【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 死神系



300 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 01:10:33.64 ID:b6RhU7Bc0
すまねぇ ネタ元をフューチャーすべきか迷ったんだ

↓では新しいお話ドゾー↓
  
301 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 01:14:28.07 ID:mI5zYZJA0
未来してどうする、それを言うならフィーチャーだ
  
302 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 01:15:30.47 ID:zaKkNRAI0
フィーチャーだからな
  
303 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 01:22:20.99 ID:/yngOaxV0
書き込んでいいの?だめなの?
  
305 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 01:47:46.30 ID:Aw5GyAk8O
この流れの元ネタになったスレの>>1が『バックトゥーザフューチャーって文法おかしいだろwww』
と言ってた事から派生した小ネタだと思うからあまりツッコんでやるなよ

>>303 おk、スレ汚しスマンカッタ
  
304 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 01:41:54.66 ID:/yngOaxV0
じゃあ書き込んじゃうよ

前にも来ました死神っぽい守護霊を持ってた人ですん。
簡単に登場人物を紹介すると
A:俺の友人の一般人
B:Aの知人で見える人。俺をだしに使ったひどい人
C:悪霊に憑かれてたけど俺の守護霊に倒してもらった人
守護霊:死神にしか見えない俺の守護霊
詳しくはまとめサイト見てちょ。

本題。
Bが入院した。バイクで接触事故を起こしたらしい。
まあそこでお見舞いにいってみると、なにやらもめてる。
どうやら相手は接触した相手らしい。
俺が部屋に入った瞬間、そいつが俺を睨みつけてきた。
「おめーの友人の所為で愛車がお釈迦になったじゃねーか!
責任とれ!」
…いや、そこにいるBに請求してよ

Bはそいつに心底切れていた。
が、突然ニヤニヤ笑いだした。
気になったのでその人が帰ったあとにBに聞いてみると、
そいつが俺に因縁つけてた時に俺の守護霊が、
その人の守護霊を剥ぎとってしまったらしい。
おまけに頭に赤い針みたいなものも差し込んでいたんだと。
…がちで死神じゃねぇかこいつ
  
306 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 01:50:48.12 ID:6U5IVngfO
>>304
死神守護霊さん、乙です。
  
331 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 23:08:55.28 ID:p7+dgZXu0
>>304
死神守護霊さん、相変わらずスゲエなあ
でも、このBって、前回持ってた護符を死神守護霊さんに真っ二つにされた人でしょ?
・・あんまり関わらない方が無難じゃないかな
  
335 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/03(日) 00:39:06.90 ID:dCCTuxR30
>>304
赤い針って何だろうなー。赤い糸ならわからんでもないけど。
  
307 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/02(土) 03:14:46.83 ID:LtVB/uJhO
人の守護霊剥ぎ取って良いもんなのかw
死神さんとゴルゴマタギが遭遇したらどうなるんだろうな
  
308 名前: 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 [sage] 投稿日:2011/07/02(土) 03:57:07.35 ID:T/NVGPNT0
おっかねえww
  
333 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/03(日) 00:19:58.81 ID:TmZID/V/0
>>307
意外と気があうかもしれんw
  
334 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/03(日) 00:33:54.99 ID:CGTx2bC10
>333
死闘を繰り広げた後でな
  
336 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/03(日) 00:51:11.44 ID:L2DKlnN5O
>>334
で、その後背中を預ける中になったりして。




オカルトランキング



3: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 05:31:18 ID:eDJLwKDuO
一体>>1は何がしたいんでしょうか


7: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 06:02:46 ID:cvjgGwxsO
心臓が止まる前に霊体は外れるからお迎えが来るのはわかるだろな
突然死とかは不意打ち喰らって痛みなく魂が外れるから死んだの気づかないんだよ
まぁお迎えが来てもわけわからん状況だからそのお迎え断って留まるんだよ

4: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 05:32:09 ID:CbXzo6AJ0
光か闇

死に方による、たぶん

6: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 05:44:35 ID:KbE587He0
黒いかたまりが見えるらしいね

8: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 06:31:29 ID:32Euv1SrO
見える物とは違うけど、何も持ってないのに手の平や甲を、鏡で顔を見ているかのように繰り返し眺める手鏡って動作は死ぬ前の人がやるらしい。
うちの親は確かにやっていて、そのたびにやめさせてた。
死ぬような気配はなかったのに数日後脳幹出血で突然倒れてそのまま亡くなった。

11: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 08:37:48 ID:QLTihN8LO
>>8
手のひらや甲を見る癖あるわ
まだ生きてるけどしょっちゅう死にたい死にたい言ってる

9: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 07:30:44 ID:3cSrNh+FO
>>8
聞いた事あります。なんなんですかね?
あと、夢の中で掌をみると危ない、みたいなのも聞いた事あります。

>>1さん乙です。私も似たようなスレ立てたかったのですがホスト規制ばっかりで。。。
死の兆候が知りたかったのですが。


16: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 09:05:59 ID:pKLqMeMl0
芥川龍之介は死ぬ少し前にドッペルゲンガー見たんじゃないかと言われてるね
精神的な病の症状って説もあるけど

死ぬ少し前から体臭変わるっていうし
体の変化で何か見えたりするのかもね

109: 本当にあった怖い名無し 2009/09/13(日) 02:16:31 ID:WvNaB0rHO
看護師をしておりますが、やっぱり亡くなる方には黒い影が見えます。本人に黒い影が被るのではなく、その方の部屋の出入口などに黒い影がモヤモヤしています。

31: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 16:36:58 ID:auFhEm03O
死ぬ人が見えるのとは違うけど、死期が近い人はこめかみ辺りが黒ずんでくるって昔テレビか何かでやってた。

18: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 09:47:18 ID:W8fZQI+CO
死相ってどんな相なんだろ?

19: 本当にあった怖い名無し 2009/08/27(木) 11:22:27 ID:3cSrNh+FO
>>18
細木によると、鼻のとこが青くなるらしいけど、私的には顔色が白くなる…かな?土色辺りだとまだ助かる余地もあるような。

41: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2009/08/30(日) 06:36:21 ID:IzNZ71OB0
死んだ父親が死ぬ少し前にベランダで黒い人を見たと言ってたわ
霊を見たと言って怖がってた
50代で健康だったのに事故で突然死んだっけ
やっぱり死ぬ人には何かあるのかもしれない

829: 本当にあった怖い名無し 2010/02/25(木) 22:45:51 ID:T/ddWoiDO
>>41
俺の亡くなった父親も亡くなる前入院してた
病院で黒い服着た男が立つと何回かいってた
抗がん剤の幻覚かとおもったが実際あるのかも

60: 本当にあった怖い名無し 2009/09/02(水) 10:52:48 ID:A2AhJ9hoi
うちの爺様は亡くなる前の晩に、
「もう来とるんやろ?そこで待っとけ!」
って夜中しゃべってたらしい…。
他人からしたら怖い話かもしれんが、家族からしてみれば死ぬ間際までカッコつけた爺様の武勇伝。

56: 本当にあった怖い名無し 2009/09/01(火) 23:30:38 ID:3mkOtgTcO
配達先のおじさんを見て、この人最近影薄いなーと思ってたら
数日後に亡くなった

自殺をほのめかす同僚も最近影が薄い。関係あるかな?

57: 本当にあった怖い名無し 2009/09/01(火) 23:56:30 ID:1h66kTO00
事故で亡くなった知人も相当影薄くなってた。

背が高くてモデルみたいにかっこよくて人一倍存在感のある人だったのに
目の前にいても気づかないことがよくあって、
「え?さっきからここにいた?うそぉ??」ってことが何度もあった。
厳密にいえば、一年まえあたりから少しずつそうなってった。

63: 本当にあった怖い名無し 2009/09/02(水) 16:08:40 ID:TZVGM5GNO
そういえば、自殺しようとしている人の顔って印象が薄くなるらしいね。もうすでに半分霊界に入っているからとか。
>>56>>57あたりの話も同じことかもしれない。

59: 本当にあった怖い名無し 2009/09/02(水) 09:07:36 ID:qzspGY4bO
自殺したいと思ってるなら影薄くなるのもわかる気がする。
消えたい消えたいって思ってたら影も薄くなりそうだ。

68: 本当にあった怖い名無し 2009/09/04(金) 13:42:29 ID:JsOFDqVV0
山小屋の管理人や遭難救助の仕事を数十年やっていた人の本で、
山岳事故で死ぬ人は顔が2重に見えるみたいなことを言ってた。
また、そういう人はどんなに登るのを止めても絶対登って結局亡くなる。

小説家のエッセイでは、もうじき亡くなる人の顔が青黒くたてに長くみえるとか。
どちらもうろ覚えだけど。
普段ぜんぜん違う顔の人がおんなじような顔にみえるらしい。地味に怖い。

70: 本当にあった怖い名無し 2009/09/04(金) 14:04:53 ID:Guhsfii0O
>>68
それ登山家の野口なんとかっていう人も言ってたわ。
死ぬ人は背中が二重にブレて見えるらしい。

71: 本当にあった怖い名無し 2009/09/04(金) 14:08:17 ID:2+eM4a510
>>68
傭兵の経験がある作家の柘植久慶さんも、昔、テレビで

「作戦決行の朝、部下の顔を見ると『ああ、こいつとこいつは死ぬな』という
のがなんとなく分かってしまう。それは必ずしも兵士としての能力とは関係が
ない。まずいなと思って、そんな部下を作戦からはずすのだが、やはりその日
に、全然関係ない事故で死んでしまったりしますねえ」

なんて話をしていたな。何が見えるという話ではなかったけど。

76: 本当にあった怖い名無し 2009/09/06(日) 08:49:10 ID:1EowEe8R0
イギリスのある地方の迷信で、
夢で見た見知らぬ人物と実際に会うと死ぬらしい。
(あれっ、この人どこかで会ったことがある)
どうしても思い出せず、本人に尋ねる
「失礼ですが、どこかでお会いしましたよね?」
「ええ。あなたの夢の中で会いました」
「あなた、誰ですか?」
「死神です」みたいな話。

73: 本当にあった怖い名無し 2009/09/06(日) 08:00:29 ID:dUEKfRL70
このスレ怖いんだが……

77: 本当にあった怖い名無し 2009/09/06(日) 08:51:46 ID:wbfAwznr0
死相が見えると言ってた人がいたけど、やはり見えた時点ではもうどうしようもないらしい。
「明日は絶対に外出するな」と言っても、どうしようもない事情で外出したり、自宅で死亡するので
「やりたい事があったら今日明日中になるべくやった方がいい」とだけ言うようにしてると言ってた。
こっちの心の負担も半端ないからなるべく人を見ないようにしているとも言ってた。

でもこの話から推測すると、もうすぐ死ぬ本人には何も見えてないのかもしれないな。

79: 本当にあった怖い名無し 2009/09/06(日) 14:55:47 ID:CbRzwrid0
手鏡は無意識の時に限るのか?ン?

132: 本当にあった怖い名無し 2009/09/14(月) 03:18:29 ID:D/Ng0TiA0
臨死体験で手術の様子を詳しく報告する人ってのは、医者や看護師が何人居てどういう立ち位置だったとか
器具の配置とか、途中でヤバくなった時の医療ミスを指摘したとか、
待合室で祈ってる身内がどこでどういう服装で誰々がいたとか、そういうのを話すらしい。

148: 本当にあった怖い名無し 2009/09/16(水) 14:52:09 ID:x+ODBMIZ0
死ぬ人じゃないけど、弟の写真の
右腕が透けて無くなってる事があって
その後、事故で右腕を骨まで切る事故があって
何針も縫う手術してる(腕はその後回復)
写真が何かの知らせだったのかな?
ネタじゃなくてマジ

193: 本当にあった怖い名無し 2009/09/22(火) 06:57:08 ID:E0EMZCS10
うちでは、声は聞こえないけど薄暗い部屋を白い光の玉がヒューってよこぎるよ

>>148
どこかの箇所が透けたり、見えなくなったりするのは、
「この部分にケガや事故が起きるかもしれないから
これから気をつけなさい!」っていう守護霊さんの警告なんだって。

赤い糸のような光は座敷わらしとも聞いたことある。

183: 本当にあった怖い名無し 2009/09/21(月) 17:42:47 ID:40YH8I8HO
自分は見えないけど、病気で死ぬ人は匂いで解るよ。今のところハズレた事が無いから凄く嫌だ。
風邪ひいて熱を出す人とか、前日にお酒飲み過ぎて内蔵が弱ってる人の匂いが解るんだけど(錆びた鉄パイプとニンニクを混ぜた様な嫌~な匂い)病気で死ぬ人からは強烈なその匂いがする。
体はまだ生きてるけど、少しづつ内蔵が腐ってる匂いなんじゃないかと思ってる。

184: 本当にあった怖い名無し 2009/09/21(月) 21:21:15 ID:WthcBDPOO
ガンをにおいで診断する研究がある。死臭もありうるね。

186: 本当にあった怖い名無し 2009/09/21(月) 23:31:02 ID:iT7IAqd40
>>184
ヒトの乳癌を犬が見つけるってのもあるしね

俺は獣医師なんだけど、俺の犬(M.DAX)は看護犬として優秀で死にそうな患者や弱ってる患者の発見率が恐ろしく高い。
夜勤とか緊急で病院居る時に入院舎見るときは欠かせない相棒になってる、誰も信じないけど

199: 本当にあった怖い名無し 2009/09/22(火) 17:00:04 ID:BN4IOg+gO
宝船を見たら死ぬ前ぶれだと聞いたことがある。

レース界で宝船を見たレーサーは、必ずそのレースを棄権するという暗黙のルールがあるらしい…

202: 本当にあった怖い名無し 2009/09/22(火) 17:20:13 ID:VferjXojO
縁起よさそうなのにな

203: 本当にあった怖い名無し 2009/09/22(火) 17:23:23 ID:/yyw/b2r0
起きてる状態で見るの?

204: 本当にあった怖い名無し 2009/09/22(火) 17:29:56 ID:kXEh7//d0
普通にレース中とかに見えるらしい

743: 本当にあった怖い名無し 2009/12/16(水) 10:36:31 ID:6EVNFW0tO
宝船の話はレース界で有名らしいね。
今年の怪談グランプリで女性レーサーの永田まりが語ってた。
レース中の極限状態のときに宝船の夢(幻覚?)を見ると死ぬという話。
もし見てしまったらそのレースはリタイア。
レーサー以外でもそうなの?はじめて聞いたけど嫌だな。

206: 本当にあった怖い名無し 2009/09/22(火) 17:54:24 ID:VTS14Zk9O
宝船の夢の意味は
財が潤う
または
両親の離婚、死

らしいよね

218: 本当にあった怖い名無し 2009/09/23(水) 02:08:27 ID:S9RNXupmO
そういや七福神はめでたいと思われてるが実は逆なんだよね。
縁起悪いからこそ七の神にしていい意味を持たせたって聞いた。
だから本来は…

223: 本当にあった怖い名無し 2009/09/23(水) 02:22:32 ID:iU9yEYy90
>>218
いや、あの世から見たらお迎えは良い事なのかもしれないぞ

236: 本当にあった怖い名無し 2009/09/23(水) 04:19:06 ID:qMQJDNh7O
宝船が危険なのか
じゃあ、正月の初夢ン時に枕の下に敷く
七福神の乗った宝船の絵は縁起良いものなのにな
どう違うんだろうか?

240: 本当にあった怖い名無し 2009/09/23(水) 11:09:02 ID:eFu/2g860
>>236
元は穢れを払うものだったらしいな
https://ja.wikipedia.org/wiki/宝船
宝船のようになったのは後世の事で、元はもっと素朴なもので悪夢を乗せて流すという
「夢違え」または「夢祓え」の船が原形だという(穢れを水に流すという大祓の発想に基づく)。
室町時代には節分の夜か除夜の時人々に船の絵を分け与え、
床の下に敷いて寝た後は翌朝集めて流すか、埋めるかしている事から流す物、
祓う物と考えていたことが伺える。

237: 本当にあった怖い名無し 2009/09/23(水) 04:29:25 ID:fGxfrcPFO
ほんとかね

262: 本当にあった怖い名無し 2009/09/25(金) 21:34:25 ID:dhAkmkGoO
家の婆ちゃん享年95歳も、召される数日前から悪魔を見てたらしいぞ。

なくなる数日前のある日「風邪気味だから先に寝る」って言って寝たんだ。

で、翌朝母ちゃんに「これからは部屋の灯りを着けて寝て良いか?(部屋の四隅を指して)辺りを、真っ黒い悪魔が飛び回って怖くて眠れない。」って言ってた。その数日後、老衰で亡くなった 。


95歳にもなって悪魔が怖いとか冗談言うわけないし、やっぱり死神が見えてたのかな?

文章下手くそでごめんね。

277: 本当にあった怖い名無し 2009/09/26(土) 11:48:13 ID:JcB60b2Q0
国文学者の折口信夫も、死ぬ間際に病床で、自宅にいた弟子に
「お客さんがいらしているのに何してる。早くお茶をお出ししないか」と叱り
弟子が戸惑っていると、眼前の何もないところを見つめて
「ほら、そこにお二人、かばんを持って座ってらっしゃるじゃないか」と言っ
たっていうな。
死期を悟っての幻覚なのだろうかと思うが、それにしては本人があの世からの
使いではなく、普通のお客さんだと思っているらしいのが妙、とも思う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/折口信夫

286: 本当にあった怖い名無し 2009/09/26(土) 17:56:19 ID:Z4Py0BTJ0
>>277
あの世からの遣いって、そんなセールスマン見たいな姿してるのか…。

305: 本当にあった怖い名無し 2009/09/27(日) 09:58:54 ID:DxsTN6daO
>>277
それ俺のじいちゃん(母親の父親)も病室でやってたみたいです

やっぱりお客さんが来てるからお茶だせとかお菓子だせとか

302: 本当にあった怖い名無し 2009/09/27(日) 09:39:19 ID:sCqX/99Y0
俺の親父は、死ぬ間際の数日間、ずっとうわごとで仕事の話をしていた
それを聞いていると、どうも自分としては何かの事業を進めている
つもりらしいことが分かった
そんなことが何回か続いた後、その事業は立ち上げの目処がついたらしく、
しばらく小康状態

ところが、突然、意識を取り戻すと、延々演説を始めた
どうやら、内容は件の事業開始に向けての訓示らしい
で、その内容を良く聞いていると、俺にとっても顔見知りである、すでに
亡くなったはずの部下や上司の名前が出てくる
それも、どうやらその人たちが目の前にいること前提で話しているっぽい
止めようかとも思ったけど、本人がうわごとにしては異常なほどしっかり
した口調で話し続けるし、言うことに数値目標とか具体的な金額とかも
出てくる勢いだったので、好きなようにさせようと放置した

結局、小一時間話し続けて静かになったと思ったら、様態急変→臨終

親父には、死者が見えていて、彼らと組んで仕事しているつもりだったのかもしれない

306: 本当にあった怖い名無し 2009/09/27(日) 10:26:39 ID:0gtr7veRO
おばーちゃんからの話
おじいちゃんが入院してて毎日お見舞いに行ってた。亡くなる前日、「また明日くるからね」とおばーちゃんが病室を出て親父の車で帰る途中、おばーちゃんは服の襟首を後ろからひっぱられるような感覚をもったらしい。で、引き返したら危篤状態になってその日に死んだ

349: 本当にあった怖い名無し 2009/10/01(木) 12:41:30 ID:2QCGbfp8O
ウチの父の話。

ガンで臨終の際、姉と二人で父の手を握りしめながら最期の時を迎える瞬間、何げなく父の手の平を見たら、手相腺が総てちぎれ、沢山の小さい×印で埋め尽くされてた。

374: 本当にあった怖い名無し 2009/10/02(金) 22:31:04 ID:KlgUuv/UO
いやだ…何でこんなスレ見たんだ…こういうの無理なんだ…引きずるんだよな…


だが、だが



良スレだ…

400: 本当にあった怖い名無し 2009/10/04(日) 23:53:50 ID:xfsfshTMO
うちのひいおばあちゃん、晩年は寝たきり状態で体を動かすことも
話すことも一切出来なかったのに、亡くなる当日の朝、
手をこすりあわせ「南無阿弥陀物・・・」と唱えながら涙を流してた
それからしばらくして息を引き取ったのだけど、仏様が迎えに来たのが見えたのかな

402: 本当にあった怖い名無し 2009/10/05(月) 00:23:28 ID:TTapMTv1O
>>400
信心深い方だったのかな?
阿弥陀如来がお迎えにいらしたのなら、お婆さん極楽に往生出来たのかもね。

407: 本当にあった怖い名無し 2009/10/06(火) 01:15:42 ID:3rCR60TMO
病気の人が窓を開けて欲しがると二、三日後に亡くなる…と母がよく言ってたな。
開けたがる本人が何を見てるのかはわからないけど。祖父は亡くなる前に「子供が遊びに来てるから、お菓子でもあげなさい。」と言ってた。
家には、小さい子供はいなかったのだけど。

418: 本当にあった怖い名無し 2009/10/12(月) 11:59:05 ID:kJvEmQAGO
>>407
うちの祖父も夜中にトイレに行ったとき、「誰だ!」と叫んだので、
祖母が驚いて尋ねたら、「白い子供を見た」と言っていたそうだ。
それから間もなく脳卒中で亡くなった。
幻覚にしても何で子供なんだろうね?不思議。

454: 本当にあった怖い名無し 2009/10/19(月) 12:28:53 ID:bIeXTM+VO
>>407
これと全く同じ事をうちの祖父が亡くなる数日前に言っていた。寝る用意して布団に入ってから、ばあちゃんに「こんまい(小さい)子供がきとるけん、布団かけてやれ」って言ってたらしい。
これっていわゆる天使みたいなものかな?外国人というか、キリスト教圏の人には死ぬ直前に天使が見えて、日本人には小さい子供かー。
天使は羽と頭の上のわっかとかあって一目で天使と分かるけど、日本人が死ぬ直前に見る座敷わらし的精霊?はシンボリックなアイテムが無いからみた人は「子供」と形容するんじゃない?

410: 本当にあった怖い名無し 2009/10/07(水) 00:46:47 ID:fWwzcFR10
霊感のある親戚のおばさんは、もうすぐ死ぬ人からは線香の匂いがすると。
あと、死ぬ人の家の周りをカラスが飛び回るとか言わない?

412: 本当にあった怖い名無し 2009/10/07(水) 03:12:11 ID:oB+E5F0s0
>>410
そういえば近くで夜中も鳴いてたよ

食べれるわけでもないのに待っていたのかな・・

421: 本当にあった怖い名無し 2009/10/12(月) 17:19:05 ID:ZVmhvGdY0
自分の
じいちゃんは、
亡くなる前日に『おばあさん(すでに故人)が迎えにきたから明日だなぁ』といってた
本当に次の日に亡くなったよ
ちなみに91歳だったが病気ひとつしてなかった
死因は老衰だった

423: ロザリー ◆PiGJDrhfQc 2009/10/12(月) 17:51:09 ID:g9f9NnTEO
>>421
すげー

431: 本当にあった怖い名無し 2009/10/13(火) 22:30:48 ID:Bh3Jl8VIO
>>421
知り合いのおばあちゃんもそうだったなぁ。
綺麗なお花畑の向こうに川があって、亡くなった家族が自分の名前を呼んでたって。
おばあちゃん、とても綺麗な顔で息を引き取ってた
会えたのが嬉しかったのかな。

430: 本当にあった怖い名無し 2009/10/13(火) 22:17:04 ID:lbmv6PaVO
なんだか切ない気分になるスレタイだな。

490: 本当にあった怖い名無し 2009/10/24(土) 20:48:47 ID:LQJ9T5XuO
知り合いの話。
そこのおじさんが(まだ若い)死ぬ前日に家の中に青い鳥がみえるって言ってて、でも家族がどこを探してもその鳥はどこにもいない。寝ぼけてるんだろうってその日は終わったんだけど、翌日、おじさんが急変。病院に運ばれ亡くなったそうだ。(脳出血)
そんで家族が見届けたあと、おじさんが息を引き取った瞬間、いきなり窓に『ドンっ!』って何かがぶつかったらしい。(そこは5階)外をみて下を覗きこんでみたら青い鳥が死んでたんだってよ。
不思議な話だったから書いてみた

630: 本当にあった怖い名無し 2009/11/06(金) 13:04:23 ID:QMlGZpacO
もうすぐ死ぬ人、死ぬ一年位前から既に亡くなってる家族や親類、友人や恩人、先生、
などが頻繁に夢に現れてくる様になる。夢で「懐かしい感じのする」人物や景色をよく見る様になる。
これは守護霊や縁ある霊人達が「霊夢」のかたちであの世に帰る為の心の準備をうながしているもの
であり、
「霊夢」の特徴としては凄くリアル感があり現実っぽい、物に触れた時にしっかりと感触がある、
等が気づき易い。
また夢以外にも普段の生活で霊を見る、等の霊体験を経験する様になる。

ありがちな話ではあるし「これが絶対」とは言わないが、家族の死ぬ頃の話しが妙に一致しているし
個人的には本当だろうと思う。

631: 本当にあった怖い名無し 2009/11/06(金) 13:22:06 ID:sF/yfOjN0
>>630
突拍子も無い話だが、シルバーバーチによると、人間だれしも睡眠中は霊界に行ってるらしい。
もしこれが本当だとすると、人は死期が近づいてくると、睡眠中に霊界に行っていたことを
覚えたまま目が醒めるようになるということなのかなと思った。

632: 本当にあった怖い名無し 2009/11/06(金) 20:21:47 ID:umPYru3TO
>>631
ないない

633: 本当にあった怖い名無し 2009/11/06(金) 20:56:12 ID:vAF8p28HO
>>632
あるある

634: 本当にあった怖い名無し 2009/11/07(土) 03:02:29 ID:mWcjoA4k0
>>633
ないある

637: 本当にあった怖い名無し 2009/11/07(土) 09:03:06 ID:UZZfnXasO
>>634
どっちですか。
俺にはわかりますん。

654: 本当にあった怖い名無し 2009/11/15(日) 23:27:39 ID:Qw9bA+9T0
霊っぽい話じゃないけどさ。
昔老人ホーム勤めてたころの話。

普段温厚な入居者なのに、ある日急に
事務所来て、血相換えて
「○○(生まれ故郷)に行くから連れて行け」
「△△(好物)食べたいから買いにいく」
とか言いにくる入居者さん結構いた。

オレが見てた限り、そういう方って
例外無く数日後亡くなってたな..。

なんか自分の死期が判る事って実際
あるんだと思う

661: 本当にあった怖い名無し 2009/11/20(金) 01:53:22 ID:ytH4VvjBO
認知症の婆ちゃんが晩年、目の前の空間に話しかけてたなぁ
何してたか聞いてみると「ポチ(かなり昔に飼っていた犬)と話してた」と答えた
ちょうど目線の高さが中型犬の顔がある辺りだったからちょっと怖かった

751: 本当にあった怖い名無し 2009/12/25(金) 09:21:57 ID:Oziy2xnsO
祖母が親族の葬式の手伝いに出かけた時。
誰も話かけてこなくて、挨拶してもよそよそしかった。
暫くして皆が謝ってきた。「雰囲気が違っていて○○さんだって気づかなかった」と。
祖母は普段から親族と仲が良かったので不思議がっていたが、その後すぐ亡くなったよ。

752: 本当にあった怖い名無し 2009/12/28(月) 13:32:35 ID:WpjBLcM+O
(ノд;)婆ちゃん…

755: 本当にあった怖い名無し 2009/12/28(月) 23:53:55 ID:V10PJTs40
自分は37で死ぬと最近、夢で宣告された
なんか夢の中の自分も死ぬことを冷静に受け止めた感じだった
二年前にも「あなたはもう余命が少ない、大地震(神奈川住みです)で死ぬ」と言われた夢をみたが
不思議と怖くなくて「ああそうなんだ」と思った
するとあと1年か

760: 本当にあった怖い名無し 2010/01/05(火) 18:28:41 ID:h6nnup250
>>755
いやん
じゃあ今年かよ、神奈川

762: 本当にあった怖い名無し 2010/01/09(土) 13:13:15 ID:kUQ+LmWI0
>>760
神奈川で起こるとも限らんでしょ。
>>755がそのとき神奈川に居るとは限らないんだから。
それまでに引っ越しているかもしれないし、出張や旅行しているかもしれないし。

821: 本当にあった怖い名無し 2010/02/18(木) 19:05:04 ID:JlPmKlpMO
視界の端をサッと横切る影ってなんなんだろうね。
自分飛蚊持ちだけどなんかそれとはちがうんだよなあ。

822: 本当にあった怖い名無し 2010/02/18(木) 19:10:54 ID:V4hdNp8k0
>>821
子供の頃、頻繁にあった
一度、小学校の教室で皆の顔の間に知らない子供の顔が視野の端に見えてあわててそちらを見ると誰もいなかった

823: 本当にあった怖い名無し 2010/02/21(日) 01:30:47 ID:XK9NgOqm0
ばあちゃんが晩年、夜になると何度も
「怖い人たちが来た、お茶をいれないと」
と言ってお湯を沸かし出していたらしい。
もちろん、現実には誰も来ていない。
家族は、バアチャンぼけたか、と思っていたが
このスレ読んで、バアチャンのことがちょっと理解できた。
同じ体験している人多いな。

824: 本当にあった怖い名無し 2010/02/21(日) 17:28:04 ID:tnmBQbMh0
「見えるもの」ではないかもしれないのでちょいスレチ気味だけど
父親のいとこにあたるおっちゃんが数年前にいきなり今までそのまんまにしていた
草ボーボーの庭を綺麗に手入れし始めた。植木とかも綺麗に切って家の中も掃除
とかしてさ。で、離婚して離れ離れだった母親にもいきなり会いに行ったそうだ。
その1ヵ月後にトラック事故で自爆して亡くなった。
自殺ではないのは確かなんだが葬式で近所のおばちゃんとかが「最近庭とか綺麗に
やっててね~やっぱ死ぬ前は何かあるのかね~?」とか言ってたな。
俺それ聞いてから、らしくない事はしないようにしようとオモタ。

825: 本当にあった怖い名無し 2010/02/21(日) 18:19:47 ID:sdn2XPV7O
>らしくないこと
普段ものぐさな人は掃除とかなんだろうけど、普段から几帳面な人は何をするんだろう?
いきなり遊び歩くとか?

826: 本当にあった怖い名無し 2010/02/21(日) 21:16:18 ID:+ndmAz470
びっくりするほどユートピアとか


831: 本当にあった怖い名無し 2010/02/25(木) 23:45:48 ID:b6NDaliA0
今は生きてるけど死ぬって考えたらどこでどう死ぬんだろうなんて考えてしまう。

862: 本当にあった怖い名無し 2010/03/26(金) 02:43:13 ID:I1m4eGmA0
人の心臓が止まってる時は人は夢を見ている
当然自分の心臓が止まってる事など知らない
そして死ぬ時はそのまま死ぬ、だがまだ自分が死んだ事は知らない
そして自分は夢から覚める、何故か体が赤ん坊だ・・・
過去の記憶も何故生まれて来たのかも分からない
過去の自分が何をして今ここに生まれてきたのかも分からない
分かるのは過去の自分が死にまた新たな生命を貰ったことだけだ

863: 本当にあった怖い名無し 2010/03/26(金) 02:57:18 ID:x81MdzuF0
なんかすてきだな

913: 本当にあった怖い名無し 2010/04/10(土) 01:32:30 ID:2+FO/J+l0
自殺した人が自殺の一時間前に会うということが幾度かある。

同じ中学を卒業した子が高校へ行く途中にビルから転落死した時、
そこに向かう途中に自分とすれちがった。それが15分前。

たまたま、めったにいかない居酒屋で、知り合いに会ってたまたまお酒を飲んだ。
その時は、たいそうご機嫌で、○○さん(自分の名前)に会えてうれしかったと
異常に喜んでくれたのが印象的だった。最後にありがとうと握手までしてくれた。
彼は、その足で神社に向かい首を吊った。翌日、警察が来てそのことを知った。
足元には、彼が居酒屋で、買った缶ビールが飲み干されて置いてあった。

たまたまその日、仕事で片付けたいことがあったので、深夜勤に早めに入ろうとした時
彼がいた。彼は、以前に夜間診療で来た人で、いつもは会釈程度の仲だったが、
その日は、声をかけられ軽く世間話をした。
その4時間後、心肺停止状態で彼が運ばれてきた。頸動脈を自ら切ったとのこと。

仕事帰り、駐車場の自分の車の傍で友達が待っていた。
普段から、一緒に映画をみたり、食事をしたりした友人だったが、転属になってから
なかなか会えなかった友人だった。軽く世間話や近況話をした程度で別れた。
帰宅後、その友人が踏切にて人身事故を起こして帰らぬ人となった。

いつも、何も感じる事ができなかった。それぞれ、何かサインを送られていたのだろうか?
ただ、後になって思うと、みんながみんな、これから自殺する人だとは思えないくらいの笑顔だったんだよな。
私って、死神?だったのか、それか救いをもとめていたのだろうか?不思議。

今、思い出したのだが、遅刻しそうになったので近道をしようとして
自然公園のサイクリングコースを走っていた。ふと、そのとき何かが視界にはいってきたので
引き返してみたところ、大きな木の下に仏様がいた。すぐ、警察に電話。
その方は、もう何年も行方しれずだった方。仏様もかなり前からそこにいたらしいが、みつけられなかったとのこと。
それが、最初だったような気がする。
しかし、私は特別な力があると感じた事はない。偶然という感じがする。

914: 本当にあった怖い名無し 2010/04/10(土) 08:35:33 ID:XrqEemul0
最後に会いたいタイプの人か

916: 本当にあった怖い名無し 2010/04/10(土) 09:33:27 ID:2+FO/J+l0
別に、面倒見がいいとかはないけど。そういう余裕ないし・・・

自殺に限らず、死ぬ直前ってなぜか」穏やかな表情をみせるかな?
仏様や天使、といった表現がふさわしいかな。
認知の人でも、まともな一面を見せる時がある。
悟りきったとでもいおうか?そんな感じ。

それと、ガンにかかっている人のにおいってわかる。
甘酸っぱいような、独特のにおいがする気がする。

917: 本当にあった怖い名無し 2010/04/10(土) 12:03:05 ID:GVqpUsNk0
仕事柄、人の死に接する事が多いので人の死に巡り会わせる縁が出来てるのでは?

918: 本当にあった怖い名無し 2010/04/10(土) 13:32:35 ID:2+FO/J+l0
それは、感じた事はあるけれど、上記の半分は学生時代の話。

それに、仕事中の患者さんの死に関しては、
検査データや様子以外の情報をはずしてみても
なんとなく、最期を予感することは多かったが、
それは職業のことだということであえてはずしてみた。

あれからいろいろ考えてみたら、もう一件あった。
自殺ではないが、小学生の同級生の兄に、偶然あった時の事。
あの時も、町ですれ違いざまに声をかけられた。
その人の妹とは、あまり交流がない(特殊学級の子だった。)
しかしカフェに入り、妹が幸せにやってると話し込んだ。
彼は、その日の午後に仕事中の事故で転落死をした。

いずれにしても、他にこんな巡りあわせ経験している人はいないのだろうか?
ちょっと、不安になって書き込んでみたわけなんだけだ。

920: 本当にあった怖い名無し 2010/04/11(日) 15:22:17 ID:DMnZc8SB0
>>918だけど・・
なんか怖い。
自分は死神なのかもしれん。

921: 本当にあった怖い名無し 2010/04/11(日) 16:48:19 ID:kuii9qxT0
>自分は死神なのかもしれん。
相手に楽しいひと時を提供しているでけで、死神ではないと思うが・・・

922: 本当にあった怖い名無し 2010/04/11(日) 19:53:13 ID:w6d/f60w0
自殺も居るんだから死神ではないでしょ。
本当に死神なら、>>920に会う人会う人次から次へと死んでなきゃならんじゃんw
気になるなら御祓いにでも行ってきたら?

919: 本当にあった怖い名無し 2010/04/10(土) 16:27:40 ID:C6PaNeCX0
かなりの頻度だと思う。
死の直前に接触を持つ経験なんて、よほど親しいか頻繁に会う人か、、
まったく経験のない人も多いだろうね
でもある人には本当によくあるんだろうな。
前にもネットでそんな人を見かけたよ。
その人はID:2+FO/J+l0さんのような穏やかな感じではなくて、
突然の事件や事故の現場に居合わせることが多かったんだって。
前を走っていた車が交通事故を起こしたり、駅にいたら人身事故が起きたりなどなど。
917さんのいうような死と巡り合う縁というのもあるのかもしれないね。

940: 本当にあった怖い名無し 2010/04/23(金) 15:40:04 ID:Vvp7aCLG0
亡くなった曾祖母から「人は死ぬ前になると、体から魂が抜け出て、辺りをうろつく」
と聞いたことがある。
寝たきりの人が昼寝してるかと思えば、ふと目を覚まし「今、○○に行ってきた」「××に会ってきた」と話す。
「変なことを言うもんだな?」と思っていると、それからまもなく亡くなるのだと。
「最期にお別れして回るんだろうな」なんて言ってたな。

941: 本当にあった怖い名無し 2010/04/23(金) 16:10:42 ID:fyGO6HQF0
皆で夕食を食べていたあの時、ばあちゃんがふと天井に視線を向けて(あっ、うどんげの花が咲いとる。うどんげの花が咲いたらな、人が死ぬねん)

それから4日後にばあちゃんは脳出血で呆気なく世を去ってしまいました。
あの日、ばあちゃんと一緒に家族中が天井を見上げたのに、うどんげの花は誰にも見えず、ばあちゃんの錯覚で終わらせてしまったことに後悔しきりです。
うどんげの花をググると、かげろうの卵と出ますが、かげろうの卵が人の生き死に関係しているとも思えません。
虫卵とは別の(うどんげの花)の正体が知りたいようなしりたくない様な気持になります。

949: 本当にあった怖い名無し 2010/04/23(金) 21:01:10 ID:X8M5M7zL0
>>941
うどんげをぐぐったら、三千年に一度咲くと言われる伝説の花だそうだよ
それでその時に如来が現れるとか
誰も見たこと無いはずの花なのに、祖母様はうどんげの花だってわかったんだね



950: 本当にあった怖い名無し 2010/04/23(金) 21:48:22 ID:fyGO6HQF0
>>949
あの世からのお迎えの象徴がうどんげの花だったのでしょうか。
長く生きて来た祖母は、誰かの死期が迫っている時にうどんげの花を見たことがあったのかも知れません.....。

650: 本当にあった怖い名無し 2009/11/13(金) 14:41:33 ID:W7D4SLWfO
最近、ずーっと小学校の頃の恩師の事を、やたら思い出してたんだ。
年賀状などのやりとりは未だに続いてるから、この前の先生の誕生日に
たまには誕生カードでも送ってみようか、とか考えてるうちに日が過ぎた

今日、先生の家からハガキが届いたんだけど、先生が亡くなってた・・
先生の事が気になった時点で連絡しとけば良かったよ。





オカルトランキング




701: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/21 04:28
よく、縁起がよいものとして松竹梅などといわれますが、私が体験したのは
逆松竹梅。
当時、父は仕事のため郷里を離れ、東京で私と一緒に(家賃を浮かすために
同居)アパート住まいをしており、週に一回郷里(実家がある)に帰るルー
ティーンで生活しておりました。私は、父のように毎週実家に帰ることもな
く東京に居続けていたので、この話は後に母から聞いたものです。
その年は、新年早々、実家の庭に植えてあった松の葉が枯れ、竹も枯れ、母
は「何だか縁起が悪いね」と思っていたそうです。実家の庭に梅の木は植え
てなかったのですが、ある日母が梅干しをつけ込んだカメを開けてみると、
びっしりと白いカビで覆われていたのだそうです。母は、毎年梅をつけ込み
ますが、こんなことはかつてなかったという話でした。
冗談のようですが、これで松竹梅の三つがあぼーんされてしまったわけです。

ほんと、冗談だったらよかったのですが、その年の夏に父が発病。胃潰瘍ら
しいということで入院、手術、結果は手遅れの胃ガン。開腹してそのまま縫
合してしまったということです<手の付けようがなかったとか・・・。
もって、来年の3月までという宣告を下され、父には病状を隠したまま転院
という形で郷里の病院へ移しました。そして、父はその年を越すことなく他
界。

お葬式の後、その家の主の運命を暗示していたのだと、母は逆松竹梅の話を
語ってくれました。

703: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/21 23:09
梅干にカビが生えると 不幸が起きると、家の母親も言ってました。
だから家では漬ける前、念入りに水分を取っています。 

812: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/27 02:11
先日、逆松竹梅のことを書かせていただきましたが、今回はそのときに起こった
ちょっと奇妙な話です。
初めにお断りしておきますが、以前のスレッドで同様の話があり、重複しており
ましたらご容赦願います。前スレは拝見できたのですが、前々スレはHtml化待
ちとのことで、これを書く時点では、まだ拝見することができなかったのです。
これは、皆さんの中にも体験なさっている方が随分とおられるのではないかと思
います。と、申しますのも、実は私の連れ合いにも似たような体験があり、また、
友人にも同様の体験がありますので、そのように考えた次第です。
もし、今回の話がきっかけにでもなり思い出された方がおられましたら、ぜひ、
その話もここへ書き込んでいただけますよう、お願い申し上げます。

先の話の中で父親が末期の胃ガンと診断され、郷里の病院でその年を越すことな
く他界したと書きましたが、その臨終の席での話です。
父は痛み止めのモルヒネを打たれていたようですが、意識はまだはっきりとして
おり、心配そうに見守る私たちに対して「なにを大げさな」という感じで応じて
おりましたが、ふと、病室の片隅に目をやると「あそこにいる人は誰だい?見た
ことがないのだが・・・」と私に尋ねました。

813: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/27 02:12
つづき

父の指さすのは病室の入口とは反対側、窓に面した側の片隅でした。窓から少し
離れていたので多少影になっていますが、充分に識別できるだけの明るさはあり
ました。しかし、父の指すその片隅には誰の姿も見えません。
病室に入る前に先生から宣告され、覚悟を決めてはいたのですが、その父の言葉
で「ああ、いよいよか・・・」と改めて父の最後を確信しました。
以前読んだ心霊関係の本や、あるいは人づてに、臨終の席にはいわゆる「お迎え」
が来ると聞いていたからです。
「ああ、あの人なら心配いらないよ」
私は父にそう告げると、部屋の片隅に向かって頭を下げました。
見えていたからではありません。気配を感じたわけでもありませんが、父がこれ
から旅立つ、その導きをしてくださる存在なのだと信じて、「父をよろしくお願
いします」というつもりで頭を下げたのです。
父は私の答に納得したのかどうか、以後、その片隅の人の話題は出ませんでした。
やがて、父は大きないびきをかきはじめ、のどに痰が絡んだかのように息を詰ま
らせると、そのまま動かなくなりました。

片隅の人が、死に神と呼ばれる存在なのか、それともお迎えと呼ばれる存在なの
か、それともその二つは同じ存在を指す言葉なのか、私には今でもわかりません。
ただ、私が臨終を迎えるとき、たぶんその片隅の人は姿を現すのではないかと、
そうして、私はそのとき「よろしくお願いします」と頭を下げるのではないかと
想像してみたりしています。






オカルトランキング



328 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/04/17(火) 15:33:11 ID:VUR8GHqT0
コレは、母親から聞いた話。
去年の暮れ頃 母親が突然入院した。
病気の症状は、はっきり出ていなかったらしいのだが
寝ようとすると 金縛りに会い、黒い影のような物が母親の顔を覗き込み
「もうすぐ・・・」と言って消えるという妙な体験もあって
念のための検診だった。

検診の結果 即入院。内臓にピンホールが開いていて
命にも係わるところだったそうだ。
入院中は その影も現れず
「もしかしたら ご先祖様が教えてくださったのかしらね?」と
母親も言っていた。

ところが 明日退院という日の晩、その影は現れたという。
看護婦の見回りとは明らかに違う真っ黒な影が
嫌な雰囲気をまとって、母親の顔を覗き込んだそうだ。
(これは ご先祖様とは違う。死神のような・・・)
そう感じた母親は心の中で
(私の命を持って行くなら仕方が無い。だけど まだまだ子供達に手がかかるのよ。
 おとなしく命を差し出す代わりに、私に代わって子供達の面倒をみてやって。
 下の子はアトピーで、ダニやホコリがダメだから 毎日掃除して・・・
 上の子は、着る物に無頓着だから・・・)と言っている途中で
その黒い影は
「チッ!」と舌打ちをして消えたそうだ。

以来 母親の体調は絶好調。
「死神すら持て余すような あんた達の世話をしているお母さんに 感謝しなさい。」と
毎日のように言われている。
  
329 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/04/17(火) 15:59:20 ID:V/M9zU6BO
カーチャン(ノд`)




オカルトランキング



658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 23:40
俺の住んでる地、鳥取県境港市には、水木しげる記念館なるものがある。
いわずとしれた妖怪作家の記念館である。
ここには全国の物好きから妖怪オブジェなるものが贈られて来る。
絵画や張子等、あらゆるものが贈られて来る。
それらは記念館前の商店街に展示されることになっている。

ある日、隣の県の島根県から個人製作の妖怪オブジェが贈られて来た。
『死神』をモチーフにした張子であった。
なかなか出来のよい『死神』は、すぐに商店街の割と目立つ場所に展示されることになった。
数日後、その『死神』が展示されているお店の家族から死者が出た。まだ若い元気なおじさんであった。
死者がでた店に『死神』を置いておくのは不謹慎だ、ということで『死神』はすぐに場所を移された。
数日後、また『死神』が展示されているお店の家族から死者が出た。
『死神』の展示は中止になる筈であったが、
どこかの物好きが自分のところに置いてもいいと言ったので、三度展示されることになった。

結局、その物好きの家族からも死者が出たため、
『死神』は現在、神社に安置されている。



オカルトランキング

↑このページのトップヘ