分けで手打ちとさせてもらった』

いくら毎回ネットで秘境と言われる群馬でも、まさか知らないうちに家の所有権が蛇に移ってたとか思わねえよ

続きます
 
662 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 18:37:12.71 ID:qcH2A77Xp
そうかぁ、俺の知らんところで俺のために色々してくれてたんだなぁ、稲荷ってたぶんうちの裏庭のだろうし、このヤモリも片目なくして、見守ってたのに逆に俺の屁浴びせられるとか、なんて思ってたらまた

『すまんと思うなら、稲荷の社は立て直せ、わしにもたまには供物がほしい。それと、お主の屁は本当に臭いからひかえてくれ』

それだけ言ってたヤモリは消えた。数日後、見舞いにきた母親に裏庭のお稲荷さまが滅茶滅茶に壊されていたと教えてくれた
俺は一月後くらいに退院してお供えに卵と酒おいてきて、お稲荷さんは新しく買ってきて設置し直した。ヤモリの方はとりあえず神棚に魚の切り身をお供え
お稲荷さんは中にあったお稲荷さんの焼き物は無事だったけど、社は蛇が締め上げたみたいにグシャグシャにされてた

これでお仕舞い
 
663 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:00:10.69 ID:OfOvQrkC5
>>662
お稲荷さま直したんなら怪我はよくなったのかな。
しかしまあ何が何やら…ともかくお疲れさまでした。

> いくら毎回ネットで秘境と言われる群馬でも、まさか知らないうちに家の所有権が蛇に移ってたとか思わねえよ

ここでワロてしもた。なんかすまんw
 
702 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/01(水) 22:15:32.42 ID:AqtrVwvG0
>>663
別に笑える話でもないなぁっと、投下後にスレチだったかと悩んでたが、まさかそこで笑いをとれるとはwwworz

腰骨は一応全快、ただ一月くらいベット上安静だったせいで仕事はじめてしばらくは座骨神経からくる腰痛が酷かった
今も仕事の時は腰痛バンドしてるけど、冬は猟で山歩いたりしてたから大分改善された

そういえば、サトリっぽい変なのにも遭遇した
 
711 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/04(土) 19:03:07.18 ID:61CYc/RiH
>>702
サルの人形(フィギュア?)を直したら喜ばれたとかいうお話があったけど、
粘土かなんかで作った似姿のヤモリに、新しいドール用の目とかを入れてあげたら、
ヤモリさんの目、なおらないかなあ。
 
712 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/05(日) 23:59:58.87 ID:rp/yaKi2t
>>711
その話はまだ見てないなぁ、ちょっとまとめサイトで探してきます

借りを作ったまんまなのも嫌だしそういう形で恩がかえせるならやってみます
 
713 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/06(月) 01:09:21.97 ID:4+4wXmskb

http://black-one-neck.blog.jp/archives/1073181266.html
これかな
 
716 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/06(月) 19:16:29.99 ID:ognE41YY6
>>711
>>713
仕事オワタ、読んできますた

この猿神さまはもともと偶像があったんだろうか
うちはお稲荷さまはともかくヤモリさんはお姿は像も絵も置いてないから、木彫りで1からやってみるかなぁ・・・
俺個人のスキルとしてもフィギアや陶器は専門外過ぎるし、木彫りなら仕事で使うノミと趣味用の彫刻刀で何とかそれっぽくいける、かも?
 
718 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/12(日) 00:15:04.90 ID:L9mMxs0Le
>>716
おお!木彫りでいけるなんてすごいスキルだ。
できあがったら報告よろ。
 




オカルトランキング

↑このページのトップヘ