【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 【山まつわる】





101 :本当にあった怖い名無し:2013/02/10(日) 22:51:48.86 ID:kaGDCQXM0
取引先の話

彼がまだ若かった頃というから、ずいぶん昔の話だ。
まだペーペーだった彼は、地質調査会社の仕事をしていた。
こう呼ぶと格好良いが、
「要は『山師』だぁね」

ある時、山越えの道路が計画され、峠にトンネルを掘る事となった。
トンネルは一旦、ある沢で地上に顔を出し、直ぐ次のトンネルに続く図面だった。
彼はその建設会社の下見の先導を請け負ったのだが、何分狭い世界の事、その事は山師仲間内に知れ渡ってしまったらしい。
幾日か後、さして親しくも無かった山師仲間の一人が、深刻な顔で彼の自宅を訪れた。
「あの沢だけはやめとけ」
家人にそれだけ言い残すと、プイッと去って行ったそうな。

さりとて理由も無く受けた仕事を放り出すわけにもいかず、
次の日、彼は山の持ち主の所に『仁義を切る』為に、建設会社の下見の技師と共に訪れた。
幸いにも山の持ち主はいい人で、快く山の下見を許してくれた。
連れの技師の話では、土地の買収交渉も順調に進んでいたらしい。

持ち主に下見のルートを説明して件の沢の所まで来た時、持ち主の顔色がサッと変わった。


102 :本当にあった怖い名無し:2013/02/10(日) 22:53:21.24 ID:kaGDCQXM0
「ここには性質の良くねぇ奴がいる。やめときな」
それっきり持ち主は黙ってしまった。
何の『性質が良くない』のか尋ねてみたが、確たる答えは得られなかった。
彼は仲間の事もあり気にはなったが、訳の判らない理由で下見を中止する訳にもいかず、その日はそれで引き上げた。

数日後、天候に恵まれそうな日を選び、彼と技師は調査に出かけた。
深い山ではないので日帰り予定、彼が先頭に立って藪を漕ぎ、後ろから技師が測量棒を杖代わりに付いてくる。
なんせ、技師は『お客様』、粗末に扱う訳にもいかない。

順調にトンネルの入り口予定地点の調査を終え第二地点、つまりトンネルの中継点となる件の沢に差し掛かる。
もう沢が見え最後の藪を鉈で払おうと振り上げたその時、
「鉈が蛇になった」
見た訳ではないが、覚えのある蛇を掴んだ感触、そしてその胴体が手の中でのたうつ。
思わず手を離したが、勢いのついた鉈は彼の足許にグサリと刺さった。
靴の金具で止まっていていたので辛うじて怪我は免れた。
蛇などどこにも居なかった。


103 :本当にあった怖い名無し:2013/02/10(日) 22:54:22.80 ID:kaGDCQXM0
自分自身より動転している技師をなだめながら、二人は沢に入り所定の調査をする。
その間も、彼は手に残った蛇の感触が気味悪く、調査は上の空だった。

調査もそこそこに二人は沢を離れ、最終地点であるトンネルの出口に向けて出発した。
藪を漕ぎで二、三メートル進んだところで、
「ひゃっ!」という声と共にブンッと音を立てて、測量棒が彼の頬を掠めて目の前の地面に突き刺さった。
後ろを振り向くと、技師が青い顔でつぶやいていた。
「蛇が・・・・」
彼は全てを理解した。

数年後、その峠を自動車で通り過ぎたが、峠には一本の長いトンネルが作られていた。





人気ブログランキング



560 :本当にあった怖い名無し:2018/05/18(金) 14:06:03.42 ID:X/U2R1Lnk
今から25年くらい前の話。
アラフォーの俺の唯一の不思議体験。

その日、俺は親父と連れ立って渓流釣りに出かけた。
自宅から車で十数キロほど登った山間にある川から釣り始めた。
2、3時間釣りながら川に沿って登っていたら、昼過ぎくらいに滝に出た。
落差10メートルはありそうな大きな滝だ。
結構この辺りは釣り歩いてるが、初めて見る滝だったので、こんな所あったのかと親父と二人して驚いた。
滝つぼを見ると、尺越えの魚影がチラチラと見え、やる気満々で釣り始めたんだが、全然釣れない。
結局あたりが暗くなりはじめるまで、3時間くらい粘ったけどボウズ。
周りに空き缶やらペットボトルやらポリ袋やら落ちてたから、俺らが知らないだけで結構人が入っててスレてんのかぁ、
とその日は諦め、せっかく綺麗な滝なのにゴミが目障りだったから拾って綺麗にして帰る事にした。
川を釣り登ってたので現在位置はハッキリしなかったが、谷の底にある滝で、上の方から車の音がしたので、
結構な斜面だったが壁面をよじ登ったら、すぐに舗装された道に出た。
こんなに道に近い滝ならそりゃぁ人も入るわなぁ、と親父と話し、時計を見ると午後の2時くらい。
あれ? 結構釣ってたはずなのに意外と時間たってないなと親父と二人首をひねったが、
釣り登るのは体力使うし、鬱蒼とした森の中だったから暗くなるのも早くて時間感覚狂ったんだろうとあまり気にせず帰った。


561 :本当にあった怖い名無し:2018/05/18(金) 14:06:47.52 ID:X/U2R1Lnk
次の週、尺越えの魚影が忘れられない俺と親父は、リベンジに出かけた。
が、滝が発見できない。
スマホどころかカーナビもまだ普及し始めたばかりの時代だったので、うちの車にはついておらず、
うろ覚えの道を行ったり来たりして、農作業中のじーさんばーさんに滝の事を尋ねてみるも、
「この辺に滝なんてないぞ」と言われる。
あんなにデカくて道に近い滝なのに、んなアホな。と思いつつも探すが結局見つからず、その日は別の場所で釣りして帰った。

更に次の週、やっぱり滝で釣りをしたい俺は、また滝を探しに行こうと親父に声をかけた。
「滝?何の事だ?」
は?と思う俺。親父は滝の事を忘れていた。
先々週の釣りで行った滝だと説明するんだが、首をひねるばかりで思い出せない様子。
いぶかし気な親父を説得し、滝を探しに行くがやっぱり見つからず、
その後も何度か近くで釣りしたのだが、未だ滝は見つかっていない。

もしかしたら滝で釣りした事自体が夢だったのかもしらん。
拾ったゴミでも残ってれば証拠になったんだが、普通に捨てちまった。
当時の俺は、俺もその内、滝の事忘れるんかなぁと思ってたんだが、未だに鮮明に覚えてるんだよなぁ。
ほんとあの滝なんだったんだろ。






オカルトランキング



751: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/26 17:19
うちのオヤジ、若い頃は鉄砲ぶち(狩猟)が趣味だったんだけど
ある年、「山にとりこまれる」と言い出して、それ以来ピタッとやめた。
なんでも、鳥や動物の次の動きがすべてわかるようになってしまって
自分は山にとりこまれつつあると感じ、無性に恐ろしくなったんだと。

飛び立つ前のキジの飛ぶ方向も、ウサギが隠れてる雪の下の穴も
キツネの足跡がとぎれていても、どこに潜んでいるか等々が
何もかも気味が悪いほど直感でわかるようになってしまったんだと。


その時、「これは人間の感覚ではない」と感じたんだそうな。

一緒に狩りに行ってた仲間は、オヤジと一緒に行くと、面白いように
ウサギやらキジやらがとれるので、オヤジが突然狩りをやめたことを
非常に惜しんで何度も誘われたが、オヤジは二度と山には行ってない。
おかげで70歳こした今も元気だけど、あのまま狩りを続けていたら
どうなっていたんだろう・・・?

753: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/26 17:37
>>751
ただ単に猟師の才能が常人よりけた外れにあっただけかもね。
そのまま狩りを続けていたら猟師の神様と呼ばれる人物になってたりして。

754: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/26 17:52
>>753
しかしそこで山というものに畏敬の念を表して(?)狩を辞めたオヤジ殿は漏れ好みの思考の持ち主だ

755: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/26 17:54
>>751
オヤジさん自身が怖くなったと言う事。
>「これは人間の感覚ではない」と
思ったことに重要な意味がありそう。
自然に生きる動物でさえ、狩の成功率は低いのに
あまりにも獲物を取れる確率が高くなると逆に
恐ろしくなる。オヤジさんは自然の摂理を理解して
いるから、なおさらの事。。






オカルトランキング



385 :本当にあった怖い名無し:2012/01/07(土) 11:55:56.55 ID:jYQHC0pB0
『放置していた山奥の畑に正体不明の隆起ができていて意味不明』って話を、かなり前にこのスレで読んだことがある。
実はうちの田舎にもそういう耕作放棄地があって、去年の夏休みに帰省した際に山歩きがてら見に行ってみたんだ。
すると、もう予想できると思うけど、そこにもその話のような隆起が何個も発生していた。
そのときは、「へー本当にこんなこともあるんだな」と感心するだけだったんだけど、
年末にもう一度帰省したら、事態は変わっていた。

なんでも、それからその畑を借りたいっていう田舎暮らし志願の人が現れて、それではってことで整地し直したんだそうな。
当然、件の隆起も崩してみた…んだけど、中から変なモノが出てきた。
まず、痛んではいるものの元はかなり豪華だったと思われる布団の地層、
その下に焼かれた形跡のある、明らかに人の手が入った木材とか竹、
最後にでかい動物の骨が何本も。


386 :本当にあった怖い名無し:2012/01/07(土) 12:00:12.19 ID:jYQHC0pB0
動物の骨は、整地を手伝ってくれた狩猟免許持ってる土建屋の人が言うには、鹿か猪。
付け加えると、その山で目撃される動物は、最大クラスでも狸がせいぜいで、
そんな大物は何十年も出ていないから、よそからも持ち込んだってことで多分FA。
という話だった。
とにかく、何かの儀式のようなことをしたのは、誰の目にも明白な状態だったらしい。

結局、みんな気味悪がりはしたものの、何か思い当たることも無いし、
今のところ特に変なことが起こっているわけでもないので、全部焼却処分してしまった。
借りる人はもう移住する手続きとか済ましちゃったし、そういうことは気にしないから、
来年から予定通り農業は始めると言っているそうだ。

気になって地元の友だちにそれとなく聞いてみたら、そういう話は聞いたことがないけど、
耕作放棄地は不法投棄や不法占拠されることが多いから、注意するようにしているとは言われた。
自分はそれ以上調べたりできるわけでもないんで、そのままにして休みが明けたら仕事先に戻ってきちゃったけど、
長く放置している土地を持っている人は、たまにはそこがどうなっているか確認しに行ってみた方がいいかもしれない。





オカルトランキング



732 :本当にあった怖い名無し:2012/05/13(日) 23:14:19.78 ID:WnnvCIcsO
山ってやっぱりすごい力を持ってると思うし、神様もいると思う。
数年前、母ちゃんが病気で入院しててさ。
なんでか無性に山に行きたくなって御岳山行ってきた。
それまで山と言えば保育園の時に登った高尾山くらい。
8月の夏山に1人で行ってきた。
長い階段の先の御岳山の神社にお参りしたとき、涙が勝手に出てきてなんかその時にいろいろと覚悟した。

御岳山を下りてから病室に戻ったら母ちゃん、すごく空気が変わったって喜んでた。
山の空気を持ち帰ったらしく、すごく気持ちいいって言ってた。
自分自身、汗くさいだけだったのにw

それ以来、1人で山に行くようになったけど、結局空気を持ち帰れたのは2回だけだったよ。
もっと山の空気を運びたかったなぁ。

でも御岳山に行くと必ず1人になれる時間がある。
不思議なんだけど、さっきまで後ろにいた人がいないとか、いつの間にか周りに誰もいなくなるんだよねw
そんときは何故か風がまとわりついてきて思い切り泣けるんだw
山に慰めてもらえてるのかな。

スレちすみません。
ようやく三回忌を迎えるにあたって、気持ちの整理をつけるために書き込ませてもらいました。





オカルトランキング

↑このページのトップヘ