【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 神様系

数年前、某観光地で気まぐれに占い師に視てもらった事があるんだけど、その時言われた事が、

「君の内部には燃え盛る激しい炎がある。それを吐き出して鎮めていかないと、いずれ炎に焼き尽くされて君自身が壊れてしまうよ」

その頃まだ新婚で、仕事や結婚生活などの平凡な未来について聞くつもりだったから、
占い師の言葉にものすごくびっくりして、えーなにそれ意味わかんないよ!って感じだった。
だけどあれから数年経って、ふと興味を持って母方の先祖について調べていくと、
母の実家の裏山には何百年も前から祀られている古い祠があり、
しかも、その神様は火にまつわる荒神だったらしい、という事が分かった。

再び某観光地を訪れてみたけど、その占い師さんはもう廃業して
どこかへ引っ越してしまったらしく会えなかった。

ご先祖の事とか、火の荒神様についてとか、もっと色々と聞いてみたかったよ。

ちなみに、その荒神様はたまに酷い祟りを起こすので、
母方の親族や近隣住民から畏れられ丁重に祀られているらしい。
私は直系だけど外孫だったから今まで全然知らなかったw

祟りの内容はこのスレではよく見かけるけど、何代にも渡って
体の不自由な子が生まれたとか、死産や流産が続いたとか、
土地に災害が起きた、村人が立て続けに事故る、亡くなる、など。
とにかく少しでも動かしたり失礼な対応をしたらマズイらしい。
でも反面、護る力はすごく強いみたいで、
半端な霊感持ちというか、視えるけど深くは分からない、みたいなタイプの人に
初対面からいきなり嫌われたり、怖がられて避けられたりする事もある。

子供の頃からアウトドア好きだったんだけど、ここ数年、
海辺や滝や渓流や雪山など、水気の多い場所ばかり好んで行ってるから、
無意識に火を鎮めようと行動してるのかも。
というか、定期的に水辺に行かないと調子悪くなるのよ。
普段もすごく喉が渇きやすい体質で、お茶やミネ水を
一日2~3リットルくらいは平気で飲んじゃうしね。

名前は無いみたい。ただ「荒神様」とだけ伝わってる。
母方の田舎は大昔に鉱山があったとかで、近所の家の屋号とか、
付近の字とかに製鉄に関連する名前が残ってたりする地域なんだ。
だから、蹈鞴製鉄や鍛冶屋などに関する神様?という可能性はあるかもしれないね。

でも女だから○○しちゃいけないとかの言い伝えも無いし、
子供の頃は荒神様の祀られてる山でしょっちゅう遊んでたし、よく分からない。

あ、もうひとつ思い出した。
母方一族は昔は荒神様の山にお墓があり、みんなそこに土葬していたらしい。
大正時代に他の村人達と同じ共同墓所に移転したんだけど、
移転後も、死産や流産の子供達は特別に荒神様の山に葬っていたんだとか。

親戚の伯父が荒神様の山に別荘建てたいって言い出した事があったんだけど、
その時、祖父母がめちゃくちゃ怒って反対したんだよ。
「あっこは人が住めるような山じゃねえんだ!」って。
後で祖母がこっそり、
「あそこは昔たくさん人を葬りよった所なんよ、だからちょっと…
 あんまりね、土地が良くないというか…ご先祖様がたくさん埋まってる山だからね…」
と、教えてくれた。
あと昔、神隠しというか、山に入ったまま出てこなくなった人もいたりしたらしい。

なんか書いてて思ったんだけど、これってもしかして忌み山の類だったのかな?
オカ板のまとめで土地に関する怖い話を読むのが好きだったんだけど、
意外と身近に怖い話って転がってるのかもしれない、なんて思ってみたり。




509 本当にあった怖い名無し
sage 2010/11/09(火) 09:09:30 ID:xqjwyPJK0
台湾のご神木から出来たお風呂に入ったことがある。
入る前に線香をたいて。
入った時は何ともなかったけど、お風呂のドアのすりガラス越しに

脱衣所でなにか肌色の物体がゆっくり動くのが確かに見えた。
後で聞くと、脱衣所には誰もいなかった。

当時は受験を控えてたんだけど、すべて合格。
台湾の神様だったと思う。

513 本当にあった怖い名無し
sage 2010/11/09(火) 14:43:55 ID:E4EXT1ky0
>>509
その御神木は雷が落ちたとか、超太い枝を間引いたとか

根が腐ってて切るしかなかったとか
理由があって切られたものなんだよな?
そうでなかったら自分も神罰が怖くてちょっと無理・・・

この場合、神様が引っ越してきてくださって良かったねw
ちゃんとお正月はミニ注連縄飾って水神様とお風呂をお祀りしてる?

514 本当にあった怖い名無し
sage 2010/11/09(火) 16:43:35 ID:xqjwyPJK0
>>513
509です。

詳しく言うと、ある方に風呂桶の話を聞いていて受験祈願にぜひ、と自分から頼んだんだ。

その当時は、あまり色んなことを考えず単なる好奇心のような気持ちで入ったよ。

線香をたく時は、線香を持ったまま何回かお辞儀をしたり、独特の動作(?)をするように言われた。

そのご神木が風呂桶になった経緯は残念ながら知らない。お祀りとかも分からない。
でも、そのおうちは確かにお金持ち。

入ってる時は、すごくいい香りがしてぽーっと気が遠くなるような感じがした(決して不快ではなかった)

肌色の物体が左から右へ動く様子はまだ鮮明に覚えてる。

515 本当にあった怖い名無し
sage 2010/11/09(火) 16:45:31 ID:fdikfbJ/0
>>513
日本の神様と台湾の神様は由来や信仰の仕方も同じじゃない。

例えば、台湾じゃお供えした野菜とかフルーツを持って帰って食べる事で
願いがかなう、というお参りの仕方がある。
あんまり「日本人の常識」でどうこう言う必要ないと思うよ。





オカルトランキング



355 本当にあった怖い名無し
sage 2010/03/14(日) 23:57:31 ID:IhT9dayr0
俺が実際に小さい頃に経験した話です。
その当時俺は漁師町に住んでいた。
いつも学校から帰ると友達と近所の神社へ行って遊んでいた。

その神社は表向きは海難事故防止と、水難によって行方不明になった人物の供養のための神社だったそうだが

実際は余り良くないものを抑えるために建てられた神社だ。
夏の暑さが厳しいある日、いつもどおり友達と神社で遊んでいると奇妙なものを見つけた。

60cmほどの苔むした小さな石碑。

表面には漢字で何かが書いてあったけど子供だった当時には解るわけがない。
俺らはそれを冗談半分で倒してしまった。それがどんなものかも知らないまま…
次の日、家に帰ると祖母ちゃんが回覧板を持って俺に問いただしてきた。

「緊急の回覧板が届いた。神社の大事な石碑が壊されてたらしい。お前がやったんじゃないだろうな?」

と聞いてきた。俺は怒られるのが怖くて嘘をついてしまった。
祖母ちゃんは厳しい表情のまま

「あの石碑はな、『ひしめ様』をあの場所にずっとおらせるために建ててた石碑だ。もし目をつけられても知らんぞ。」

と言って回覧板を隣の家に渡しに行った。

もちろんそんなものを信じてはなかった俺なので(『ひしめ様』なんて怖がるなんてばあちゃんアホスww)ぐらいの考えしかなかった。

しかしその日から家から家鳴りがするようになった。しかも俺の部屋だけが異常に。

さらに怪我をしたわけでもないのに顔の右半分に大きな痣ができた。

その痣は爪で引っ掻かれた様な感じになっていた。
さすがにおかしいと思ったのだろう。
祖父ちゃん、祖母ちゃん、そして近所の寺のおじちゃんに正座をさせられて尋問された。
結局自分たちが壊したことを認めたのだが、祖母ちゃんは泣き出してしまい、祖父ちゃんは唇をかみそうなくらいギュっと閉じて俺を真正面に見据えた。

「いいか?あの石碑はな、『ひしめ様』をあの場所に居らせるために建てたんだ。
お前はそれを壊した。つまりひしめ様が自由になったんだ。」
と祖父ちゃんが語気も荒く説明してくれた。

「『ひしめ様は』良い神様じゃない。目星をつけた人間を殺していく神様だ。
今回はお前が選ばれてしまったんだ。」
と俺を揺さぶりながら祖父ちゃんは涙を流した。俺も怖くなり泣いてしまった。
まさか自分がした事で自分を死なせてしまうことになるなんて思いもしなかった。




オカルトランキング



829 本当にあった怖い名無し 2009/08/24(月) 04:23:45 ID:F2cAW3VfO
洒落にならないまでかは分からないがひとつ
島根県のある地方で。
現在二十歳の自分はほとんど山の中に住んでいる。
普通山の麓や悪くても道の通った中腹に住むのが一般的だ。
何故か我が家は寺や林業に従事している訳でもないのに頂上付近の山中に家が構えてある。
幼い頃からだったので特別不思議はなかったし、逆に見晴らしのいい場所で嬉しかったもんだ。

幼い頃よく山で遊んだ。山全部が自分のものみたいで嬉しかった。
誰も来ないし、辺鄙な場所なのに秘密基地があった。そんな場所必要ないはずだが、子供とはそんなもんだ。秘密と名がつく自分だけの場所ってのは存在するだけ楽しいもんだ。

その場所は神社。しかも完全な正方形で左右対称。木の位置や庭石みたいなものの数まで。
さらに凄いのは前後も鏡みたいに対象なんだ。
奇妙なんだけど、鳥居も東西南北にあり、社も四面にある。

834 本当にあった怖い名無し 2009/08/24(月) 04:33:29 ID:F2cAW3VfO
勿論狛犬も八体いる。

そんな奇天烈な神社で人も来ないもんだからちょくちょく一人で来てた。
一人しかいなかった訳じゃない。1キロ下には幼なじみがいたから行けば良かったんだけど、この神社には連れて行けなかった。
祖父に他人を連れて行っては行けないとキツく言われていた。
さらにキツく約束させらるていた事は、
「この神社は西から入って南から出なければいけない。10月だけは北から入って出口は東
さらに夜は行っては行けない。もし行ったら鳥居じゃない場所から出る事」
という約束。
なんか本当に秘密基地みたいで嬉しくて自分は暗号みたいなもんだったし、祖父が大好きで守っていた約束だった。

そして先日大学に通っていて久しぶりに帰る事になった。
そして今夏の盆に祖父と久しぶりにその神社の話をしたんだ。

また続く


835 本当にあった怖い名無し 2009/08/24(月) 04:43:34 ID:F2cAW3VfO
酒を飲むようになった自分に喜んで祖父はどんどん勧めてくれるから二人して多いに飲んだ。
翌日二日酔いの早朝に祖父が自分を起こす。早朝どころかまだ夜中の3時。
祖父は真っ白な服を来て白い徳利に日本酒を持っていた。
さらには肩には朱色のしめ縄。

「夕べは楽しかったな。 朝早くて済まないな。これから大事な用がある。
夕べ話した神社に着いて来てくれ」
眠くて冗談じゃないと断ろうか迷ったが、祖父は深刻な顔をしている。

いつも優しい笑顔で微笑みを浮かべる仏様みたいな顔の祖父。
その顔がイーストウッドのような渋い険しい顔になっている。
何かあると思い。着いて行く事になった。

夜だが、朝に近い。秘密基地の約束からするとこの場合どこから入るのだろうか?と思案していると

838 本当にあった怖い名無し 2009/08/24(月) 04:57:07 ID:F2cAW3VfO
「北から入り、西の空より風を追い。東の光に雨を掛け、また北より出でる。
南にあるは死の国ぞ。根の国ぞ。
世見の囲いにはりたもう。はいりたもう。
天下りし神の園。スサの大神、御神石。
はらいたまえ、きよめたまえ
四神の封じに参りたるかな。氏の繋ぎたるをかしき、申す、申す、申す、申す。
地の蛇、草蛇、黒の蛇、八つ首蛇。
スサの大神剣を巻いて …」

こんな感じで唱え出した。後に自分も暗記させられた。
実はまだ続きもあるし、実際少し改変してあります。
完全な言葉は言ってはいけない決まりらしいので


839 本当にあった怖い名無し 2009/08/24(月) 05:11:41 ID:F2cAW3VfO
その長い祝詞のような呪文のような言葉が終わり、ちょっと変わった方法で神社にやっと入った。
そして自分は南の鳥居で待たされ祖父は1人で南側だけを閉めて、残りを開け放ち社にいた。
こちらからは何をしているのか見えない。

しばらくすると左右の御神木から真っ白な人が神主が持ってるヒラヒラを背中に何枚もはためかせ出てきた。
で、目が三つあるんだよね。背中の方光ってるし。

自分は無論ブルブルマックス。生まれて初めて失禁した。人間びびると尿を漏らすのは本当だと実感した。

時間の感覚がなくなるというか、止まったと思った瞬間だった。
南の社の扉が大きく、強く開いた。当然祖父だと思った。
祖父は祖父だけどなんか違和感があった。「そいつらから離れろ!」
って言うんだ。
でも自分は左右にいる2人の白いのは神様って分かってたから、信心深い祖父が神様をそいつらと表現するのに疑問と違和感を覚えた。
感は正しかった。祖父は、いや祖父みたいなもんの首がいきなり転がって首のあった場所から真っ黒な蛇が何匹か出てきた。
自分は霊感はあんまりないはずだけど、この黒蛇だけはヤバイって感じた。幽霊とか、悪霊とかってレベルじゃないと直感的に悟った。


840 本当にあった怖い名無し 2009/08/24(月) 05:27:36 ID:F2cAW3VfO
すると
左右の神様?が剣を持ってるのに気付いた。
助かるぞって期待した。
そしたらそれぞれ左右の、東西の鳥居の方へ離れた。
神様も初めて見たから怖かったけど、黒い邪悪な蛇ははるかに怖かった。害意と殺意はハッキリ伝わってたから。
頭が黒蛇の祖父の偽物みたいなのが、一歩、二歩とこちらに近づく。
あぁぁこりゃ、死んだな。神様もじいちゃんも助けてくんねーかなって思ってた。
常人の自分はこういう話しの定番で気絶してたみたい。

気付いた時は四方を開け放った社にいた。ど真ん中に剥き出しの御神体。剣なんだけど、かなり錆びてるやつ。
いつもの仏様みたいな優しい祖父の笑顔。

「良かった。説明は短めにするから聞いてくれ
我が家は何代前かは分からない位昔からあの神社の護りをしてきた。
分かってるとは思うが、あれは普通の神社じゃない。参拝客が来ないとか神主がいないとか、賽銭箱がないとかじゃない。
そしてさっきお前が見た神様も蛇も夢じゃない。
あれはな、もっと偉い神様の記憶なんじゃ。そして、お前に役目を引き継ぐ儀式だ。
ワシも昔祖父から引き継いだ。
しかし、お前の両親は知らない。代々孫に引き継ぐ決まりなんじゃよ。
怖かったろうなぁ、すまんなぁ。でも運命なんじゃ、これだけは。
別に何かこれからしなければならないとか、神主になれとかは一切ない。
とりあえず管理や掃除はワシが死ぬまではやる

845 本当にあった怖い名無し 2009/08/24(月) 05:41:53 ID:F2cAW3VfO
しかし、死んだらお前がやるんだよ。そしてお前もまた孫にワシがした事と同じ事をするんじゃ。
儀式と言葉を覚えて、あとは掃除や管理をしておけば良い。あの約束を守ってな。」
涙を流しながら祖父がそう言った。
「大学を出たらこっちで暮らせよ。ここでの暮らしが怖くなったろうけど、本当に普段何もしなくてもいいし、お前がまた神社に行っても何も起こらないから安心しなさい。 」

今二十歳。あと2年で京都の大学を卒業し、ここで暮らす事は確定してしまった。
現代人である自分はこんなオカルトな事には関わりたくないが、起こってしまった事は否定しない。
しかし結婚はしても子孫を残すかどうかは迷っている。

しかし、こんな不気味で恐ろしい儀式というか習わしがよく今まで家が断絶もせず、今の時代まで続いたなぁと感心している。
そしてその理由が最近分かった。

こないだある神社に彼女とおみくじを買いに行った。彼女はおみくじが大好き。

手を打って目を閉じたらブワッっと風が吹いた。
彼女はまだ手を合わせて祈っている。
振り向いたら例の白いヒラヒラ付きの神様二人が狛犬の場所にいる。

多分死ぬまでこの神様がついてるんだと思った。
アレしてる時もいると思うと不愉快でならない。

長い長い信じられないような駄文を書かせて頂きました




オカルトランキング



402 :名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中:2009/03/04(水) 16:15:41 ID:rf9zvKm30
数年前家族でドライブに行った山での出来事。

車を降りて、ダンナと子供たちはパーっと走って遊びに行って私一人残された。
そこには岩で作られたほこらがあって、
40前後くらいの男性とその母親らしき人が拝みに来てて、お供え物や簡単なお飾りをしていた。
母親らしきおばさんが御祈祷を唱え始めると、ほどなくして口調が変わった。
後ろで何をするでもなくそれを見ていた私には、何なのか最初はわからなかったが、
どうやらそこの神様がおばさんに乗り移ったらしく・・・。
「おうっ、酒をついでくれんか。うまいっ。よう来たのう。
 いつまでも鼻水たらしとらんとしっかり嫁と子供を大事にせいよ。
 もう一杯酒をくれんか。ええ酒じゃ」
云々とひとしきりしゃべった後、帰って行ったのか元のおばさんの口調に戻り、
二人は淡々とお飾りを片付けながら、
「酒の好きな神さんじゃったな」
などと話し、何事も無かったかのように去って行った。
権現さんを祀ったほこらだった。

あんなの初めて見たから驚いた。
おっさんに対して「鼻水たらして」とインパクト大だった。
あれはおばさんの単なる演技だったのかどうなのか、今もってナゾだ。



オカルトランキング

↑このページのトップヘ