【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 【お寺系】




北関東の田舎の、
あるお寺のお坊様から聞いたお話。

「即身仏はなぜ尊いとされたのでしょうか」

と、その寺のお坊様は私に尋ねました。

「それは『餓え』という生命全てが持つ生存欲を
意志の力で越えていく行為ゆえです。
大乗仏教では個人的な苦行は否定されていますが、
即身仏のみ、自らの餓えを以って
他者の餓え、大きな飢饉を贖おうとする、
キリスト教的な価値観が見て取れるのです」

人間の3大欲求である性欲、睡眠欲そして食欲。

餓えとは、その最大の欲求である
食欲が満たされない時に発生する、
生命体の最大の試練なわけです。

最近、育児放棄による
乳・幼児の餓死が多数報道されるようになっていますが、
実はこうした事例は昔から多くありました。

そうして亡くなった方はあまりの食への妄執の強さ故、
餓鬼道に堕ちてしまうそうです。

それは徳を積んだ高僧が
目的を持っての餓死であれば回避できるそうですが、
幼く、餓死する必要もない子供であったりする場合、
「餓えて死ぬ」と、魂が磨耗してしまうそうです。

前世の悪行故に今生で幼くして餓えて
死ぬ運命を背負って生まれてきたのだ、
という人もいますが、そのお坊様によると、
そういう魂はバングラデッシュや
アフリカなどの皆が餓えているところに出る、
この日本の今の時代に餓えて死ぬというのは、
今生で生じた悪縁によるところが大きいそうです。

その話は、祖父の何回忌かで、
施餓鬼というものをやった時に聞きました。

餓鬼道に堕ちた餓鬼に施しを与え、
現世に悪さをしないようにする祟り避けの儀式だそうです。

その時は、お団子をたくさん作って、
お仏壇の前に小さなテーブルを祭壇にして供えました。

そのお坊様が来てお経を上げて、

「何かを食べる時にはいつも『頂きます』
食べ終わったら『ご馳走様』と口に出して言ってください。
その感謝の念が餓鬼に届きます」

「そう言わない食生活、
ただ口に食べ物を運ぶだけの生活をしていると、
物を食べていても餓鬼道に近づきます。
餓鬼道は私達のすぐそばにあるんですよ」

とお話して帰りました。

その夜のこと。

ふすま1枚隔てて祖父の仏壇の隣の部屋で、
母と姉と女3人で寝ていた
(父は仕事があるので夕食後に一人で帰りました)
のですが、夜中におしっこがしたくなり
起きてしまいました。

祖母の家は当時まだ汲み取り式で、
深い穴がちょっと怖かったのです

が、別に3色の手が出てきて
お尻をなぜるということもなく、
無事におしっこをし終えて部屋に戻ったのです。

私は当時確か小学校5年生でした。

部屋に戻ると、
母と姉を起こさないようにそおっと布団の周りを回って、
真ん中に敷いてあった自分の布団に潜り込もうとしましたが、
祖母の家で飼っているキジトラの猫が
布団の上に寝ていて布団に入れません。

その子を抱っこして一緒に布団に入ろうとすると
その子はフゥッ!とうなって、
隣の仏間に走りこんでしまいました。

ああっそっちはお団子が飾ってあるから入っちゃダメだよ!
と思って私も隣の部屋に四つんばいになったまま入りました。

思えばなぜふすまが開いていたのか。

暗い仏間の中心にそのキジトラが座っていて、
毛を逆立て、尻尾を太くして、
フーウフーと喧嘩をするようにうなっていました。

後ろの寝室の常夜灯の茶色い光が
ふすまの開いた隙間から微かに差し込んでいて、
仏間の様子はうっすらとわかりましたが、
お仏壇の前に供えていた白いお団子が見えません。

あーもうひっくり返しちゃったのか、
と思って暗がりの中、よく目を凝らしてみると、
キジトラは仏壇をにらんで唸っていました。

そしてお団子が見えないわけも判りました。

真っ黒い餓鬼が何体も、
そのお団子の山に群がっていたのです。

赤ちゃんくらいの大きさですが、
手足が細く長く、頭とお腹だけが丸々と。

それらがお団子を口に?運んでいましたが、
食べると青白い火みたいになって、
その照り返しで顔がおぼろげに見えるのです。

その時はただお化けだ!と思いましたが、
後で調べたら、典型的な餓鬼の絵にそっくりでした。

3体以上はいました。

私はびっくりしてその場で気を失ってしまいました。

翌朝早く、布団がなくて寒くて目が覚めると、
私は仏間と寝室の間に寝そべっていました。

あー寒いと思って布団に戻って、
そこで昨晩見たものを思い出してゾクっとして、
お仏壇の前に見ると、
お団子は全てドロドロに溶けてしまっていました。

猫がおしっこを掛けたんだとか言っていましたが
おしっこの匂いはしませんでしたので、
祖母に昨晩見た話をすると、

「そりゃ昔の飢え死にしたご先祖様じゃないの。
お腹を一杯にしてもらったから悪さはしないよ」

と言ってくれました。

でも私には気になることがありました。

照り返しでおぼろに見えた顔の中に、
小2の時に仲良しだった友達の顔が見えた気がしたのです。

彼女は親がパチンコに狂って生活保護を受けていて、
幼稚園に通っていませんでした。

それで小1の時からいじめられていて、
小2で同じクラスになった時に仲良くしていたのですが、
小2の年末にご飯も食べさせてもらえずに
半裸で家から締め出されて凍死してしまったのです……

あの餓鬼の頭でキラっとしたパッチンどめは、
彼女のお棺に入れたものだったと思うのです。

彼女はもう極楽にいるんでしょうか。

いてくれるといいなぁと思います。




☜1日1クリックの応援お願いします




4 :本当にあった怖い名無し:2015/01/28(水) 11:52:48 ID:3AgiQuhE0
祖父が眠っているお墓が、山の中のお寺にある。
苔むした階段を上った先、季節の木々に囲まれた白い砂利の上に本堂があって、
春は桜に、秋はススキ、ちょっとした庭園みたいで、外国人の友達ができたら
まず真っ先に連れていこうと思ってた位、和っぽくて不思議な雰囲気のお寺。
ある時、いつものように家族で墓参りに行き、
本堂横の和尚さん宅にご挨拶をしに行った。
当時高校生だった私が、歓談を親に任せて軒先でぼんやりしていると、
かすかに笛の音が聞こえてくる。
黙ってじっと聞いていると、どうやら雅楽の音っぽい。
(あの「ふぁ~んチャラリ~♪」みたいな音)
なんとなく扉がしまった本堂の中から聞こえてくるように思われて、
「(へぇ、雅楽は神社ってイメージだったけどお寺でもやるんだなあ)」
なんて思い「今日は雅楽隊の方でも来てるんですか?」と聞いた。
お囃子の練習みたいに、本堂の中でお坊さんたちが練習してるのかと思って。
和尚さんキョトン。家族もキョトン。
なんか変な空気になってしまった私はあわてて、
「だって、ほら、音楽が…」
「音ォ~? …別にしないけど」怪訝そうな家族、
首をかしげ「ん?」と不思議そうにニコニコしてる和尚さん。
そのまま流され和やか~に一同は歓談にもどったけど、
私は狐につままれたような気持ちで、話が終わるまでその音に聞き入ってた。
何だったんだろ。

あともう一個、また別の時。
和尚さん家の玄関前には飛び石がある。
そこに、小さい虹が落ちていた。
虹っていっても別にアーチ状じゃない、10円玉を楕円にした大きさのやつ。
よくペットボトルとか、自転車の反射板とかでできるやつ、
見たことあるんじゃないかな。
やっぱり歓談の間、暇を持て余していた私は飛び石の上の虹に気が付き、
上に手をおいた。
あれって光の反射だから、上に手を置くと手の甲に虹が映るんだよね。
そのまま、上手い事手の甲に映したまま動いてくと、反射元にたどり着く。
別に光物なんて近くにないし、どっから反射してんのかな~
なんて不思議に思って。
でも上に手を置いたら、虹が隠れてしまった。手の甲に映ってこない。
初めての体験に「!??」となる私。すぐに、あ、じゃあこれペイント?
ふしぎな落書きだなぁ…なんて思っていると、すぐ横に和尚さんがやってきた。
「どうしたのー?」なんていわれたので、上記の経緯をざっと説明。
和尚さんも私の横に座り込んで不思議そうな顔で手のひらを何度もかざし、
手の甲に映ってこない虹を見ては「不思議だねぇ」と首をかしげてた。
お墓まいりの度、何度かごあいさつに行ったけど
飛び石に虹があったのはその時だけだった。






☜1日1クリックの応援お願いします




539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/21 23:37 ID:pbRAqOfd
地方の寺の息子です。でも今は東京でリーマンw 家は兄が継ぎました。
信じてもらえるかわからんけど、子供のころの出来事をいくつか。 

・お盆の時期になると、敷地内の墓地に昼夜関わらずあの世から戻ってきた人(…だと思う)がうろうろしてました。
小学校に入るまで、それが普通だと思ってた。 

・中学卒業するまで、毎朝毎夜本堂で親父のお勤めを正座して聞かなきゃならんかった。サボるとぶん殴られたもんで…
そんな夏の夜、本堂の扉を開けっ放しにして兄と一緒にいつものお勤めをしていたら、
背後から明らかに異様な気配がしてくる。かさかさ音もする。
子供だから怖いのと気になるのとでそわそわしてると、親父が一括、
「やかましいぃっ!お前ら仏の教えを聞きたいのなら、もう少し静かにせんかっ!」
(こんなような内容だった。うる覚えだが)
…それまでわさわさしてた気配がぴたりとやんだ。
それ以来、本堂の縁側にひざまずく白い影…というか煙みたいなのをたまに見かけるようになった。 

・小さいころ、
格子柄(チェックみたいな模様)の着物着て裸足の、おかっぱの男の子と境内で遊んでた記憶がうっすらとある。
でも、その子が話してる言葉がさっぱりわからなかった。 

・何歳ごろか忘れたけど、
ある一時期、境内にある大きな木の真ん中あたりに、鈴を持ったしわしわのおじいさんがずーっといた。 

とりあえずこんなところかな。
でも中学入るくらいかどれもらさっぱり見なくなったし、変な体験もしなくなったなあ。


541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/22 04:39 ID:yHNH8IYq
>>539 
すごく興味深い! 
それらの現象はお兄さんも一緒に感じていたのですか? 
住職であるお父さんは、成人してからもそれらの気配を普通に感じてられたということでしょうか? 
しわしわのおじいさんて、たぶんすごくいい守護霊のような気がします。 
鈴の意味はなんなんだろうなぁ(・∀・)ワクワク


543 :539:04/06/22 21:14 ID:iTmRT/lr
おお、煽られると思ったけど、ちゃんと反応してくれた人達がいた(・∀・)ありがとうございます。
なかなか信じてもらえんのですよ。 

親父は昔から見るみたいです。
でも僧侶という手前、お化けとか幽霊とかいう表現を使わず、もっぱら『異形』という言葉を使いますね。
若い頃、山の中の寺で修行してた時に、一つ目一つ足の坊主の妖怪(?)を見たことがあるみたいで、
小さい頃は他人様のお墓に上って仮面ライダーごっこをするなど悪いことするとすると、
その妖怪のお話をエンドレスに聞かされたものです。
まあ、すぐ『拳』に変わりましたが(笑) 

兄も見ます。これが一番たちが悪い。どっちかというと、お化けに好かれるタイプ。
ちなみに顔はゴリラですが(笑)。 
境内に水子地蔵があります。
これは寺伝だと、昔飢饉のときに亡くなった子供をまとめて供養してるみたいなのですが、
小さい頃は絶対その近くで遊ばないように祖父から言われていました。
…そうじゃなくても子供心に薄気味悪いところでしたから、近づきたくなかった覚えがあります。
そこでまあ、色々あったんですが、結論から言うと、
兄はその場所で『あっちの世界』へ二度ほど引っ張りこまれそうになってます。 
ちなみに、私が前述したおかっぱの男の子と出会った(?)のも、水子地蔵のある裏手のちいさな空き地でした。
今は駐車場になってますが。 

私は見るというよりも、そうですね、感じると言った方が多いです。
見たとしても、強いて言うなら煙みたいなものを見る事が多いです。
感じるときは何故か右半身だけががきれいに逆立つような感触を受けます。 

なんかくだらないこわい話みたいになってしまいましたね。すいません。

 




 以前住んでいたマンションは、お寺マンションでした。
一階部分がお寺で、家はお寺の真上の部屋でした。
もしかしたら修験者系なのかな、
たまに早朝ホラ貝とか聞こえてきたし、
本山が羽黒山でした。
一応23区内で2DK家賃は月12万です。
格安でもなんでもないです。
別の部屋が決まってたんですが、
不動産屋の手違いでこの寺マンションに決まりました。




ある時、ちょっと台になるものを探していました。
廊下の角にコンクリートブロックがチラッと見えたので、
ラッキーって思いながらブロックに手をかけると、
その裏は物置になっており、
中には1メートルぐらいの稲荷神社によくいる狐さんが2体。
腰を抜かしそうになりました。
そこを通らないと自分の部屋にいけないのですが、
一年中ひんやりして暗くて怖いので、
なるべく見ないようにしていました。 


一回偶然つけていたテレビで豊川稲荷が映って、
「皆さんの幸せを祈願いたします」って、
お経が流れた事がありました。
その瞬間、部屋の電気製品がバリバリ言い出して
、明かりが点滅。びっくりして外に出たら、
自分の家だけでした。
それから、夏休みに怖いテレビを見てると、
読経するシーンがあるじゃないですか。
そうすると夜かならず金縛り。
金縛りの時は、『信心してないので勘弁してください』と念じてました。


なんか自分自身、
怖くていっつもピリピリしてました。
自分が大家さんに出たいと伝えると、
「もう入る人は決まってますよ」と言われました。
人気物件で、
部屋は空室になったことがないんだって。
人が入ってるうちから、次入りたいって人が待っているらしいです。 


そこに住んでいる間、
金運がもの凄く良くて、
宝くじとか、
たまたま参加した会社のプロジェクトが大ヒット金一封がでて
明細をみると200万円なんていうこともありました。
引っ越したら金運は普通になりましたが、
スゴイ気味悪かったので引っ越してホッとしてます。
☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ