【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 神様系



354 :本当にあった怖い名無し:2018/08/23(木) 22:18:35.21 ID:aZGI9yRb0.net
怖い話じゃなくても良いですか?

私の母は占い師から「あなたには福の神がついている」と言われたのが関係しているのかどうか、お金に困ったことはなかったそうです。
というより、お金に困りそうになると不思議と食べ物が大量に手に入ったり、臨時収入があったりと危機を乗り越えられるような出来事が続いたそうです。
その中でも私が遭遇した不思議な話をしたいと思います。

私が小学5年生の時、今日のような台風で母と同じ部屋で寝ていた時の話です。
朝5時頃に窓の外(室外機を置く小スペースがありました)で、空き缶がコロコロ転がる音が鳴り出しました。
私もその音で目が開き、室外機の上においてた缶が倒れたのかなーと思いながらうつらうつらとまた眠りに入りました。
ちょうど意識がとぶ瞬間に、窓が開く音がしたのは覚えています。
翌朝(?)しっかりと起きてリビングに向かうと母が満面の笑み。
どうしたの?と聞くと、ポケットから5000円札を出してこう言いました。
「このお金が入ってきたのよ」
詳しく聞いてみると、私が空き缶の音を聞いた頃に母も目が開いたらしく、
缶の転がる音を聞いているうちに、缶が「助けてよ~助けてよ~」と言っているような気がしたそうです。
仕方ないな…と渋々窓を開け、手を伸ばして空き缶を室内に入れた瞬間、強風に乗って紙が勢いよく部屋に飛び込んできました。
空き缶を起こしてごみまで飛んでくるなんて最悪…!と感じながら飛んできた紙を拾うと新渡戸稲造が…ということだったらしいです。
私もその時起きてたのに!と悔しかった記憶があります。

その他にも、大雨の中玄関(雨は当たらない場所)にびちゃびちゃの一万円札が落ちていたり。
母といると不思議なお金のエピソードには困らなかったです。




オカルトランキング





694:名無しのオカルト 2020/07/31(金)10:22:59.15 ID: UgUqVxZ90.net

自称、神様が付いてるからっていう痛い奴がいた
痛い神様話が面白かったからたまに会って話聞いてた
神様の話は職場ではしないし、宗教とか勧められるわけでもないし
普通に仕事も出来ていい奴だったから
先々月あたりに聞いたのは、
そいつが別の職場に派遣されてひどい虐めにあっており、
契約を大幅に残して職場に行かなくなったという話だった。

そいつの契約最終日当日に、今流行りの感染症が発覚した
いじめを見逃してた責任者は重症化してるらしいし、
虐めの首謀者は同じ派遣で、感染してどうやら無職になったらしい
諸事情から世間にはほとんど公開されてない

今までにも、そいつを可愛がった職場は利益を上げ、
そいつを虐めた職場はそいつが辞めた直後(毎回直後)
問題が発覚して週刊誌沙汰になったりしていたから別に驚かない。
どうでもいい派遣だと思って適当に遊んでいたら、
そいつに神様が憑いてるかも知れないよ。という話。

695:名無しのオカルト 2020/07/31(金)10:29:04.85 ID: UgUqVxZ90.net

書き忘れた、先々月会った時、そいつが言ってたこと。
「別にいいよ。訴えたりもしない。自分は辞めるし、
神様が動いたら、また後に何か起こるだろうし」





オカルトランキング




488: 本当にあった怖い名無し 2009/06/08(月) 05:23:34 ID:d0Md1CfE0

別に怖くもないんだが不思議だった話。
うちの家では神様を祭ってあるんだが(別に神社とかではない)
そこはちょっとした神棚じゃなくて、8畳の部屋をでかでかと占領する祭壇?なんだ。
小振りな米俵を積んだり、縄張ったり、酒瓶が並んでいたり、
なぜかビールとかスナック菓子とか塩が袋ごと置いてあったりする。
なんでもどこかの神社から分けてもらった(神様分けてもらうってどーよ)格の高い神様らしく、
うちでは「ミヤウチ様」って呼んでる。
で、むかし小さかった頃、そのミヤウチ様に供えているお菓子を俺は食べちまったんだ。
子供のすることなんで、隠ぺい工作とか高度なことはできず、
お菓子の袋をテレビの後ろに隠していたらそっこーでばれた。
当然オヤジがブチ切れて、かなり長時間こっぴどく怒られた。
それで最後にミヤウチ様に謝ってこいということになり、俺は泣きながら離れに向かった。
ミヤウチ様が祭ってあるのは昔の母屋で、現在住んでいる住居と渡り廊下で繋がっている。
旧母屋は16畳の和室で、襖で8畳ずつに区切られるような作りになっている。
ミヤウチ様の祭壇があるのは、入って襖に仕切られた奥の8畳だ。


俺はミヤウチ様に謝ろうと、いつものように襖を開けた。すると、開けた先に何故かでっかいひげ面のおっさんの顔があった。
あまりのことに俺が固まっていると、そのおっさんはジッとおれの眼を見て、一言だけ「泣くな」って言った。
声は結構若い感じだったように思う。
まあ当然、俺はさらに泣いて両親のもとに逃げ帰った。
話を聞いたじーちゃんは「ミヤウチ様見たのか」と嬉しそうだったが、当時の俺はビビりまくってほとんどそこには近づかなくなった。
別に祟ったりしたわけではないので、いま思い出すと、怖がりすぎて悪いことをしたように思う。






オカルトランキング





595:名無しのオカルト 2013/10/14(月) 22:42:57.34 ID: ID:zTAfg+hw0
>>593の方が震災に触れていたから思っていたことを。
311から間も無くして鹿島神宮に行った際はパワスポブーム前の凛とした明治神宮のような自然と参道があって、
しかし肝心の神様がとてつもなく疲れてらしてるというか、
311はやはり神様が、もっと酷くなるであろう被害を何とか抑えてくださったのだろうと噛み締め、
そこから去年の早い時期に鹿島神宮にお伺いしたところ、
お元気なお力を感じることができました。
武神としての研ぎ澄まされた御魂を。

皆様の感謝が神々を元気にすると思ってます。
古事記や古代のお偉方から神の名や伝承を当て込むことで、
各々の神様はそれに近い印象として人前に現れてますが、
あくまで仮のお姿であり、神々とは逆らうことのできない自然という理解を改めて致しました。

伊勢の神宮や出雲の大社の神々も本当は名も無き自然神だったのでしょう。


597:名無しのオカルト 2013/10/14(月) 22:45:58.54 ID: ID:am7VySuv0
>>595
ほー、いろいろ感じられるんですね
あの震災や事故では、けっこう神界でも大変だったんでしょうかね
もしご加護(西洋風な表現だけど)がなかったら、もっと被害が甚大
だったんでしょうか




600:名無しのオカルト 2013/10/14(月) 22:52:57.60 ID: ID:mZT2PZ4N0
あのときは、八百万の神々は動きまくったよね。凄かったんだよ。
感じた人は多いと思う、口に出しては言わないだろうけどさ。




603:名無しのオカルト 2013/10/14(月) 23:01:05.74 ID: ID:am7VySuv0
>>600
へーそうだったんだ・・
率直に知りたいけど、どんな感じだったの?私は何も感じないから知りたいな
なんかの体感とか、心がザワザワとか?
もっと言えば、特定の神様を信仰してて普通にお話できるレベルだと、前もって
知ることができたりもしたんだろうか、不思議だー
稲荷信仰スレにそんな書き込みあったけど、半信半疑だったよ




605:名無しのオカルト 2013/10/14(月) 23:11:03.61 ID: ID:FzKRagfk0
>>603
1ヶ月くらい前に温泉に使ってたらお湯の中に龍が沢山出ていて、一週間前には空を龍がとんだのを初めて見て、当日は上へ下への大騒ぎでなんだかよくわからない。
二日目以降は、空を何かキラキラしたものがビュンビュン飛び回ってカラスまでがうちの猫に話しかけて、ついに頭がおかしくなったんだと思った。

ストレスで本当におかしかったのかも知れないけどねw




606:名無しのオカルト 2013/10/14(月) 23:17:24.69 ID: ID:am7VySuv0
>>605
ちょw普通にそれはすごいわ
このスレの「視える」人たちって、けっこうレベル高いのね
貴重な体験をありがとう、私には一生経験できないことだわー

でも私も関東住みで、なんであんなことが起こってしまったんだろう、と
やっぱりちょっと悩んでたりもしたから、知らなくても神さんは神さんで
頑張ってたらしい、ってことが聞けてよかったです




607:名無しのオカルト 2013/10/14(月) 23:28:19.46 ID: ID:zTAfg+hw0
上にもあるけれど、関東では北へ向かう体を飛ばされそうになるほどの突風がとてつもなく起きて、
明らかに大きな龍関係が動き出したんだなあと、目が風で乾いてしみた覚えがあるな。

2011年、伊勢と熊野三山に初めてお参りしたが、
双方ともに東日本の神々とは違ってそこにあられた。
ただ、その年の夏の台風で熊野には土砂ダムができて熊野那智の社殿がやられてたなあ。
他の自然を治癒しようと自然治癒力が東北に傾いたので、
神聖な熊野が一斉に破壊の限りを尽くされた様にも思えたな。

自然と神は、巡り巡っている。




608:名無しのオカルト 2013/10/14(月) 23:31:06.76 ID: ID:BQYW4LVI0
落ち着いてしばらくしてから泣けてきた。
こんなにも守られてたんだな、ってさ。




609:名無しのオカルト 2013/10/14(月) 23:58:11.50 ID: ID:xGvgQe02O
311は神社に目覚めた年なんで当時の見えない世界の話しはとてもありがたいです。
あの時の天気図は神懸かってて素人にもわかりやすかったよ、今は充実した寺社仏閣ライフ送らせて貰っていて神仏に感謝。




610:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 00:07:50.94 ID: ID:1c5rQCww0
>>609
天気図って?




612:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 00:40:34.17 ID: ID:aDhddFJJO
>>610
原発爆発した直後の雲の流れがサーッと東へ吹いてった、爆発直後の本当にヤバいものは太平洋側へ行ってくれた感じだったよ。
あれが神風ってのかな。

あとは4号機のタンクが偶然に倒壊して燃料プールに水が流れてくれた。

政府・自衛隊・警察・消防隊等日本人の努力もあるんだけど、まだ関東に住んでられるのは神仏が護ってくれたお陰だと思ってるよ。




617:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 01:08:54.34 ID: ID:5UXXfXEVO
>>612
こういう話きくと、頭で吟味する前に涙が止まらなくなる…




615:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 00:54:11.95 ID: ID:aDhddFJJO
>>610
612ですが改めてググったら間違ってたw
訂正

×タンク
○仕切り壁

二ヶ所の仕切り壁から大量の水が偶然に燃料プールに流れたそうで、それが無ければ使用済み燃料棒は干上がってたそうな。




616:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 01:06:39.80 ID: ID:1c5rQCww0
15日にプルームが人口の集中していて皇居のある東京方面へ流れてきて
18日の降雨で水源はじめ土壌がかなり汚染されたけど、それは
どう解釈したらいいのかな・・・




618:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 01:21:36.95 ID: ID:kD7zuo050
>>616
神々にも自然治癒力にもその場しのぎとしては限界があるだろう。
だから相当な長い年月をかけながら我々が一丸となり浄化せねばならない。




619:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 01:24:34.63 ID: ID:2CFytG7A0
肝心の福島を守ってる神さんは誰なの?そして何してたの?




620:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 01:26:54.65 ID: ID:1c5rQCww0
上の龍神が視える人の話では、最低でも一ヶ月前から神々が知ってた
ようだが・・・

現地で除染もできないのに、はっきり言って人間が「浄化」って無理ゲー
だと思う
原発に関してはちょこちょことラッキーもあっただろうけど、事故自体が
アンラッキーな事象なわけで、その被害や影響はこれから先の話だしね




621:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 01:38:40.10 ID: ID:b8hZH70B0
>>620
そもそも人間にツケがまわってきたんだぜ、まだ神様頼りかよ…

>>619
福島にある全神社を検索されたら良いですよ。
ちなみに西日本の神様は本体よりも眷属を送られたようです。


自分が気になったのは確かに当日から数日間にかけて龍や眷属の東北海岸全体域へ向かうことは確認できた。
何より武甕槌と経津主で封じていた ナマズ が暴れたのかなと思う
両神宮にあった杭を誰が壊した?

それから数ヶ月、地の底にナマズみたいなものが泳いで、
今はずっと更に底を、検知できないところで泳いでいる。
海より底の地面だから、難しいな。




622:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 01:41:10.74 ID: ID:hxrIP88f0
>>620
人間がしたことの責任はできる限り人間が取らなきゃならんでしょう
もちろん自然のちからを借りるわけだけど




625:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 10:25:18.11 ID: ID:5UXXfXEVO
夢があっていいじゃない
龍一度でいいから見てみたいな!




627:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 12:01:51.96 ID: ID:NEEB1yIPO
昔から古い墓地や史跡がある周辺の土地は安心というな


オカルトランキング


648:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 19:16:06.90 ID: ID:8caNNX8Y0

神様ってさ、神様にも色々あるけどw(特に日本の場合ややこしいが)
星座のようなものだと思うのよ
空には何万年(何億年?)変わらず、星々が煌めいている
人々がそれを見てイメージを膨らませ、想像力を働かせて物語をつくる
そんでもって、オリオン座だとかカシオペア座だとか名前をつける
星々は物語を与えられ名前がつく以前から存在するもんで

神様ってのは人智を超えた「力」「叡智」、または宇宙を構成するエネルギー
または宇宙を運行する働き、なんじゃないのか
地上に近い「神様」はプリズムのようなもの、赤に見えたり青に見えたりしても
元を辿れば一つの神に行き着く、
無神論の国?にだって、その力は働いている、ただそれを認識してないだけw


653:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 19:37:44.89 ID: ID:hxrIP88f0

>>648
面白いし分かりやすいね




649:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 19:22:14.08 ID: ID:8caNNX8Y0

宇宙?世界?の要素であり、それ構成し、維持し、運行する力を「神」と呼んだ
色んな側面や性質があるんだけど、人間はその力を感知して
祈ったり祭ったりしたんだよ、
でもってアレとかソレとか呼ぶのは不便だから、名前を付けた
想像力を膨らませて物語をつくっくた
人間は被造物であると同時に、神様を想像し創造しているんだよねw
キャラクターを設定してさ、元々は姿も形もなかったものを
宇宙のいろんな働きを組み合わせて、キャラクター化している
その構成要素がどこから来てるかで?神と呼ばれるものの質も違う
ソースエネルギー(創造主)から来るものであれば、それは正しい力の方向性を持つ
調和とか愛とか叡智をもたらすものだけど
逆の方向性を持つエネルギーならば、そいつは神と呼ばれようと「魔」なんだよww




651:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 19:25:14.96 ID: ID:8caNNX8Y0

いくら力があっても「魔」と関わっちまうとね
最終的には…魔って奴は誰も幸せにしないんだよ
一時的には、願いが叶って満足するかもしれないけど、ほんの一瞬うまい汁吸えるけど
下手すりゃどん底に突き落とされる




652:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 19:30:49.99 ID: ID:8caNNX8Y0

日本の「神様」には、姿形がある神様と形のない意識体としての神様がいると聞いた
姿のある神様は、昔の日本人がキャラクター化して定着しているのかもしれない
ギリシャの神々、またはヒンズー教の神々、色んなキャラの「神様」がいる
だけど元を辿れば、唯一の神になるんだよ
神々の力の性質はたくさんあるから、力の要素を組み合わせてキャラクター化しているに
過ぎない、大元はひとつなのさ




661:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 20:44:19.43 ID: ID:8caNNX8Y0

そこに住む人々が、自分たちを日本人だと認識して、「日本」と呼ばれる土地やイメージ
漠然としているかもしれないけど「日本」という概念を愛すると、
「日本」という枠組み(境界)を守ろうという力も強くなる

特に「今」といっても戦争中ぐらいから、日本は特殊な状態にある
文明が生まれるときって(古代文明にも色々あるが)
波動の高いエネルギーが集まるんだよ、でもって、他の地域が千年一日の生活を
送る中、発達した文明が生まれる、知識や技術、そして芸術や文化において
他を凌駕する、それらが周辺国に徐々に波及し、人々の意識の底上げににもなる
数百年から長ければ1000年続く、ただし波があるから、今の日本はプチ退廃期w




662:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 20:48:58.33 ID: ID:8caNNX8Y0

日本から生まれた技術や文化、そして新しい価値観、社会のシステムが
世界に波紋を広げる、てかすでにそうなってるし
日本は経済的な面だけでなく、技術面でも世界に貢献しているよね
これからまた新しい局面が来る、ただねぇ日本って国が無事に存続していれば
神々はちょっと焦ってるかもww

日本人が日本のことをどーでもよく思ったら
日本という国を維持する力は弱まる、もちろん現実的な行動(政治とか)も大事だけど
国土がどんどん削られて、乗っ取られて・・・・ってなことにならないように




663:名無しのオカルト 2013/10/15(火) 20:50:23.48 ID: ID:8caNNX8Y0

以上オカ板ならではの妄想でしたwwww






オカルトランキング

↑このページのトップヘ