【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 【山まつわる】



805 :本当にあった怖い名無し:2005/04/08(金) 13:54:57 ID:fYUvKTWVO
怖いというより不思議な話ですが…

工房時代、私は家業が八百屋ということもあり、春先によく山菜採りに連行されていた(山菜は元手タダなんでウマーw)。
山の入口に小さな祠があり、いつもはスルーして行くのだが、その日はなんとなく手を合わせてから入山。 
母は体力的に足手まといなので、割と低い平地を探索していた。 
私と父は春先でぬかるんだ急斜面を探索。我ながらかなり危険だったと思う。 

しばらく探索していたら、私の体に異変が起こりました。 
音が消えているのです。その日は天気も良く、そよ風が吹いていたにもかかわらず… 


806 :本当にあった怖い名無し:2005/04/08(金) 14:07:40 ID:fYUvKTWVO
私は不安になり周りを見渡すと、
森の中がまるで時間が止まっているかの様に静まりかえり、何も動いていないかの様に見えました。 
その時、頭を軽く叩かれた感触があり、そちらを見たら、父が斜面を滑落してきたのです。 
間一髪で私は父をつかまえ、事なきを得たのですが… 
気付いたら森の中はいつもの様にざわめいていました。 

後にその事を父に話すと、『山の神様が助けてくれたのかもな』とのこと。
私自身、その山の祭りで奉納舞を舞っていたので、それもあるのかな?と思っています。 
東北の、とある霊山の麓での出来事でした。 


807 :805 806:2005/04/08(金) 14:19:35 ID:fYUvKTWVO
初カキコです 
長文、駄文、大変失礼致しました。 
後日談として、父がその祠に酒を奉納しておりました

いまだに奉納舞は続けております。 
舞っている最中に半ばトランス状態になることがあるのですが、山の神様が降りてきているのだと私は思っています。



☜1日1クリックの応援お願いします




421 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2005/09/07(水) 22:15:35 ID:NBH9Xdt80
森林管理の仕事をしている古い友人は、年に数回、山に供え物をする。 
供えるのは串団子で、古くからの習慣だという。 

朝、山に入る時、道沿いの巨木の根元に団子を3本置いていくと、夕方には串だけが残されている。 
団子は特別なものではなく、
最近は、コンビニで3本100円で売っているような、菓子メーカー製の団子を供えているとの事だ。 
そんなものでいいのかと、こちらが心配してしまうが、供えている当の本人はそんな事に頓着しない。 

そもそも、供えている相手が山の神様なのか、あるいは精霊のような存在なのか、
それさえ知らずに供えているというのだから、もはや有難みも何もない。 
供えて何を祈るかと思えば、取り立てて祈りもせず、 
「はい、どうぞ」 
その一言だけを心のうちで、そっと添えるのだという。 

先代から引き継ぐ時に、彼は詳しい話を聞いたはずだが、 
細かい事は覚えていないと、嘘か本当か判然としない顔で言う。 


422 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2005/09/07(水) 22:16:56 ID:NBH9Xdt80
朝、団子を供えて夕方に串を持って帰る。 
持ち帰った串は、一般ごみとして捨ててしまう。 
それを年に数回繰り返す。 
それだけの事だと彼は言う。 

ただな、と笑った。 
一度だけ、串を持ち帰るのを忘れたんだ。 
いやもう、懲りたよ。 

串を持ち帰り忘れた翌朝、玄関を出て、鍵をかけようとした時、 
鍵穴に竹串らしきものが、ぐちゃぐちゃに差し込まれているのに気付いたのだという。 
鍵は交換せざるを得ず、かなり痛い出費となった。 

その後、どんなにせがんでも、この話だけはしてくれない。




184 :我流格闘家:2006/10/24(火) 18:06:40 ID:YxhXdyu2O
俺は毎年夏は2ヶ月程山ごもりして修行している。他人は変人扱いするけどね。 
深山の川の近くの洞穴を寝床にして、食料は川魚や野草や蛙や蛇等…完全に現地調達。 
文明の利器と呼べる物は一切持参しない(ナイフぐらいか)。
山では、徹底的に己を虐めぬく。 
冷水に体を浸し精神統一、岩を抱いて山野を駆ける、木からぶら下がり逆さの世界を延々と眺める… 
まぁとにかく体を鍛えてるわけだな。警察にも注意受けた事は何度もあるけど… 
それはさておき、不思議な体験も幾度と無く経験した。それを書く。 


186 :我流格闘家:2006/10/24(火) 18:22:22 ID:YxhXdyu2O
山奥での深夜、曇り空だと当然真っ暗だ。経験者はわかると思うが、正に墨を塗ったような闇。 
そこを、気配と勘だけで駆けずり回る修行もやる。
今は慣れてきたからかなり俊敏に動き回れるけど、最初は結構怪我したよ。 

これは去年の夏の話。いつもの様に真っ暗闇の中を四つん這いになってガサゴソと移動していた。 
と、川を挟んだ向こう側の藪の中からもガサゴソと物音&何者かの気配… 
狸か猪だと思って身構えた。猪は襲ってくることもあるからね。 
真っ暗闇の中の更に真っ黒な動く何者かが川の水に入る音がした。 
俺は息を殺し気配を消してじっと様子を伺った。 
水の中をチャプチャプと移動するソイツが、狸や猪ではなく別の物だと経験が悟った。 
真っ黒なソイツは二足歩行で上流へゆっくり歩いてる。 
俺の前を通り過ぎる時、一寸動きを止めたけどまたチャプチャプと上流へ消えていった。 
野生動物では有り得ない、何者か… あれは何だったんだろうね。 


188 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 18:57:31 ID:WysmJY5G0
偶然にも修行中の我流ファイターが二人居たんじゃないの~? 
確率は超低そうだけど~w 


191 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 19:22:31 ID:YNO7S5LeO
>>186 
よつんばいで動き回ってたの? この人に山で遭遇したらこのスレにぴったりな話が出来上がるな。
つか警察に注意までされたって…w 
こういう人なんか好きやわー。修行中登山客とかに会った事ある? 


192 :我流格闘家:2006/10/24(火) 19:31:59 ID:YxhXdyu2O
>>188 
確かに、俺みたいな変態格闘家が同じように修行中だったのかも知れないね。 
客観的に考えると激しく不気味な修行だな。 

>>191 
登山者とかが入ってこないような藪の奥の洞穴に潜んでるからなあ… 
誰かに通報されて警察が来たことは何度かあるけど。 
「またあんたか」って言われる。 


193 :我流格闘家:2006/10/24(火) 19:40:47 ID:YxhXdyu2O
でも、深夜四つん這い修行中の俺を見かけても多分人間だとは思われないと思う 
完全に獣に成りきってるから。 

深夜の山中で藪の中から物音が聴こえて慌ててライトを向けると、 
ボロボロの和服を身に纏って血だらけの男が(この修行に切り傷擦り傷は毎度の事 全身傷だらけになる) 
四つん這いでマムシをくわえたまま有り得ない速度で駆けていったら人間だとは思わないだろ? 


195 :我流格闘家:2006/10/24(火) 20:01:59 ID:YxhXdyu2O
他には、こういうのを見たことがある。 
山によっては、完全に野生化した猫(野猫という。人間に依存してる野良猫とは違う)が住み着いてるところもある。 
あいつらは俺と獲物が被るから、時々遭遇するのだけど、
深夜月明かりの下で何十匹もの野猫が群を成して行進しているとこへ遭遇した。 
本来猫は単独行動の筈だが…完全に統率のとれた猫の深夜の大行進にはさすがの俺もゾッとした。


212 :我流格闘家:2006/10/24(火) 23:04:03 ID:YxhXdyu2O
来年は、別の山に籠もる予定 
その山には修験道の行者(山伏?)がいるらしいから、鉢合わせになるかも知れないな。 
今から楽しみ。


213 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 23:06:17 ID:B0RmfQJ00
>>212 
とりあえず、あんたは怖い話を「語る側」ではなく 
一般人から山にす棲み付く怪人として「語られる側」の人間だって事は分かった。 


216 :我流格闘家:2006/10/24(火) 23:19:46 ID:YxhXdyu2O
>>213 
確かに俺は変人だが、俺の師匠はもっと凄いよ。 
師匠は元自衛隊の山岳レンジャー部隊にも所属していたサバイバルの達人。 
飲まず食わずで丸三日間木々と同化したりするし、ベニテングダケを平気でムシャムシャ食ってケロッとしてる人外。 
夜目も夜行性動物並に効くし、爪だけで魚を三枚におろせる。 
俺が目標としてる人だけど今はフィリピンで野生動物保護の仕事してる。嫁さんも美人。



☜1日1クリックの応援お願いします



778 :オマージュ:04/07/18 22:18 ID:q+VlFn8Q

先輩の話

山で大雨に降られた。たまらず廃小屋に避難する。
寝袋にくるまり、その日は早々と寝る事にした。

次の日、雨音で目が覚めた。
やれやれ、今日も足止めか。ため息をついて扉を開けた。
雲ひとつない晴天だった。
えぇ? 彼は頭の中が疑問符で一杯になったが、
とりあえず、荷をまとめようと小屋に戻った。
扉が閉まると共に、天井からどしゃぶりの雨音がひびいた。
扉を開けると、音は止む。
閉めると雨音がする。さらには雷が鳴り出した。

まあ、小屋も寂しくて、俺にもう少しいて欲しかったのかもしれんね。
彼は一宿の礼に、小屋の周り持っていた焼酎を少々撒いてきたそうだ。


779 :オマージュ:04/07/18 22:22 ID:q+VlFn8Q

さらに先輩の話

山でテントを張り、独り夕食を済ませた。
ぼんやり、たき火をみていると、火の中で何か動いている。
目をこらして見ていると、炎をまとった小人が踊っていた。
驚きつつも、その軽快な踊りに見とれていると、
最後にその小人はぺこりと彼にお辞儀をし、ぴょんと火の外に飛び出た。
すたたたっ
火のついた小人は一目散に薮に駆け出した。
彼はびっくりした。山火事になっちまう!
幸いにも、あと少しで逃亡成功、というところで小人は転び、
あえなく水筒を持った彼に消火されたそうだ。

可愛く見えても、山にでるやつらにゃ注意せにゃならんぜ? 
彼はにやりと笑った。
なんせ、人間じゃないからな、何しでかすかわからんよ。



780 :オマージュ:04/07/18 22:27 ID:q+VlFn8Q

さらにさらに先輩の話

彼が親戚引き連れて、富士登山の案内をしていた時のこと。
山頂まで登り詰め、やれやれと彼が一息ついていると、甥っ子が麓を指差し叫んだ。
「ねぇ! あれ何!?」
見下ろす大地に見事に広がった雲海に、一ケ所だけ、不自然な切れ目ができていた。
まるでそこに見えない巨大な柱があるかのようだった。
さらにその切れ目は風の流れに逆らい、西へ西へと広がっていく。
親戚一同に説明を求められた彼だが、今までこんな現象は見た事がない。
知らないと言うのは簡単だが、それでは彼のプライドが許さない。
目を白黒させながら、苦し紛れに彼は言ったそうだ。
「だいだらぼっちが歩いてるんですよ」
我ながら馬鹿げているとあきれたが、親戚一同、深くうなずいたそうだ。

でも、言われりゃ俺でも信じるしかないような雲だったぜ?
彼は頭をかいた。
まあ、でもホントにそうだとすると、その下にある町は踏みつぶされちゃうだろって話になるんだけどな。



☜1日1クリックの応援お願いします




54 :へたれ語り部 ◆hdUppeK1Rw :2005/08/03(水) 00:38:44 ID:dVykYBVc0
こんな話を知ってるか? 

俺は大学の時、登山サークルに入っていてな。 
今思うと色々無茶したもんだけど、それでも楽しかった。 
ただな、今でも不気味に思うのは、山小屋とか、テントの中だ。 
明かりがさ、少ないってのは、影が多く感じるんだよ。 
真ん中に置いた蝋燭一本とか、そういうのは逆に怖いんだ。 
お前ら、コンビニの天井見てみろ、蛍光灯何本もつかってるだろ。 
あんだけ明るいと、暗闇なんてどっか行っちまうからな。 
追い出された暗闇ってのが、古い山小屋には残ってるんだよ。


55 :へたれ語り部 ◆hdUppeK1Rw :2005/08/03(水) 00:42:41 ID:dVykYBVc0
俺が二年になったばかりのとき、○○岳ってとこで下山予定より遅くなって、山小屋に泊まる破目になってな。 
ただ、暗い中を歩くのも危ないっていうことで、そこで寝ることにした。 
明かりに懐中電灯を使おうとしたんだが、電池がもったいないと言って、山小屋にあった蝋燭とランタン使ってね。 
真ん中に立てて、みんなで見てるんだよ、火を。 
まだ寒いって時期じゃなかったし、家族とか彼女とかの話で盛り上がったね。


56 :へたれ語り部 ◆hdUppeK1Rw :2005/08/03(水) 00:45:36 ID:dVykYBVc0
ふっとさ、目の前の相手の後ろに、大きい影ができててね。 
全部で四人しかいなかったから、ちょうど全部の壁に一人ずつ 
大きい影ができてるんだ。 
ただ、蝋燭だからな。影というより、暗闇に光が差してるって感じだ。 

ぼーっとしてたらみんな眠くなったらしくて、毛布に包まって横になったんだが、目線に蝋燭があると眩しくてな。 
「消すか」なんて話をしているときだった。


57 :へたれ語り部 ◆hdUppeK1Rw :2005/08/03(水) 00:48:44 ID:dVykYBVc0
俺の前のやつが、俺の後ろを見つめてるんだよ。じっとな。 
俺も後ろを振り返って、そいつの視線を追うんだけど、なんにもない。 
蝋燭消そうか消さないか、というときだったから、みんな不思議がってな。 
その見つめている奴に色々聞くんだが、黙ったままでね。 
見かねた一人が、「じゃ、○○も眠そうだから消すぞ」っていった瞬間、 
その俺の前のやつが「消すな!絶対に消すな」って豪い剣幕で叫ぶんだ。 
そのとき、俺はなんとなく『こいつ、なんか見ちまったな』って思ったんだよ。


58 :へたれ語り部 ◆hdUppeK1Rw :2005/08/03(水) 00:51:44 ID:dVykYBVc0
結局、そいつは蝋燭を消そうとすると怒るから、
みんな思い思いの方向向いて寝て、そいつだけずっと蝋燭を眺めてた。 

朝が来て、窓から日の光が差したとき、ようやくそいつが口を開いてね。 
そいつが言うには 
「何かはわからない。でも、絶対に見ちゃいけないものを見てしまった」って、青い顔して呟くんだ。
普段マジメなやつなだけに怖くてね。 
壁のシミだ、錯覚だ、疲れてたんだ、と色々言うんだけど、そいつは譲らないんだよ。 
「見ちゃいけないものを見たんだ」とね。


59 :へたれ語り部 ◆hdUppeK1Rw :2005/08/03(水) 00:54:48 ID:dVykYBVc0
それから、そいつが事故にでも遭わないかとヒヤヒヤしてたんだが、結局何にも無いまま大学卒業まで漕ぎ付けてな。 
内心、気にしてた俺がお人よしなような気もしたんだよ。
それで、そいつに言ったんだよ。 
「あの時、あの山小屋で何を見たんだ?」ってな。 
そしたら、そいつは少し寂しそうな顔をしてこう言ったんだ。 
「言っていいのかわからん、お前は知らなくていい」


60 :へたれ語り部 ◆hdUppeK1Rw :2005/08/03(水) 00:57:30 ID:dVykYBVc0
今もそいつが何を見たのかはわからないし、別にそいつが不幸続きというわけでもないんだ。 
ただ、そいつが暗闇を見つめていたときの目と、その後の剣幕がどうしても思い起こされてな。

そこまで言って、K先生はため息をついて、こう呟きました。 
「それ以来、暗闇をじっと見つめられないんだよ。 
 何か、見ちゃいけないものが見えてしまうんじゃないか、ってね」 


61 :へたれ語り部 ◆hdUppeK1Rw :2005/08/03(水) 01:00:31 ID:dVykYBVc0
K先生は話を終えると、少し笑って、念仏を教えてくれました。 
今思うと、浄土宗の十念、というやつだったようですが、先生なりの対処法だったのでしょうか。 

翌朝、いい天気の空を見て、K先生は言いました。 
「お前ら、こういう晴れた空をよく見とけ。
 何かあったとき、この空さえ思い出せば、怪異も何もこの空に勝るものは無い」
なんとなく心に残った言葉でした。





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ