【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 【山まつわる】




400 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 08:29:14.61 ID:H/jkyVZr0
以前このスレで、地元九州の山にいる動物たちの話を書き込ませてもらった者です。

↓この記事

狸モドキといたずら猿、あと野良犬さんの話を見て下さった人はいるだろうか?

今回は、前に話すのを割愛した『黒イノシシ』と『大ミミズ』の話を書き込ませてもらいたい。
上2つの動物たちは、昔は地元の山にいたと伝えられているが、
今はその姿を見た人はおらず、知人からの遭遇報告も聞いたことがなかった。
自分がこれから書く話も、大人たちから山の怪談として教えてもらったものだ。


401 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 08:33:31.20 ID:H/jkyVZr0
その①、黒イノシシ
こいつの話は結構古いもので、時代的には明治か大正頃と、ほとんど昔話になる。
当時、件の山を含む周辺の山々を縄張りにする、熊と見間違うほど真っ黒な毛色をした雄猪がいたらしい。
この黒イノシシは両の牙が折れていて、『牙折れ』や『牙無しの黒』とも呼ばれていたそうな。
これだけならただの黒いイノシシなんだが、昔の人たちはこいつと遭遇するのを酷く恐れた。
というのも、黒イノシシは随分と不吉な存在だったからだとか。
黒イノシシは人間と遭遇しても、突進してくることはまずない。
代わりに歯ぎしり(牙ぎしり?)をして威嚇し、ギシ、ギシ、と大きな音を鳴らす。
面と向かってこの音を聞いた人は、後で災難に見舞われたんだそうだ。



402 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 08:40:05.37 ID:H/jkyVZr0
どのような災難かというと、山を下りてから病気になり高熱にうなされる、道端で休んでる時にマムシに噛まれる等々。
なぜそのような不運に見舞われるのか、当時の拝み屋が言うには、
見えない牙で人の見えない急所(運気とか厄とか)に噛みつかれるから、良くないことが起きるのだそうだ。
そんなんだから黒イノシシは荒神の類いとして扱われて、山の一角に小さい祠を建てられ祀られた。
その祠の中に納められた御神体は、牙に似た形の石だったそうな。
なぜそんな石が御神体になったかというと、
黒イノシシは目に見えない牙で、本来なら触れられない人の運気や厄に触れて悪さをする。
だから形のある牙をお供えすることで、これ以上運気や厄に触れないようにし、祟りを起こさないで貰おうって理由らしい。
現在、黒イノシシが姿を消してからは祀り事は風化し、祠もほとんど放置状態とか。個人的には少し残念に思っている。



403 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 08:42:36.46 ID:H/jkyVZr0
その②、大ミミズ
大ミミズといっても、青っぽいヤマミミズのことではない。
こいつに遭遇したという話の中で最も新しいものは、
村で商店を営んでいる近所のおじさんの体験で、彼が子供の頃の話になる。

ある日、おじさんが彼の叔父と所要で山に入り、小雨の降る山道を歩いていた時のこと。
道端の藪がワサワサと揺れており、何だろう?と思ってそちらに目をやると、青大将ほどもある巨大なミミズが這っていた。
おじさんもそんなに大きなミミズは見たことがなく、衝動的に捕まえに行こうとしたそうだ。



404 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 08:44:52.60 ID:H/jkyVZr0
しかし、「止めい」と叔父に服を掴まれ止められる。
その間に大ミミズは藪の中に隠れてしまった。
「あんな大きいミミズ、捕って帰ればみんな驚くのに」と愚痴ると、
「あれは、まだ子供じゃけん」「大人がおれば、お前ぐらいなら飲まれるかも知れん。藪に入ったらいかん」
と彼の叔父は言う。
おじさんも流石にその話を聞いて怖くなり、ミミズを追うのを諦めたらしい。

おじさんが彼の叔父から聞いた話によると、
大ミミズは雨の日ほど山道の近く、つまり人の近くに現れやすく、
雨の日は山道を外れて藪の中に入ってはいけないのだそうだ。



405 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 08:47:42.33 ID:H/jkyVZr0
俺が聞いたことのある黒イノシシと大ミミズの話は以上で終わり。

で、前回書き込まなかったこれらの話をなんで今頃になって書いたかというと、
俺の甥っ子が大ミミズの方に遭遇していたことが分かったかので、それを機に書き込ませてもらった。
正月に久しく帰郷した際、同じく顔を出していた甥っ子と話をして発覚したんだが、去年の夏に遭遇したんだとか。
話を聞くに、甥っ子は自由研究の昆虫採集で山に入っている時に、
ヘビぐらい大きなミミズを見つけ、おじさんのように捕まえようとしたらしい。
しかし、途中から夕立が降ってくるわ、山の野良犬さんと遭遇し後をつけられるわで危ないと感じ、断念したそうな。

俺は大ミミズのような妖怪じみた奴は、流石にもう山にもいないだろうと思っていたんだが、
そういったものもまだまだ山にはいるのかもしれない。







オカルトランキング




563: 本当にあった怖い名無し 2021/02/21(日) 15:51:57.08 ID:MZemQTbx0
趣味で単独行をやっていた。
1人の気楽さから強行軍で登ることが多くて山小屋にも泊まったことがなかった。
とは言え一泊せにゃ登頂不可能な山があって初めて山小屋で世話になった。
しかし人ごみの苦手な俺はタコ部屋寸前の人口密度がストレスで、夜間強行を決意。
数百メートル歩いて急に「これっていわゆる異界送りの道じゃね? 変な何かが周りにいる」と感じた。
速攻で小屋に戻った。変な気配だけが追って来るのを感じてた。小屋に入って数分で、その気配は俺を見失い遠ざかっていくのを感じた。
恐怖&パニックで今すぐ下山するかと考えたが「絶対にあの変なのに見つかるし、そうなったら麓に辿り着けねえ、死ぬ」と直感した。
そのまま朝になった。頂上へ行く気力は無く、夜中に歩いたはずの道だけ見て降りようと思った。歩いたはずの何百メートルかは全部空中だった。

なんか書いてみるとありがちっつーか大したことないな。まあ夜の山はじっとしてるに限る

564: 本当にあった怖い名無し 2021/02/21(日) 23:00:26.12 ID:a1C4zgDY0
>>563
十分怖い
登山は体力気力の限界超える事もあるから霊的なモノでなくても不思議な体験多いよね

572: 本当にあった怖い名無し 2021/02/22(月) 08:20:53.08 ID:hd+EZonN0
>>563
怖いな
こういうの見ると登山のとき験担ぎで山神に挨拶とかどうしたらいいかなって考えちゃう

574: 本当にあった怖い名無し 2021/02/22(月) 18:13:19.04 ID:wIQY/th70
>>572
大事なのは験担ぎとかじゃなくて他者(人間以外の万象も含む)への畏敬を忘れない事だと思ったよ
思い返すほどに自惚れが招いた危険だと心底感じる

582: 本当にあった怖い名無し 2021/02/22(月) 21:46:03.69 ID:BVrsAIHV0
>>574
本当に大事なのは畏敬の念なんだろうけど、日常だと信じきれないような気持ちが残って
明確に言うのが照れくさかった
大事だよね
すまぬ

567: 本当にあった怖い名無し 2021/02/21(日) 23:55:23.41 ID:TyheUfLK0
石川の白山登山したとき、石の階段登ってたんだけど、その時疲れてて下向きながら登ってたら、石だと思ってたものが急に動いて、何かと思ったらでけぇ食用ガエルみたいのでびっくりしたわ。

569: 本当にあった怖い名無し 2021/02/22(月) 00:10:28.32 ID:qScbEa470
うちには呪われた土地があるそこに手を入れると誰かが死ぬ
2018には木を切った 祖父が死んだ
2020には駐車場にした 父が死んだ
祖父が生前言っていた 木には何かが宿るって

570: 本当にあった怖い名無し 2021/02/22(月) 00:19:24.01 ID:qScbEa470
黒魔術とか呪いなんかより樹木とか岩の自然発生的な信仰の現象の方が始末が悪い
それは避けようがないことのように思える

576: 本当にあった怖い名無し 2021/02/22(月) 20:51:14.66 ID:dccwvobG0
変なこと書いたが思い込みひとつで変わるし、のまれると身動きとれなくなると




オカルトランキング



1: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:33:48 ID:y4B
それが山の中でほかほかごはんに遭遇したやつ




2: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:35:13 ID:kPu
なんやそれ




3: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:36:43 ID:y4B
>>2
山の中でめっちゃうまそうな料理がポツンと置いてあるんや大抵鍋料理でたまにお膳
調べても一個しか話出てこんのや




4: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:37:36 ID:kPu
なんやそれわけわからん




5: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:38:06 ID:kPu
食べれるん?




6: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:39:35 ID:y4B
>>5
食べたって話聞かんな
友達とおるときに二回だけ遭遇したことある悪戯かもわからんけど




7: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:40:23 ID:y4B
滋賀の山なんやが誰かそういう話知らんか?




8: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:42:06 ID:hNJ
それ食べると何が起きる?




9: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:43:46 ID:y4B
>>8
わからん
食べたって話は聞かん
いろいろ調べても山鍋って名前しかわからんかった




11: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:45:01 ID:hNJ
>>9
なんで調べてるんや?
イッチ遭遇したんか?




13: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:47:05 ID:y4B
>>11
高校の登山部の夏合宿で一回
大学の時に友達と山登りで一回見てる
前者は滋賀の彦根で後者は有馬や




10: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:44:36 ID:y4B
特徴がめちゃくちゃうまそうってことくらいしか無い




12: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:46:21 ID:iCh
その怪談話ならどっかで読んだことあるな
山道にポツンと置いてある白いご飯やったかな




14: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:47:30 ID:y4B
>>12
マジで?




16: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:49:41 ID:iCh
>>14
食べたら山に魅入られてしまうからアカン的なオチやったと思うけど
イッチは食べたんか




17: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:50:16 ID:y4B
>>16
いや友達含めて誰も食ってない
虫入ってそうやし

15: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:49:37 ID:hNJ






18: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:51:26 ID:y4B
>>15
ワイも調べたけどこの記事しか出てこんのや




19: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:54:03 ID:hNJ
怪談で廃村にお膳がみたいなのは見たことあった気がするけど
別ものやろか




20: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:54:46 ID:y4B
>>19
マヨイガ伝説やろか?廃村やなくてお膳があったのは普通の山道や




21: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:55:24 ID:z9d
蓋もなく置いてあったん?




23: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:56:55 ID:y4B
>>21
箸はなかったけど旅館のお膳みたいなやつに普通に盛ってあったご飯と焼鮭と味噌汁と漬物あったの強烈に覚えてる




31: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:02:06 ID:z9d
>>23
高校も大学も鍋じゃなかったんやね




33: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:03:52 ID:y4B
>>31
高校のは正確には鍋だけやな
大学の方はお膳で登ってた奴全員見てる




22: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:56:35 ID:hnx
食べると次は民家が見えてきて立ち寄ると歓待されて一泊するけど
起きたら山の中で寝てて狐に化かされたんだってなる話やな




24: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:57:19 ID:y4B
>>22
なにそれ初めて聞いた




27: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:59:29 ID:hnx
>>24
太平広記って言う中国の北宋時代の百科事典みたいな本にのっとる話や




28: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:00:32 ID:y4B
>>27
そんなごっつそうな書物知ってるとかすっげえ




25: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:57:30 ID:gfI
初めて聞いたわ




26: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)15:58:23 ID:y4B
鍋の方は実はワイは入ってるのに遭遇したわけやないからどんな具やったんかはわからん




29: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:00:53 ID:y4B
超参考になるわサンガツ




30: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:01:26 ID:kPu
遭遇したわけやないってのは?




32: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:02:58 ID:y4B
>>30
正確にはワイやなくて友達があったんや
高校の合宿で山小屋みたいなとこ泊まってる時夜にちょっと外観に行こうぜってなって友達と外に出てワイがトイレ行って
出てきた時にヤバいそこにすき焼き落ちてたって言われて
見に行ったらからの鍋だけ落ちてて
うわ!無くなってる!って友達がびっくりしてた
めっちゃうまそうな匂いだけ残ってた




34: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:06:11 ID:gfI
お供え物的なのでは無さそう?




35: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:06:54 ID:y4B
>>34
周りに特にそういうのはなかったな
ご飯特に乾燥してたわけやなかったし




36: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:07:46 ID:kPu
なんか怪談にしても目的がわからんな




37: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:08:15 ID:0LJ
マヨヒガじゃないの




39: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:08:42 ID:y4B
>>37
建物があったとかそんなんではないんや




38: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:08:40 ID:RZp
ヨモツヘグイみたいやな




40: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:09:40 ID:y4B
>>38
異世界でもの食べたら戻られへんって奴やっけ?




43: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:11:21 ID:RZp
>>40
それや
食べてたらあの世にいってたんかな…しらんけど




48: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:13:51 ID:y4B
>>43
超限定異世界やったんかな




41: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:09:41 ID:gfI
山道で遭遇してそのまま通りすぎたん?




42: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:10:43 ID:y4B
>>41
普通に通り過ぎたよ




44: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:11:35 ID:0LJ
近くに畑あったとかなら殺鼠剤混ぜた飯とかなんやけどな




54: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:15:23 ID:y4B
>>44
畑関係は近くになかったな
ホウ酸ダンゴみたいなもんか?




45: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:12:02 ID:KW4
なんで写真撮らなかったんや




47: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:13:28 ID:y4B
>>45
スマホ水没したんや




50: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:14:16 ID:5BG
>>47
2回とも?




52: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:14:57 ID:y4B
>>50
1回目はそもそもモノ自体には遭遇せんかった




53: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:15:16 ID:5BG
>>52
えぇ。
どゆこと




56: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:16:56 ID:y4B
>>53
上にも描いたけどワイがトイレに行ってる間に友達がそこにすき焼き落ちてる!っていうてて見に行ったらからの鍋が置いてあったんや
そんでうまそうな匂いだけしてた
友達はヤバい!無くなってる!って騒いでたって感じや




46: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:13:13 ID:vqN
山中での供え膳は結構あるけどね
通り道や昔神社あった場所なんか特に




51: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:14:18 ID:y4B
>>46
ま?それが転じて怪談になったんかな




49: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:13:57 ID:5Oo
世の中色んなことがあるもんやな




55: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:15:54 ID:RZp
お供えものだとしてもすき焼きの中身が急になくなるのは変やろ




57: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:18:19 ID:y4B
>>55
というか誰かがおったとしてもこんなとこでやるなよって感じやった




58: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:25:21 ID:y4B
取りあえず供え膳から調べてみるか




59: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:29:31 ID:y4B

326a9c4a-s

https://i.imgur.com/Jp9VCLu.jpg
最近山の頂上のトイレにバナナ落ちてて思い出した話や
いろいろサンガツやで




60: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:42:03 ID:vnp
同じ種類の缶コーヒーBOSSが大量に落ちてたことはあった
20メートルぐらい進むと今度はべつの種類のBOSS




61: 名無しさん@おーぷん 20/10/22(木)16:44:11 ID:y4B
>>60
缶コーヒーか



オカルトランキング




322:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/06/14(火)14:44:39.20ID:wK7hg/550.net
ここでいいのかちょっと不安だが書いてみる

実家がそう高くもない里山っぽい山のすそにあるんだが子供の頃、祖父から
「山の陰で歌っちゃ駄目、連れていかれる」
と言い聞かされていた

子供心に嘘だーと笑い飛ばしながらも、半分は怯えていた
「夜中に口笛をふくと蛇が出る」系の、よくある子供を怖がらせてたしなめる作り話なんだと思い込んできたが大人になって周囲に話してみると、聞いたことない!って反応ばかり
うちの地元にしかない話なのかな?
似たような話知ってる人いる?
ちな地元は瀬戸内



324:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/06/14(火)21:37:31.31ID:WDAx9i39O.net
>>322
何か特定の歌なの?



327:322@\(^o^)/[]2016/06/14(火)23:41:05.32ID:wK7hg/550.net
>>324
いや、特に指定はなし
歌を歌うことそのものが駄目って感じだった

思い返してみたら、何に連れていかれるのか、どこに連れていかれるのかははっきり言われた覚えがない
ただ、歌うなって言われた山の北側、山自身の影になるあたりに
大きな農業用のため池があって、柵も何もないからそこに近付けたくなくて怖がらせてるってことなのかなーと漠然と思ってた

でもなんで「歌」なのかが本当に謎で気になってる
その山にあるものといえば、あとは各家のお墓と、畑と、小さいお社
お社の神様はなんだったかな
こうじん様って呼んでるけど
畑か山の神様だった気がする耕神様?漢字がわからん
ただお社は歌うなって言われたエリアとは山の逆側(南側)にあるから関係ないかも



328:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/06/15(水)01:36:06.44ID:cXQkpprzO.net
>>327
へぇ、土地にいわれのある歌とかだったらわからんでもないかどんな歌でもって何でだろうね?

歌う=会話より大きい声が出るから何かに人が居るって気付かれるから駄目なのかなぁ…



329:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/06/15(水)03:15:20.88ID:jzYU0cvz0.net
こうじんさま→荒神様なら一般的には家庭内の火の用心その他を守る神、あるいはそこから転じた地域の守り神で怖いものではないな
信仰の中心地の一つが瀬戸内だっていうから、多分それで間違いないだろう

無理やり何か怖い方向にこじつけるなら、荒神様は元々の正体が不明な神様で、その名のごとく、荒ぶる何者かを祀り上げて神にしたという説もあるから、そっち方向で何かいわれがあるのかも(ただし、そうした場合は、名前に「荒れる」という音を残すのはおかしいという否定的な意見のほうが強いらしい)



330:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/06/15(水)03:26:41.90ID:9/JVMG4K0.net

山で和歌を詠んだり、唄ったり、笛吹いたりして山怪や山の神と因縁がついてしまう話は今昔物語とか霊異記とかにいろいろ出てるけどな




333:322@\(^o^)/[sage]2016/06/15(水)08:22:00.33ID:ZIG+uQW00.net
>>329
あやふやな記憶で物言ってごめん
「荒神様」なのか、なるほど
ちょっと実家のカーチャンに確認してみる
でもやっぱり歌うんぬんには関係なさそうだね

>>330
そんな話もあるのか
勉強になる、ありがとう
そのへんからの由来なのかな



337:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2016/06/15(水)10:47:18.16ID:1jqiwqVP0.net
>>333
「庚申様」だろ




オカルトランキング





485:本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月)22:29:53.45ID:tCWoTzfR0
山で困った場合のお呪いを試した時の話

車で林道行けるとこまで行って限界地点からは徒歩での日帰り登山を繰り返してた頃
夕暮れ前に車に戻り、乗ろうとしたらキ―が無い!歩いて帰ろうにも人里(バス停)は遠く真っ暗な山道を延々歩くなんざぞっとする。



486:本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月)22:42:13.04ID:7p4HuXzD0
山頂までまた登って探す時間も無い・・・一応車の近辺を精査するも駄目
解決策を求めて思考を深める。山での失せ物用の呪いを読んだことを思い出した。



487:本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月)22:45:38.73ID:7p4HuXzD0
でもあれは・・・他に手段もないし、やるか・・・・・・疑いを持たずにできるようにもう少し考えを深めて

①山の神様は女神
②トンネル工事の事故防止に長い石や丸太をトンネルの入り口や奥に置くことは今でも行う場合がある

だからこれは正しい、これは正しい、信じて行うのみ!



488:本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月)22:51:16.47ID:7p4HuXzD0
どマイナーな山とはいえ、他の登山者がいないことを確認してからジッパーを下ろして、両手を添えて振り回しながら
「山の神様、山の神様、大事なカギをこの山で落として困っています。お助け下さい。」
と鍵をイメージしつつ繰り返し唱える。



489:本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月)22:57:48.11ID:axs/+9+Zi




490:本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月)23:01:11.99ID:7p4HuXzD0
終了後ジッパーを上げて、周辺の目立つ場所(切り株や岩の上、草や茂みの切れ目等)を探す。
!!
1mちょっと離れた芝の剥げた所に鍵がある。
さっき探した時にはそこに何もなかったのに!

やったオカルト好きで良かった。
いやいや、
「神様ありがとうございました。これで帰れます。」



491:本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月)23:07:22.56ID:7p4HuXzD0
ちなみに男の一人登山だったが女連れだと多分無理(羞恥心の問題ではなく)
追補 一心不乱にやるべきだが金属ジッパーだと非常に痛い時がある。注意すべし。



492:本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月)23:11:53.05ID:xnBH8T8G0
>>491
そのような汚き物、見せるでない。
失せ物を見つけてやった故、早う帰れ!

…ですかね?



497:本当にあった怖い名無し:2012/01/17(火)21:07:14.04ID:TQZy65+l0
>>492
逆、逆!山の神様は醜い女神である場合が多いので、陽物を模した石とかカサゴ(見た目がアレな魚自分より醜いものを見てご機嫌がよくなる。)を捧げる慣習が各地にあるがその応用だと思う。



494:本当にあった怖い名無し:2012/01/17(火)02:32:49.64ID:Xixe2HoAO
>>491
エレクチオンは?
エレクチオンはしていたの!?



498:本当にあった怖い名無し:2012/01/17(火)21:07:48.14ID:TQZy65+l0
>>494
ないない、失敗したら誰もいない山を一人で暗中走破~と て も イ ヤ そんな気など起きません。
中途半端な登山小屋も無く登山者もいない。しかもヘッドライト無し、とどめに昼間から化かされたり、幽霊が出たりを自分自身で経験してるとこですよ) と て も 無理




オカルトランキング

↑このページのトップヘ