【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 死神系




701: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/21 04:28
よく、縁起がよいものとして松竹梅などといわれますが、私が体験したのは
逆松竹梅。
当時、父は仕事のため郷里を離れ、東京で私と一緒に(家賃を浮かすために
同居)アパート住まいをしており、週に一回郷里(実家がある)に帰るルー
ティーンで生活しておりました。私は、父のように毎週実家に帰ることもな
く東京に居続けていたので、この話は後に母から聞いたものです。
その年は、新年早々、実家の庭に植えてあった松の葉が枯れ、竹も枯れ、母
は「何だか縁起が悪いね」と思っていたそうです。実家の庭に梅の木は植え
てなかったのですが、ある日母が梅干しをつけ込んだカメを開けてみると、
びっしりと白いカビで覆われていたのだそうです。母は、毎年梅をつけ込み
ますが、こんなことはかつてなかったという話でした。
冗談のようですが、これで松竹梅の三つがあぼーんされてしまったわけです。

ほんと、冗談だったらよかったのですが、その年の夏に父が発病。胃潰瘍ら
しいということで入院、手術、結果は手遅れの胃ガン。開腹してそのまま縫
合してしまったということです<手の付けようがなかったとか・・・。
もって、来年の3月までという宣告を下され、父には病状を隠したまま転院
という形で郷里の病院へ移しました。そして、父はその年を越すことなく他
界。

お葬式の後、その家の主の運命を暗示していたのだと、母は逆松竹梅の話を
語ってくれました。

703: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/21 23:09
梅干にカビが生えると 不幸が起きると、家の母親も言ってました。
だから家では漬ける前、念入りに水分を取っています。 

812: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/27 02:11
先日、逆松竹梅のことを書かせていただきましたが、今回はそのときに起こった
ちょっと奇妙な話です。
初めにお断りしておきますが、以前のスレッドで同様の話があり、重複しており
ましたらご容赦願います。前スレは拝見できたのですが、前々スレはHtml化待
ちとのことで、これを書く時点では、まだ拝見することができなかったのです。
これは、皆さんの中にも体験なさっている方が随分とおられるのではないかと思
います。と、申しますのも、実は私の連れ合いにも似たような体験があり、また、
友人にも同様の体験がありますので、そのように考えた次第です。
もし、今回の話がきっかけにでもなり思い出された方がおられましたら、ぜひ、
その話もここへ書き込んでいただけますよう、お願い申し上げます。

先の話の中で父親が末期の胃ガンと診断され、郷里の病院でその年を越すことな
く他界したと書きましたが、その臨終の席での話です。
父は痛み止めのモルヒネを打たれていたようですが、意識はまだはっきりとして
おり、心配そうに見守る私たちに対して「なにを大げさな」という感じで応じて
おりましたが、ふと、病室の片隅に目をやると「あそこにいる人は誰だい?見た
ことがないのだが・・・」と私に尋ねました。

813: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/27 02:12
つづき

父の指さすのは病室の入口とは反対側、窓に面した側の片隅でした。窓から少し
離れていたので多少影になっていますが、充分に識別できるだけの明るさはあり
ました。しかし、父の指すその片隅には誰の姿も見えません。
病室に入る前に先生から宣告され、覚悟を決めてはいたのですが、その父の言葉
で「ああ、いよいよか・・・」と改めて父の最後を確信しました。
以前読んだ心霊関係の本や、あるいは人づてに、臨終の席にはいわゆる「お迎え」
が来ると聞いていたからです。
「ああ、あの人なら心配いらないよ」
私は父にそう告げると、部屋の片隅に向かって頭を下げました。
見えていたからではありません。気配を感じたわけでもありませんが、父がこれ
から旅立つ、その導きをしてくださる存在なのだと信じて、「父をよろしくお願
いします」というつもりで頭を下げたのです。
父は私の答に納得したのかどうか、以後、その片隅の人の話題は出ませんでした。
やがて、父は大きないびきをかきはじめ、のどに痰が絡んだかのように息を詰ま
らせると、そのまま動かなくなりました。

片隅の人が、死に神と呼ばれる存在なのか、それともお迎えと呼ばれる存在なの
か、それともその二つは同じ存在を指す言葉なのか、私には今でもわかりません。
ただ、私が臨終を迎えるとき、たぶんその片隅の人は姿を現すのではないかと、
そうして、私はそのとき「よろしくお願いします」と頭を下げるのではないかと
想像してみたりしています。






オカルトランキング



328 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/04/17(火) 15:33:11 ID:VUR8GHqT0
コレは、母親から聞いた話。
去年の暮れ頃 母親が突然入院した。
病気の症状は、はっきり出ていなかったらしいのだが
寝ようとすると 金縛りに会い、黒い影のような物が母親の顔を覗き込み
「もうすぐ・・・」と言って消えるという妙な体験もあって
念のための検診だった。

検診の結果 即入院。内臓にピンホールが開いていて
命にも係わるところだったそうだ。
入院中は その影も現れず
「もしかしたら ご先祖様が教えてくださったのかしらね?」と
母親も言っていた。

ところが 明日退院という日の晩、その影は現れたという。
看護婦の見回りとは明らかに違う真っ黒な影が
嫌な雰囲気をまとって、母親の顔を覗き込んだそうだ。
(これは ご先祖様とは違う。死神のような・・・)
そう感じた母親は心の中で
(私の命を持って行くなら仕方が無い。だけど まだまだ子供達に手がかかるのよ。
 おとなしく命を差し出す代わりに、私に代わって子供達の面倒をみてやって。
 下の子はアトピーで、ダニやホコリがダメだから 毎日掃除して・・・
 上の子は、着る物に無頓着だから・・・)と言っている途中で
その黒い影は
「チッ!」と舌打ちをして消えたそうだ。

以来 母親の体調は絶好調。
「死神すら持て余すような あんた達の世話をしているお母さんに 感謝しなさい。」と
毎日のように言われている。
  
329 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/04/17(火) 15:59:20 ID:V/M9zU6BO
カーチャン(ノд`)




オカルトランキング



658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 23:40
俺の住んでる地、鳥取県境港市には、水木しげる記念館なるものがある。
いわずとしれた妖怪作家の記念館である。
ここには全国の物好きから妖怪オブジェなるものが贈られて来る。
絵画や張子等、あらゆるものが贈られて来る。
それらは記念館前の商店街に展示されることになっている。

ある日、隣の県の島根県から個人製作の妖怪オブジェが贈られて来た。
『死神』をモチーフにした張子であった。
なかなか出来のよい『死神』は、すぐに商店街の割と目立つ場所に展示されることになった。
数日後、その『死神』が展示されているお店の家族から死者が出た。まだ若い元気なおじさんであった。
死者がでた店に『死神』を置いておくのは不謹慎だ、ということで『死神』はすぐに場所を移された。
数日後、また『死神』が展示されているお店の家族から死者が出た。
『死神』の展示は中止になる筈であったが、
どこかの物好きが自分のところに置いてもいいと言ったので、三度展示されることになった。

結局、その物好きの家族からも死者が出たため、
『死神』は現在、神社に安置されている。



オカルトランキング



139: 本当にあった怖い名無し 2012/10/11(木) 13:38:11.94 ID:ah5ucCNn0
実体験なのと、つたない文章だから怖くないかもだけど・・・

もう10年以上前かな俺が10代そこそこだった時の話なんだが
親父が34~35歳の時ひょんな事から占い師に見てもらう機会があったのね
そしたら占い師が36歳がヤバイって言ったそうなんだよ
たかが占いだしwと思って気にしてなかったそうなんだけど

35歳過ぎたあたりから金縛り連発で親父だけ異変が起こり出して、
っで最初の占い師とはちがう占い師4人くらいかな?に見てもらったら
全員が36歳がやばいって・・・その内の1人の占い師を問い詰めたら
36歳で死ぬかもって言われたそうです。

それからも金縛りは止まらず、家の寝室に御札やら結構貼ってあったのを覚えてる。



140: 本当にあった怖い名無し 2012/10/11(木) 13:49:53.32 ID:ah5ucCNn0
異変はずっと続いて、親父が36歳になる2週間ほど前の12月ぐらいかな
おかんが朝起きると親父がベランダのエアコンの室外機の上で丸まって寝てるんだよ。

とりあえず起こして事情を聞いたら、親父いわく死神が迎えにきたと・・・
ベランダの窓がいきなり開いてデッカイ鎌もったおばあさんが立ってた
まじで漫画とかアニメの死神のまんまだった
ヤバイ!つれていかれる!と思ったけど動くことすらできない
観念しかけた時、親父のひいおじいさんがきたらしい
ひいおじいさんは後光が差してて、生前あった額のコブもあって間違いないと
そこで気を失って、気付いた時には室外機の上。



141: 本当にあった怖い名無し 2012/10/11(木) 13:55:54.19 ID:ah5ucCNn0
うちの家系は見える人が多いので、後日その話をしたら
ベランダから出たから助かったらしい
玄関から出てたら、そのまま連れていかれてるねっと話してました。

親父も健在で今では半分笑い話ですが
当時は御札やら貼りまくってて怖かったのと
守ってくれる存在を実感できた話でした。

つたない文章ですみません。
白装束の話や呪い受けた親戚の話くらいしか。
実体験なのでどれも怖くないですけどw




オカルトランキング




816 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/10/24(金) 17:43:29 ID:ARVQsSma0
不思議な話だと思うんだけど・・・
長いよ?日本語弱いよ?
俺が小学校の中学年位の時、2歳年下の弟が死神に獲りつかれたw
何でそうといえるかと言うと・・・

お絵かき・落書きの絵が何に影響された訳でもなく
黒頭巾に鎌を持った死神だらけ。ま、こんな事位じゃわからないよね。

で実は親戚のおばさんが、霊能者?(俺はあんまり信じてない)なんだけど
こんな事をうちの親に言ってたらしい。
「○○君(弟の名)最近変わった事無い?」
そんな事言われても、普通に元気に遊びまわったりで、その時の俺たちには変わり無く思えてたので
「別に・・・」何で?と切り返すと、こう言ったらしい。

「○○君なんだけど、もうすぐ死んじゃうかも・・・!」(あくまでニュアンスで、実際はどういう会話かはわからない)

なんか、おばさん曰くあの世には運命の本?人生が綴られる本?見たいのが
あって、弟の本にはもう未来が見えないって・・・
で、その本ってのは、絶対ではなく惰性で生きてると
その通りになるけど、努力したりするとちょくちょく書き換わったりするらしい。運命は切り開ける・・・みたいな・・・w

で、助けたいんだけど、準備が要るって感じになって
出来るだけ早く準備を整えて、また連絡するみたいな事だったと思う。

その話を聞いたときに、最近みんなに見せるお絵かきの絵って
ひょっとして何かを感じて書いた死神なのかな?って弟を除く家族で思ったわけ。

その準備期間のある日、弟と2人で家で遊んでると
玄関のチャイムが鳴り、弟が出たんだけどしばらくして
弟の泣声が聞こえ、駆けつけてみると玄関に座り込んで泣いていた。

何で泣いているのか、聞いてみると彼いわく
「真っ黒の背広きた、おじさんが来た。」って
で、何で泣くのか聞いたが、よくわからないけど恐怖を感じたって・・・w
表を見渡したけど、もうその人らしい男は居なかった。
親にその話をすると、急いでおばさんに連絡してた。

多分死神だねってw

で、後日準備できた~みたいな連絡が来て、家族でおばさんの所に出かけた。
お払いみたいなのをするって言われて、俺は関係ないからって
隣の部屋でファミコンして待ってた。

数時間後、お払いを終えたという弟が出てきたんだけど
普段と全く変わらず、元気にファミコンに参加してきた。

で、現在に至って弟は元気に生きてるわけだが・・・
おばさんが言ったとおり、死神に連れてかれ
助かる方法がない!→どうしよう!→死んじゃったという流れ
なら、多少おばさんを信じるし、死を予言したおばさんスゲーって
話になるのだが、生きてるのだから証明のしようが無いし
つまらない話なのだけど・・・

実は後日談がある。


うちの母親が弟を生んだ時点で、子宮の病気かなんかで
子供が生めない体になってしまっていたらしい。

が、そこはお盛んな両親、ばっちり子供を授かってしまう・・・
病院行くも、とてもじゃないけど産めませんと意気消沈
で、おばさんに相談。「じゃ、あたしが産むわ」って!?
で変わりに産んでもらった。って

全然意味不明だったんだけど、あの世で生まれる予定だった
魂をおばさんに、移したって聞いた・・・
その時は子供心に、不思議だな~っとは思ってたけど
今思えば、おばさんちはやる事やってwうちはおろしたって
現実があったとは思うんだけど・・・

正直家族が増えるって聞いたとき、喜んじゃったから
喜んだ俺を傷つけないように、また、タイミングよく出来てしまった
おばさんちの子供の事を誤魔化す為に言ってたんだろ?と思ってた。

だけど、言ってる事は本当だった見たい。
というのはお宮参りにいってる、その子を抱くおばさんの写真・・・
おばさんの顔が、うちの母親の顔になってる!まじで!
写真を見せてもらった時、本当のお母さんを呼んじゃったんだねって
説明してくれた・・・
うちの母親とおばさんは血の繋がりないし、似ても似つかないんだよw
でも、その写真はまじでうちの母親の顔になってたw

で、もう一個。
お払いをしてる時の、母親の話。
祭壇の前でお祈り見たいのをしてたらしいんだけど・・・
最後の締め?wのあたりで、部屋中が光ったらしい・・・
弟と一緒に、その浄化?する光を浴びた母親は、すっかり
健康な体を取り戻してしまったらしく、1個目の後日談から
数年後に無事、 元気な男の赤ちゃんを産んだ。それは医者も驚いてた。
その5年には、妹も増えたw妹とは17才離れてる。
本当にお盛んだw医者も驚いただろうw
上で生まれた、弟も中学くらいの時に大きな病気になった
病名は難しい名前で覚えてないけど、難病で治療も出来ない病気だった。
20才まで生きれるかどうか・・・と医者に言われた。

おばさんに相談すると、原因はうちの両親にあった。
あんなにお盛んだったのに、親父の方に浮気が発覚し
夫婦間の仲が傍から見てて悪かった。
事あるごとに喧嘩、喧嘩で実際離婚の話も出てた。

そこで、おばさん曰く
「神様がせっかく、子供を授けてくれたのに、喧嘩ばかりで怒ってる」って
「もう連れて帰る(あの世に)」と言われ目が覚めたらしい。
浮気相手と手を切り、仲良く暮らし始めると
弟の様態もよくなり、今じゃ2児のパパになりました。

それでも、俺は信じてないけど・・・怖いんで。
以上だす。駄文長文すんません。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ