【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 【お寺系】




761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 10:25
従姉の娘がお寺の敷地内にある保育園に通ってたんだけど、
本堂とかも保育園スペースの一部みたいになってて、園児が上がることが多かったんだって。 
そうしたら、
「あのね、まんまんさん(仏壇とかご本尊の方言幼児語)のところに白い女の人がおってんよ。
 園長先生(住職)がお線香あげちゃったらね、ぐるぐる辺りをまわってるの。お経上げてる間ずっとなんよ」 
って怖がって登園拒否始めた。 
従姉一家もなんじゃそらと思いつつ、環境も変わったしストレスかしらねって、保育園通いをしばらく休ませてた。 

実はそこの家は商売をしてて、近くのSAの食堂に食材を卸してたんだけど、
家の中にずっといるのもアレだし、とある日その子を配達に連れてったら、
「いやあああああっ!!」 
道の途中で、とある木を指差していきなり泣き出した。
「何もおらんじゃろうが?」って従姉ダンナが言っても、泣き喚くばかりでどうしようもない。 
仕方がないので、配達もそこそこに別の道を通って帰ったそう。 

後日、その木で首吊りがあったのが判明したんだけど、田舎だったのでなかなかわからなかったみたい。


762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 10:26
そんなことが続いたので、とあるお寺の管長さんに見て頂いたら、
「ああ、その白い女の人はお経やお線香にすがりにきたんでしょう。
 そんなに悪いものじゃないけど、見えてるこの子がすがられるとよくないから」 
と言われ、お守りを渡された。
「15歳になるまで気をつけてあげて下さい。
 大きな事故があったところや幽霊が出ると言われるような所には行かない、行かせない。 
 その気になれば、この子は宗教をひらけるくらいの力はあるんですが、普通の人生を送る方がよっぽど幸せですからね」
とも言われたらしいその子も、この間15歳になったよ。
もうヘンなものは見えてないって。


☜1日1クリックの応援お願いします



781: 本当にあった怖い名無し 2005/06/04(土) 01:04:08 ID:0lMJIjd50
山と言うにはちょっと?なんですが、体験を一つ投稿させていただきます。

数年前の夏、物好きにも原付バイクで対岸からフェリーに乗って
四国八十八カ所結願の某寺に行ってみた。
時刻は夕暮れ少し前、今夜の宿も飛び込みで運良く取れた。

本堂と大師堂の前でしおらしく回向を願い
参道に軒を並べた商店が店じまいする中ふと気が向いて
結願寺裏山へ続く地元道を原付で走って見ることにした。

しばらく坂道を上り、峰遠くにぽつんと見えた鳥居を目標に据える。
坂を上りきった所に十字路を右に折れたところでそれと出会った。
幅1m程の地元道いっぱいに体を述べた緑色の大蛇。
驚いたことにその大蛇は人間の目が、付いていた。

ぎょっとして引き返そうにも狭い道幅でUターンは不可能。
“ぺーっ”“ぺ、ぺーーーーー”
原付のしょぼいクラクションを鳴らせど蛇は一向にどいてくれる気配がない。
気味が悪いのと途方に暮れたのと両方で泣きが入って、私は祈るようにつぶやく。
「すんません、お願いですから、もう戻りますから通してやって下さい・・・」
すると蛇は、一度だけ私を振り返ると、す、すーーーーっと谷へ続く
草むらへと行ってしまった。

霊場、結願寺の裏山。そこは異界への入り口だったのだろうか?
道をせき止めた人間の目を持つ蛇は、回向のお礼に出てきた先祖の化身
だったのだろうか?妙に黄色い夕暮れだったのを、今でも覚えている。
数年経った今でも不思議に心に残る出来事だ。

ちなみにたった一人の宿泊客を迎えた旅館?は
夜は完全に無人となり、「とてもにぎやか」な一夜を過ごさせていただきました。



☜1日1クリックの応援お願いします


200 :4-1:2005/07/03(日) 21:23:21 ID:2a63e2gw0
中学のとき(10年前かな)に、家の裏にあるS山を探検してたんだよ。五人くらいで。 
普通の道通るのもつまんないって、あえて道が無い斜面とか木々の間をどんどん進んでたんだ。 
そしたら少し開けたとこに出て、寺とすぐ横に小さな家があったのよ。 
そこの境内にずかずか入ると、すぐに異変に気がついた。 
神主とか巫女さんが着る白い服が、そこらへんの地面の上に無造作に脱ぎ散らかしてあったんだ。 
土にまみれてずいぶん古くなってる。寺のほうに行ったんだけど、誰も居ない。 
扉にもカギがかかってなくて、さい銭でもパクルかって探したんだけど何も無かった。 
でもさい銭箱の近くにまた服が落ちてたんだ。 
その服の上にでかい黒い芋虫みたいなのが這ってて、気持ち悪くなってそこを離れた。 

そしたら連れの一人が騒いでて、「早くこっちに来い!」って血相を変えながら叫んでるんだよ。 
そいつは寺の横にあった小さな家の近くで叫んでた。 
勝手にその家に入ってたらしく、玄関の扉が開いてた。 
「やばい!まじでやばい!」って騒ぐそいつに引かれて、俺たちはその家に入ったんだけど・・・。


201 :4-2:2005/07/03(日) 21:24:18 ID:2a63e2gw0
その家に入った瞬間に吐きそうになった。
匂いがひどいんだよ。すぐに何の匂いか分かる。うんこの匂いだ。 
「気持ち悪っ」て尻込みする俺たちを、先に入った連れは強引に引っ張る。 
家の中はむちゃくちゃだったんだ。
新聞紙、酒の空き瓶、弁当のカス。下着、食器、よくわかんないゴミ、
もうありとあらゆる汚い物が散乱してた。
テーブルとかもひっくり返ってて、家具とゴミの区別も曖昧。 
玄関のすぐ横にカレンダーがかかってて、それ見たら1977年(ちょっと曖昧)って書いてあった。 
奥にもう一つ部屋があって、その手前に俺たちを引っ張った奴が早くこっちに来いって顔で立ってた。 
奥の部屋から強烈な匂いがする。うんことなんかよくわからない悪臭が混じったやつ。 
恐る恐る部屋に入ったんだけど、とにかく薄暗い。でもとにかく部屋が荒れ放題なのは分かる。 
真ん中にでかい釜みたいなのがひっくり返ってて、中身がこぼれてた。ドロドロの味噌汁? 
押入れには何も入ってなくて、天井の板が破れて押入れの中まで垂れ下がってた。 
テレビとかタンスもあったんだけど、全部めちゃくちゃに倒されてた。 
でも、そんな事どうでもいいぐらい、もっと強烈なのが目の前に広がってたんだよ。 
部屋の壁全体にまんべんなく敷き詰められてるんだ。オムツが。昼間の光も指す隙間が無いくらいまんべんなく。
部屋全体がうんこの匂いを発してるんだ。 


202 :4-3:2005/07/03(日) 21:24:59 ID:2a63e2gw0
ぎゃあ!って叫んで逃げようと思ったんだけど、他の奴はおもしろがって、部屋の探検を始めてる。 
そのうち一人が部屋の真ん中に落ちてた、辞書を見つけた。
辞書の前にペンが添えられてて、むちゃくちゃに荒れた部屋の中で、唯一丁寧に扱われてるから、目立ってた。
それ自体は何の変哲も無い漢字辞書なんだけど、たまに端の余白になんかペンで走り書きしてあるんだ。 
でもよれよれの字で、何書いてるか読めない。
ぱらぱらってめくっていったら最後のページに、 
『○○○(判別不能)さまのおこえがきこえてくるようです。』ってなんとか読める字で書いてあった。 
なんじゃこりゃと思ってたら、他の奴が押入れの下の段に寝袋があるのを見つけたんだ。 
そいつが寝袋を引っ張ろうとしたんだけど、重くて動かない。 
俺はその時、はっと思って叫んだ。
「やばい!それ死体入ってる!これ、遺書だ!早くそれ離せ!」って。 
俺があまりにもびびった声出したから、寝袋引きずってた奴も飛び跳ねて逃げた。 
「開けようぜ!」って言ってる奴も居たんだけど、
俺はもう、この部屋の異様な匂いと雰囲気にびびってびびって。
そしたら目が、押入れの上にぽっかりあいた天井への穴に留ってしまってさ。 
なんでそんな事言ったのかわかんないけど、「そっから誰か来るぞ!」ってその穴指差して、
「ぎゃあ!」って叫んで逃げた。もう一目散に。
他の奴らもつられるように「ぎゃあー!」って叫んで逃げまくった。 

ある程度山を下って、冷静になるまで休んだんだけど、なんかもう俺はずっとパニックで。 
連れのうち一人は「本当に死体か確かめようぜ」って言ってたけど、
他の奴らも俺のパニックがうつったのか、ぐったりして誰も賛成しなかった。
そのまま足取り重く帰って行ったんだ。 

それから俺らは、たまに思い出すように「あの寺行ってみようぜ」って話したり、
時には実際に行ってみたりしたんだけど、めちゃくちゃに登ってたから中々見つけられなかった。
そのうち、皆そのことを話さなくなった。 


203 :4-4:2005/07/03(日) 21:25:51 ID:2a63e2gw0
で、去年、久々に中学の連れと飲み会になって、久々にその寺の話したんだ。 
それでノリで久しぶりに山に登ってみたんだ。「変な道登ったよなあ」とかわいわい話しながら。 
そしたら偶然、その寺のある開けたところに出たんだよ。びっくりした。適当に歩いてただけなのに。 
まあ当時の恐怖心も若干よみがえりつつ、期待もありつつその寺のほうへ行ったんだけど、 
当時は無かった黒い鉄柵が、そこら辺一体をぐるーって囲んでたんだ。有刺鉄線もぐるぐるに。 
びっくりして、その鉄柵の周りを歩いてたら白い看板が立ってて、 
『信者の方以外、立ち入りを禁ず』って赤い文字で書いてあったんだよ。 
俺たちは釈然としないまま山から降りた。 

俺らが中学のときに見たのは一体なんだったんだろう。 
なんかヤバイ宗教団体でも住んでるんじゃねえの?とまたちょっと怖くなった。 
だって、関係ないかもしれんけどその山って、
今年も猫の惨殺された死体が10数匹出てきたし、人間の死体もたまに出るし、物騒なんだよ。 
誰か俺の代わりに探検してくれないかな? 


204 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 21:35:26 ID:U7lovIek0
>>200-203 
グッジョブ。都道府県と市町村教えてくれない? 
手がかりが分かるかもしれない。 


206 :200-203:2005/07/03(日) 21:49:58 ID:2a63e2gw0
あ、反応してくれて良かった。 
大阪の池田市ってとこなんだけどね。ちなみに寺の名前伏せてたけど、覚えてる。一心寺だった。 
ちなみに池田は宅間、パナウェーブの千野代表が生まれ育ち、サカキバラセイトもちょこっと住んでたらしい、
小林薫も高校が池田とか聞いた・・・。 
もうぶっちゃけ、俺の町は異常なんだよ!犯罪者と異常者が出まくってるんだよ。 
磁場がおかしいんだ。絶対。半年に1回は全国ニュースで出るし。10万しか住んでない町のくせに。 
杜王町かよ。ほんと・・・。 
あと、同じ中学の時に体験した、五月荘というボロアパートでの異常体験も信じてもらえない・・・。




 
☜1日1クリックの応援お願いします




654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/12 19:01

上司の娘さんが厄年の時、お寺で厄除けのお札を買いました。
娘さんは、お札の裏に両面テープを付けて壁に貼りました。


654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/12 19:01

そして三年後、娘さんの厄も開けるころ。
お札を壁から外そうと手を伸ばし、お札にもう少しで手が届こうとした時に、
お札がポロッと自ら剥がれ、床に落ちてしまいました。
約3年間の間、一度も剥がれることもなく壁に張り付いてたお札が自然に剥がれたことは、
単に両面テープの寿命だったのだろうと思い、特に気にはしませんでした。
しかし、床に落ちたお札を拾いあげた時、
ふとお札の裏を見ると、まるで火に炙られたように黒くなっていました。



654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/12 19:01

気味が悪くなった娘さんは、早速、お札を納めにお寺まで行き、
裏が黒くなったお札をお寺の人に見せると、お寺の人は事も無げに、
「たまにいるんですよね。こういう人が」と言われたそうです。
お寺の人は、それ以上何も答えてはくれませんでした。

「たまにいるんですよね。こういう人が」というのは、
お寺の人は、娘さんがお札にいたずらでもしたと思ったのだろうか、
それとも、娘さんはお札によって何か悪い物から守られていたのだろうか、
今となっては謎です。


☜1日1クリックの応援お願いします




184: 本当にあった怖い名無し 2018/04/05(木) 19:13:06.22 ID:zH0PDK3b0
長文失礼します、去年の冬の話です。

当時何をやっても上手くいかず、何か気分転換をしたかったのもあり友人と近くの神社仏閣を参拝しにいくことにしました。
地元が四国ですので選び放題でした。

最初に向かったお寺は季節が冬だったせいかお遍路さんや参拝客の姿は自分達以外居らず、寺院の方の姿さえ見えないというとても寂しい感じの参拝になりました。

そのお寺の前には神社があり、そこを更にまっすぐ行くと山の上に昔の城跡があります。
地元の小学校の定番の遠足コースでもあるのですが険しい山道に楽しいはずの遠足がただの修行の行脚になったことを覚えてます

友人と神社の参拝もしてお神籤を引きながら昔の思い出話をしていると、いつのまにか薄汚れた風呂敷を背中に担いだお遍路さんがいました。

自分達以外に参拝者がいたんだね、なんて友人と話してるとそのお遍路さんは城跡のほうに歩いて行ってしまいました。

その日は天気が悪く今にも雨が降りだしそうな空模様でしたし、このまま城跡と言う名の険しい山登りに行っては確実に寒空の下雨に降られてしまううえに綺麗に整備された道ではないので危ないと思いお節介だとは思ったのですが地元民として放っておけなくて追いかけました。

駐車場には自分達の車しかなく、ツアーでもなさそうなので何なら車で近くまで送るつもりでした。

185: 本当にあった怖い名無し 2018/04/05(木) 19:15:01.62 ID:zH0PDK3b0
頂上付近までは一本道なのですぐに追いつくと思ったのですがおかしな事に登っても登ってもついさっき山に入ったはずのお遍路さんの姿を見つけることはできませんでした
まさか滑って落ちてないよな、と友人と周りを確認しながら登ったのですが見つからず、ついに雨も降り出してしまったので慌てて山を下り、近くに停めてあった車に戻りました。

少し入口付近で下りてこないかと待ってみましたが、お遍路さんが下りてくることはありませんでした

けっきょく自分達の見間違いか面白い所では狸に化かされたかお遍路さんが超健脚で既に頂上まで辿り着いて雨宿りをしているのだろうと言う結論をだしてその日は帰りました。

そしてまた次の休みに友人と二件目の寺院に参拝に出かけました。
今回も寒空の下に参拝に来てる物好きは自分達だけでした

この寺院には御加持水があると聞いていたので飲んで浄化されようと思ったのですが、百円払って置いてある容器に蛇口からでた水を入れるというちょっと残念使用のものでした

186: 本当にあった怖い名無し 2018/04/05(木) 19:18:20.22 ID:zH0PDK3b0
一通り観て回ったのでそろそろ帰ろうかと思っていた時友人が「あそこに居るのこの前のお遍路さんじゃない?」と言い出しました
友人が言った方を見れば薄汚れた風呂敷を背負ったお遍路さんが正門から出て行く姿が見えました

あんな風呂敷背負ってる人なかなかいないし多分そうだよね、というかいつから居たの?と友人と話ながら自分達も帰ろうとしたのですがちょうど正門の近くに御加持水が落ちてるのを見つけました

もう絶対にあの人のだろうと結論づけた私達はすぐに追いかけました。
正門をでると道が二手にわかれていて左手には公園があり、ちょうど入り口付近に親子連れがいたのでお遍路さんがこちらに来なかったかと聞けば見てないと教えてくれたのでもう一方の道に向かって今度は逃すまいと走りました。
親切心半分と好奇心半分でした。
勘違いかもしれないけれど、日常に起こったちょっと不思議な出来事と不思議な人に関わってみたいと言う思いがありました。

一本道という訳ではありませんでしたが、会う人にお遍路さんを見なかったかと聞いて道を選んで探していたので見つけられる自信がありました。
しかしとうとう道の行き止まりまで来ても見つけることができませんでした。
仕方ないから帰ろうという話になってふと道のはずれを見ると古びた鳥居が見えました。
神社でもあるのかと覗きに行くと、その神社には鳥居とくずれた小さな祠しかなく、そしてその2つの間に藁が円の形に敷き詰められていました、異様な光景でした。

187: 本当にあった怖い名無し 2018/04/05(木) 19:19:58.97 ID:zH0PDK3b0
暫く友人とそこを見て回っていたのですが急に友人が「もう帰ろう」と言い出しました。
ちょっと怖い話とかが好きな自分は写真だけ撮らせてと友人に言ったのですが、無理やり私の腕を引っ張って連れ出されました
そんな事をする子じゃないので驚いて引っ張られるままに友人に着いていったのですが話かけてもこちらを一切見もせず終始無言でずっと引っ張られ続けました

お寺まで帰ってくるとやっと友人が止まってくれて
「どうしたの?何かあったの?」と聞くと無言で先ほど拾った御加持水を渡してきました

「あたしもさっき写メ撮ろうと思ってさ、鞄からスマホだそうとして気づいたんだよ…いつからこうなってたのかはわかんない」

御加持水が茶色く濁っていました
拾った時は確かにそのまま飲んでも大丈夫なくらい綺麗でした。
自分達はその後もう一回入念にお参りして御加持水を飲んで念のために何本か買って帰りました
濁った御加持水は寺院の人がいなかったのでそのまま目につくところに置いてきました
自分達にとっては洒落にならないくらい怖かったのですが改めて文章にしてみると文章が下手なのもあってあんまり怖くなかったのでこちらに投稿します

寺院巡りはいいことなんでしょうけど二度あることは三度あるとも言いますし、三件目に行くかは友人と審議中です。
長文失礼しました。


※「御加持水」とは仏様の慈悲と智慧が加わった水なので、
 これを飲んだ人は所業が浄化されるという作用があります。


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ