【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 山神様





603:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 14:37:36 ID: ID:5OHdo9G70

ごめん文章書くの慣れてなくて大した話じゃないのに長くなった。

20歳ちょっとだったか、まだ実家でぷーたろーやってた時。
ウチは物凄い田舎で家のすぐ傍が森とか山みたいな所だったのよ。
そんで何もやる事ないし家にいたら親がグチグチうるせぇからそういう場所をうろついてた。
その時期何かもう何もやる気なくてどーでもいーやーって感じで山道登りながら自分の事を考えてたら、
いつの間にかいつも歩いてる山道から逸れて道無き森を彷徨ってた。
今のオレなら絶対取り乱してたけどその時は別に死んでもいいやって気分。

しばらくふらふらしてると何か細い道っぽい所に出て、藁のテントみたいなのと焚火。
そこで着物姿の人間もどき子供とじいさんが二人居た。
何でもどきかって言うと、常に笑顔なのよ。しかも最初から髪なんか無かったかの様なつるっぱげ。
挨拶しても近づいてもとにかく微動だにしないにたーっとした笑みが張り付いてる、しかも二人とも同じ顔。
子供の方は凄まじくお肌つるつるだけど顔立ちはしわしわのじいさんと全く瓜二つ。血縁と言うより年齢差のあるクローンって感じ。
二人とも昔にタイムスリップした様な雰囲気で「あ、この二人は人間じゃねーな???」って何となく感じた

声かけようか戸惑ってた所で、じいさんの方が「迷いましたか」って声をかけて来て。
トントン拍子に二人の家?で休んでいく事になった。
じいさんは話してても「そうですか」「ゆっくり休んでください」みたいな事しか言わない無口なんだけど子供の方はやたら口が達者だった。
「何処から来た?」「一緒にコマやろうや!」みたいな事から、何故か「お兄ちゃんプレステ買ってww」みたいな事も。まぁ普通のガキか。
でもやたらプレステに執着してた以外にコマとか花札とかゲーム関係全般詳しくて面白い話をいろいろ聞かされたし遊びも付き合った。
そんな風に過ごしてたらじいさんが「どうぞ」ってお鍋で作ってた雑炊の様なものを差し出して来た。


604:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 14:41:14 ID: ID:5OHdo9G70

何かね、見てくれはゲロみたいでマズそうなのに物凄い良い匂いがして食べない気になれない。無理。
食材がいろいろ入ってるんだけど匂いだけで何が入ってるか解る。
卵とか肉とか魚とか、野菜とかとにかく入れるもの全部入れましたよーって感じなのに全てが調和されてる。
全部の食材の味が恐ろしいくらい引き立ってるのに一つの味として成立してるみたいな。
上手く説明出来ないんだけどとにかく美味かったの。素人舌でもあれは簡単に作れるものじゃないって解る程ね。
他にも華の香りのする酒とか蜜柑と魚の和え物ももらったんだけど全部美味くて、でも何か切なくなる味でいつの間にか涙が出てた。
そしたらガキが「どうした?」って尋ねて来てその拍子に今まで家族にも言えなかった事を泣きながら全部話してたw

シクシク泣きながら高校中退したとかいじめられてたとか言ってたらじいさんが優しく背中撫でながら相槌返してさらに号泣。
もう死んでも良いなんて愚痴ったら「今死んだら極楽に行けないぞ!まだ若いしやり直し効くって!」
みたいなオッサン臭い説教を受けてちょっと立ち直って来た所でおじいさんが麻袋を藁テントから出して来て。
「もうあなたは行きなさい。ここに居たらいけない。……これをどうぞ。」
お土産のつもりだったのかそれをもらって、子供に案内されて山道まで来たらいつの間にか子供も消えてた。




605:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 14:44:15 ID: ID:5OHdo9G70

それから麻袋の中身を確かめたら中身は石鹸。梅みたいな香りで嗅ぐだけでお腹空きそうな感じ。
石鹸使おうかな、とか考えながらも山歩きで疲れたからその夜は早々に寝てしまったんだが。
突然深夜物凄い激痛に襲われて「アイツらの飯が当たったかクソー!」みたいな気持ちでブリブリしてたんだが止まらない。
とにかく中々ウンコが止まらなくて、治まった頃はもう朝だった。2時間くらい経ってた気がする。
しかもその後、酷い虫歯になったり2、3日熱で寝込んだり、原因不明の骨折とかが1カ月くらい続いてさすがにあの二人を疑ったんだが。
骨折が治ってしばらくしてから突然酷い眠気とだるさに襲われて丸2日くらい殆ど眠りっぱなしの状態に陥ってから、
それ以来突然身体が軽くなって、快活な気分になった。いろんな事がしたいと思い始めて衝動的にバイトやりまくったり。
風俗行ったり毎日走ったり資格勉強したりめちゃくそ元気。しかもあれから一度も風邪ひいてないんだよな…。

少し経って、忘れてた石鹸の事を思い出してこれも何かあるのかなと思っておそるおそる洗面台で使ったら。
ボロッ……って消しゴムのカスみたいに手の垢がボロボロ出るトンデモ仕様の石鹸で勢いで風呂場直行。
勢いに任せて石鹸で身体擦るとまた出るわ出るわで、とうとう濁った油みたいなのまで出てきた。
しばらくその石鹸を使ってから劇的に肌が綺麗になってニキビ肌だったのに今はつるつるになってる。
しかもそれから常に「○○って良い香りがするよな」とか言われる様になってやたら友達が増えたりモテた。

今は必死に頑張って、美容師になれたけどそれもあの二人のおかげなのかな。
でもあの二人に出会うのが本当にオレで良かったのか。そもそもアイツらは一体何だったのかは気になるよ。
あの後また同じ場所に行こうとしたんだけど足が竦んで無理だった。
何故か、今行ったらもう二度と帰ってこれない気がしたから。




606:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 14:51:24 ID: ID:iyDRVH9JP

>>603
面白かった。ありがとお




607:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 15:01:54 ID: ID:l5aXVw0F0

なんだろ、おもしろい。
山の神様かなぁ。
天然集中デトックスで>>605の悪いものを強制排出させたみたいだw
日常的な毒素からそれこそ憑いてた悪因縁まで。
んで、その石鹸が非常に欲しいwww




610:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 16:39:12 ID: ID:Dzpi182M0

>>603
面白かったし読みやすかった!
ありがとね。




611:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 17:11:11 ID: ID:2S7GzKidO

情景が浮かんできて楽しかった

世にも不思議な物語に出てきそうだね




612:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 17:16:27 ID: ID:KDeR5/M2O

体の毒が全てなくなるってどんな感じなんだろう。
体験してみたい…。




613:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 18:00:44 ID: ID:odvsZNWP0

なんか星新一の小説思い出した。
いろんな食べ物やそれ以外の物もガンガン食いまくって、最終的には自分が万病の薬になるやつ。




615:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 18:47:04 ID: ID:t6FWTr080

なんか筒井の薬菜飯店みたいなはなしだなw
こんな役に立つ妖怪(?)もいるんだな、冷え性の自分としてはぜひ紹介してほしいw




616:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 19:21:41 ID: ID:Nj5pt6aR0

妖怪の間でもプレステ人気らしいのが面白かったw
石けん大好きなので、妖怪のデトックス石けん欲しいわー。




618:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 20:06:15 ID: ID:wJd5hdjbO

>>603
その雑炊食べたい
久々に面白かったです。




619:名無しのオカルト 2010/11/18(木) 20:20:07 ID: ID:ee6Od4p70

>>603え~わ~


オカルトランキング ☜1日1クリックの応援お願いします




ガキの頃の話。

クソど田舎に住んでて、実家は農家。家のすぐ裏に山があって山道をしょっちゅう走り回ってた。

ある日、うちでとれたリンゴを友達におすそ分けしに行った帰りのこと。急な通り雨にひっかかっちゃってさ、すっごい豪雨だったからどっかで雨が止むまで待つことにした。

でも近くに家なんてないし、自分ん家までもちょっと遠い。まいったなー、このまま濡れてくしかないかー、って思ったんだけど、ふと道の脇を見たら奥の方に鳥居が見えた。

 
何年もこの道を通ってきたけど、神社があったなんて知らなかったが、とりあえずそこで雨宿りさせてもらった。昼過ぎで明るかったし、怖くはなかった。

30分とたたないうちに雨が止んだからお礼をしてそのまま道を下って家に帰った。
家に着いたとたんお袋に泣きつかれ、親父に殴られた。俺はおすそ分けに行ったきり一週間も行方不明だったらしい。
おれは1時間ぐらいで帰ったはずなんだけどね。いまだによくわからない。





☜1日1クリックの応援お願いします




よくある話だけど、今から20年くらい前の実体験。

小学校時代によくオカンに登山へつれていかれた。

すこぶる健脚…というより、落ち着きがないアホガキだった自分は、親や一緒に登山に来ていた親の連れてきた同年代の子を置いて、突き進みまくっては分岐点でみんなを待つのを繰り返していた。

どっかの山でもそうやって分岐点でボンヤリ待っていたら、なんかザクザク足元から音がする。なんじゃろな、ってちょっとルートから段差のあった竹やぶを覗いたら、知らないおじさんが地面を掘ってた。

アホガキだから当然竹やぶに入って、掘ってる横からえぐれた土を覗き込み、

「おじさん、なんかあんの?」

とか声をかけたら、優しそうな顔でこっちを見て、

「山芋。試しに掘ってみるか?」

なんてスコップを渡してくれた。

よくわからんが、アホガキだから当然のように手伝う。知らないものは全部やりたがって喜ぶ性格は未だに進歩していない。

ほそっちょろい芋1本の半分も掘れてない頃に、親が分岐点についたのか、自分の名前を呼び出した。

遊んでくれてありがとうとかなんか言ったら、でけぇ山芋2本握らせてくれて、もっかい頭なでられて「持って帰れ」って言われた。

知らない大人に遊んでもらえた上に、頑張ったのが認めてもらえた事に大喜び(色々山の植物について聞きまくって、結局邪魔してるんだろうなって多少は自覚があって、まさか頂けるとは夢にも思ってなかった)で、頭上に両手で芋握りしめて振りまくって居場所アピール。

オカンがこっちに気付いてくれたから、おじさんにお礼を改まって言おうとしたら、掘った穴ごとおじさんが消えてた。ポカンとする自分、手には山芋。

山芋持ち帰って子供ながらに不可解なあらましをオカンに説明したら、

「神様の邪魔までしちゃダメやろ」

と笑いながら怒られた。

みんなで集まって、さっきまで自分がいた場所に全員で頭を下げて、自分は当時(自分にとって)メチャクチャ貴重だった板チョコ半分も土に埋めて帰った。

神様、アホガキの子守ありがとうございました。


744:本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/29(火)00:52:30ID:JKsvvNI5O
ついでに思い出したの追加。

登山をしたらロッジに泊まる事が多々ある話。ロッジに泊まれば大人は宴会もよくある話。子供は寝床に放り込まれて寝かされる。

一旦寝てたのが、何かの音がして目が覚めたから時間は不明。

隣というか、扉を隔てた遠くの部屋から大人の声が聞こえたのと、周りに人が居なかったから多分そんなに遅くなかったのかもしれない。

何で目が覚めたのか、ぼんやりした頭で考えていたら、ロッジの窓ガラス側から音がするからと気付いた。

トン、…トンキュー、トン、…トンキュー…

風が窓にぶつかる音かと思ってたけど、やたら規則的に続く。

おかしいなと思って、窓の方をじーっと見てたら、白っぽい手がドアを叩いて
トン(握り手の手の小指側で軽く叩く)、…トン(同じ叩き方)キュー(人差し指で窓ガラスを上から下になでる)。

これをひたすら繰り返してるのが、風で妙にユラユラしてたカーテンの隙間からチラチラ見えた。メチャクチャ怖くなって寝袋に頭までもぐってそのまま寝た。

単なる誰かのいたずらかも知れないし、夢を見ただけかもしれないけど、とにかく怖かった体験。




☜1日1クリックの応援お願いします




うちの一族はもともと九州南部の山間の小さい集落に住んでいた一族で、集落の名前(地名)=一族の苗字、集落全体が親戚って感じです。

そんなうちの一族に伝わる不思議な話です。

もともと別の土地に住んでいたらしいのですが、戦に追われ一族郎党でその山に逃げ込みました。

着の身着のままで上は老人、下は乳飲み子で食べるものもなくなり、山中で精も根も尽き果ててあたりも暗くなり、もはやこれまでか…とみんなあきらめかけたそうです。


すると闇の中から人影が現れ言いました。

「こんな夜中に幼子を連れて山にいるやからがいるといわれて様子を見に来たら、本当にいるとは驚いた」

地元の人間が警戒して偵察に来たと思った長老が、明日になればすぐに立ちさる、もうしわけないが見逃してくれ。と頼みました。

人影は、疲労こんぱいの一族を見回し、しばらく考えると

「ここでは夜露をしのぐにはつらかろう。あっちに窪地がある。そこで火を焚き暖を取るといい。」

そういうと山の中に去っていきました。その場にとどまっても仕方ないと、言われた通り窪地に移動して一夜を過ごしました。

夜が明けて、とりあえず移動しようとすると山の中から「鷹(たか)のような異形の男(口伝のまんま)」がイノシシをかついで現れました。

驚いていると「姉者のお恵みじゃ。喰え」と言いました。

その声は昨晩、窪地を教えてくれた人影の声でした。警戒しながらも腹をすかしていた一族はありがたくいただきました。

ご飯を食べてる間、「鷹のような男」は長老たちに、どうしてここにやってきたのか、これからどこにいくのか聞いてきました。

いままで住んでいたところを追われ、行くあてはない、と答えました。「鷹の男」は話を聞くと

「このまま山を下ると川にあたる。そのまま川沿いに下ると大きな岩がある。その辺りは弟の縄張りだ。話は通してあるからそこに集落を作るといい」

そういうと、いつの間にかいなくなっていました。

あれは山の神の使いに違いないと思ったご先祖様は、言われた通り川沿いにあった大岩の近くに集落を作りました。

以降、大岩周辺にいる神様を
「山裾(やますそ)さま」

山中で出会った「鷹の男」の神様を
「山中さま」

「鷹の男」が言っていた「姉者」を
「山上さま」と、呼んで奉りました。

以上が小さいころに聞かされた、集落創立の昔話です。

ちなみに集落近くにいらっしゃるせいか山裾様の目撃例が一番多く、かなりの人が川沿いの大岩で日向ぼっこをしている大きなフクロウを見ています。

大岩近くで川遊びをすれば水難に遭わないといわれていたので、夏になると子供たちがよく泳いでいるのですが、その子供たちを楽しそうに大岩から見ている山裾様が目撃されています。

逆に、山上様は見たという人はおらず、その存在も山中様の「姉者」という発言と山頂にある祠(ほこら)からしかその存在は確認できません。





☜1日1クリックの応援お願いします




秋田のマタギたちの間に伝わる話に「サカブ」というのがある。
サカブとは要するに“叫ぶ”の方言であるが、
マタギたちがいう「サカブ」とは山の神の呼び声を指すという山の神は時たま、
その神力を持ってマタギたちに「サカブ」ことがあるという。

秋田県は北秋田市に住む山田岩蔵という老マタギの表現によると、
山の神の声は「細く堅い声で、遠い遠い処で響く鉦の音に」似るという。
岩蔵マタギは人生で二回、この山の神の声を聞いたそうで、
頭を強打して気が遠くなった時のような、耳鳴りのような、
どちらかといえば振動、あるいはテレパシーのようなものであったそうである。



山の神の「サカブ」はだいたい吉祥であり、しかも集団で狩りをしていても全員には聞こえず、

その狩猟組の頭領(スカリ)か、もしくは一、二を争って腕の立つ者にしか聞こえない。

東方より聞こえる「サカブ」が最も良く、その方向に進むと必ず獲物を授かったという。


あるとき、大平山奥地のイグス森という場所で、あるマタギがこの「サカブ」を聞いたという。

それから「サカブ」の示した方角に二里余り進むと、

果たしてそこには今までに見たことがないような巨熊が居り、

捕らえてみると七尺五寸を超える、ツキノワグマとしては規格外の大物であったという。

また不思議なことに、この「サカブ」はマタギだけでなく、留守を待つ村の者たちにも時折聞こえる。

そんなときは必ず猟の成果があった時であるので、そんなときはいち早くマタギ衆を迎える準備をするという。





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ