【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 【お寺系】




309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/09/19 00:10
私は仕事の関係で、アジア圏を中心に出張や短期駐在に行くことがあります。
こういう生活を続けるとかえって日本の風物が懐かしくなるもので、
いまの趣味が休日利用の温泉や神社仏閣巡りが中心になってます。

で去年の夏、高野山に行ってきました。
そこの奥の院というところは、いろんなお墓があることで有名な霊域ですが、
そこに行ったらどうしても足が横道にそれて、私には関係のない墓に立ち止まってしまいます。
ああ、引っ張られてるなと思いましたが、これも何かの縁と般若心経を唱えました。
そしたら次もまた引っ張られて心経、また引っ張られて心経と繰り返してました。
いくつくらい廻ったのかわかりませんが、
奥の院というところは、入り口から弘法大師の眠る御廟まで一時間強もあれば帰って来れるところですが、
私はそんなことしてたから3時間半ほどかかりました。
実はここに来るまで左肩がやたら重かったのですが、
ひとつひとつそうした墓や碑を過ぎるたびに軽くなってきたことも覚えてます。

そして其の夜、旅先の旅館で夢をみました。


310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/09/19 00:11
その夢は馬や牛、イヌ、鳥、珍しいところではもぐらやカワウソみたいなたくさんの動物くんといっしょに、
円座になって酒を飲んで歓談しているものでした。
人間は私だけでしたが、覚えてるのはつまみは枝豆と豆腐くらいしかなかったことかな?
さすが動物宴会だ、肉がないって変に感心しながら楽しんでました。

霧のようなものがでてきたので、「そろそろお開きだ」って馬さんが言い出し、みな片づけをし始めました。
そして皆こっちを向いて、「ありがとう」と挨拶。
「え、おれ、なんもしてないよ」って言いながら視線を彼らに向けると、
皆人間の姿になっていて、軍服を着た人、レトロな背広を着た人、ドカチンスタイルの人、モンペを着た女性が十数名、
手を振りながら霧のなかに消えてゆきました。

そこで目が覚めました。
あまりに強烈な夢だったので、いろいろモーニング食べながら考えてましたら、
昨日の高野山の一件を思い出しました。
そういえば昨日いっぱい拝んだ墓は、
『海外物故者』とか『航空兵』とか『近衛兵』とか『陸軍なんとか』『海軍かんとか』って書いてたな。
きっと海外にいたときに私の身体について、ここまで一緒に来たんだな。
それでわざわざ夢にでて、御礼を言いに来てくれたんだ。
そういや、ここに来る前には重たかった左肩も、いまはすっかり軽くなってる・・・

怖くはなかったです。
それよりも、私を驚かさないように愉快な動物くんになって来てくれた事のほうが、うれしくて悲しかったです。

今度でて来るときはそのまんまの姿でいいよ、怖がらないから。



オカルトランキング




438 :本当にあった怖い名無し:2019/01/07(月) 00:13:14.13 ID:7RV3yZ2x0.net
初詣で絵馬を奉納して、ふと上にあった他の絵馬を見たら、
『△△○○さん(男の名前)が私を選ぶことが確定しています』っていう絵馬の隣に同じ字で、
『○○さんは△△○○子(奥さんと思われる)と2019年3月に離婚する運命です』って書いてある絵馬があってゾワっとした。
神社に奉納する絵馬なのにアファメーション風な文体も気持ち悪いし、絵馬の二枚に分けて書いてるのも気迫がヤバイ。


442 :本当にあった怖い名無し:2019/01/07(月) 18:01:09.30 ID:8m0rpi670.net
>>438にちなんで

まえに京都を旅行した時、予定してた寺社を巡りながら、次の寺社がそばだったので歩く事にした。
途中に絵馬が大量に祀られてる寺社があり、興味本位に覗いてみたら、
『○○と××が別れますように』とか『**が++と離れて戻ってきますように』とか、とにかく別れを願う絵馬ばかりで軽くゾッとした。
中には『病気が治る(病気と別れる)ように』というのもあったのので、これが"縁切り寺"の正体かと考えついた(違ってたらゴメン)。

いやその時まで"縁切り寺"って、悪縁(とか病気)排除の寺の事と漠然と思ってたので、
生々しいエゴと他人の不幸を願う文言ばかりで、この地には怨霊が集まってきてるんじゃないかとも思った。


450 :本当にあった怖い名無し:2019/01/07(月) 21:19:09.22 ID:BfvG+o7HO.net
>>442
安井金比羅宮かな?
2時間サスペンスで舞台になっているのを見て、怖いところだと思った
確かサスペンスでも、絵馬が話のキー


457 :本当にあった怖い名無し:2019/01/07(月) 22:39:50.95 ID:8m0rpi670.net
>>450
おお!
正確な場所は忘れたからどこかわからなくなってたけど
二年坂から建仁寺に向かったはずだからその金比羅で間違いない
大通りからこっちの方が近そうだと細い道に入っていった先だったとも思い出した
ありがとう

実際、絵馬にはもっと汚い言葉が書いてあるのが多くて本当にビビった


459 :本当にあった怖い名無し:2019/01/07(月) 22:50:13.72 ID:7RV3yZ2x0.net
>>436440448
金毘羅宮ググったら写真がすごい雰囲気で鳥肌立ったわ
縁切りってストーカーやDV野郎や悪妻なんかとの縁切りって事だと思ってた
穢れた願いが多すぎて生き霊や怨霊が生まれててもおかしくないな


462 :本当にあった怖い名無し:2019/01/08(火) 08:21:32.57 ID:zt3CZimE0.net
>>457
>>459
安井金比羅宮も、昔は悪縁切りだったのよ。
でも今は、不倫やら何やらの人が多いね。なまじ力があるから、そういう人も引き寄せてる。

祭神は、日本最強の現役怨霊:崇徳上皇なので、そこらの生き霊や怨霊だと逆に蹴散らされますよ。
但し、無礼を働くと怒りも凄まじいので、するなら覚悟した方が良い。
元々あの場所は、崇徳天皇お気に入りの屋敷があって、天皇の御愛妾が住んでた。
この気に入の場所に君がいて、一緒に過ごせるのは物凄い幸せ。って意味の歌を残してるぐらい。
崇徳天皇配流・憤死の後に、その方が上皇から戴いた仏像を祭って天皇の死を悼んだ。というのが縁起だ。
それもあって、崇徳帝は、その方の願いもあり、世の悪縁に苦しむ人の為に縁切をされている。


464 :本当にあった怖い名無し:2019/01/08(火) 08:51:57.59 ID:zt3CZimE0.net
1970年代、80年代のvow系雑誌で、京都魔境とか悪縁切りは言っておどろおどろしく紹介されてから、
男女の生々しい不浄な願い事が増えた。

一時は宮司もその手の絵馬は除いてたんだけど、数が増えたのもあって今は放置されてる。
ただ、悪縁切りは絶大な効果があってその後も幸せになるけど、
不浄な願いは例え敵っても結果不幸も増えるのが・・・安井金比羅宮ですわ。


昔ネットの書き込みでもそういう報告が多かったね。
・会社の人間関係で悩んで参拝→家族の不調もあり、転職。新しい職場では人間関係に恵まれている。家族の不調も直り、そこそこの宝くじも当たって入院治療費が賄えた。
・不倫略奪を願って参拝→略奪成功で喜んだのもつかの間、夫の借金発覚。自分実家に縁を切られ、夫実家は糞。夫婦揃って自己破産した。前妻は良縁に恵まれて幸せらしい。こんなことなら不倫略奪なんてしなきゃよかった。



オカルトランキング



781: 本当にあった怖い名無し 2005/06/04(土) 01:04:08 ID:0lMJIjd50
山と言うにはちょっと?なんですが、体験を一つ投稿させていただきます。
数年前の夏、物好きにも原付バイクで対岸からフェリーに乗って
四国八十八カ所結願の某寺に行ってみた。
時刻は夕暮れ少し前、今夜の宿も飛び込みで運良く取れた。

本堂と大師堂の前でしおらしく回向を願い
参道に軒を並べた商店が店じまいする中ふと気が向いて
結願寺裏山へ続く地元道を原付で走って見ることにした。

しばらく坂道を上り、峰遠くにぽつんと見えた鳥居を目標に据える。
坂を上りきった所に十字路を右に折れたところでそれと出会った。
幅1m程の地元道いっぱいに体を述べた緑色の大蛇。
驚いたことにその大蛇は人間の目が、付いていた。

ぎょっとして引き返そうにも狭い道幅でUターンは不可能。
“ぺーっ”“ぺ、ぺーーーーー”
原付のしょぼいクラクションを鳴らせど蛇は一向にどいてくれる気配がない。
気味が悪いのと途方に暮れたのと両方で泣きが入って、私は祈るようにつぶやく。
「すんません、お願いですから、もう戻りますから通してやって下さい・・・」
すると蛇は、一度だけ私を振り返ると、す、すーーーーっと谷へ続く
草むらへと行ってしまった。

霊場、結願寺の裏山。そこは異界への入り口だったのだろうか?
道をせき止めた人間の目を持つ蛇は、回向のお礼に出てきた先祖の化身
だったのだろうか?妙に黄色い夕暮れだったのを、今でも覚えている。
数年経った今でも不思議に心に残る出来事だ。

ちなみにたった一人の宿泊客を迎えた旅館?は
夜は完全に無人となり、「とてもにぎやか」な一夜を過ごさせていただきました。



☜1日1クリックの応援お願いします



182 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/31 00:43 ID:GcE7Lqzi
先輩の話。
彼は中学を卒業するまで、山間の小さな村に住んでいた。
その村には、閻魔堂と呼ばれる小さなお堂があったそうだ。
本当に閻魔を祀ってあった訳ではなく、単なる呼び名のようなものだった。
実際、御神体はお面だと聞いていた。直接目にしたことはない。
お堂の世話をする家は決まっていたらしく、他の者は関わっていなかった。
大切にされていたが、同時に、まるで腫れ物に触るかのような扱いを受けていた。
今にして思えば、一種の禁忌にされていたようだったと彼はいう。

中学最後の夏休み、集団登校日の前夜のことだ。
家の黒電話が鳴ると「お前に電話だ」と父が階下より呼ばわる。
こんな夜中に誰かと思えば、村でも札付きで有名な悪友からだった。

「今、仲間三人で閻魔堂を荒らしているんだ。お前も来ないか?
 そうそう、祀っていたのは本当にお面だったぞ。
 真っ黒でイボイボだらけ、おまけに角まで生えているけどな」

先輩は特に信心深い訳ではないが、悪友を不快に思う程度には信仰心があった。
性質の悪いことは止めろと言ったのだが、受話器から帰ってきたのは下卑た笑い声。
音声から察するに、どうやらお面を被って踊りふざけているらしい。
後ろの方から「あいつは根性がネェからなぁ」と罵る声が聞こえてくる。
腹が立って、力一杯に電話を切った。

183 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/31 00:44 ID:GcE7Lqzi
(続き)
翌日、学校で殴ってやろうかと待ち構えていたが、肝心の彼らが来ない。
帰りの途中で、直接文句を言いに家に行ってやろうか、そんなことを考えていると、
急に職員室の方が慌しくなった。教師が呼び戻され、どのクラスも自習となる。
何か只事ではない雰囲気を皆が感じている内、全生徒が講堂に集められた。
そこで校長先生より、昨夜この学校の生徒三人が、自殺をしたと伝えられた。
三人とも自分の部屋で、首を吊っていたらしい。
周りが騒然とする中、先輩は頭を殴られたような気がした。
間違いない。死んだのは昨夜、お堂を荒らした奴らだ!
その後、校長が何を話したのかは、よく覚えていない。

家に帰ってみると、村の駐在警察官が来ていた。
前の晩に死亡者から電話があったと、家族が通報していたのだ。
告げ口するようで嫌だったが、正直に彼らと何を話したかを報告した。
知り合いの巡査は顔をしかめた。
お堂が荒らされたのは既に知っていて、多分彼らが犯人だろうと、警察も推測して
いたのだという。

184 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/31 00:46 ID:GcE7Lqzi
(続き)
「罰当たりモンが・・・」巡査の顔は歪んでいた。
不敬な行動に対する憤りだけでなく、何かを怖れているかのような顔だった。
巡査によると。
三人は昨夜家に帰り、ごく普通な様子で「ただいま」と家族に挨拶した。
その足で自分の部屋に向かい、すぐに首を吊ったのだそうだ。
時刻をすり併せて考えてみると、先輩に電話した直後に、彼らはお堂を後にして
帰宅していたと推測された。
電話を切った直後に、一体何があったんだ?
先輩は思わず寒気がした。その時感じた嫌な感じは、数日間も去らなかった。

結局、彼らは受験ノイローゼだということにされ、決着が付けられた。
三人とも進学などしないことは、村の皆が知っていたが。
お堂はそれからしばらく、鎖で巻かれて封鎖されていた。
もっともそんな厳重にしなくとも、近寄る者とていなかったそうだ。
翌年、彼は進学のため村を出た。
数年後に家族も引っ越ししてしまい、以来村には一度も帰ってはいないという。



☜1日1クリックの応援お願いします



668 :本当にあった怖い名無し:2017/11/27(月) 23:08:01.57 ID:XN0awRaT0.net
私は母の地元では、授かり様と呼ばれている。 

私の母の実家はお寺で、三歳くらいまでは母の実家で暮らしてた。 
うちのお寺は癇の虫まじないがよく効くと評判で、小さな子をつれた家族がよくくる。 
当時年頃が近い一歳ちょっとの私を、祖母が檀家さんのお孫さんと会わせようと客間に連れていった。
そのお母さんは年子でふたりめ妊娠中なんだけど、予定日が過ぎてて困っていたらしい。 
私は相手の子と座って遊んでたらしいが、
急に相手のお母さんのお腹を撫でて、お母さんの横で遊び続け、別れ際も撫でた。 
次の日その檀家さんから連絡があって、あのあとすぐに陣痛がきて無事に産まれたらしい。 

その後、庭先で遊んでた私は、訪れたお嫁さんのお腹を撫で、
その日はずっとその人から離れようとせず、母に引き剥がされるまで何度もなで続けたらしい。 
その後、そのお嫁さんは妊娠した。 

そんな事が一年続いた頃には、周りもなんか不思議ねぇと噂しはじめ、
訪ねてきた檀家さんをお出迎えした私は、お嫁さんのお腹に抱き付き、
「あかちゃんいーこ!」と言い撫でたらしい。 
そしてそのお嫁さん妊娠したと、後日号泣して私を抱きしめてお礼を言った。(これはなんとなく覚えている)
流産繰り返してて、今回もダメかも知れないと諦めてたが、無事に安定期に入り、
今まであった安産妊娠などの出来事は偶然じゃなくて、
私がきっと関係してる、私のお陰だと家族総出でお礼をしに来たらしい。 


669 :本当にあった怖い名無し:2017/11/27(月) 23:09:06.06 ID:XN0awRaT0.net
お寺を離れた三歳からは長期休みにしか戻らなかったし、
十歳のころ隣の家の幼なじみの牛の鈴が難産で、私が頭を撫でてやったらすぐに破水し、
無事出産したのを最後にその不思議な力は無くなった。 
(長期休みのときはずっと縁側に座ったり寝たりしてて、ふときになった人の元に行きお腹やこしを撫でてた)

三十路になった今でも、祖父母のとこに帰れば檀家さんには授かり様と呼ばれ、手を握られるし、
その時産まれた子にもお礼を言われたり、未だに私宛にお年賀や暑中見舞いなど送られてくる。 
どんな力なのかはわからない。
本当に自然とその人のお腹回りに引き付けられるような感覚で、手を伸ばすのを我慢ができなかった。 
あれが一体なんだったのかはわからないが、もっとわからないのは、
私は三人子供産んだけど、全員切迫早産や重度の悪阻や早産、出産時の出血多量で、
決して楽な出産では無かったことが解せない…。



☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ