【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 妖怪



934 :本当にあった怖い名無し[age] :2010/08/04(水) 17:35:49 ID:8NqaW0KP0
いきなりものすごい長文失礼します。 
あの、皆さんは小さいおじさんって知ってますか? 
今結構ネットとかで話題になってると思います。 
緑のジャージに禿げた頭が特徴だそうですが・・・

あの、何が言いたいのかと言いますと、 
僕は見たという人に聞いてみたいんです。 
本当にそれは緑のジャージを着たまるで妖精のようなおじさんだったのかを。

僕も見たんです。 
ただ、それが皆さんの言うおじさんとは違うのです。

これは7年前の話なんですが、 
僕は大学生である郊外のぼろアパートで一人暮らししていました。 
僕はよく隣の部屋の友人と遊んでいました。 
彼はいわゆる見える人で、不思議な友人でした。 
よく道端で独り言を言ったり、晴れの日なのに傘をさして片方長靴をはいて木に話しかけてるのも見たことありました。

普通なら近寄りたくないような存在ですが、 
彼は同じ大学で、とても面白い話をするのでよく遊びました。 
まあ、遊ぶといっても外出はしたことないですけど。 
お互いの家に行くぐらいでした。

大学4年の終わりごろのある日、自分の家で何か変なものを見たんです。 
机に座ってレポートを書いてるときに、ふと休憩しようと思って 
冷蔵庫の所に向かってる途中に、床を何かが走っていった気がしたんです。 
え、まさかゴキブリか!?と思って探したんですけど見当たらなくて、 
諦めて冷蔵庫へ行って戻っているときに机の上に何かが座っていたんです。

935 :本当にあった怖い名無し[age] :2010/08/04(水) 17:40:56 ID:8NqaW0KP0
それはすごく小さい人間でした。 
頭に髪はなく、ちょっと小太りに見えました。 
ただ、服を着ているというよりも赤い何かもやもやしたものをまとっていました。 
それが時には黄色に、時には緑に、といったように結構な早さで変化していました。

そして僕は彼と眼があったんです。 
すると彼はものすごい形相でこっちを見ていました。 
確かに笑っているようにも見えましたが、あれは確かに怒りの形相でした。 
僕は一瞬の出来事にものすごくゾッとしました。 
しかし彼は一瞬にして消えました。

レポートを書くのに忙しい日々だったので、多分疲れてるんだろうと思って 
その日はとりあえず寝ました。 
ところがその次の日からそれが毎日出るようになりました。 
部屋のあちこちに現れては目が合うと消えました。 
さすがに怖くなって毎日見るのはおかしいと思い、ある日隣の友人の家に行きました。 
彼とは何週間か会ってませんでした。 
彼の家のインターホンを押してしばらくすると、彼が出てきました。 
僕は謎のおじさん?のようなものの話をしました。 
すると彼はきっと幽霊でも連れきてしまったのだろうと言って、 
お札を持ってきました。これを風呂場や台所に貼っとけば大丈夫、というので 
とりあえずもらいました。そして部屋の東西南北に、塩を盛るといいよ、 
と言いました。 
その後彼と少し他愛のない話をしました。 
彼もレポートで忙しく、またしばらく会えないだろうと言っていました。 
そんな感じで話した後、自分の部屋に戻りました。 
そしてふと気付いたんですが、彼の部屋がいつもとは少し違っていました。 
彼の部屋にはお札があちこち貼られていたんですが、 
その数が明らかに増えていました。 
でもそのことは大して気になりませんでした。

936 :本当にあった怖い名無し[age] :2010/08/04(水) 17:43:41 ID:8NqaW0KP0
部屋に戻った僕はとりあえず言われた通りにお札を貼り、 
塩を盛りました。 
その後もおじさん?のようなものを何度か見たんですが、 
頻度が明らかに減っていたので、お札の効力が出ているんだと思い、 
様子を見ました。 
そしてとうとう見なくなりました。 
その後は何も起きず、普通に生活していました。 
そして無事大学を卒業して、仕事のために引っ越すことになりました。

友人も同様に引っ越すことになっていて、僕の引っ越しの日の前日に 
僕は彼とお別れ会のようなものをやりました。 
といってもただ単に僕の家で、彼と飲んでただけなんですけど。 
しばらくたって、僕はおじさん?のようなものの話をしました。 
すると彼は、そのことなんだけどさあ・・・、と切り出しました。

937 :本当にあった怖い名無し[age] :2010/08/04(水) 17:44:40 ID:8NqaW0KP0
そして彼はあのおじさん?のようなものについて語りだしました。 
あれは、霊の集合体で、災いを呼び寄せるものだったらしいのです。 
服?の色が変わるのもそれに関係してると言っていました。 
彼の知人が不幸な目に会っているとのことで、見に行ったところ 
その霊を見つけて連れてきたんだそうです。 
最初は自分の家に置いてたけど、その霊が手に負えなくなったらしいです。 
考えた挙句、僕の部屋に連れて来たというのです。

僕は唖然としていました。 
この人何しちゃってくれたんだ!? 
怒りと驚きの入り混じった僕をよそに彼はつづけました。 
僕にはなかなか良い守護霊がついていたらしいのです。 
確かに去年、父方のおじいちゃんが死んだばかりでした。 
それを利用してその霊の集合体を浄化させようとして、 
結果的にうまくいったらしいのです。 
つづけて彼は僕に何度も謝罪しました。 
僕は何だかよくわからなくてとりあえず彼を許しました。


938 :本当にあった怖い名無し[age] :2010/08/04(水) 17:47:48 ID:8NqaW0KP0
それから7年がたって、職場の友人が小さいおじさんが話題だと 
言っていたのを聞いて、そのことを思い出して話したところ、 
ここに投稿してみてくれと言われて投稿してみました。

補足しておきますが、不思議な友人とは今でもたまに会っています。 
それとおじさん?が部屋に出ることは当時は誰にも話してません。 
頭がおかしいと思われそうだったので。 
最後にその当時自分の部屋には誰も入れてません。 
レポートやらなんやらで忙しかったので。
仕事が忙しいので返信するのが難しいと思ったので補足を書きました。

皆さん、つまらない話を長々と続けてしまいすいませんでした。



 ☜1日1クリックの応援お願いします




106 :本当にあった怖い名無し:2010/08/11(水) 00:43:53 ID:SKf2HIaz0
俺がまだ小学校低学年くらいだった話。
普通の住宅街にあるマンションの3階に住んでいたのだが、ある日子供部屋の中を横切ったとき、ピィーンと耳鳴りがしたと同時に金縛りにあった。
当時はまだ金縛りなんていう知識も無く、ひたすら混乱していた。
ふと視界のぼやけ、というか意識がはっきりすると、自室の窓から外を見た状態で固まっているのに気づいた。
窓から見える風景はマンション周囲にある一軒家の屋根を若干斜め上から眺めたようなもので、遠くまで屋根が続いている。
体が動かないので仕方なくそのまま外を眺めていると、ふと遠くの屋根の上から丸いものが覗いて出てきた。
俺には一瞬でわかった。「人の頭だ。」
誰かが屋根に上ってるのかな?と思ったがどうもおかしい。
その屋根は相当遠く、小さく見えるのに頭だけは数十メートルの距離から見たかのような大きさだ。
ずっと見ていたはずなのに、その頭は突然一個手前の家の屋根に。
また一個手前の屋根に。また一個、また一個・・・。
巨大な頭が迫ってくる光景に俺はただ震えるだけだった。
窓枠からみえる光景に占める頭の割合が増えてくる。
どんどん、どんどん。
「あああああああああ、うあぁぁ、ああああああ・・・」
正常な思考などは吹き飛び、ひたすら恐怖に震えるだけだ。
何か見てはいけないような、おぞましいような、根源的な恐怖。
のどの奥が締め付けられ、熱く痛い。涙が無性に流れる。全身の体が抜ける。
窓が顔で埋められるかと思った瞬間、意識を失い倒れた。
気がついた瞬間、視界は床で満たされていた。
これは幸いだった。何故なら窓の外に何かの存在を強く感じたからだ。
このときほど危険な何かがそこに存在している気配を感じることは無かった。
見てはいけない。終わる。
そう感じた瞬間、その場で毛布をかぶり震えていたい衝動を抑え、家族がいる場所へ駆け込んだ。
こうして事なきを得た。家族はそのようなものを見ていないという。
「ピングー」という粘土のアニメーションに出てきた巨大なセイウチがまさにイメージに合っている。
最近になって動画サイトでそれを見つけ、否応も無く記憶を鮮明に呼び起こされたため、ここに記録しておく。



☜1日1クリックの応援お願いします




日露戦争の際には、香川県高松市の浄願寺の禿狸とその一族が出征したという。

得意の変化の術で、小豆一粒を兵隊一人に見せかけて戦い、あるいは狸が兵隊に化けて山をつくり、そこに敵兵がのぼってきたところで、山をひっくり返したなどの話が伝わっている。

今治市にいた梅の木狸などは、一族を引き連れて日清・日露のどちらの戦争にも出征したそうで、赤い軍服を着た一隊として活躍したそうだ。

敵がいくら射撃しても、赤い軍服を着た兵隊には一発も当たらず、逆に赤い軍服の者が撃った弾は百発百中だったという。

この他、太平洋戦争の際にも狸の加勢で助かったという話があるようだ。




☜1日1クリックの応援お願いします




爺さんは第2次世界大戦中、自分で前線へ志願したそうだ。それも最前線でと。
しかしその頃は半分教官のような立場であり、役に立つ人材だった爺さん。
前線とは名ばかりの補給もしっかりした、かなり安全な基地だったそうだ。
爺さんはひがな一日将棋でもしてるか、基地の周りを散策してたそうだ。

ある日、妙な噂が基地の中で流行ったそうだ。
「山の中で人間と猫?を合わせたような怪物がいる」と。

俺は爆笑した。
Aは、ほらぁ…っていう顔をしていた。



爺さんも同じ反応で大爆笑し、
暇を持て余していたこともあり、「どれ俺が探してきて鍋にでもしちまうか」などと言い、
夜、目撃があった山の中腹に、哨戒がてら捜しに行ったそうだ。
行ったのは夜ということもあり、爺さん含め山のベテランばかり。
山に入り、やっぱりいないじゃないかガハハなんて軽口を叩き合ってたらしい。

そんなこんなで折り返しのところをすぎ、そろそろ帰るかーなんて言ってるうちに、
哨戒の列の一番後ろのやつが、「おいー...なんか変な音がするんだけど」なんて言い始めたらしい。
そいつはその中で一番若かったらしく、ビビりめ!なんてバカにされて笑われてたのだが、
ザッ....ザッザッ ザッ.....ザッザッ
なんて、まるで軍靴の行軍みたいな音がしたらしい。



この話をしてるAが、
『これから話すことは、俺も爺さんに聞いて笑って怒られたんだ、笑うなよ…』 なんて言ってきた。

その音は、真後ろというよりは斜め後ろからこっちに近づいてるようであった。
幽霊とかは全く信じない爺さんらしかったが、えもいわれない恐怖に襲われたらしい。
ザッ....ザッザッ ザッ.....ザッザッ
爺さんは手に持っていた小銃を向け、どこの部隊だ!と叫んだそうだ。
そして痺れを切らし、音のする茂みを超えると…
2足歩行している大きな猫?狸?明らかに大きすぎる哺乳類の団体だったそうだ。
2足歩行で、隊列というか守備良く並んで。

俺はまた爆笑した。



爺さんはよくわからん恐怖に陥って、仲間共々逃げ帰ったそうだ。
基地に帰ってから、夜は山に入らない!という規則を作ったそうだ。
それからは特に何事もなく、戦争も終わり日本に帰ったそうだ。





☜1日1クリックの応援お願いします




日清日露戦争は神様や妖怪(狸や狐含む)が戦争いった逸話沢山残ってるみたいね。
うちの地元の狸も日露戦争いった逸話が残ってる。昔別スレにも書いたんだけど、 喜左衛門って言う狸で、背中に○に『喜』って文字が入った赤いちゃんちゃんこ着てたそうで、その狸が日露戦争に出兵して、小豆に化けて大陸を渡り、 上陸するとすぐ豆をまくようにパラパラと全軍に散ったあと、赤い服を着て戦ったとか。

ロシアのクロパトキンって指揮官の手記に 「日本軍の中にはときどき赤い服を着た兵隊が現れて、この兵隊はいくら射撃しても 一向に平気で進んでくる。この兵隊を撃つと目がくらむという。
赤い服には、○に喜の字のしるしがついていた」 っていう逸話が残ってるそう






 ☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ