【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 神様系



512:本当にあった怖い名無し:2009/07/01(水)15:39:19ID:hE7OqoHM0
神社の話が出てるから、そのつながりで

自分の家は農家なので、家を守ってくださってる神々は毎年10月になると出雲大社へと出かけます。
道中気をつけてというちょっとした儀式をしてお見送りしてます。
勿論お帰りになる時もちょっとした儀式をします。

数年前、縁あってその出雲大社へと旅行に行くことになりました。
いつも我が家の神々がお世話になってます(私ごときがおこがましいんですが)との意味を込めてお参りしたところ、神楽殿にて神々が踊ってる姿というか残像のような影?が見えました。

ほんの1分程度だったかと思いますが、太鼓がドーンと鳴るとそれは終わりました。
(実際には太鼓は鳴ってません)
とても神々しく、神聖なその舞に涙がこぼれました。

でも、後になって神様って見えるの?とか、狐に化かされたのか?とか思ったんですが神楽殿…しかも出雲大社の中にそういう邪なものもいないはずで。
考えてもわからないから、自分が想像している神々を映像化?してくれたのか?と今では勝手にそう思ってます。






人気ブログランキング



635 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 00:03:02.07 ID:ZBkmCm090.net
色んな意味でスレ汚しな俺の体験談を一つ

3ヶ月くらい前から、自分の周囲で「眼」を見かけるようになった
なんでか知らんけど、それは何もないはずの場所にポツンど浮かんでたり、すぐ近くの物陰や隙間からこっちを覗いてるときもある。色は全体が黄色で黒い虹彩がある、なんか爬虫類っぽい眼
眼以外の部分は見えたことない。
なんか気味悪いなぁと思いながらも、別に曰くのある場所へ行ったり、祟られるようなことや人から恨みを買うようなこともした覚えがないからそのうち消えるんじゃないかと思ってほったらかしといた。

すんません、続きます
 
636 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 00:15:11.52 ID:MOOnPksE0.net
で、先週
その日は朝からどうも腹の調子が悪くって何度もトイレへ行ってたんだ
自分の仕事は大工なんだけども、その日は屋根の葺替え工事のために事前に古い屋根板の上にフェルトを貼る作業を一人でやってた
その時ふと足元を見ると、板と板の隙間、形状差異で他より広く隙間の空いてるところから例の眼がこっちを見てた
次の瞬間、眼に気を取られてた自分はバランスを崩して滑りかけ、思い切り足に力を入れて踏ん張った
腹具合が悪くて、トイレを我慢していて、不意に力む、最悪の三拍子が揃った結果、臀部に生じる嫌な感触、ソレと一緒に放出されるガスの音と臭い

続きます
 
637 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 00:19:55.44 ID:MOOnPksE0.net
そしてそのガスは板の隙間にいる眼をほぼ直撃、まさに「(;ω;´)ブボボッモワ(´;ω;`)ブワッ」な状態
俺はたしかに見た、あの時初めて眼が瞬きして、しかも潤目になっているのを
それ以来その眼は見ていない
あれがなんだったのかはわからんけど、呪いや祟りだとしたら大の大人にウ○コ漏らさせるという成果を出してるんだから一応成功なんじゃなかろうかorz
 
638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 01:52:03.49 ID:jzPb+MaC0.net
>>635-637
色んな意味でスレ汚しだ!(笑)
災難&撃退乙!
眼も災難だったんだなぁ‥‥
 
639 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 03:02:18.67 ID:XUDhBxNE0.net
妖術の類に遠見の手法があるけどそれかなあ?
感知できるって時点で書き手さんもなかなか敏感な感覚をお持ちってことになるけど。
見守りたいという強い気持ちから生き霊を飛ばしたとなれば
くっさー!ってことで懲りちゃったパターンがありえるからこっちが有力かも
 
640 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 07:52:36.34 ID:acMqBU1K0.net
>>637
こっちが涙目だよな…
 
641 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 23:18:08.37 ID:K1Id3YCC0.net
>>639
本気で言ってるのか?
 

658 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 16:49:15.40 ID:qcH2A77Xp
去年辺り、『いろんな意味でスレ汚しな話』を投下させてもらった大工です、ご無沙汰です

あのあとちょっとした後日談が出来たので、投下させてください。内容的にはあまり笑えないかも

あのあと、同じ現場で外壁の張替作業もすることになってその下地を施工中、足場板がぽっきり折れて自分は3m下へ落下、第2腰椎破裂骨折で救急車で運ばれ即入院となりました

その日の夜、夢で前回の話で言ってた目の持ち主と対面した

続きます
 
659 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 16:54:48.51 ID:qcH2A77Xp
夢に出てきたのは、でっかいヤモリ。片方の目がなくて眼窩がポッカリ穴になってた

目が前に屋根の板の隙間見えたのとそっくり同じだったんで、ああコイツがアレの正体かと思い、まさか俺の屁で目が腐った? 恐るべき俺の屁!とか一瞬バカなこと考えたが

同時に今回の事故もコイツがこの前の屁の仕返しにやったことで、今夜は腰も折れて動けない俺に止め刺しに来たんじゃないかと激しく焦った

続きます

 
660 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 17:02:10.50 ID:qcH2A77Xp
そんなこと考えてガクブルしてたら、いきなりヤモリが『すまんかった』と喋った

今までオカ板で動物霊がしゃべる話とか読んでも信じてなかった口なので、ポカーンとなる俺、ヤモリがまた喋った

『わしの片目と稲荷の社、お主の骨で一応の手打ちになった』

はい? 手打ち? 何が?

『最後にお主が詫びを入れることになったから、怪我が治り次第○○の屋敷跡に供物を持って詫びに行け』

続きます
 
661 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 17:11:21.87 ID:qcH2A77Xp
○○っていうのはうちで家屋の解体を請け負った家の屋号だけど、解体したのは普通の家屋だけで祠とか壊した覚えなんてない

マジでこのヤモリは誰と何が理由で、俺の骨折まで条件にして手打ちしたんだ?っと思っていたらまたヤモリが喋った

『あそこは歳経た蛇の棲み家だったがお主が壊してしもうた、意趣返しが心配でわしがしばらく見張っていたが防げそうにないので、痛み分けで手打ちとさせてもらった』

いくら毎回ネットで秘境と言われる群馬でも、まさか知らないうちに家の所有権が蛇に移ってたとか思わねえよ

続きます
 
662 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2015/03/07(土) 18:37:12.71 ID:qcH2A77Xp
そうかぁ、俺の知らんところで俺のために色々してくれてたんだなぁ、稲荷ってたぶんうちの裏庭のだろうし、このヤモリも片目なくして、見守ってたのに逆に俺の屁浴びせられるとか、なんて思ってたらまた

『すまんと思うなら、稲荷の社は立て直せ、わしにもたまには供物がほしい。それと、お主の屁は本当に臭いからひかえてくれ』

それだけ言ってたヤモリは消えた。数日後、見舞いにきた母親に裏庭のお稲荷さまが滅茶滅茶に壊されていたと教えてくれた
俺は一月後くらいに退院してお供えに卵と酒おいてきて、お稲荷さんは新しく買ってきて設置し直した。ヤモリの方はとりあえず神棚に魚の切り身をお供え
お稲荷さんは中にあったお稲荷さんの焼き物は無事だったけど、社は蛇が締め上げたみたいにグシャグシャにされてた

これでお仕舞い
 
663 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:00:10.69 ID:OfOvQrkC5
>>662
お稲荷さま直したんなら怪我はよくなったのかな。
しかしまあ何が何やら…ともかくお疲れさまでした。

> いくら毎回ネットで秘境と言われる群馬でも、まさか知らないうちに家の所有権が蛇に移ってたとか思わねえよ

ここでワロてしもた。なんかすまんw
 
702 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/01(水) 22:15:32.42 ID:AqtrVwvG0
>>663
別に笑える話でもないなぁっと、投下後にスレチだったかと悩んでたが、まさかそこで笑いをとれるとはwwworz

腰骨は一応全快、ただ一月くらいベット上安静だったせいで仕事はじめてしばらくは座骨神経からくる腰痛が酷かった
今も仕事の時は腰痛バンドしてるけど、冬は猟で山歩いたりしてたから大分改善された

そういえば、サトリっぽい変なのにも遭遇した
 
711 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/04(土) 19:03:07.18 ID:61CYc/RiH
>>702
サルの人形(フィギュア?)を直したら喜ばれたとかいうお話があったけど、
粘土かなんかで作った似姿のヤモリに、新しいドール用の目とかを入れてあげたら、
ヤモリさんの目、なおらないかなあ。
 
712 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/05(日) 23:59:58.87 ID:rp/yaKi2t
>>711
その話はまだ見てないなぁ、ちょっとまとめサイトで探してきます

借りを作ったまんまなのも嫌だしそういう形で恩がかえせるならやってみます
 
713 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/06(月) 01:09:21.97 ID:4+4wXmskb

http://black-one-neck.blog.jp/archives/1073181266.html
これかな
 
716 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/06(月) 19:16:29.99 ID:ognE41YY6
>>711
>>713
仕事オワタ、読んできますた

この猿神さまはもともと偶像があったんだろうか
うちはお稲荷さまはともかくヤモリさんはお姿は像も絵も置いてないから、木彫りで1からやってみるかなぁ・・・
俺個人のスキルとしてもフィギアや陶器は専門外過ぎるし、木彫りなら仕事で使うノミと趣味用の彫刻刀で何とかそれっぽくいける、かも?
 
718 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2015/04/12(日) 00:15:04.90 ID:L9mMxs0Le
>>716
おお!木彫りでいけるなんてすごいスキルだ。
できあがったら報告よろ。
 




オカルトランキング



 
806 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/06(日) 05:19:04 ID:xPvbPIOdO
私の祖父は息子が欲しかったらしく、母含めて六人も子供作ったが、全員が女だった。
子供が駄目なら、せめて男の子の孫を……と切望していたのだが、八人目の孫である私まで、孫までも全員が女。
それでも男の子の孫が諦めきれなかった祖父は、近所の神社で
「娘達の誰かに、是非男の子を授けて下さい」
と連日お願いしていた。
それを三年も続けた頃、いつものようにお願いしていたら、どこからともなく
「お前もしつこいなー全く。わかったわかった」
と、物凄く投げやりで面倒臭そうな声がしたそうだ。

それから暫くして、うちの母が妊娠。それが男の子と発覚した時、祖父は
「神様ぁああぁー!」
と叫び、小躍りし過ぎてぎっくり腰になった。

霊体験かどうかは微妙だが、神様(?)って結構適当な返事するもんだなと思った。
祖父はいまだに、その神社に頻繁にお賽銭をあげに行く。
  
807 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/06(日) 06:42:45 ID:GmE0h/U+0
志村けんだったんじゃないか?
  
808 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/06(日) 11:15:56 ID:gCDLHf/DO
>806祖父「神様!どうか男の子を!」
かみさま「あんだって!?」
>806祖父「神様!どうか是非男の子を!」
かみさま「あんだって!?」
>806祖父「ですから!どうか絶対に男の子を!」
かみさま「とんでもねぇあたしゃ(ry」

こうですね!分かります!
  
809 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/06(日) 12:47:56 ID:MCXGKKLM0
>>808
お願いする方がメンドくさくなるなw
  
810 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 20:12:10 ID:D54/8RRzO
久しぶりにワロタw
神様ァァァァァァwww




オカルトランキング



489 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 09:25:26.41 ID:OXIeC7VF0
長文失礼します。

我が家は代々由緒正しき零感の家系。
それが理由で、連れてっちゃう系の神様モドキを預かっている?らしい。
連れて行かれるのは第一子のみで、男女は関係ないそう。
元は神社で祀っていたのを、もう連れてかれるのやだ!と、
てきとうな村人に押し付けてみた所、その家の子は連れて行かれなかった。
結論としては、見えると連れて行かれる。見えなきゃセーフ。
それで、村中探して選ばれた零感が私のご先祖様。
これまたてきとうなことに、平身低頭お願いされて、イイヨーと預かっちゃったそうだ。
 
490 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 09:27:37.25 ID:OXIeC7VF0
(続き)
長男が結婚する時に神社に詣でる以外は特に取り決めもなく、
私も、成人した時にこの話を聞かされるまでは一切知らなかった。
そして、知ると同時にご先祖様にも神様モドキにも半端無く申し訳ない気持ちになった。

幼い頃、しきりに遊びに誘ってきた名前も知らない子を、「私は本を読む」とスルーし続け、
たまに外遊びしても自宅の庭から一歩も出ず、
「遠くに行っちゃう寂しい。一緒に行こう」とのお申し出を笑顔で拒否し、
私を抱きかかえてどこかに連れて行こうとしたおっさんの股間を蹴り上げ、
夜中に何かに引きずられた際「ふざけんな!私は寝る!」と一喝したのは私だ。
 
491 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 09:54:53.94 ID:EwGd+mvf0
それ零感じゃなくね?
 
492 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 10:00:15.59 ID:OXIeC7VF0
(続き)
最終的に、「何で一緒に来てくれないの」と泣かれたので、
幼いながらに「何で私が行かなきゃいけないの。会いたいならお前が来い」という趣旨のことを言った。
「え!?え、あ、はい。えっ・・・すみません」みたいにしどろもどろになられ、
その時以来その子とは会っていない。
今思えば、私は同じ子と認識していたけれど、その子の見た目は、少女からおっさん、犬?まで色々変化していた。
 
493 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 10:02:43.64 ID:OXIeC7VF0
(続き/最後)
もしその子が神様モドキだったのなら、代々話しかけるも一切合財無視され、
久々に出会えた話せる子がこんなんで、それはショックだったろうと思う。
幸い大した病気も怪我もせずに大人になれたけれど、
連れて行かれるのは嫌なので、たまに夢に出る度蹴り倒している。重ね重ねすまん。


そして、レベル不足で細切れ&書き込みに時間がかかってしまいました。更に重ねて申し訳ないです。
 
494 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 10:17:01.71 ID:xoxHz0Ld0
単なる突然変異か、それとも神様モドキがあまりの寂しさに同居人を開発したか
>>489の将来の子供が思いやられる
 
495 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 14:52:28.09 ID:BptqoARi0
命とられるんじゃ、仲良くはできない存在だよね。
 
496 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 14:54:34.58 ID:tZEVSSmq0
死神みたいなもんなんかな
見えたら一人連れてくってノルマか?
 
498 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 23:31:54.98 ID:Qiwe+TMq0
>>489
>連れてっちゃう系の神様モドキを預かっている?らしい。
連れて行かれるのは第一子のみで、男女は関係ないそう。

どこの神様モドキだ??
まるでナマポ生活してる神様みたいで気に食わないな、個人的に。
>>490からのくだりの対応は正しい。
そんな神様いたら俺も股間蹴り倒してるわwww
 
499 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 00:06:57.37 ID:dM/7f1Pf0
>>489です。
反応ありがとうございます。
神様モドキは、「ヤマノモン」と呼ばれてました。
やま は、山だと思うんですが、もん が、門なのか物なのか者なのかわかりません。
現在既に結婚して子供もいますが、いまだに私の夢に出てくる辺り、子供の方には行っていないようです。

そして、万が一子供の方に行こうもんなら張り倒す所存です!
ではROMに戻ります。ありがとうございました。
 
500 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 00:38:07.09 ID:4KJwZkpx0
アタイ阻止
 
501 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 01:21:19.04 ID:gtt3jQqf0
それ名前からしても、神ではなく魔物の一種だと思う。
489が亡くなったら、どのような形であれ「ヤマノモン」に取られて、
それから次に、489の子孫の第一子へ向かうというしくみじゃないのかなあ。

脅かして悪いけどあまり笑えない気もする。
 
502 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 02:04:40.36 ID:pFC7s9yt0
会いたいのでちゃんと自分から夢で会いに来てるあたり
意外に素直かもしれん
 
503 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 03:02:50.17 ID:tQkM8/FV0
素直に山の者(モノ)じゃないづかね
その連れてっちゃうよおじさん(~幼女~犬)
民俗学で祖霊が山に行くっていうのなかったっけ
 
504 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 10:02:35.10 ID:dJ5AXNVI0
神様もどきに命とられないようにするには、霊感の有無じゃなくて、
誘いを断れるかどうかにかかっているね。
 
505 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 13:49:24.76 ID:Ed3Ofz5U0
>長男が結婚する時に神社に詣でる以外は特に取り決めもなく、
>私も、成人した時にこの話を聞かされるまでは一切知らなかった

えーと、>>489とは別に、兄ちゃんも居るんか? それとも>>489が長子なん?
もし兄弟姉妹が居るのなら、同じような経験は無いのかとお尋ねしたい!
 
506 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 14:06:54.31 ID:dJ5AXNVI0
神様もどきの心情汲むのは、まぁありのかもしれないけど、
ご先祖様に申し訳なく思うのはなぜ・・
おとなしく命とられたほうがいいのか
 
509 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 15:44:37.79 ID:Ed3Ofz5U0
>>506

> 我が家は代々由緒正しき零感の家系

 ……なのに、なぜか見えちゃっててスミマセン
 零感の家系ゆえに代々お預かりしてきたはずのヤマノモンと交信とか
 もしや村の禁忌かもしれない、申し訳ありません!!

て、ことじゃなかろうか
 
510 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 22:03:17.60 ID:gtt3jQqf0
うーん。
民俗系の聞き書きとかでは、そういうの沢山あって
パターンはだいたい同じ。
先祖が、五穀豊穣や富・繁栄を、子々孫々に続かせる代わりに
何かを差し出すことを、魔物か神と約束する。
約束を守らないと祟るか、旅の坊さんとかが来て退治してくれる、という奴。

坊さんとか外部の介入が無いと、霊的に代々続いてタイプの憑き物の一種じゃないかと。
だから今はどうあれ、危険かもとマジで思ってる。
 
511 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 00:05:16.75 ID:zPSsaxqM0
>>510
説得力あるねぇ

昔々は魔物も神様も生きてる人間からすれば同じ畏怖の対象(怒らせたら怖い=怒らせなければ強い味方)だったのかもな。
けど今のご時世では迷惑極まりない存在な訳で…。

もうそろそろいろんな意味で清算する時期に来ているのは確かだな。

願わくばそんな時代錯誤の人身御供を要求する存在と縁が切れることを…(-人-)
 
512 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 14:57:51.12 ID:uDpuQwT/0
>>511それって坊さんのフカシじゃないの
布教のために、(坊さん)「各地で山の悪神を退治したったんすよ!ついこないだもね!そこで!」
(純朴な人々)「ほぉー!」って
 
513 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 15:28:21.93 ID:6h46NL6r0
元々日本での『神様』っていう定義はそういうものでしょ
神には和魂と荒魂があって、穏やかな豊穣神と荒ぶる祟り神との両面がある
だから昔から荒ぶる神へ鎮めのための人身御供があったり
そもそも荒ぶらないよう祭りや儀式があるもんだ

坊さんが退治パターンは、神様鎮まって暴れなくなった→退治されたやったね!という伝承の湾曲かなと思う
フカシもあるかもしれないけどw

神との付き合い方が時代によって変わってきてるのは確かだろうけど
清算なんていう人からの意見はおこがましい気もするけどな
 
514 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 17:03:25.60 ID:n6wzzGXq0
それが神様だったなら
消えていくのはもったいない気がしてしまう
なんか人形とかご飯とか別のもので勘弁してくれないかなー
 
515 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 17:43:34.36 ID:OSZ/wURf0
連れて行かれた魂はどうなるか気になるね。。恐いことされてしまうんだろうか
 
516 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 17:56:41.92 ID:TA/YC3wW0
>>513
清算というか、神を必要としない平和な時代と思えばいいんじゃない?
長い歴史の中でそういう時があってもいいでしょ
神と呼ばれるような現象の方でもきっと特に気にするようなことはないだろうよ
構ってちゃんから離れられてバカンスにでも出かけるかも





オカルトランキング



441:名無しのオカルト 2012/11/03(土) 07:30:01.69 ID: ID:qnBg9RqX0

お願いしたいことが沢山あり、正直泣きつきたいくらいなのだが、
神様には「生かしていただきありがとうございます」という感じで
お礼しか言うなと教えられてからそうしている。
確かに、生きてるだけで幸せな気持ちはあるけど、問題が解決しない。
お願いしてみてもいいのかな?


442:名無しのオカルト 2012/11/03(土) 08:21:04.17 ID: ID:9W/mCJ8SO

>>441
>正直泣きつきたいくらい
の問題を抱えられているなら、どうぞそのことを神様に訴えられてみて下さい。
仰る通り、普段は神前では日々生かされていることへの感謝の念を捧げるのが良いのですが、
切実な問題を抱えている場合はその限りではありません。
神様におすがりしてお導きをお願いしてみましょう。




443:名無しのオカルト 2012/11/03(土) 08:26:47.78 ID: ID:l/QsnUWj0

>>441
伊勢白山のことなら別に気にすることはない
苦しいときは苦しいと
嬉しいときは嬉しいと素直に言えばいい




444:名無しのオカルト 2012/11/03(土) 09:50:49.58 ID: ID:qnBg9RqX0

>>442さん
>>443さん
ありがとうございます。
アドバイスいただいただけで、
すごく気持ちが楽になり涙が出ました。
泣き止んだら、早速いつもの氏神様に行って来たいと思います。
心から感謝ですm(__)m




445:名無しのオカルト 2012/11/03(土) 12:55:48.09 ID: ID:At3ZgG/L0

>>444
というかそもそも神道では感謝の祈りと願いの祈りが両立している
感謝の祈りはいい事だが別にそれ以外がダメというわけではない
普段から信仰している神社があるなら加護をお願いしても問題ない




446:名無しのオカルト 2012/11/03(土) 15:34:30.74 ID: ID:T4oDg4yM0

まじ、神社で愚痴るときあるわ。
でも愚痴ってるとどうでもよくなってくるので
「なんとかやってみるわ、神さん、聞いてくれてありがとー」
みたいな感謝の仕方ならする。




447:名無しのオカルト 2012/11/04(日) 04:19:05.39 ID: ID:Qs4j/ujH0

つらい状況とかで何となく寺社めぐりする
するとそこに住んでるねこさんに癒されたりw
とりあえずなんか行き詰ったときは色々出かけてみたりすると
人や猫と出会ったりしてホっとするよw
見知らぬじいちゃんばあちゃんと話たりね






オカルトランキング

↑このページのトップヘ