【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 神様系



239:1: 2008/02/24(日) 09:54:50 ID:7HEfDi1a0
私も占い師に「長生きできんね」と言われたことある。
理由も聞いた。
「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず払えないし、どこに行っても障ることを恐れて何もできないよ。」とか。

確かに、仕事で中国に数年住んでいた。
「まあ、日本にいる限り、息子さんが成人するまでは持つよ。あんたの背後に白狐が見える。
これが強いし、あんたの家系、将門信仰してる者がいるからね。お祖父様お祖母さまに感謝することだ。・・・それと、叔母さんかな? 修道院にいる人もいるねえ。彼女も遠くからあなたを守っているよ。・・・でも、あと数年だね。」

息子、もう15歳なんですが。あと5年でこの世とさよなら?それを何故断言できる?

私の不審そうな顔に、占い師は続けた。
「あんた、過去に手の筋切って何かできなくなってない?」
確かに。ジャズピアノをやっていてそこそこ仕事もあったが、交通事故の後遺症で今、左手があまり動かず、ピアノなんてもうとても無理な状態である。





240:2: 2008/02/24(日) 09:55:24 ID:7HEfDi1a0
「それは持って行かれたんだよ。でも命だけは、あんたを守る人たちに救われた。
 でも、次は全て取る、と言っているよ。・・・ごめんねえ、不快な事ばかり言って。」

占い師はそう言って、私から料金を取らなかった。
あと5年でこの世から去る? にわかに信じられなないし、今も信じてない。
ところが、その占い師は「当たる」と評判だそうだ。
割と高額な見料も、あんなに長時間話したのに「残りの人生に使いなさい」と貰わなかった。

帰宅後、夫と子供に話した。信じてないけど、と言いつつ。
「私が死んだら、あななたちが心配で・・・」と言ったら、夫も子供も、
「それは自分たちが乗り越えること。おかんは心配しないで、残りを好きに使っていいよ」と。

今のところ病気などは無い。でも人は何で死ぬか解らない。
ちなみに、後日、ある有名神社にお払いの相談をしたら占い師の言ったとおり、
「神様にはできる限り障りたく無いんです。こちらの命も危ないですから」と。
「すいません、どんな神様が憑いてるって?」
「・・・地獄の神様です。あなたの左手を持ってます。・・・日本の神様ではありませんね。」と。




241:3: 2008/02/24(日) 09:56:06 ID:7HEfDi1a0
回避方法無しと言われたのだが、神主さんには、
「でも基本的に自分はあまり信じてないんです。私には見えませんから。」と言ったところ、
「そういう強い気持ちも大事ですよ。」とか。
「なんで私なんでしょう?」
「人と同じですよ。好みなんです。昔から、神様に愛されると長生きできないと言いますね。あれと一緒ですよ。」

いや、そんな若くも無いですしと言ったら、「寿命からしたら充分若いですよ。」と。

実家のお稲荷様と、近所の将門神社には毎日詣でている。
でも、最近、右肩が重いことに気がついた。
そして、もともと夢などあまり見ないのに、夢を見るようになった。
どこかの屋敷で、ピアノをずっと弾き続けている夢。
動かない左手が動くのは気分がいい、ずっとここにいたいと思う。
「ずっといてもいいんだよ」と、背後から右肩に手を置かれ、めが覚める。

いつかこのまま、目を覚まさなくなるのだろうか。



290:239-241:2008/02/25(月) 08:38:33 ID:FJoxHb7x0
実話なんだけど、信じてないと言い切りたいが、全くの他人二人に言われるとちょっと怖い。

まああとは人に迷惑をかけない死に方ができるように、かな。
一応死後は墓には入りたくないので散骨をおねがいしてる。そんなもん。
(献体とか臓器提供も遺言にあるのだが、夫と息子が嫌だと言ってるので多分無理)

でもさあ、神様が連れて行くならもっと高名なピアニストとかじゃないのー?と。
それすら好みなのか? そのあたりがワカラン。
そこまで愛されるほどの容姿とも思えないしなあ。
ま、5年たってぴんぴんしてたら、その占い師と神主にはケチつけに行きますわw

でも信じて無くても、「もうすぐ死にますよ」ってのは、精神的に堪えるね。



322:291:2008/02/25(月) 22:21:38 ID:FJoxHb7x0
心配下さってる方ありがとう。
ここに書けば何か対策でもあるかなー?という気持ち半分と、
自分もまるきり信じているわけではないのでどうなのかな?という気持ちと半々なんだよね。

臓器移植は確かに憑いていくとまずいかもしれませんね。やめておきます。
臓器の健康にはすっごい自信があるので勿体ない気もするけど。

他の占い師に、顔見るなりに「帰ってくれ、悪いけど見られない」と言われたこともあるので
じわじわ怖くなってきている。
でもあと5年と言われたところで病気でもないし、じゃあ何をするかというと、日常を淡々とこなしていくしかないんですよね。

実家では、私が交通事故にあったときに、仏壇の観音様がまっぷたつに割れたそうです。(修理済み)
実家については占い師さんの言ってることは全て大当たりです。
なんだかあっちこっちに守って貰ったり連れて行かれそうになったり。
まあ、本当に夢を見ながらそっと死ねればいいかなあと思う反面、絶対五年後に生きてるぞ!
このエセ占い師め!とそこに怒鳴り込むwことも考えています。
マサさんは高額そうだし、系統が違うみたいなのでちょっとw
五年後、生き抜けたらここに宣言しに来るので。ではノシ



981:本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 11:01:06.88 ID:CoUmgGiC0
スレ189の239ですが、覚えている人らっしゃるかな
(占い師に、とりついているもののせいで長生きできないと言われた者です)

最後に書き込んだのが多分2009年の夏頃だったと思うのですが
無事生きています。(医療裁判も示談で話がつきました)
そして、自分でもびっくりなんですが、来年成人する息子の下に、
もう一人男の子が生まれました。
高齢出産ながら安産で、いま三ヶ月の赤ちゃんも健康優良児です。
右肩も相変わらず重く、左手は以前のまま。赤ちゃんを抱っこするのにも
気をつけないといけないんですが、無事です。

相談していた神主さんに昨年の震災の後の妊娠を告げたときに、
「寿命が延びましたね」と言われました。
もしかして、もう一人「息子」が生まれたから、「息子が成人するまで」の
期限が延びたってことなのだろうか?と思ったが詳細確認しませんでした。
神主さんが言うには、「母親って強いんだけど、子供が小さければ小さいほど
パワー全開だから、病気とか事故とか物理的な災難はどうしようもない
けれど、この手のものは大概はじくよ」だそうで。

夢は見続けていますが赤子の夜泣きで中断されることも多く、舌打ちされます。
夢は思い込みじゃないのかなあ? 本当は夢に意味なんかないんじゃないのかなあ?
と思うけど、夢の中では両手が動いてとても気分がよく、もうあんなに弾けるはず
ないのにまだ腕が落ちていない気がしたりしてる。

でも、絶対に来年に死ぬ気はしなくなってきた。
気にしていてくれた人が何スレか前にいたので、無事出産を待っての報告でした。



990:本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 13:06:41.05 ID:CoUmgGiC0
レスくれた人ありがとう。来年の2月に生存報告に来ます。
それで最後にしますね。

死んでたら報告できないんで、「死んだら頼む」の人は
すみませんです。


後日談→




オカルトランキング



737: 本当にあった怖い名無し 2014/02/04(火) 10:58:26.91 ID:UmtlnoU60
覚えている人がいるか解りませんが、書き込みにきました。
「あと五年の命」と言われた者です。
まとめサイト等でも探せませんでした、すみません。

五年以上たちましたが、ぴんぴんしております。

とりあえずご報告まで。
五年の期限をすっかり忘れていて、いま六年目くらいと思います。
とりあえず元気です。


740: 本当にあった怖い名無し 2014/02/04(火) 12:08:50.71 ID:NeZbyPNs0
連投スマン
まとめサイトは多分この話かと

「神に愛されるということ」
http://black-one-neck.blog.jp/preview/edit/934c74ce4a07043a74b74cbd08ccf71d


745: 737 2014/02/04(火) 17:57:45.12 ID:UmtlnoU60
まとめサイト、それです。
「来年の二月に」って書いているのに再来年になってしまったorz
下の子が小さいんで、あっぷあっぷしているたのと、昨年のちょうど今頃
胆石の手術で入院したりばたばたしてしまったので、月日がたってしまいました。
左手のリハビリは続けていますが、元通りにはほど遠いです。
夢も見ますが、頻度は下がってます。

本やで「師匠シリーズ」の本を見て、「あ!もしかして今年?!」と思ったら
去年だったという。
まとめサイト見たら、生存報告待ってるってあったので本当にすみません。

あと、神主の「寿命が延びましたね」は、高齢で妊娠した人へ言うお祝いの一種
みたいな言葉で、古い言い回しだけどうちの地方ではまだ言う人がいますとの
事で、「息子が成人するまで」云々はわたしの思い込みでした。
でも、今実際生きているんで、もう思い込みでもなんでもいいやー!!と。

746: 本当にあった怖い名無し 2014/02/04(火) 17:58:17.91 ID:UmtlnoU60
あと、将門様については、とある禁忌を犯してしまったので
もう守られていないのかもしれないです。
でもそのへんは、たたられさえしなければOK!の気持ちでいます。

息子の成人に関してなら次はだいたい18年後なんで、
さすがに書き込みはしないです。
ていうか、忘れてしぶとく生きていこうと思います。
まとめサイトの方も後でレスしておきます。
まとめの「名有り」さんがちょっと気になってしまって。

では、とりあえず占い師に一言文句言いにそのうち行ってきます。




オカルトランキング



682:名無しさん@京都板じゃないよ:2013/12/31(火) 07:21:14.22
毎月神社に参拝して、お酒もお供えして通って、
日頃のお礼などを言ってきたけれど、
今年、家族が自殺した。

どんなに参拝しても、こんな不幸が起きた。
信神なんて何の意味があるの?
悲しすぎて、自分が憎いし、神様も憎いよ。
自殺は神様のせいじゃないけれど、
参拝していたって、こんなことが起こるなら参拝なんて意味がないと思う。

多少霊感があるから2か所の神社の拝殿で、
どこまでも遥かで大きな大きな気を感じたことがあって、
あの時は背筋の伸びる感じがあったけど、
今は何を思っていいのかわからない、、、。


689:名無しさん@京都板じゃないよ:2014/01/05(日) 23:37:21.33
>>682
神道の勉強もしたけど、神職に酷いのがいてヤリ目的で目を付けられ潰されたし
人間の方が酷い奴が多い。



684:名無しさん@京都板じゃないよ:2013/12/31(火) 12:28:22.08
>>682
自分も同じだ…今判らなくなってる。

自分に都合のいいお願いしてた訳じゃない。 ずっと感謝して来た。
私以上に感謝して過ごしていた父の最期は、
哀しすぎるほど酷いものだったし、私もこの何年かは惨憺たる状態。

判んない…神・仏って何…



687:682:2014/01/03(金) 16:55:07.81
>>684
同じ思いの人が居たんだ・・。
こういう思いって書くところがないよね。
行き場のない思いが、どうしようもないよね。



688:682:2014/01/03(金) 16:57:03.64
>>684 つらいけど、一緒に頑張ろう


686:名無しさん@京都板じゃないよ:2013/12/31(火) 19:24:42.53
>>682
>>684
本気で必死に祈り拝み、本気でみんなの為に生きている僧侶や神職の方ほど、(お供えをもっと困っている方に丸々差し上げちゃったりして)日々の食べるものさえなかったりで、
痩せこけながら、みんなのことで悩み苦しんでおられる姿も見ました。(もちろん、滅多にいませんでした。でも実際に目にしました。)
ひょっとしたら…ひょっとしたらですよ…本当の神さん仏さんも悩み苦しんでいらっしゃるのかもしれない…と、ふと思いました。
どこかでどうもすごくおかしな世の中ですが、あなたの苦しみを共に分かち苦しんでいる人や神仏もおられるのかもしれません。…それが慰めになるかどうかは別で、申し訳ないのですが…。



688:682:2014/01/03(金) 16:57:03.64
ただ、、、、確かに神も仏も話だけなら聴いてはくれるよ。
聴くだけならね・・。
某お寺の社前で泣いていた時、
大日如来像から「自分を責めてはいけませんよ」という
とてもとても優しい声を聴いた。
感覚的にはテレパシーが近い。
能力者の人に写真を撮って見せたら、とても優しい分霊様が宿ってみえますとのことだった。
その経験からも、神仏は確かにいるけど、聴いてもくれるけど、
何かしてくれるとか、そういうのは結果の通り。
経験踏まえて考えた先に気づくものがあるのかな・・・。
いまはまだ、やるせない思いがいっぱいで、整理できないけど・・・。

改めて、 >>685 >>686 ありがとう



693:687=682:2014/01/08(水) 08:22:57.82
私は、顔も知らない先祖がマイナス影響を残してると思うと、
恨みたい気持ちになったり、
逆に、今もなお上がれずに生前の苦しみを引きずってると思うと
可哀想に思えたりで微妙。
同時に、自分の代でこのことを知ったのも知ったのも縁なのだろうかとも思ったり・・・。

この先供養していく中で、未成仏先祖が いつ上がる、上がったなんて
私にはわからないけど、
残った家族や、従兄妹たちも含めて血筋がマイナスに引きずられることが
少しでも減れば、と思う。

あとは、影響以外の気持ち、、、なんだけどね。

>>686
冷静になってから思ったけど、
686自身が分かち合おうと、レスしてくれてたのに、
否定するようなこと書いてごめんね。ありがとう。



685:名名無しさん@京都板じゃないよ:2013/12/31(火) 12:41:35.06
長く生きてるとどこかでつらいこと悲しいことが起きてしまうね
そのとき「なんで?なんで?」って渦のような考えが感情とともに湧いてくる
感情そのものは自然に湧き出てくる生理現象だから、ただ受け止める、
受け入れるしかできないんだよね
その傷跡も一生背負っていかなければいけない
なぜ?の疑問ももしかしたら一生わからないかもしれない
でも傷自体は忘れた頃にちょっとずつ癒えてくるかな
まだまだずっと先だとは思うけど、自然治癒はかならずする

自分も頼りにしていたけど、似たようなことで支えにはなってもらえなかったお寺には
いまだにお参りはできない(形式だけでも一応願ときはしてきたけど、
なんで?という思いが強く、素直な気分にはなれなかった)
でも今はそれでいいと思ってる



687:682:2014/01/03(金) 16:55:07.81
>>685 >>686
ありがとう
スレチな事を書いたのに、
レスをくれた685と686の気持ちが嬉しいよ。
私も、普段お世話になっているお寺さんはあてにならなかったよ。
自殺は普通は成仏できないのに軽い口調で適当なこと言ってくれて・・・怒りがわいた。
でも形だけは感謝しておいた。
別口で縁を貰ったから、そちらで上げてもらったよ。

>神さん仏さんも悩み苦しんでいらっしゃるのかもしれない
確かにどうしたらより良くなるかを考えているかもしれないけれど、
>あなたの苦しみを共に分かち苦しんでいる人や神仏もおられるのかもしれません
↑は、ごめんね。今は受け入れられない。
特に神仏



689:名無しさん@京都板じゃないよ:2014/01/05(日) 23:37:21.33
>>687
自分の親も自殺だけどお寺では先祖がどうのこうの言われて
先祖供養に何十万も請求されたけど、結局先祖供養しても何も変わらなかった。




690:名無しさん@京都板じゃないよ:2014/01/06(月) 18:20:49.05
>>689
それ普通の伝統仏教のお寺?
ひどいな、まるで檀家の不幸につけいった
集金目当ての霊感商法か新興宗教みたいじゃん


世の中困ってたり弱ってる人を確信犯的に狙う悪い奴っているから、
そういうのに目をつけられないように、あまり悲嘆に暮れてる様子は
表に出さないほうが安全かもね
信頼できる人や匿名のネットで吐き出すのが無難かも



695:名無しさん@京都板じゃないよ:2014/01/08(水) 23:39:03.25
>>690
そう普通のお寺の住職だよ。
寺の住職だけではないよ、この手の連中は何かあると先祖を持ち出し
祈祷や供養しないとよくならないと洗脳してくる。
691:687=682:2014/01/08(水) 07:44:59.50
>>689
・・・ひどすぎる。

でも確かに先祖に自殺者(未成仏先祖)が多いと、
子孫にも自殺者・鬱病者が多くでるらしい。
私も未成仏先祖が多すぎるって視える人に言われたよ。
頼られてるわけじゃないから気にしなくてもいいけど、
家系的にネガティブな方向に引きずられやすくなるから気を付けてってね。
・・・しかも、教えてくれたその人以外に、
もう一人、別口からの人にも同じようなことを言われたよ。

689のお寺の人がそこまで視えて言ったのか、
商魂で言ったのか私には分からないけど、
供養でご先祖様や親御さんが向こうで幸せになってることを願うよ。




695:名無しさん@京都板じゃないよ:2014/01/08(水) 23:39:03.25
>>691
いや何十万も出し先祖供養したが全く変わらない
自殺で苦しいのか縋り付いてきてお盆前には帰ってくるのか毎年お盆前には高熱が出て寝込み
お経を唱えるまで何日も高熱がずっと続き、お経を唱えるとぱっと熱が下がり仏壇に顔がぼおっと出る。

親が自殺してからが色々遭って大変で自殺した親を憎むようになったら(災難は相変わらずあるけど)縋り付いてこなくなった
今はお盆に普通の人達がしてるような精霊棚を作ってお盆にするだけ。



697:691:2014/01/12(日) 11:19:01.98
>>695
それ、供養が行きわたってないよね…。
供養してくれたお坊さんの法力不足だと思う。
私の知り合いで、自分の親の親(お婆さん)が自殺したっていう人が居るけど、
何年も何回も厚く供養してやっと上がってくれたって。
上がるまでは、鬱や災難が多かったって言ってた。
それくらい自殺は上がれないし、子孫を巻き込む。

695がどうしたいかによるけど、
もうお金はかけなくてもいいから、
してもいいと思うときだけでも、
お経をあげると、自分を守ることにもなるかも。
______________

私は・・・強い悲しみが恨みに代わることを
身をもって知ったよ。
生きたまま怨霊に成れると何度も思ったし、思う。
仏壇の前、胸の内で声のない叫びを何度もぶつけた。

両方の思いが混ざって苦しくなるよ。
それでも、向こうで穏やかに居てほしい思いもあるから
ときどき真言を上げてる。

自分の気持ちを穏やかにするには般若心経の方が合ってる感覚を受ける。
気分でやってるよ。
もちろん やりたくないときは、しない。




698:名無しさん@京都板じゃないよ:2014/01/12(日) 16:04:32.38
>>697
というか元々仏教に先祖供養なんてものはないんだよね。
江戸幕府の檀家制度で仏教に変えられただけで、それまではその土地土地のやり方でやっていたしね。
神道に供養する伝書があるけど、伝書を入手した拝み屋やそれ系の団体辺りが信者集めの飯の種にしてるし
そんなのに関わって酷い目遭うぐらいなら死んだ方がマシだなと懲り懲りでもう疲れた。
住職も呼ばないし、普通のお盆のやり方ですましてる。
親の兄弟もみんな自殺と変死だけど親の両親や曽祖母は別にピンピンしてるし。



699:名無しさん@京都板じゃないよ:2014/01/12(日) 16:49:54.35
>>698
日本の宗教は仏教も含め色々なものと習合している。原始仏教と比べる事がすでにナンセンスだよ。
702:671:2014/01/13(月) 08:07:52.13
>>698
そっか。
もう縋ってこなくなったのなら、それでもいいのかもしれない。
698の日常に少しでも平穏な日が多くあることを願ってる。



692:687=682:2014/01/08(水) 08:07:32.25
689に限らず、自死遺族になった人へ。
私が教えてもらった死人・未成仏先祖への供養方法

○仏様を思い浮かべて会話する、
 また、その中でお願いしてみる(瞑想)×回数 (視える人 談)

○対象の人、もしくは先祖に意識を向けて真言を100篇を1回として唱える×回数。
 真言は光明真言が良いって教えてもらった。
 意識を向けにくかったら、厚紙でもコピー用紙でもいいから「○○家歴代精霊々位」って書いて、
 簡易位牌を作って
 「未だ十分な供養が及ばない先祖がいましたら、
  この光明真言に導かれどうか然る世界に昇ってください」と
  想念を送りながら唱えるといいって。 
 別に立派な位牌を作る必要はないって言われたよ。(阿闍梨さん談)


○1000巻心経 (言わずと知れた、般若心経を1000回読むというもの)
 何人かで、何回かに分けて行うのもあり。(阿闍梨さん談)

回数にこれだけやればいい、というのは無いみたい。
気長にやってくしかないんだと思う。
でも少しずつ導かれていくでしょうって聞いたよ。

あと、素人でも真言に効果あるのか心配だったから、
聞いたんだけど大丈夫だって。
真言は死者の血色をよくするとも聞いた。



694:687=682:2014/01/08(水) 12:09:36.26
真言の唱え方追加

自分の耳だけに聞こえるくらいの「小声」で唱える方法を「蓮華念誦」

声を出さず口の中だけで唱えるものを「金剛念誦」

心の中だけで唱えるものを「三摩地念」

三摩地念なら、通勤のバスや電車の中とかでも瞑目して
供養する対象に想いを込めて、心中で唱えたらいいって。




オカルトランキング



788 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 18:30:40 ID:HEX3Pcn/0
母親の部屋の襖に描かれた壷の絵から、河童みたいなのが飛び出して去ってった事があったんだよね…
一緒の布団に入ってた妹もその事覚えてるし、母親もその話するといきなり不機嫌になる。
今ではその絵の前に、玄関に置いてあった靴箱を無理矢理置いちゃって、
部屋がとんでもなく微妙なレイアウトになってる。
母の部屋が靴だらけで笑うしかない。


10年くらい前には、何も入ってなかった屋敷神様の祠に、妹が紙粘土で狐の人形を作って入れて、
その直後に妹は狂ったように暴れる、徘徊癖、部屋に入ると1ヶ月近く何も食べない出てこない…
(屋敷神様の祠の直ぐ隣にお稲荷さんの祠もあるので、妹はこっちも御狐様かと勘違いしたのかも)

これだけじゃないけど…正直、自分の家なのに凄く怖いです。
知らないおじいさんと子供もいるみたいで、
外にある鉄の階段を上り下りする音が、毎年初夏の早朝聞こえてきたり。
何なんだろう。とにかく家が歪んでるみたいな気がして怖いです。
外に出かけると稀に脳みそに直接響くみたいな感じで、周りに誰も居ないのに超至近距離で囁かれたりします。



791 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 20:25:39 ID:Y+qDG4GDO
>>788
古い家だったりするの?
それとも曰くのある土地だったり。



792 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 20:28:34 ID:HEX3Pcn/0
788です。
住んでるのは富士山麓・・・えっと、正直に言うと富士五湖周辺の某地です。
家も古いし、土地も人の住むような場所じゃない所を、無理矢理整地した様な溶岩台地の上に住んでます。
やっぱり土地が悪いのでしょうか。



794 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 20:53:06 ID:HEX3Pcn/0
初めの書き込みがあまりに支離滅裂で申し訳ありません。
もう少しだけ詳しく書きますね…。連続での書き込みをお許し下さい。

河童っぽいヤツ→とにかく頭と目が身体に対して物凄く大きい。
サッカーボール程の頭に布切れみたいな身体(?)。
でも地元では、河童信仰というものは全くありません。

祠事件(と我が家では呼んでます)→妹の部屋の入り口に、おにぎりやお茶を置いても手を付けた形跡全く無し。
いきなり失踪したかと思えば、裸足で河○湖まで素足で徘徊。
親も流石にヤバイと思い、部屋から叫びまくる妹を無理矢理引きずり出して御祓い。
その後は以前よりマシにはなりました。
神主さんに言われて、今でも毎月24日ごろに、卵やお米等、色んなお供え物をして祠と御社を祀ってます。

家に居る知らないおじいさんの霊みたいなのは、
屋敷神様の祠に住み着いた隣の人の霊だと、御祓いしてくれた神主様に言われました。
(これは話すと長くなります;)

子供は謎です。夏になると聞こえる足跡が軽いので、子供だと思うのですが…

…書き込みながら色々思い出して、またパニックになりかけてしまいました。
読んで下さった方には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですorz



803 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 02:58:26 ID:CwfHQw0B0
794…というか788です
アンカーの付け方を知らないので解り辛いですね;すみません。
私の話に耳を傾けて下さる方がいらしてくれて嬉しいです…有り難う御座います。

えと、妹は数年前の御祓い後、段々と普通の女の子の様になってきましたが、
その時に中学3年生だったので高校入試に間に合わず、結局は中卒になってしまい、
現在は自宅にて通信教育をして、今までの遅れを取り戻そうと頑張ってます。(因みに20代前半です)
御祓い等、その時の事は触れないようにしているのですが…
あの時に自分で自分の髪をむしってしまって、今はウイッグで誤魔化してます。
毛根にダメージがいってしまったのか、全然生えてこないんです。髪が。
また…ふとしたきっかけで、今度は別の家族の誰かがああなりそうで怖いです。

屋敷神様の件なのですが、今の新しい社に変える前の古い社に、
何故か隣のお爺さん(かなり昔に亡くなられてる方です)の名前が書かれた、お札が入っていたそうです。
お彼岸とかでお墓参りする時に、その人のお墓にもお線香をあげに行ってます。

そういえば台所にも、台所の神様に隠しているような感じで、別の神様がいます。
真っ黒い、握りこぶし大のダルマのような神様です。
これといった話は無いのですが、不思議で堪りません。
新米とイワシを食べる日には必ず、この神様にもお供えします。誰なんだろう?

裏庭にも小さい神様が居るので、ほぼ家の四隅に何かしらの神様を祀ってます。
友達や知り合いに聞いてみたのですが、
屋敷神様や神棚はあっても、私の家の様に沢山は祀っていないそうです。

あと外の鉄製の階段。
その階段を下りると、目の前にお稲荷さんと屋敷神様の社があるので、夜は降りるの怖いです。
霊感が少しでもある人なら、先ずココで気持ち悪い、寒いって思うらしいです。
神様なのになんでだろう…と不安になります。

父の部屋に飾られた刺繍絵の湖の水面が動いたと、家に遊びに来た友達が騒いだ事もありました。

面白い、と思って下さったのなら、勇気を出して書き込んだ甲斐があります。
本当は「これからどうしよう」っていう気持ちでいっぱいなのですが;
今後が心配だし、とにかく怖いです。毎回長文ですみません。



807 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 03:22:48 ID:bo5iRB1+O
>>788
>屋敷神様の祠の直ぐ隣にお稲荷さんの祠もあるので、


これはマズくないの?祠だから大丈夫なのかね…よく分からんが。
ずっと昔からそういう状態なの?



808 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 03:26:03 ID:qa18t4R50
速攻で引っ越す事をお奨めしたいな。
正直、それだけの目に逢っているのに、まだその土地に居るって事そのものが、土地に縛られてる。

隣に何時人を刺すか判らない(しかも刺した事のある)通り魔が住んでいたら、引っ越すしかないだろう?
状況はそれよりも悪い様な気がするな。



810 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 04:54:40 ID:UqA0qGjf0
ケガレチの封印にしか見えん803の家。
もう家族全員が異常に慣れてしまってる感じ。
生贄状態なんだと思う。
家族の誰かが変死しても、それをおかしく思わないようになってくる。
まだ正気が残っている今の内に引越しするのが先決だろう。
手遅れにならない内にね。



811 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 07:20:58 ID:8zS8TP32O
お守りでさえ喧嘩するってよく言うのに、そんなに神様奉って大丈夫なのかな?
>>803
そもそも神様ってのはたたるもんなんだよ。



812 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 07:29:44 ID:WrIXtppY0
>>811
そうそう。
祠なんかで祭られてる日本の『かみさま』ってのは、たいていが雑魚の低級霊で、
そもそも人間を守るようなもんじゃなく、むしろ逆にキゲンをそこねないようにと祭ってある場合がほとんど。
「○○しないと、悪さするぞ」とばかりに脅しをかけてくるような、霊界のヤクザみたいな存在だよ。
そんなものを大量に敷地内に飼ってたら、平和に暮らせるわけがない。
さりとて、霊界ヤクザに出て行ってもらうのは難しい。

ヤクザに取り囲まれた家でおびえて暮らすより、逃げ出した方が利口。





オカルトランキング




183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/08/13 16:24
前にある番組の心霊写真のコーナーを担当してた時のことです。

ある時、共通の特徴がある数枚の心霊写真を取り上げたことがありました。
撮影者も日時も場所もバラバラな写真なのですが、それぞれに幾何学的な形の赤い光が写り込んでいます。
写真の向きを変えると、そのいずれもが同じ台のような形になり、
鑑定者はそれを、「ある残酷な儀式に使う台」だと鑑定しました。

番組終了後、局にジャンジャン電話が掛かってきました。
その中には、いわゆる霊能者の方からのものが含まれていました。
彼らの言い分は煎じ詰めれば同じ内容で、 曰く「なんというものを放送するんだ」。
詳しい話は誰も聞かせてくれません。
ただ口を揃えたかのように、「2度と放送するべきではない」と。
その一方で、番組宛に同じような光の写り込んだ写真が続々と送られてきました。

「これはただ事ではない」
そう思った私達は、一連の写真を手持ちの霊能者に片っ端から見せて廻りました。
しかし、皆がそろいも揃って「関わるのはイヤだ」と断ります。
しつこく食い下がると、その内の2人が渋々といった感じで口を開きました。
「この時期に、日本で****の祭壇がこれだけ多くの写真に写っていることがヤバい」
「こんな心霊写真は見たことがない。あり得ない。何が起こっているのか…正直怖い」
録音は停めていたのですが、確かこんなニュアンスだったと思います。

ぶっちゃけると最初に放送した写真は、実は鑑定者から持ち込まれたもので、
要するにあの日のコーナーは、ツクリに近い構成でした。
そこで、鑑定者に詳しい事情を聞こうとしたのですが、
案の定「この件にはもう関わりたくない」の一点張りで、
最後にはこの話を臭わせただけで、3日ほど一方的に音信不通となりました。

今のところ私達には何も起こっていませんし、番組も続いています。
ただ、写真は未だに送られてきているそうです。
しかも、その数は一向に減っていない…


245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 09:37
183の補足ですが、
鑑定人は、あれはメキシコ(アステカ?)の祭壇だと言っていました。
放送で使ったかどうかは忘れましたが…


247 :245:03/08/14 15:44
僕は183ではないのですが、たまたま関わっていたもので補足しときました。
あの後、そんなに大変なことになっていたとは…
確かにスタジオの雰囲気もちょっと異様な感じでした。



248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 15:50
もし****の祭壇が『アステカの祭壇』だった場合、私の叔母が関与しているかもしれません。
こんな事はここで言うべきか否か私にも判断がつきませんが・・・
言った所で誰が信じるのかも分かりませんね。


252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 16:03
>>248
いやいや248よ。信じる人は信じるから詳しく書いてくれ。
このままで気になって眠れない・・・
私は信じる・・・だから教えてください。
この一件かなり興味あります。


253 :248:03/08/14 16:11
では、興味のない方はスルーして下さい。
また、この話を聞いたことで何かが起きてもいかなる責任も負えません。
ほんとうに、あれがなんなのか、これから何かが起こるのかどうかも分かりません。
どんな性質のモノかも分からないし。
話は単純な物なんですが・・・


261 :248:03/08/14 17:28
恥ずかしい話なんですが、叔母はかなりトンでる人で、時々私の理解の範囲を超えた突拍子も無い話をします。
家族達はそんな叔母を相手にしませんです。彼女の話を聞くのは子供の頃からいつも私。

ある日、彼女は私にこんな話をしました。要約するとこんな感じ。
「地球は今大事な時期。
 大昔、闇の勢力によって地球が覆われる前、地球には様々な神々がいて、人と共存し合っていた。
 しかし、闇の勢力は地球を支配する為に、長い時間をかけながら人間達を操って、
 その神々を封印し、その神を祭る者達もろとも駆逐していった。
 今、地球は完全に闇に覆われようとしている。
 闇に乗っ取られた地球はもはや地球ではない。地球の魂は失われてしまう。
 でも、地球を救うために水面下で動いている存在達がいる。
 私達もその存在達からメッセージを受け取っていて、
 協力を求められた時は、彼らと共に地球を救うために働かなくてはならない」

私がいつも叔母の変な話を聞くと、叔母はその後決まって何か奢ってくれるので、神妙に聞いていました。
(゚∀゚)「私達の何人かはメッセージを受け取ると、
 言われた通りに祈りを捧げたり、神々の封印を解く儀式を行ったりしている。
 あなたにも私のようにメッセージを受け取る素質があるから、その時は共に働きましょう」
(´д`;)「・・・・・・」
その時はまだ、またいつもの変な話が始まったよ、くらいにしか思っていませんでした。


263 :248:03/08/14 17:33
やがて叔母は、何も言わずにメキシコへ行ってしまいました。向こうから私宛に絵葉書が届いただけ。
絵葉書はメキシコのチョルーラ(チョローラ?)とか言う場所の、教会の写真が写っていました。
『今私達はメキシコのチョルーラと呼ばれる町に居ます。ここはアステカ文明の遺跡があります。
 かつては巨大なピラミッドがあり、その頂にはケツァルコアトルの神殿がありましたが、
 スペイン人達が侵略した時に破壊され、神官達は皆殺しにされました。
 当時のスペイン人達は、闇の勢力に操られた秘密結社に国を牛耳られ、意のままに動かされていました。
 この神殿に祭られていたケツァルコアトルの分身は眠らされ、
 今はで封印の意味で、かつてのピラミッドの上に教会が建てられています。
 私達はこれから、この地で神官達の魂と共に封印を解放します。
 その後、神官達の魂は解放されたケツァルコアトルの分身と共に、
 日本で不可視のエーテル的な神殿を運営する予定です。』


264 :248:03/08/14 17:36
絵葉書の内容はさっぱりわかりませんでしたが、
叔母が帰ってきた時、彼女は晴れやかな顔で「成功したわ」と言いました。
彼女曰く、ケツァルコアトルは大変大きな神で、本体の封印もその分協力であり、
今回自分達に出来た事は、チョルーラの封印を解くだけだったとのこと。
「何で地球の裏側から日本に来るの?」という私の質問には、
(゚∀゚)「日本が地球の第三の目に相当するから。
 日本の封印された神々達と世界中の封印された神々達が解放されて、地球の第三の目に集結することで、地球の本来の霊力が甦り、闇の勢力と対抗することが出来るようになるの」

それから、こんなことも言いました。
彼女達はメッセージに従って仲間をいくつかのグループに分け、
その一部が、叔母の所属する太平洋を担当するグループらしいです;。
今回封印から解いたケツァルコアトルと神官達は、海を渡って日本に来るとか。
「そのときにはメキシコの太平洋岸で地震が起きるだろう」と叔母は予言しました。
「彼らはその地震の波動に乗って海を渡ってくるのだ」と。
また、メキシコやペルー、グアテマラなどにも封印された存在達が居るそうで、
水面下では彼らを解放するための戦いが昔から続いているとかなんとか。
時々、物理次元の我々の世界にも影響して、様々な異常な現象を起こすそうです。
叔母は現在、日本の封印された神々を開放する為に働いているそうです。
私を後継者にしたいらしいんですが、いやぽ。


266 :248:03/08/14 17:38
今までで叔母が発した一番恐いセリフは
「 神 殿 を 再 建 す る な ら 生 贄 が 必 要 よ ね ・ ・ ・ 」


267 :248:03/08/14 17:39
アステカの祭壇に関しては以上です。
私は叔母の与太話であると信じることにしました。


271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 18:05
だけど248さんの言う事は結局、闇の勢力と戦うために封印された神々を目覚めさせたってことでしょ?
それに伴い無力の人間達は地震とかで被害があるかもしれないけど、
前にテレビ関係者が言っていたような、霊能者が関わりたくないと言うほどの話ではないと思うんだけどなぁー
思う存分関わってくれって感じじゃない?
闇の勢力の思いのままになってしまうのってやっぱまずいわけだし・・・
なんかもっと深い意味があるのかなぁー


274 :248:03/08/14 18:13
叔母曰く、
「闇の勢力は国家を影で操っている。
 人間にはとても対抗できないほどの霊力があるので、
 目に見えない光の存在達が主として戦い、私達はほんのお手伝い。
 それも、光の存在達のサポートと守りがないとひとたまりもなくやられてしまう」
らしいです。
・・・だったら私じゃなくて霊能者を後継者にして欲しいもんだが。
メッセージを受け取った霊能者でも探して欲しい。


287 :248:03/08/14 18:51
もう何も考えたくありません。
最近叔母も様子がおかしいし。


293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 19:23
248さん!ちゃんと白黒はっきりというかいなくならないでぇ。
宮城でも地震あったり、神々はもう日本にいるわけでしょ?
この問題は信じる人達にとっては重大な問題だよ。
信じない煽るだけの人は放っておいて、おばさんの話もっと聞かせて。
今の時点でどうなっているのか。これから日本はどうなるのか・・・
力のない私たちでもできること、思念があれば、その光の存在の人達の力に少しでも慣れるかも。
こんなこと書いたらお前は馬鹿とかいわれそうだけど、
248さんはおばさんにいきなりそんなことを言われて困惑してるし、
後継者なんてもってのほかって思ってるかもしれないけど、
きっとそれなりの宿命をもって生まれてきたんだと思うよ。
今後の経過ぜひ聞かせて。
最近夏じゃないみたいに寒いしなんか変だし・・・そのおばさんが書き込みってできないのかなぁ。


306 :183:03/08/14 20:41
意外にレスが付いてるんで驚きました。
私の彼女が占い師になりたがっている娘なのですが、彼女の師匠にあたる人に一連の話をした事があります。
その師匠には写真は見せなかったのですが、
話の内容は、以前から彼女が抱いていた懸念を裏付けるものだという風なことを言ってました。
要約すれば、
「地獄の釜の底が抜けかけている。
 このところ、この世とあの世の境が消えかかっているような気がする」
とのこと。
それを聞いた時、寒気を覚えました。


314 :248:03/08/14 21:24
>>293
それが、現在叔母は家にこもりっきりなのかどこかへ行ってしまったのか、
連絡もとれず、家も留守(居留守?)なんです。

みんなほっといてます。
私も彼女にはこれ以上関わりあいたくない。


388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/15 19:14
祭壇云々より、(失礼だけど)そのおばさんが怖い。
メキシコ行ったのは一人?それとも同じ考えを持った人が複数いるの?
「生贄が必要」と言って、殺人事件が起きたりしないよね?


390 :248:03/08/15 19:20
>>388
叔母の話からすると、複数で行ったようです。

殺人事件!それは無いと思います。
生贄って、もともと神か神官が選んで行うものでしょ?


562 :248:03/08/19 13:22
最近本当に夏らしくないですね。
きのう、叔母から連絡がありました。
どうも家にいないと思ってたら、インドに行っちゃってました。


566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 15:13
>>562
おばさまインドで何してらっしゃるの?
思うに、おばさまってお金持ちよね。いろんなところに飛び歩いて・・・ってこれは余談だけど・・・
今度は何が起こるのかなー


568 :248:03/08/19 17:07
>>566
ライトワーク、とだけ言ってました。
国際電話はデリーの空港からです。
どうも、またそこから長距離バスでネパールへ行くとか何とか・・・

お金については・・・私にも分かりません。
常々不思議に思っていたので質問したことはありますが、
「あなたも光の働き手になれば分かることよ」と答えられましたので、知りたくも無いです。




83 :248 ◆HsptrkZmYk :03/08/28 17:02
叔母から連絡が来ました。現在カトマンズです。
ここから、ヒマラヤ山脈のほうへ北上し、
「闇の勢力によって巧妙に隠されたパワースポットが本来の役割を取り戻す為のワークをする」とか言ってます。
また、
「チベットも地球のチャクラで、チベットが解放されないと地球は真の開放やアセンションが出来ない」
と言っており、場合によってはチベットにも行くそうです。


87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 19:03
>83
今回の任務は火星の接近に関係あり?>火の勢い
ヨーロッパの熱波といいファイヤーパワーが感じられる。


90 :248 ◆HsptrkZmYk :03/08/28 20:39
叔母の考えていることはさっぱり分かりません。普段から言動変だし。
何の前触れも知らせもなく消えてしまうので、多分ある程度は秘密に行動してるんでしょうけど。

今度帰ってきたらカレー味のチャクラでも開いてたりして(自暴自棄)。


91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 21:09
248さんのおばさんはいまいろんなスレで言われている
地震や天災など近々あるとは言っていませんか?


95 :248 ◆HsptrkZmYk :03/08/28 22:08
>>91
特にそういうことは聞いてません。


57 :248 ◆HsptrkZmYk:03/09/09 18:02
以前、東北に封印された『ウシトラの神』の話を叔母から聞いたことがあります。


59 :248 ◆HsptrkZmYk:03/09/09 18:18
それは私がまだ子供だった時、お正月に家族と祖父母も叔母も全員でお雑煮を食べるときに起きた事です。


60 :248 ◆HsptrkZmYk:03/09/09 18:37
私は特にお雑煮が好きだったわけではないのですが、叔母は何故か私にお雑煮を食べさせたがらなかったんです。
理由は、『お雑煮』は闇の勢力が古代の封印された神の体を切り刻んで、何も知らない民衆に食べさせるという、
呪術的(魔術的)な意味があるからだそうです;
日本へ渡来した闇の勢力は目に見えない次元で日本を操り、日本にもともといた神々の土地を侵略し、
その土地の神を封印・抹殺する活動を行っていたそうです。
お雑煮という風習を民衆に植え付け、呪術的な意味で神々の体は永久に喰われ続けているんだとか。
長年の習慣で毎年お雑煮を食べている民衆は、無意識に闇の勢力に手を貸してるんだそうです。
私はまだ子供で無垢だから、闇の勢力の影響を少なくさせることが出来るかも知れない。
どうやらおばはそう思って、私を闇の勢力の呪術に関与させたくなかったらしいです。
みんなあきれ返ってしまい、私は気味の悪い話を聞いて食欲をなくし、その時はお雑煮を食べませんでした。
今は出されれば食べてますが。

また、その封印された神々の中で最も強力な神が『ウシトラの神』といわれており、
今でも闇の力の隙をくぐって、自由に出来る僅かな力を使って、
ほんの一握りの人間にメッセージを送っているとのこと。
メッセージを受けた彼らは、闇の隙を突いて自由になったウシトラ神の力を代々一族で守っているとか。


62 :248 ◆HsptrkZmYk:03/09/09 18:44
そして、ウシトラ神の力に再び完全な封印を施すものたちと、目に見えない次元で戦いが続いており、
現在ではウシトラ側が少し力が安定して来てるとのこと。
戦いによって我々の物理次元にも時々余波が起こるそうです。
また、ウシトラ神はかつて十和田湖や田沢湖など日本の東北部に都市を築かせて、
神の力で統治していた事もあるらしいです。
室町時代くらいまで東北部の神の力は存続していましたが、
闇の力の不意打ちで津波によって力が滅ぼされたとのこと。




296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 17:52
アステカの祭壇の話をした者です。規制解除されてやっと書き込みが出来ました。
インドから叔母が帰ってきました。
しかし、腰をいためており、叔母曰く、
「エネルギースポットの封印を解いた事を快く思わないあちらの世界のモノからのささやかな嫌がらせ」
だそうです;


299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 20:04
>>296
教えて。いったいあのテレビで放映した心霊写真と叔母さんの行為のどこにつながりが有るの?
過去レス読んだけどいまいち分からない。
誰が生け贄になるの?知っている範囲で教えて下さい。


300 :296:03/12/10 20:43
わたしにもさっぱり。叔母の話は支離滅裂ですから。
ただ、両者とも『アステカ』という単語が入っているのでこのスレ向けかと。
生贄は誰か特定の人がなるわけではなさそうです。
『生贄』がそのままの意味なのか。何かの象徴的な解釈がなされる物なのか・・・

どうやら、封印された太古のエネルギーが再び目覚めてこの次元に存在を維持するためには、
こちらの世界で言うと、何らかの『栄養』となる物が必要なんだそうです。
特に、かつて生贄の儀式のあった神々の場合、その『栄養』となるものの補給が必要なんだとか。
それがないとこの世界に存在を意地できず、より高位の世界へ戻ってしまい、最後には拡散してしまうんだとか。
叔母が話すことの意味は私にもさっぱり・・・


669 :296:04/01/10 23:57
叔母の腰は完治しました。仲間のヒーラーが何度か来て治してくれたとの事。
現在、出雲に行った仲間を自宅で遠隔サポート中なんですって。




127 :◆IApAHNvIKg:04/03/18 17:24
以前、アステカの祭壇と叔母が関係しているのではないかと書いた者です。
もう書き込みをすることができなくなりました。理由は申し訳ありませんが説明できません。
どう説明すればいいのかわからない、という部分もあります。
この国を出なければならなくなったので、2ちゃんを見ることもなさそうです。
こうなる前に少しでも誰かに打ち明けることができてよかったです。
少し心が楽になったし、私の言葉の記録は残るから。

聞いてくださった方ありがとうございました。


175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 07:48
>>127
インターネット上だけでなく本にまで載って残るみたいですよ?


226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 00:24
アステカの話って、叔母さんが地球防衛のための任務を背負っててとかいう話ですよね?
最初に読んでから、後のスレ見てなかったんですが、>>127で出てくるまで音沙汰無かったんですか?

>>175
インターネット上だけでなく本にまで載って残るみたいですよ?

これがすごい気になったんですが、、、本に載ってる話なの?!
どなたか教えて下さい。
アステカの話をしてくれた方も、良ければその後の話を聞かせて下さい。


227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 00:33
>>226
最初に祭壇の話を書きこんだ者ですが、
私が霊能者達に聞いて回ったときには、地球防衛みたいな話は聞きませんでした。
古い恐ろしいものが復活するみたいなニュアンスだったように思います。
ただ、>>127さんの話しはとても興味深かったです。取材したいと思ったくらいに。
でも、先を越されちゃったようですね。


230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 12:32
>>227
本に載ってるの、あんたの話の方だよ。


232 :175:04/03/25 23:24
>230
タイトルだけ見て勘違いしてたよ…訂正スマソ


236 :227:04/03/26 00:52
>>230
ああ、そうだったんですか、私も勘違いしてました。
訂正ありがとうございます。
ちょっと立ち読みしてみようかな。


237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 22:22
226です。
レス下さった方、ありがとうございます。
>>227さんの話にも相当ビビッた記憶が・・・・。

アステカ叔母さんの方は、はじめに書かれてから音沙汰なかったんでしょうか?
久し振りのカキコで、いきなりこの国を出ますって・・・・何があったんだろう。。
指摘してた方もいましたけど、国外に出てもネットを繋げることは出来ますよね?
またカキコして欲しいなあ。



392 :127 ◆8Ebo558oW6:04/04/08 01:44 ID:to7kiofs
saigo no kakikomi wo simasu.
korekara netto ya keitai no tuujinai titai he
hairiimasu.
kakikomi wo miteiru subeteno hito e.
nanimo shinpai shinai de kudasai.
torippuwo kaeta imiha kotirano mondaidesu.
torippu&angou no imi wo shiruhitodake ni wakare ba juubun.
musiro watasi ha nisemono dato omottekudasa
i.

ningenno shuugoutekiisiki ni aru tikara wo huuin sita kamigami ga
iru. karera ni huuinsareta kamigami mo iru to oba ga iimasu.
kono tikara ha tikyuu no iji ni kakawaru juuyou na mono.
huuin sareta kamigami no hukkatu ha tikarano hukkatu no yobimizu.
tikara gayomigaeru to buturi
sekaideha
eiti ga hukkatu
suru.
darekaga yagate sorewo omoidasuhi ga kuruyouni shinkantati to hukasi no sonzai tati to obatati ga
korekara hajimemasu.
no. hajimaru to iubeki deshou ka. tokuteino monono isi wo koeteirunodakara.
watashi no koto wa shinpai shinai de wasutete kudasai. nanimoarimasenkara.

matomattakakikomi dekinakute gomennasa
i.
yappari umaku setumei dekinai.
sa yo na ra.




オカルトランキング

↑このページのトップヘ