【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 山神様




67: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/23 01:16
昔、10数年以上昔に、御神酒を届に行った山の社(やしろ)で山神様(?)にあった。
こずきまわされて、大怪我した。(両手、片足、顔、鎖骨、肋骨をそれぞれ数箇所ずつ骨折)
殺されるかと思った。小学生の僕(身長130cm以下)より小さいのに
片手で僕の足をつかんで僕を振り回し、何度か地面に叩き付けた……
いつまでたっても帰らない僕を心配した親と祖父母が探しにきて、
死にかかっている僕を発見。救急車とパトカーが来たそうです。

その後、大人にに事情を話したら、それが近所に伝わって基地外あつかい。
でも、老人達は僕の味方で「神様は気まぐれだから…災難だったな~」って言ってた。

今考えても夢かと思う出来事だったけれど、僕はいまだにビッコ引いてるから夢じゃない。
悪夢のような出来事でした

69: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/23 01:34
>>67
それで神様なの…?今度、文句を言いに行ったらどうですか?

それと、外見はどんな感じでしたか?ただの変質者だったかも
しれないし。

77: 67 02/01/23 23:31
>>69
>それで神様なの…?
さあ? 社で遇ったから便宜的に『山神様』と呼んでいるだけ。
もっとも、鬼も妖も神の一種類というのが老人たちの意見。
彼ら曰く
「人ならぬ神に人の常識を求めるのは無意味。犬に犬食いは無作法だから箸を使って飯を喰えって言う様なもんだ」

>今度、文句を言いに行ったらどうですか?
怖いからイヤです(キッパリ)

70: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/23 01:36
>>67
すごいなぁ。いや、ほんとに災難だったね。
神様ってどんな格好してたか覚えてる?

77: 67 02/01/23 23:31
>>70
>どんな格好してたか覚えてる?
はっきりと目撃しているにもかかわらず、服装や顔みたく細かいところまでは、当時も結局思い出せなかった
覚えているのは、僕より小柄だった事と、子供じゃなかっただろうって事(あの町には子供が少なかったので当時は
僕らは子供を見たら全てに優先して、片っ端から声をかけて遊びに誘っていましたから....)
神主さんみたいな格好もしていなかったと思う。存在が不自然だと思わなかった相手。

>末期のヤクチュウがここには多数いるようですね
>神社の裏でシンナー吸ってたら
当時、親にも薬物使用は疑われて.....検査も受けたらしい(^^;)







オカルトランキング



266:名無しのオカルト 2009/04/01(水) 19:01:53 ID: ID:9v/MSoAX0

俺ちょっと前にお山の神様的なものに怒られた事があるんだー・・・

俺の住んでるところは唯一県庁所在地に原生林がある町なんだが
ある日ふと、なぜかカレーパン一個とピロシキ二個もってその原生林に入ってったんだ
なんか突然人ごみがいやになってさ、森の中で飯食おうと思ってなぁ。舗装された山道をふらふら歩いてたんだよ
そしたら道が分かれててさ、一方は舗装されきってないロープで仕切られた道があってな
なんかが気になってそっちの方にふらーっと入っていったんだよ。
その道がなんか舗装されきってない崩れたレンガ道みたいになってて歩きづらいのなんのって
まぁでもそんな道歩くの好きだから、ぼーっと歩いていったら気がつくと唯一人工っぽかったそのレンガ道も
なくなってたんだ。でも開けてた山道っぽかったしまだいけるまだいけるとおもって、あるいていったんだ。
そしたら曲がり道に差し掛かって曲がろうとした手前で、ふと気づくとめちゃくちゃ静かなの。
森特有の木の葉っぱがこすれあう音とかそんなかんじの音がぜんぜん聞こえなくてさ。
微妙に不思議に思って曲がり道を曲がろうと曲がり道の向こう側をみたら、また曲がり角があって
その向こうにその、なんていうかなんとなくなんかいる気がしたんだよ。
いやな感じはしなかったんだけどな。そしたら突然聞いたこともないセミというか
なんかの虫みたいな鳴き声というか音が前方から満遍なく大音量ドルビーデジタルサラウンドEX って感じで聞こえてきてさ。
とりあえずごめんなさい、って言ってピロシキ一個置いて振り返らずに帰ってきたんだ。

なにいってるかよくわからんけど
たぶんあれは山の神様に怒られたんだと俺は思ってる
あと登山者の人に話しても起こられる話だと思う。いやぁ、テヘヘ

あれだねインスピレーションだけで生きてるといつかえらい目にあうね。


268:名無しのオカルト 2009/04/01(水) 20:25:45 ID: ID:Dgbf4XeT0

>>266
よかったねえ。
好奇心が猫を殺すと言うから
探索を中止したその行動は正しかったんだと思うよ。




274:名無しのオカルト 2009/04/02(木) 01:30:29 ID: ID:+G5aMxnq0

>>266
ぴ、ぴろしきかー
漏れは訳あって、神さまにピルクルお供えしたことあったぜ
山の話じゃないから、止めとくが、、
ところで、旅行中の雷鳥を呼び寄せるには、何がいいんだ?
やっぱり豆かw


 
269:名無しのオカルト 2009/04/01(水) 20:55:52 ID: ID:9v/MSoAX0

>>267
あれは体験しないとわかんねぇ・・・というわけで今からお山一緒にいこっか・・・?







オカルトランキング



60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/15 12:27 ID:YSSTlOPh
小学生の頃の話し
早朝に山へ出かけて、ネマガリタケというタケノコを採っていると、
まだ背の低かった俺は、方角を見失ってしまった。
この竹(本当はチシマザサって言うらしいけど)は、背が低いけど、
ものすごい勢いで群生して生えているので、前に進むのも容易じゃないし、
生えている場所が急勾配で、とても歩きにくい。
竹林の中で途方に暮れていると、竹林の奥から「ハァッハァッ」という、
危ないオッサンか野犬の息づかいのような音が聞こえてきた。
薄暗い竹林の中で、俺がビビりまくっていると、目の前に茶色い体をした
オオカミみたいな動物が姿を現した。
見ると、顔はひしゃげた子供のような顔で、鼻と耳がなかった。
俺が死ぬほど怖がっていると、その動物は、びっくりしたように俺を見つめた後、
「まったく、ついて来い」
と、ものすごく乾いた、子供のような声で言った。
普通なら絶対について行くわけがないんだけど、恐怖よりも
「ついて行かなくちゃ」
という気持ちの方が強くて、その動物について行った。
途中、竹林の中に小さな小川があって、それを飛び越えると、
本当にその途端に、俺は竹林の外に出ていた。
背後でガサガサと音が聞こえたので見ると、その動物の尻尾が
竹林の中にとけ込むように消えていくところだった。
とりあえず「ありがとうございました」と頭を下げた。
ちなみに、親父はタケノコをリュックいっぱいに採ってきて、
俺の話しを聞くと「感謝しておけ」と頭をクシャクシャやられた。
そして、採ったタケノコの3分の1とおにぎり1つを竹林の前に置いて帰路についた。
微妙にセコいお礼だった。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/15 19:00 ID:zPzim/L3
>そして、採ったタケノコの3分の1とおにぎり1つを竹林の前に置いて帰路についた。
そういう場合は、外から持ってきたもの(おにぎりとか、お菓子とか。酒があればなお良い)を
ちょっとだけ、お礼の言葉と一緒に置いてくればいいんだよ。

タケノコや山菜など、その山の物はそこに住むモノたちのものだから、
取ってしまったものはそれを咎められない限り、無理に返さなくても良い。
咎めて来ないということは、持って行く事を赦してもらえているということだから、
感謝して頂いてよい。

そのへんのもの根こそぎ全部持って行くとか、潰すような真似をしなければ、
山は基本的に人のやる事にいちいち干渉はしてこないし。


☜1日1クリックの応援お願いします



244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 11:13
ずれるのかよ。
その日も漏れはお気に入りの場所で木に登ったりして遊んでいた。
そうこうしているうちに陽気に誘われてか何やら眠気が襲ってきた。
普段はこんな事ないのに、その日に限って無性に眠く、それ以上
遊び続けることが億劫になってしまった。
山道を下って祖母の家まで行くのも面倒になった漏れは、木の下に
生えているクローバーの群生で寝転んでそのまま寝入ってしまった。
漏れ的には少しだけ眠ってそれから帰ろうと思っていたのだが・・・・・。
目が覚めてみると、辺りは月の光に照らされた、薄明るく青い世界が広がっていた。
そんな状況で心細くなった漏れは、居た堪れなくなり、速攻で家に帰ろうと
立ち上がり、走り出そうとした。

つづく

251 :244:04/04/01 21:11
>>248
勝手に続き書くなよな!w

いや、上司に見つかりそうになったから書き込めなかったんだな。

続き

気がつくと夜になっていたわけだが・・・・
立ち上がり、走り出そうとしたとき背後からいきなり声をかけられた。
「坊主、こんなところでこんな時間に何をしてるんだい?」
突然の出来事に心臓が口から飛び出すほど驚いたが、暗闇の中心細かった漏れは
人恋しさもあって、人の気配に安堵しつつふりかえった。
そこには初老の老人が二人いて、優しげな笑みを浮かべて漏れの事を見ていた。
老人の笑顔を見てさらに落ち着きを取り戻した漏れ。
今までのいきさつを話し、これから山を降りる所だということを伝えた。
すると老人は口をそろえたようにこう言った。
「坊主は良くこの辺りで遊んでいるな?ちょくちょく見かけていたよ」
「そうかぁ、XXXさんとこの孫か」
どうも二人は漏れの祖父祖母を知っている様子。
漏れはこの近所に住んでいる人なのかなぁ?などと思っていた。
「まぁこれから山を降りるんじゃ暗いだろうからこれをもって行きなさい」
そう言って片方の老人が懐中電灯を貸してくれた。
「あぁ、それからこれももって行くといい」
もう片方の老人がそう言いつつ漏れの手に渡したもの、それは笹の葉でくるまれた
何だか分からないものだった。

つづく

252 :244:04/04/01 21:16
漏れは唐突に現れた二人の老人の親切極まりない行動に、少し警戒心を
抱き始めていた。
子供の考えることなど、年を重ねてきた人間には手に取るように分かるものなのだろう。
その感情は二人の老人には、さも訝しげにしているように見えたようで
こう切り出してきた。
「私たちはこの近所に住んでいるものだから、そんなに怪しまなくても大丈夫だよ」
と。
母の生家の事情も知っているようだし、終始優しげな笑顔を浮かべている
老人達だったので、漏れはそれ以上老人達を疑うことを止めた。
その後少し話をして、切りの良い所で礼を言い老人達と別れて
漏れは登ってきた山道を降りていった。
道に入ればそこは木の生い茂る暗い道。
老人が貸してくれた懐中電灯がなければ、それこそ鼻をつままれても分からないであろう
暗闇の中を歩く羽目になったはずだ。
難なく山を降り、母の実家へたどり着いたとき、実家では一騒動巻き起こっていた。
もちろん渦中の人物は漏れである。
日が落ちたというのにまったく帰ってくる気配のない漏れを心配して
周辺地区の人を集めて捜索に出るところだったというのだ。
あの時は本当にこれからの人生分のお叱りを合わせても余るほどにこっ酷く怒られた。
そんなこんなで落ち着いて、山の上での出来事を話し、老人に借りた懐中電灯と
謎の包みを家族に見せたのだ。
つづく

253 :244:04/04/01 21:19
懐中電灯は後で返しに行かなくてはなぁ。
そんなことを父が口走りつつ、笹の葉で包まれた珍妙な包みを解いた。
中からは杉の葉っぱがもさっと出てきたが、それをどかしてみると
桜の葉が巻かれた旨そうな桜餅が3つ出てきた。
何か不思議な光景だった。
謎の二人の老人と懐中電灯、そして桜餅。
父はキョトンとしていたのだが、祖父と祖母、そして母はなんとも言えない
表情をしていた。
まだつづく。

254 :244:04/04/01 21:22
漏れが子供の頃に山で体験した話はここまでなのだが、その後高校に入った漏れが
そのときの話を何とはなしに両親に振ってみたら面白いことが判明した。
実はうちの母も、幼少の頃に漏れと同じような体験をしていたというのだ。
そのときもやはり老人が出てきて桜餅を貰って山を降りてきたらしい。
ただ少し違っていたのは、懐中電灯ではなく老人の一人が一緒に山を降りてくれたことと
老人は3人居たということだった。
その話を聞いてから母の実家を訪ねた際に、祖母と祖父にも同じ質問を投げかけてみたが
漏れのときと同様な話を聞かせてくれた。
あと少しつづく。

255 :244:04/04/01 21:46
件の裏山は母方の実家が、先祖代々受け継ぐ持ち山だそうで、
漏れや、母が遊んでいた平地の杉の木も、ご先祖が植えた物らしい。
しかし、漏れが生まれる少し前にそのうちの一本は枯れてしまって
今では、枯れても尚頑丈な幹と太い枝を少し残しているのみだ。
漏れが遊んでいた頃はもう少し枝が張り出していたのだが、年を追うごとに
風化してしまい、近々切除しようかと言う計画が持ち上がっている。
漏れ的には何かの形で残したいとは思うので、母の実家の上がりかまちにでも
輪切りにして置こうかという話もある(w
で、老人のことだけど、ここまで来ればもう落ちというか、正体らしき物
も掴めているだろうけど、祖父、祖母、母、漏れの4人の見解は
満場一致で杉の木の方々だろうと言うことで落ち着いています。
いろいろ話し合った結果、そんな知人やご近所さんは居ないし
母子そろって同じ体験をしているし、という事で・・・。

怖い話でもあり、微笑ましげな話でもあり。
なんともつかみ所のない奇怪な体験でした。
杉の木の方々に感謝。。。

信じられないかもしれないけど、信じてくれとも言わない。
ただただ、全ては思い出の中にあるのみ。




☜1日1クリックの応援お願いします




678: 本当にあった怖い名無し 05/01/26 08:26:13 ID:CA4jcXyw0
ドコモさんが女性と聞いて、なるほどと思ってしまったのは俺だけ?
みんな忘れてるのでは?
山の神は女性。で、嫉妬深い。女性の入山が禁忌の山もかつては
多くあったし、女性を人柱にしたり人身御供にした例もある。
鉄塔の中の異変は、神域に鉄塔建てちゃったんじゃないの?
もともと、そういう儀式を地元では人知れずやってたわけで、鉄塔が建とうが
儀式の場所は変えなかったってわけ。昔と違うのは、生け贄が人間の女性でなく
獲物か家畜か犬かなんかで代用していたんじゃないかと思う。
そういう、いわば山の神の食事場所に、三人が入っていってしまった。
入るだけでも禁忌なのに、勝手に掃除したりするし、女性連れとあっては
黙っておれなくなったのだろう。
下山の時点で同僚二人は山の神に操られており、禁忌を犯した代償として
ドコモさんを、置いていくよう神社に呼ばれていたわけだ。
そんで、それが出来なかったので、二人のうちどちらかを、自分のお相手
として残すため、自分の住みかに誘った。
と考えると、つじつまが合う。
行方不明の一人は、山の神様と暮らしているんではないかな。生死は分からないが。
いなくなったのって、どっちかっつーと男前の方なんじゃない?
もう一人の人に、どこへ行って何があったか聞けば、だいたい分かりそうな気もする。

何にしても、神社には行かなくて正解。でもしつこい神だと、仕事にかこつけて
同じ場所に呼び出そうとするから、そうなる前に早めにお祓いした方がいいな。
山の名前に、神っぽい名前とか女性名とか、動物名ついてないか?
例えば八幡とか、犬神とか権現とか。
あれば、もし神社に行くのなら同じ系列の、本社に行った方がいいな。
要するに、チンピラに因縁つけられたら、親分のところに話をつけてもらい
に行くようなもの。
寺の方はわからんわ。


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ