【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 稲荷系



151 :ちんぎす :03/03/17 09:35
太平洋戦争中、曽祖父は兵役で東南アジアに出征していたそうです。
と言っても戦闘要員ではなく、現地に補給用の鉄道のレールを敷く工兵部隊の、小隊長を命ぜられていました。
小隊長といってもふんぞり返っていられるわけではなく、自分自身も一緒に作業していたそうです。


152 :ちんぎす :03/03/17 09:36
ある日、いつものようにレール敷きの作業をしていた祖父は、
探していた工具がトロッコの下にあるのを見つけて、取ろうと思いトロッコの下にもぐり込みました。
すると向こうの空から、聞きなれないプロペラ音が聞こえてきました。
その時曽祖父はトロッコの下にもぐり込んだまま、心臓が止まるかと思ったそうです。
それは敵の戦闘機のプロペラ音だったのです。
「敵機ぃーーーーー!!!!」
隊員の誰かが言うが早いか、機銃掃射が始まりました。
運良くトロッコの陰にいる形になった曽祖父は、戦闘機の照準にはなりませんでした。
そしてトロッコの下から、「みんな逃げろ!逃げろ!それか隠れろ!!!!」とわめいたそうですが、
逃げ遅れたり隠れられなかったものは、次々と弾丸に倒れて行ったそうです。


153 :ちんぎす :03/03/17 09:37
何人もを殺した後、戦闘機は気が済んだのか、はるか遠くの空へ消えて行きました。
プロペラ音が聞こえなくなると、生き残りが周囲の物陰からわらわらと這い出してきました。
うろ覚えですが、たしか生き残りは20人くらいだったと憶えています。

曽祖父は小隊長として、本部にこの事を報告せねばならなかったならなかったのですが、
運の悪いことに先ほどの襲撃で通信機が破壊されてしまい、
仕方なく全員を連れて徒歩で熱帯雨林のジャングルを突っ切って、本部に向かう事になりました。


154 :ちんぎす :03/03/17 09:40
地図を元に座標や方角を確認した後、ぞろぞろと行軍を始めましたが、ジャングルと言えば何しろ悪路も悪路。
歩けども歩けども本部には到着しません。

空が暗くなってきて月が昇った頃、ようやく全員気付きました。
「…我々は迷った……!」
すでにその時は、地図を見ても一体今自分たちが何処にいるのかさえわからない状態。
疲労の色が濃い隊員を前に、小隊長として責任を感じていた祖父はひどく焦ったそうです。
通信機が無い今、こんな広いジャングルで迷ったら誰も助けに来られない。
はっきり言ってシリアスな状況です。


155 :ちんぎす :03/03/17 09:41
しかし曽祖父は気丈を装って言いました。
「こうなったらじたばたしても仕方ない。とりあえず今日はここで野営して、また明日本部を目指そう。
 なあに、朝になって太陽が出れば方角が分かるわ」
曽祖父の空元気溢れる発言を受けた隊員たちでしたが、バレバレの空元気では勇気付けられるはずも無く、
その場に腰を下ろして、口数も少なく、持っていた食料をポリポリかじっていたそうです。
曽祖父も同じように食料を口にしていた時、隊員のひとりが、
「たっ、たっ、隊長っ……」と密林の向こうを指差しながら、大慌てで曽祖父の方に駆けよって来ました。


156 :ちんぎす :03/03/17 09:41
指差す方を見ると、何やら暗がりの中で黄色の明かりがユラーリユラーリと揺れている。
夜目の遠目ではっきりとはわからないが、目測では大きさ30センチくらいか。
「…敵……!?」
隊員達に緊張感が漂いました。
もしあれが敵部隊のライトだったら…こんな状態で戦闘になったら…。
そう思うと心臓は駿馬のひづめの様に拍を打ち、冷や汗は滝のようにいくらでも出てきます。


157 :ちんぎす :03/03/17 09:43
全員ノドをカラカラにしながら、しばらくその明かりを観察していましたが、皆じょじょに怪訝な顔をしはじめた。
どうやらその黄色の明かり、様子がおかしい。
普通ライトを手に持っていれば、その明かりはこっちに近づくなり遠ざかるなりするものです。
しかし、その明かりは近づかず離れず、誘うように同じ位置でずっとユラリとゆれているのです。
そのゆれ方は、8の字を横に倒した無限大『∞』のカタチをなぞるような動きだったそうです。


158 :ちんぎす :03/03/17 09:44
そして、もっとも驚くべき事がおこりました。
皆がその明かりをまじまじと見つめていると、なんとその明かりが『ちょうちん』になったのです。
そうです。時代劇やなんかに良く出てくるあの提灯です。
現代では全くみかけませんが、当時まだ夜歩きの照明として使われていたそうです。
しかし、ここは日本から遠く離れた戦地。なぜこんなところに?
ありえない、ありえないと、曽祖父は頭を振りました。
しかもそのちょうちんには、何やら文字と家紋が書かれている。
目の前で繰り広げられる不思議な映像に呆気にとられながらも、皆そのちょうちんに目を凝らして、文字を読もうとしました。
そして曽祖父はここでまた、心臓が口から飛び出すほどおどろくことになりました。
「………な、なぁ!!??」
なんとそのちょうちんには、曽祖父の苗字が書かれていたそうです。
しかも家紋は、見まごう事無き我が家の家紋!


159 :ちんぎす :03/03/17 09:47
隊員達も同じものを目撃し、全員頭の上に巨大な?マークを何個も浮かばせて、曽祖父の顔を見ておりました。
曽祖父は混乱する頭を必死に整理しながら、実家の家族の事を思い出していました。
……そう言えば帰りが遅くなった時、いつも家族がちょうちんを持って迎えに来てくれたっけ。
そうそう。丁度ああ言う風にちょうちんを揺らして、おれが見つけ易いようにって……。
あれは…。あれは、ひょっとしたら、神の助けかもしれない!


160 :ちんぎす :03/03/17 09:48
何故かそう思った曽祖父は、隊員達にあれは確かに我が家のちょうちんだと告げ、
「あのちょうちんについていくぞ!」と言いました。
まともな判断だとはおもえません。
しかし、隊員達も不思議現象を目の当たりにした直後でしたので、かなりパニくっておりまして、
口々に「あれは狐火じゃ」「いやきっと狸じゃ」「化かしてワシ達を食おうとしとんるじゃー」と、
およそ論理的でない反論をしていたそうです。


161 :ちんぎす :03/03/17 09:49
結局、何だか知らないが、強烈な確信のある曽祖父の猛烈な説得により、隊員達はしぶしぶ曽祖父に従うことになりました。
曽祖父はちょうちんに向かってずんずん進んで行きます。
その方角は、曽祖父たちが思っていた方角とは全く別の方向でした。
ちょうちんは前と同じようにゆらゆら揺れながら、常に一定の距離を保って離れていきます。
曽祖父たちは足の痛みも忘れて、そのままちょうちんを追いかけ続けました。

何時間歩いたでしょうか、東の空が白み始めた頃、
曽祖父率いる小隊は突然にジャングルを抜け出し、本部にたどりつきました。
いわく、一心不乱にちょうちんを追いかけ続け、急に眼前が開けたかと思うと本部に辿りついていたらしいです。
その時、さっきまではっきり見えていたちょうちんは、どこを見回しても影も形もなかったそうです。


162 :ちんぎす :03/03/17 09:50
日本に帰ってきた曽祖父は、両親にそのことを報告しました。
すると両親から、驚くべきことをきかされました。
なんと曽祖父が出生した後、曽祖父の父は息子の生還を願って、
毎晩近所の山中にある稲荷神社に出向き、行水をしていたのでした。
それは雨の日も風の日も、一日とて休まず続けられたそうです。
曽祖父が遭難しかけた前後は、何故かこれまでに無いほどのイヤな胸騒ぎが猛烈にしたらしく、
風邪の身を押して稲荷神社にでかけ、普段より気合をいれて行水をしていたのだそうです。
「お稲荷さんが不憫におもって、お使い狐を東南アジアにまで飛ばしてくれたんかねぇ…。
 あのちょうちんはきっと、狐火が化けてくれたんじゃわ…」
とは、私にこの話を教えてくれた祖母の言葉です。




オカルトランキング



122 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:13:13 ID:VL9fs128O

今日聞いたばかりの親の知り合いの話。
その家の近くの稲荷神社で昔貰って来た、絵が描いてあるお札のような物があったそうです。
ある時、氏神様のどんど焼きに納めるお札を持って行き処分した夜、霊感のある奥さんの所に大きな狐が現れ、
「間違ってはいないが出所が解っているのなら元の神社に帰して欲しかった」と哀しげに言われたそうです。
それで神棚を捜してみたらその絵がなく、どうやら処分するお札と混ぜてしまった事に気付き、悪い事したと思ったそうです。
携帯からなのと、元々文章へたなので読み辛かったらごめん。 ちなみにその人も宮大工さん。




オカルトランキング



159:名無しのオカルト 2008/01/30(水) 20:18:19 ID: ID:ot1ZahDtO

遠い故郷の祖父が風邪を引いて喉を痛めたと言う知らせがあった時、
京都で一人暮らしをしている私は、伏見稲荷の「おせき社」に参拝した。
「祖父の喉が良くなりま・・・」まで念じた辺りでいきなり電話が鳴り出し、
慌てて「申し訳ありませんが電話が鳴りました」と念じて一旦引いた。
なんだか後味が悪くて、これで良かったのかなと思っていたら、
翌朝になって祖父の風邪が完治したという知らせが入った。

今になって思えば、あのタイミングで電話が鳴ったことは「もう治ったから
その必要はないよ」と言うお知らせのように思えてきた。


162:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 09:13:32 ID: ID:E45QgWhSO

電話が鳴らなかったらどう捉えて自己満するんだろうか…
諸々を重ね時を経て
万象の全てに既に在ることに気付いて行くんだろうね。




160:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 07:18:03 ID: ID:dG6bgpSeO

やっぱり伏見稲荷すげーーー!!!

鬱も治るだろうか




163:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 10:36:42 ID: ID:nOHYgoz90

>>160
精神科に通うより良いと思うよ。
精神科で処方される薬物はあるところを落ち着かせ、またあるところを刺激するといったものらしいし(異常犯罪者に通院歴があるのはそのためか?)。
それに治療法に関しても転移といって、医師との人間関係が重視される訳だし、度を越すと医師依存になって相互に悪影響を及ぼすという話(医師も人間。だからそうならないように冷たく当たる)。

まあその点、神様なら無限の愛を以って接してくれるし、ときには愛のムチも与えてくれるから、伏見稲荷に通ってみては。




167:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 13:28:10 ID: ID:pgxFCEqY0

>>160
平日の人通りの少ない時に、一人で千本鳥居をくぐって
伏見稲荷を一周すると、心が落ち着くよ。

そして自分を見つめ直すきっかけを作るのもいいかもね。




161:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 07:35:15 ID: ID:cxKllLv+0

最初から神様頼りにしてちゃあね・・・まあ行くだけ行ってみるのも悪くないと思うけど。




164:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 10:49:27 ID: ID:cxKllLv+0

それにはまず神様が会ってくれるという前提がないとな。




166:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 11:13:23 ID: ID:rul3XaA60

>神様なら無限の愛を以って接してくれる

最初から自分で努力しようとしない奴お前みたいな奴には、愛をもって接してはくれないだろうよw




169:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 16:50:48 ID: ID:nOHYgoz90

>>164>>166

お前らここ数日このスレに貼り付いて何ムキになってんの?w

(略)




170:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 16:59:26 ID: ID:LmrPa6fn0

>>169
心無い人は、神様をパシリにするんだよね
自分の願望のために。




165:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 10:52:29 ID: ID:N2WZiKOo0

伏見稲荷ね。いいんだか、悪いんだかだね。
真剣に身内を心配する気持ちが伝わっただけかと。
鬱が治るとは思えない。




171:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 17:07:14 ID: ID:1Vxy/reJ0

実のところ狐のお使いになってるだけだと思う。




172:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 17:08:35 ID: ID:LmrPa6fn0

>>171
自分もそう思う。それさえ気づかず何をすすめてるんだろうか。




174:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 17:35:47 ID: ID:dG6bgpSeO

160ですみんなありが㌧

それ以前に伏見稲荷まで辿り着けるパワーがあるかどうかwww
京都市内に住んでるけど・・・

自殺一発成功とか願っても叶うんだろうか
死後代償を要求されるか




175:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 17:55:59 ID: ID:nOHYgoz90

>>174
>自殺一発成功とか願っても叶うんだろうか

バカじゃねえのw




177:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 23:09:41 ID: ID:dG6bgpSeO

>>175
ごめんなさい
気分を悪くさせてしまいました↓

不謹慎でもこの願いは真剣です
もしも嫌われても祟られても私は神様だけを信じています




178:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 23:16:38 ID: ID:cxKllLv+0

>>177
アホウめ。自殺なんて方法選べば誰でも百パー成功するわ。温い方法でも自分が逃げ出さなきゃ死ねる。
神様に頼る必要もない簡単なことだっての。これ以上そんなこと言うなら他のところでやってくれ




179:名無しのオカルト 2008/02/01(金) 13:00:35 ID: ID:Hsu2jfg1O

>>177
稲荷の神は「食物」の神だ。
「食物」って何か考えた事ある?
「食物」は、自らの命を繋ぐためのほかの命そのものだよ。
その願いが稲荷の神に対していかに無礼で愚かなものか、わかるよな?




180:名無しのオカルト 2008/02/01(金) 13:14:51 ID: ID:YRIXFBTl0

>>179
もうよせよ、>>177は本当の構ってちゃんなんだから。
今に「昨日リストカットしました」って同情を買おうとしてくるぞ。

そして誰かが「頑張れよ」って投げかけると、177は「ああ、俺(私)が死んでも悲しんでくれる人がいる。もう思い残す事は無い」と思って自殺するから。

あとコイツ、神社で自殺を考えているんじゃないか?
だとしたら本当に救いようがねぇなぁ




176:名無しのオカルト 2008/01/31(木) 22:05:33 ID: ID:cxKllLv+0

>>174
欝だかなんだか知らんがあんまふざけんな。そういうことマジで考えてると祟られるかもしれんぞ




552:名無しのオカルト 2008/04/23(水) 23:35:55 ID: ID:CRRQ4Oyr0

上に少し話が出てたけど、マジで昔俺は神社で自殺祈願していたなぁ・・・。
学校がいろんなことで辛かったんだけど、
休みや帰宅時になるとよく神社にいって祈願していたよ。それも地元の神社ほとんどに。
『早く死ねますように~』とか。
当然かなわなかったけど、今思えばもう少し頑張ってみろってことだったのかもしれない。
もはや自分がもうだめだ・・・と心から思うたびにいろんなことが起こって事態が改善されたり。
そして2年くらいでなんとか学校にも慣れて、今では死ななくてよかったと思っている。
影でこっそり助けてくれてたのかもしれないなぁ。

今でもそこの神社には通い続けてます。




553:名無しのオカルト 2008/04/24(木) 10:11:38 ID: ID:ynR3rGhf0

>>552
直結で願い聞いてくれる神様じゃなくてよかったね。
「早く死ねますように~」
「じゃあ、参道出たら自動車に轢かれて死ぬようにするね!」
じゃなくて。




554:名無しのオカルト 2008/04/24(木) 15:52:16 ID: ID:8h273fZS0

メンツが潰れるからなあ。




555:名無しのオカルト 2008/04/24(木) 16:04:50 ID: ID:IXdKpIvZ0

ってか、神様も困るぞそんなの
「あー、最近多いんだよねこういうの」って思ってるんじゃないか?




オカルトランキング




878:名無しのオカルト 2008/05/29(木) 21:09:04 ID: ID:5G0AHXd90
お稲荷さんがらみでの不思議な事。

1.平野神社さんの中のお稲荷さんにお参りしようとしたら、踏み込めないw
  1mも離れていない、猿田彦さんにはフツーに近寄ってフツーに拝める。
  再トライしてお参りしようとするも、球状の空気の壁みたいなもので押し戻されるような
  感じがしてやっぱり駄目。

2.伏見稲荷さんの千本鳥居をくぐりたくて、行こうとした。
  駅が近づいてきたので、降りる準備して電車の扉の前に立った途端、
  手首にしていたさざれ水晶のブレスレットがはじけ飛び散るw
  乗客の人たちが一斉にこっちをみた位激しかった。パァン!って音がしたw
  いくつか拾ったけど、拾い切れなかったorz
  結局その日は、おもかる石だけ体験して、鳥居道の途中の空き地で
  サンドイッチ食べて帰ってきたw
  
ブレスレットは数日前に町中の石屋で買ったアクセサリーものだったから残念だったけどw
もしかしてお稲荷さんに嫌われているんだろうかorz



オカルトランキング



422 本当にあった怖い名無し age 2011/09/21(水) 13:05:48.23 ID:YVzPJ29E0
ここでオレがマジな話し書いてやる

まぁ今から三年前なんだけど友達と変な神社見つけてそこに探険に行ったんだよね。
そこの名前は羽生山稲荷神社
その神社ってのが変な構造で鳥居が10個くらいあんのしかも小さいの。
今思うとあれ人間用の鳥居じゃないわ。
まぁの境内に入った瞬間ねなんか小さな竜巻起こって俺と友達テラビビってすぐ逃げたのww
でその後今度はブラブラ歩いてたらなんか林のなか入ったの。
ここ地元なのに意味わかんねぇww
で目の前に家?があんだけどテラ不気味
家中になんか狐の御札ベタベタ貼ってあんのww
しかも家の前に首なし地蔵が七体くらい並んでんの
俺と友達それ見た瞬間もう鳥肌立ちまくりww
しかも林の奥真っ暗なんだけど急に風吹いてくんのゴワァァって。
その瞬間もうダッシュで逃げたよ。

423 本当にあった怖い名無し age 2011/09/21(水) 13:06:28.04 ID:YVzPJ29E0


なんとか逃げてその日は解散。
でもって俺は個人的に神社の由来調べたの。
以下由来を簡単に書く
昔あるところに腹子の狐のがいたんだって。
それを猟師が撃ち殺したのテラ鬼畜ww
それ以来その腹子の狐の祟りがあってそれを静めるために神社できたんだって。
ヤベ祟りとかw テラヤバスww
これが由来らしいっす。

その後怖かったのは俺も友達も何度もその家?に行こうとしたんだけど行けないの…
場所が思い出せないの。しかも誰も知らないって話し。
これは狐に化かされた?

424 本当にあった怖い名無し age 2011/09/21(水) 13:07:30.66 ID:YVzPJ29E0
誰かこの神社の話し知らない?
場所は
埼玉県ふじみ野市大井高校前の神社

426 本当にあった怖い名無し sage 2011/09/21(水) 13:23:39.11 ID:elsesDGI0
>>424
ヤフーの地図で見てみたが大井高校の近くに神社はなさげなんだが、なんて神社?

427 本当にあった怖い名無し sage 2011/09/21(水) 13:25:59.97 ID:Hahvl5E50
>>422
神社の話なのにテラが多いね

428 本当にあった怖い名無し age 2011/09/21(水) 13:26:17.16 ID:YVzPJ29E0
羽山稲荷神社

マジで小さいから乗ってないよ

429 本当にあった怖い名無し age 2011/09/21(水) 13:26:48.44 ID:YVzPJ29E0
間違えた
羽生山稲荷神社

430 本当にあった怖い名無し sage 2011/09/21(水) 13:47:58.62 ID:XqPkK/oW0
>>424>>426
Googleマップでハケーン。
確かに周りに林は点在してるが。。
普通に民家も多いな。開発されたんじゃね?

431 本当にあった怖い名無し age 2011/09/21(水) 13:49:01.07 ID:YVzPJ29E0
画像ってどうやって張るの?

432 本当にあった怖い名無し sage 2011/09/21(水) 13:52:32.89 ID:elsesDGI0
羽生山稲荷神社に行った人のブログの写真とか見たけど結構きれいな神社だな。

ちなみに家の外観とかどんなんだった?なんか特徴あった?色とか

433 本当にあった怖い名無し sage 2011/09/21(水) 13:54:26.98 ID:XqPkK/oW0
ふむ。。


434 本当にあった怖い名無し age 2011/09/21(水) 13:55:10.00 ID:YVzPJ29E0
見た目ちょっと古い家だけど本当に至るとこに狐の御札ベタベタ貼ってある。
周りは竹林

435 本当にあった怖い名無し age 2011/09/21(水) 13:57:14.19 ID:YVzPJ29E0
>>433 そうここのこと

436 本当にあった怖い名無し sage 2011/09/21(水) 13:58:36.29 ID:XVnKXkyb0
稲荷は神仏混淆の時も色々あったけど、なんでもありなんだよね
土地で祭っている神様に稲荷をくっつけちゃえみたいなのが多いのも特徴
だから、稲荷は狐を祭るとこでないのに、稲荷と狐つながりで!みたいになったんだろね



オカルトランキング

↑このページのトップヘ