【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 妖怪



大戦中は陸軍の小隊長か中隊長かをやってた家のじじいの話なんだが。
じじいが消防のころ学校の裏山を少し登った広場でよくあそんだそうだ。
ある日その広場で日暮れまで遊んで、暗くなり始めたので帰ろうとする と広場の縁に子狐が何匹か顔を出したそうだ、狐など珍しくも無い田舎 だが、とてもかわいいのでその時持っていた黒砂糖のカケラをやったそうだが、近かづくと逃げるので近くの石の上に置いたそうだ。

それから何度か似たような事が夕暮れにあり子狐も近くまで寄ってくる ようにはなったが、決して手からは菓子などを食わなかったそうだ。
じじいも上の学校へ進学しその子狐のこともいつしか忘れてしまった。

時は流れて、じじいは陸軍に入った、親類に陸軍の上層部の方がいたの でかは知らないが出世は早かったそうだ。
そして中国へ、ある日小隊だか中隊を率いて川沿いに進軍していた時の こと。 側面から明らかに優勢な敵の攻撃を受けて川と敵に挟まれるよ うな状況になった。川上、川下にも敵に回り込まれ、川を渡って後退す る以外道が無いが、川幅と水深が結構あるので、川を渡る際に狙い撃ち となって全滅してしまう。 進退極まってしまった。

最初に頭に浮かんだ事とは、惨殺された見方の兵士の姿だったそうで、 全員決死の切り込みを考えたそうだ。
その時、敵の方を見ると、ちょうど敵味方の中央に狼が1匹こちらを向い て、ちょこんと座っている。銃弾飛び交いとてもその様な状況の場所では ないのに・・・ そして良く見るとそれは狼ではなく、金色の綺麗な狐だ ったそうだ。 そして次の瞬間。

その狐が2mほど跳ねたかと思うと、ぱッっと尾が数本の別れた。近くの 兵士もソレを見て「わあ~」っと騒ぎ出したそうだ。
狐は分かれた尾から大量の火の粉を振りまいて敵味方の間を走り始めたの で、乾ききった枯れ草が凄い勢いで燃え始め煙と炎が一面埋め尽く したそうだ。これ幸いと、部下に渡河命令を出し、じじいは最後に 軍曹と川を渡ったそうだ。川を渡って追っ手を狙い撃ちにすることとし たが敵はこなかったそうだ。 煙も薄れた対岸を双眼鏡でくまなく見るも の姿はすでになく。部下と一体なんだったのかな?と。
この世の物とは思えなかったので、部下と対岸に手を合わせて心の中で礼 を言うと・・・ じじいの耳元でだれかささやいたそうだ、聞いたことの 無い若い女性の声で・・・・「うまかったぞ」

戦後その広場には小さな御稲荷さんが出来たとさ。



 ☜1日1クリックの応援お願いします



220: 本当にあった怖い名無し 2009/06/06(土) 20:00:40 ID:kO899dyA0

俺が子供の頃の話なんだけど。
 
俺は山の中の小さな村に住んでて、家から少し離れた所に爺ちゃんが住んでた。
その爺ちゃんは、今で言うお払いみたいなことをしていて、狐憑きや村で切れない木があるとの爺ちゃんに頼っていた。
 
俺はそんな爺ちゃんに憧れ、よく家に遊びにいってた。
そんなある日、いつものように爺ちゃんの家に行き、縁側で喋ってた。
 
「俺も大きくなったら爺ちゃんみたいになりたい」
目に見えない者を倒す爺ちゃんは、ヒーローそのものだった。
だけど爺ちゃんは
「やめとけ、こんな事をしても何の得にもなりゃせん・・・お師さんもそうじゃった。」
広い庭を見渡し
「もうここまで来よった・・・わしもそろそろか・・・」
と呟いていた。
 
それから数ヶ月した頃、学校の帰り道で爺ちゃんに会った。
爺ちゃんは田んぼの中を四つ足でグルグル歩き回り、蛙を捕まえ食べていた。
爺ちゃんの目はギョロギョロしていて、舌はだらしなく垂れ下がり口の周りは泥だらけだった。
 
あまりの光景に俺は怖くて動けずに、ただ見ていた。
そして爺ちゃんが俺に気づくと低い唸り声をあげた。
 
俺は走って逃げ、親に爺ちゃんのことを告げた。

 

 

222: 本当にあった怖い名無し 2009/06/06(土) 20:25:12 ID:kO899dyA0

それから数日して爺ちゃんは死んだ。
 
葬式の時、大人は爺ちゃんの顔を見ることを許してくれなかった。
 
それから少したって爺ちゃんの家で、日記を見つけた。
それは爺ちゃんのお師さんが、死んだ時のことが書かれていた。
 
お師さんの身体が弱くなるにつれ、力も弱なっとる。祓ってもきりがない。
どこからともなく物の怪が現れ、お師さんに入り込む。
苦しんで絶命した時は、恐ろしい形相だった。
 
こういう事に携わってると奴らから怨まれるのは当然・・・
力を無くした時に、復讐にくる。
わしも同じ目に合うのだろうか。
 
俺は爺ちゃんが縁側で話したことを理解した。
 
向こうから見れば、爺ちゃんは敵で、祓い逃した奴や人間に悪さをする奴は、いつまでも復讐の時を待っている。
そしてお払いをする人間の最期は静かに死ねないという事を・・・

 

 



 ☜1日1クリックの応援お願いします


297292 :2014/06/25(水)12:59:29 ID:tGhszhMX3
今日は暇なのでついでに物の怪話も一つ置いてきます。

今住んでいる辺りは山が多い地域。ずっと平たいs県に住んでたから最初は山の多さにびっくりした。
とある日曜日、夕暮れ時に夫と車で買い物に行こうとしたらコンクリートで護岸してあるところに何かがよじ登ってる。
あれー、人間にしてはなんかおかしいなと思った瞬間「ダメだ!!見るな!!」と頭の中に声が響いて体が震えてきた。
「山童(やまわろ)だ、気をつけろ!!山に捕まるぞ」とも言われこれは真剣に怖かった。
こんなに民家が近いのに物の怪が出るなんて吃驚したし、何度も言うが怖かった。

以来山の護岸はあんまり見ないようにしている。山には神様も物の怪もいる。大切にしないといけないし
人は領分をちゃんと守らなきゃいけないと痛感した出来事でした。



 ☜1日1クリックの応援お願いします



 777 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/08(日) 13:12:57.41 ID:m8S/OIAw0.net
6歳とか5歳くらいのときの思い出なんだが
その頃は、よくじいちゃんと港に行って釣りしてたんだ
俺がすんでるとこは、海がきれいな場所で海水が透き通ってる
だから深くてもしたに魚がいるか、居ないかはっきりわかる、そんなとこで釣りしてた。
何時ものようにじいさんと釣りしてたら、いきなりその港の半分はあるくらいのそれはもう大きな魚が入ってきた
その魚は、鱗がキラキラしてその光が水に当たって屈折したりしてとっても綺麗だったのをおぼえてる
それは、港を一周して帰っていった。
じいさんは、生きてりゃそんな不思議なこともあるさーってのーんびりして言ってたね
俺は秘かに、彼奴はこの島の海の主かなーっておもってたりする。



 ☜1日1クリックの応援お願いします



199 :天狗@\(^o^)/:2014/10/05(日) 01:59:19.14 ID:8KcAZzMO0.net
僕が通った中学は田と山に囲まれた田舎にあった
2年の春、A教師が赴任してきて担任となった
赴任当初、彼はとても穏やかな性格で面白かった・・・
1ヶ月後オリエンテーションで数キロ離れた寺院に遠足にでかけるまでは
それはとても暑い日で寺までの道のりはきつかった
寺は山の奥にひっそりとあった
到着するとぼくら生徒は喉の乾きと足の疲労で地面に腰を落として休んだ
ふと本堂に目をやると端に天狗のようなものが立っていた
天狗のようなものだが何者かわからない
とにかく髪が長く顔が赤く和装な変な奴
天狗はこちらをじっと睨んでいた
となりにいた同級生のUに変な奴がいるぜと話しかけようとすると
天狗は威嚇するようにこちらに走ってきた
僕は怖くて目をつむって伏せたが背中を強く蹴られた
振り返るとそこにいたのは
天狗ではなく担任Aだった
顔が真っ赤なA
何がなんだかわからなかった
Aはそのまま絶叫した
怒り出して叫んでいる
しかしあまりに興奮していて何を言っているのかわからない
突然背中を蹴られて不満な僕が彼を睨みつけた
とんだキチガイが担任になってしまったとがっかりしたが
天狗のことはすっかり忘れてしまった

200 :天狗@\(^o^)/:2014/10/05(日) 02:01:12.27 ID:8KcAZzMO0.net
Aは社会科の教師だった
遠足の一件以来とてもキレやすい教師になった
穏やかで面白い状態からキチガイにスイッチがはいる
キレたときは生徒は黙ってやりすごすしか手はない
帰りのホームルーム時にまたキレているA
やれやれと右手の廊下ごし窓の外にある森に目をやる

いた
天狗だ
窓に張り付いている
恐怖とともに初めてAが切れたときの記憶が蘇った
前に目をやるとAはハサミを持っていた
いいか!ここを切り裂けば赤い血が流れているんだ
みろ!
と言って左手の袖をまくり腕にハサミをたてて
いっきに縦に切り裂いた
悲鳴をあげる生徒
そのあとの記憶は曖昧で憶えていない

201 :天狗@\(^o^)/:2014/10/05(日) 02:04:12.57 ID:8KcAZzMO0.net
A教師は3年になっても相変わらず担任だった
Aがキレたときは奴を睨みつけていた
しかしAとは目があわなかった

卒業式の日、体育館の窓の外に天狗がみえた
Aはみるみる顔が赤くなり般若のような顔つきとなった
隣にいたUに
A見てみろ!またキレルぜ
と耳打ちした
Uとは仲がいいわけも悪いわけでもなかったが
話したりする縁はなかった
あの2年の遠足以来だった
するとUは
お前やつにキレられたことねーだろ、いーよなー
僕は
バカかよ、2年の最初むっちゃ蹴られたじゃん
反論する僕にUは言った
何言ってんの?
あのさ、Aはお前蹴飛ばしてねーよ
突然倒れたお前助けただけだろ

202 :天狗@\(^o^)/:2014/10/05(日) 02:06:26.99 ID:8KcAZzMO0.net
卒業して数年後
Uが亡くなった
崖から墜落したそうだ
葬儀でAをみた
彼は近寄ってこなかった

203 :天狗@\(^o^)/:2014/10/05(日) 02:07:21.90 ID:8KcAZzMO0.net
お盆
祖父の弟が毎年線香をあげにくる
挨拶にいくと顔を紅潮させて怒り出した
なぜ怒りだしたのかは憶えていない
帰途、彼は特急に飛び込み亡くなった

204 :天狗@\(^o^)/:2014/10/05(日) 02:12:38.56 ID:8KcAZzMO0.net
今、この町には田と山と朽ちた家々しかない
誰もが町を離れ、年老いた人がひっそりと暮らしている
そして今年母が逝った
僕もこの町を離れようと思う

離れる前にAと会うつもり
長い間、僕のことが怖かったのかききたかった





 ☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ