【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 【お寺系】

14 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 03:39:48.24 ID:GR+krUva0
廃寺(1)
自動車学校に通っていた頃の話し。
就職必須要項で免許が要る。
高校卒業間近で、どこの自動車学校も混んでいて、
距離の近い自動車学校には入れなかった。
家からほどよく遠い学校に通ったのだが、
送迎バスが苦手で、帰りは電車を使うことが
マイフェイバリットになっていた。
ほどよく田舎の車校、市電の駅までも民家がまばらに
田んぼ道をテクテク歩く。
マイクロバスで、見ず知らずの他人と
ぎゅうぎゅう詰めで帰る苦痛を考えれば、
寂しげな田舎道も楽しいもの。

就職する3月末までに免許を取るから冬の寒い時期。
高校が終わってから車校に行くので、
帰りは8時とか9時くらいになる。
夕闇迫る田舎みち、電車の時間まで無人駅のまわりを
ふわふわ歩いて時間をつぶす。
区画整理されていない道ばかりで、
思わぬ場所に出ることもある。
今思えばかなり不審人物であった。


15 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 03:40:18.05 ID:GR+krUva0
廃寺(2)
その日も、帰りの電車を待つ間、ふらふらと散策をしていた。
山の向こうがかすかにオレンジ色に見える夕暮れ時。
新たなルート(なんのルート?)を開発すべく、
また人の気配のない方角へ歩いていた。
舗装されていない農道に入り、その道がショートカット出来ない
一本道だと分かった頃には星が見え始めた。

このまま進めば国道には出るのだろう。
しかし、まだ先は長いように思えた。引き返すのも癪だし、
このまま進んでこの道の向こうを開拓しよう。
若気の至れり尽くせりである。

そのままズンズン進んでいくと、道は山の裾に沿って、
予想に反して国道より離れて行き、
民家もまばらとなり、寂しいことこの上ない。
なんとか、なんとか、国道方角に出ないものかと祈りながら
山から突き出た林を越えると寺があった。

外塀はボロボロで瓦も落ちて、
人の手が入らなくなって随分経つ感じだ。
“もしかして呼ばれてしまったのか?”と背筋が寒くなった。
一歩踏み出すたび、震えが来るほど怖気がたった。
視界の端に本堂を見て、中もそうとう荒びれているなと思い。
それ以上何も考えないよう通り過ぎた。

16 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 03:43:56.93 ID:GR+krUva0
廃寺(3)
そのとき風が吹いて、“ギーッ”と扉が開く音がしたわけだ。
古典中の古典的な状況に“マンガじゃねーんだから!”と腹が立つ。
でも現実は笑っちゃうくらいオーソドックスでスタンダードだった。
見た目に200%廃寺の建物から“チーンッ”と鐘の音がした。
同時に、かすかではあるが念仏と木魚の音がし始めて、腰が抜ける。
暗くて見えなかったが、よく見ると山側に石塔が林立している。
五輪塔?、円柱?、墓のようにも思えたが、それに気がついた時、
やっぱり“呼ばれたんだ”と確信した。

自分の意志とは関係なくからだが震える。
じっとり汗をかいている上に、風が冷たくなってきたからだ。
さらに、ありがちな事に線香の匂いまでするようになった。

やばい、やばい、ヤバイッ!!
ありったけの気力で逃げようと、走って逃げようとした。
いきなり転んだ。
右足をつかまれている・・・・。
白い手が、すーっと伸びてる。
その先は何もない。
冷たい手だけが自分の足をつかんでいた。

「・・・ヒッ!・・・」


17 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 03:45:26.98 ID:sdZnh1T70
笑えるのかな わくわく

18 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 03:46:57.68 ID:GR+krUva0
廃寺(4)
気がついたとき、青い回転灯がくるくる眩しかった。
「・・・おい!大丈夫か?おーい!」
ボランティアの防犯パトロールに助けられたらしい。
「こんな所でなんしとったの?」
「事件か事故に遭ったんか?」
「痛いところ無いか?」
しばらく口もきけずに「・あ・うあぅ」してた。
あまりの朦朧ぶりに、重大な事件と思ったおじさん達は、
「警察呼ぶから、安心しいや。」「救急車が先や!」と言い始めた。

自分は事が大きくなるのを恐れて、
涙流しながら、鼻水垂らしながら、ブンブン頭を振った。
それをさらに勘違いしたおじさんは
「安心しや、安心しや、もう大丈夫。もう安全や。」と
車からタオルケットを持ってきて、肩から掛けてくれる。
確かに寒かった。震えていた。
「・・ちがう、違うんです、ぁぅ」
「もう何も心配せんでええ。おいさん達がついとるけぇ。」
必死になだめるおぢさん。
「・・・そうじゃなくて、オバケが、ぁぅ」
「犯人か!」
(ちがーーーーーうッ!!)

まあ、そらそうなるだろう。
片田舎の廃寺のかたわらで、女子高生がひっくり返っていたら
そういう方角に考えて当然だ。
もう性的犯罪被害者です。


19 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 03:49:19.07 ID:GR+krUva0
廃寺(5)
そうこうするうちにサイレンが聞こえて、
腫れ物を触るかのような手厚い保護を受けて、
あれよあれよという間に救急車に乗せられて、
病院に着いたら無実の性暴行診療を受けて、
その頃には冷静に話せるようになっていたのだけど、
顔から火が出るとはこういう物なんだろう。
恥ずかしさと申し訳なさで縮こまって、
真っ赤な顔で、「違うんです」「幽霊が・・・」
と事情をのたまわり、頑なに診療を拒むわけですよ。
医者の目線を追っていくと、
痛くは無いけれど右足につかまれた跡が・・・

「辛いのはわかるけれど、ちゃんと治療しないと・・・」
(ちがーーーーーーうッ!!これは・・・涙)

すべての状況が言い逃れできない。
ああ、夜間救急の先生って男の人しかいないの?
生涯初めてとなる御開帳がこのような形で訪れるとは、
さっきの恐怖より今の恥ずかしさが完全に勝って、
そのせいでフラッシュバック的なトラウマにもならず、
(病院の方がトラウマになったw)
警察官にも繰り返し聞かれたけど、
「・・・幽霊なんです。」とはっきり言ったら、
あきれられた、駆けつけた父と母には泣くほど怒られて、
怖い思いをしたのに、気絶するほど怖かったのに
そのことは何度思い出しても平気だった。
ショック療法?


20 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 03:54:25.16 ID:GR+krUva0
廃寺(6)
この事があった後は、
ぎゅうぎゅう詰めのマイクロバスで帰るようになった。

しばらくして、父が教えてくれた。
あの寺はそうとう古い時代には近隣の総本山みたいな寺だったと。
明治初期の廃仏毀釈運動で廃寺となってしまったらしい。
ただ、墓だけは掘り起こすことをしかねたらしく、
そのままになっていたんだと。自分が見た五輪塔や石柱(円柱)は
やっぱりお墓で、形が古かっただけ。
人の背丈ほどもある大きなものだったから、何かの碑かと思った訳だ。

よく知っているなぁと思ったら、
あのときのパトロールの人に聞いたらしい。
その人かどうか分からないけれど、
病院を出るとき
「ちゃんと御祓いしてもらいなさい。」と言ってくれた。
そして、事情がわかったパトロールのおじさん達が
「まあ、なんともなくて良かったわ、」うんうんて感じで
「ほんでもびっくりしたぞ。」
「何事もなくて良かった良かった。」
「まーびっくりしたわな、女の子がパンツ丸出しで寝とるんやもん。」笑
(これ以上傷口を拡げないでーーーーーーッ!!)
御祓いもしてもらい、特に霊的障害もございません。
あざも残っていません。
今となっては笑い話ですが・・・。



☜1日1クリックの応援お願いします




761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 10:25
従姉の娘がお寺の敷地内にある保育園に通ってたんだけど、
本堂とかも保育園スペースの一部みたいになってて、園児が上がることが多かったんだって。 
そうしたら、
「あのね、まんまんさん(仏壇とかご本尊の方言幼児語)のところに白い女の人がおってんよ。
 園長先生(住職)がお線香あげちゃったらね、ぐるぐる辺りをまわってるの。お経上げてる間ずっとなんよ」 
って怖がって登園拒否始めた。 
従姉一家もなんじゃそらと思いつつ、環境も変わったしストレスかしらねって、保育園通いをしばらく休ませてた。 

実はそこの家は商売をしてて、近くのSAの食堂に食材を卸してたんだけど、
家の中にずっといるのもアレだし、とある日その子を配達に連れてったら、
「いやあああああっ!!」 
道の途中で、とある木を指差していきなり泣き出した。
「何もおらんじゃろうが?」って従姉ダンナが言っても、泣き喚くばかりでどうしようもない。 
仕方がないので、配達もそこそこに別の道を通って帰ったそう。 

後日、その木で首吊りがあったのが判明したんだけど、田舎だったのでなかなかわからなかったみたい。


762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 10:26
そんなことが続いたので、とあるお寺の管長さんに見て頂いたら、
「ああ、その白い女の人はお経やお線香にすがりにきたんでしょう。
 そんなに悪いものじゃないけど、見えてるこの子がすがられるとよくないから」 
と言われ、お守りを渡された。
「15歳になるまで気をつけてあげて下さい。
 大きな事故があったところや幽霊が出ると言われるような所には行かない、行かせない。 
 その気になれば、この子は宗教をひらけるくらいの力はあるんですが、普通の人生を送る方がよっぽど幸せですからね」
とも言われたらしいその子も、この間15歳になったよ。
もうヘンなものは見えてないって。


☜1日1クリックの応援お願いします



781: 本当にあった怖い名無し 2005/06/04(土) 01:04:08 ID:0lMJIjd50
山と言うにはちょっと?なんですが、体験を一つ投稿させていただきます。

数年前の夏、物好きにも原付バイクで対岸からフェリーに乗って
四国八十八カ所結願の某寺に行ってみた。
時刻は夕暮れ少し前、今夜の宿も飛び込みで運良く取れた。

本堂と大師堂の前でしおらしく回向を願い
参道に軒を並べた商店が店じまいする中ふと気が向いて
結願寺裏山へ続く地元道を原付で走って見ることにした。

しばらく坂道を上り、峰遠くにぽつんと見えた鳥居を目標に据える。
坂を上りきった所に十字路を右に折れたところでそれと出会った。
幅1m程の地元道いっぱいに体を述べた緑色の大蛇。
驚いたことにその大蛇は人間の目が、付いていた。

ぎょっとして引き返そうにも狭い道幅でUターンは不可能。
“ぺーっ”“ぺ、ぺーーーーー”
原付のしょぼいクラクションを鳴らせど蛇は一向にどいてくれる気配がない。
気味が悪いのと途方に暮れたのと両方で泣きが入って、私は祈るようにつぶやく。
「すんません、お願いですから、もう戻りますから通してやって下さい・・・」
すると蛇は、一度だけ私を振り返ると、す、すーーーーっと谷へ続く
草むらへと行ってしまった。

霊場、結願寺の裏山。そこは異界への入り口だったのだろうか?
道をせき止めた人間の目を持つ蛇は、回向のお礼に出てきた先祖の化身
だったのだろうか?妙に黄色い夕暮れだったのを、今でも覚えている。
数年経った今でも不思議に心に残る出来事だ。

ちなみにたった一人の宿泊客を迎えた旅館?は
夜は完全に無人となり、「とてもにぎやか」な一夜を過ごさせていただきました。



☜1日1クリックの応援お願いします


200 :4-1:2005/07/03(日) 21:23:21 ID:2a63e2gw0
中学のとき(10年前かな)に、家の裏にあるS山を探検してたんだよ。五人くらいで。 
普通の道通るのもつまんないって、あえて道が無い斜面とか木々の間をどんどん進んでたんだ。 
そしたら少し開けたとこに出て、寺とすぐ横に小さな家があったのよ。 
そこの境内にずかずか入ると、すぐに異変に気がついた。 
神主とか巫女さんが着る白い服が、そこらへんの地面の上に無造作に脱ぎ散らかしてあったんだ。 
土にまみれてずいぶん古くなってる。寺のほうに行ったんだけど、誰も居ない。 
扉にもカギがかかってなくて、さい銭でもパクルかって探したんだけど何も無かった。 
でもさい銭箱の近くにまた服が落ちてたんだ。 
その服の上にでかい黒い芋虫みたいなのが這ってて、気持ち悪くなってそこを離れた。 

そしたら連れの一人が騒いでて、「早くこっちに来い!」って血相を変えながら叫んでるんだよ。 
そいつは寺の横にあった小さな家の近くで叫んでた。 
勝手にその家に入ってたらしく、玄関の扉が開いてた。 
「やばい!まじでやばい!」って騒ぐそいつに引かれて、俺たちはその家に入ったんだけど・・・。


201 :4-2:2005/07/03(日) 21:24:18 ID:2a63e2gw0
その家に入った瞬間に吐きそうになった。
匂いがひどいんだよ。すぐに何の匂いか分かる。うんこの匂いだ。 
「気持ち悪っ」て尻込みする俺たちを、先に入った連れは強引に引っ張る。 
家の中はむちゃくちゃだったんだ。
新聞紙、酒の空き瓶、弁当のカス。下着、食器、よくわかんないゴミ、
もうありとあらゆる汚い物が散乱してた。
テーブルとかもひっくり返ってて、家具とゴミの区別も曖昧。 
玄関のすぐ横にカレンダーがかかってて、それ見たら1977年(ちょっと曖昧)って書いてあった。 
奥にもう一つ部屋があって、その手前に俺たちを引っ張った奴が早くこっちに来いって顔で立ってた。 
奥の部屋から強烈な匂いがする。うんことなんかよくわからない悪臭が混じったやつ。 
恐る恐る部屋に入ったんだけど、とにかく薄暗い。でもとにかく部屋が荒れ放題なのは分かる。 
真ん中にでかい釜みたいなのがひっくり返ってて、中身がこぼれてた。ドロドロの味噌汁? 
押入れには何も入ってなくて、天井の板が破れて押入れの中まで垂れ下がってた。 
テレビとかタンスもあったんだけど、全部めちゃくちゃに倒されてた。 
でも、そんな事どうでもいいぐらい、もっと強烈なのが目の前に広がってたんだよ。 
部屋の壁全体にまんべんなく敷き詰められてるんだ。オムツが。昼間の光も指す隙間が無いくらいまんべんなく。
部屋全体がうんこの匂いを発してるんだ。 


202 :4-3:2005/07/03(日) 21:24:59 ID:2a63e2gw0
ぎゃあ!って叫んで逃げようと思ったんだけど、他の奴はおもしろがって、部屋の探検を始めてる。 
そのうち一人が部屋の真ん中に落ちてた、辞書を見つけた。
辞書の前にペンが添えられてて、むちゃくちゃに荒れた部屋の中で、唯一丁寧に扱われてるから、目立ってた。
それ自体は何の変哲も無い漢字辞書なんだけど、たまに端の余白になんかペンで走り書きしてあるんだ。 
でもよれよれの字で、何書いてるか読めない。
ぱらぱらってめくっていったら最後のページに、 
『○○○(判別不能)さまのおこえがきこえてくるようです。』ってなんとか読める字で書いてあった。 
なんじゃこりゃと思ってたら、他の奴が押入れの下の段に寝袋があるのを見つけたんだ。 
そいつが寝袋を引っ張ろうとしたんだけど、重くて動かない。 
俺はその時、はっと思って叫んだ。
「やばい!それ死体入ってる!これ、遺書だ!早くそれ離せ!」って。 
俺があまりにもびびった声出したから、寝袋引きずってた奴も飛び跳ねて逃げた。 
「開けようぜ!」って言ってる奴も居たんだけど、
俺はもう、この部屋の異様な匂いと雰囲気にびびってびびって。
そしたら目が、押入れの上にぽっかりあいた天井への穴に留ってしまってさ。 
なんでそんな事言ったのかわかんないけど、「そっから誰か来るぞ!」ってその穴指差して、
「ぎゃあ!」って叫んで逃げた。もう一目散に。
他の奴らもつられるように「ぎゃあー!」って叫んで逃げまくった。 

ある程度山を下って、冷静になるまで休んだんだけど、なんかもう俺はずっとパニックで。 
連れのうち一人は「本当に死体か確かめようぜ」って言ってたけど、
他の奴らも俺のパニックがうつったのか、ぐったりして誰も賛成しなかった。
そのまま足取り重く帰って行ったんだ。 

それから俺らは、たまに思い出すように「あの寺行ってみようぜ」って話したり、
時には実際に行ってみたりしたんだけど、めちゃくちゃに登ってたから中々見つけられなかった。
そのうち、皆そのことを話さなくなった。 


203 :4-4:2005/07/03(日) 21:25:51 ID:2a63e2gw0
で、去年、久々に中学の連れと飲み会になって、久々にその寺の話したんだ。 
それでノリで久しぶりに山に登ってみたんだ。「変な道登ったよなあ」とかわいわい話しながら。 
そしたら偶然、その寺のある開けたところに出たんだよ。びっくりした。適当に歩いてただけなのに。 
まあ当時の恐怖心も若干よみがえりつつ、期待もありつつその寺のほうへ行ったんだけど、 
当時は無かった黒い鉄柵が、そこら辺一体をぐるーって囲んでたんだ。有刺鉄線もぐるぐるに。 
びっくりして、その鉄柵の周りを歩いてたら白い看板が立ってて、 
『信者の方以外、立ち入りを禁ず』って赤い文字で書いてあったんだよ。 
俺たちは釈然としないまま山から降りた。 

俺らが中学のときに見たのは一体なんだったんだろう。 
なんかヤバイ宗教団体でも住んでるんじゃねえの?とまたちょっと怖くなった。 
だって、関係ないかもしれんけどその山って、
今年も猫の惨殺された死体が10数匹出てきたし、人間の死体もたまに出るし、物騒なんだよ。 
誰か俺の代わりに探検してくれないかな? 


204 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 21:35:26 ID:U7lovIek0
>>200-203 
グッジョブ。都道府県と市町村教えてくれない? 
手がかりが分かるかもしれない。 


206 :200-203:2005/07/03(日) 21:49:58 ID:2a63e2gw0
あ、反応してくれて良かった。 
大阪の池田市ってとこなんだけどね。ちなみに寺の名前伏せてたけど、覚えてる。一心寺だった。 
ちなみに池田は宅間、パナウェーブの千野代表が生まれ育ち、サカキバラセイトもちょこっと住んでたらしい、
小林薫も高校が池田とか聞いた・・・。 
もうぶっちゃけ、俺の町は異常なんだよ!犯罪者と異常者が出まくってるんだよ。 
磁場がおかしいんだ。絶対。半年に1回は全国ニュースで出るし。10万しか住んでない町のくせに。 
杜王町かよ。ほんと・・・。 
あと、同じ中学の時に体験した、五月荘というボロアパートでの異常体験も信じてもらえない・・・。




 
☜1日1クリックの応援お願いします




654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/12 19:01

上司の娘さんが厄年の時、お寺で厄除けのお札を買いました。
娘さんは、お札の裏に両面テープを付けて壁に貼りました。


654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/12 19:01

そして三年後、娘さんの厄も開けるころ。
お札を壁から外そうと手を伸ばし、お札にもう少しで手が届こうとした時に、
お札がポロッと自ら剥がれ、床に落ちてしまいました。
約3年間の間、一度も剥がれることもなく壁に張り付いてたお札が自然に剥がれたことは、
単に両面テープの寿命だったのだろうと思い、特に気にはしませんでした。
しかし、床に落ちたお札を拾いあげた時、
ふとお札の裏を見ると、まるで火に炙られたように黒くなっていました。



654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/12 19:01

気味が悪くなった娘さんは、早速、お札を納めにお寺まで行き、
裏が黒くなったお札をお寺の人に見せると、お寺の人は事も無げに、
「たまにいるんですよね。こういう人が」と言われたそうです。
お寺の人は、それ以上何も答えてはくれませんでした。

「たまにいるんですよね。こういう人が」というのは、
お寺の人は、娘さんがお札にいたずらでもしたと思ったのだろうか、
それとも、娘さんはお札によって何か悪い物から守られていたのだろうか、
今となっては謎です。


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ