【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 呪い




私の母方の一族にまつわる話です。
私の幼少期の記憶と後に聞いた話を纏めてあるので
推測が入りますが気にしないで下さい。

私の母方の家系はA県のM神社の宮司家の分家筋に当たる家系。
分家したのは何百年も前で、分家したばかりの頃は湿地帯の干拓をやって
土地を増やしていた。
おかげで、母方の一族は大地主だった。
農地解放で資産の大部分を失ったとはいえ先祖伝来のお宝や資産が多くある。
宝は景徳鎮やら屏風、書画、先祖が使っていたであろう宝飾品で飾られた
簪・櫛、屋敷内にあった神社(区画整理の関係で今は隣にある)に奉納した刀、
合戦に持っていく武具etcだ。
蔵に納められていたが、例外のものもあった。
そのなかに細工を凝らしまくった銅鏡があった。
いつも厳重に封がされた箱に入れられて神棚の隠し扉にいれていた。
この鏡は一種の呪物らしい。

土地を干拓するときは最初に家と神社を建てる。
家は住処だから当然だが、神社は湿地帯を干拓するにあたり、
干拓を邪魔する「モノ」(「穢れ」と呼んでましたので以後そう呼びます。)
を押さえつけるために建てるのだそうだ。
ところが「穢れ」はどういうわけか神社を建てるだけでは足りなかったらしく、
干拓作業中に人が突然奇声をあげて死んだり、猟奇的な殺人をしたらしい。
そこで先祖は特殊な鏡を用いて穢れを封じたらしい。

この鏡は広範囲から「穢れ」を吸い集める性質がある。
そのため持ち主の周囲は穢れに触れることになる。
ハッキリいってありがたくない代物だが捨てるともっとヤバイので、
何人かの親戚は同じ様に鏡をもって神棚に母の一族と縁ある神様たちと祀っていた。
この鏡を勝手に捨てたりしないよう、鏡の持ち主の家と監視役の家で
近親婚を繰り返してた。

私の父方は監視役の家で、鏡の持ち主に何かあった場合、
監視役の家の者が養子としてその家に入って跡を継ぐことになっている。
そして私の父はそうだったのだ。
(監視役の家は比較的緩いですが鏡の持ち主の家系の近親婚は相当に酷いです)

私の母は鏡の持ち主の家の出身だった。
母には弟が2人居たが、私の叔父の一人は息子(私の従弟)が
産まれて間も無く妻である叔母と従弟を連れて失踪したのである。
理由としては鏡を受け継ぎたくなかったからなのだろう。
鏡は「穢れ」を集めるため周囲を蝕む。

母や母の年の離れた弟である叔父が病弱なのはそのためだ。
だが誰かが祀らなければ土地に災いが降りかかる。
母の実家と叔父の妻の実家は親戚たちに吊るし上げられ、捜索したが行方不明。
結局、私の父が母の実家に入り、暫く母が母方の祖父母と鏡を祀る事になった。
その頃、私には弟が居て父方の魔除けを施されていた。
(父方の家系は加護だか呪いだか不明なものが憑いている)

これが影響を及ぼしたのか弟はアレルギーが酷く喘息持ちで
親戚たちの中でも特に病弱だった。
両親としては藁にも縋りたい毎日だったのだろう。
だがそんな日々が突然終わった。
母方の曾祖母が亡くなって一年ほど過ぎた頃である。

何者かが空き巣に入り神棚を破壊して鏡を盗んでいったのである。
母の実家だけでなく鏡を持つ家が次々と空き巣にあい鏡を盗んでいったのである。

それから間も無く行方不明の叔父夫婦が連絡を入れるようになり、
父は実家の都合で母と私達姉弟を連れて実家に帰った。
その後親戚たちに多くいた病弱な者たちは快癒に向かい
病弱だった私の弟も今ではIHに出場しているなど健康そのもので
母の実家は行方不明だった叔父が継ぐ事になっている。

だが、鏡が盗まれてから少しずつだが
近隣では猟奇的な事件や不審死が起きてる。
鏡の影響が無くなったためなのかもしれない。

両親は父方の家の加護だか呪いだかわからないものが
鏡を盗ませたと思っているが今の私は叔父を疑っている。
というのも叔父が現在勤めている会社は
在日に乗っ取られている企業に勤めている。
叔父が彼の国のものに漏らしたのだろうと・・・

鏡の持ち主全ての家から鏡が盗まれたが、鏡の持ち主の家のなかには
私の父方の家と長らく婚姻関係が無い家もあったし、
近所の寺にあった高名な仏師が彫った仏像やその寺が預かっていた呪物が
盗まれたのもその頃だった。

幼少期の話や跡から聞かされた話から推測も含んだものだけど
もう今から20年前ぐらいにあった話。



☜1日1クリックの応援お願いします




136 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 18:26:01 ID:GlhkzOtf0

知人に不思議な香具師がいる
ソイツと仲が良いときは何ともないんだけど、ソイツの事を裏切ったり冷たく当たったりすると
その裏切った相手が滅茶苦茶不幸になる。

数年前にその知人と付き合ってた彼女がいたんだけど、彼女が知人を裏切って他の男と付き合い始め
しばらくした頃、彼女の家は死神が取り付いたように滅茶苦茶不幸になった。
詳しい事は書けないけど、彼女の家庭はまるで地獄の底に突き落とされたみたいな状況になったよ。

それを知人に話すと

「私を裏切るから福の神が消えたんだろうね」と感情のない話し方をした
それだけなら偶然かもしれないけど、そういうケースがいくつか続いた
去年、知人と付き合ってた彼女がまた知人を裏切って他の男のところへ逃げていった
その彼女もまるで呪われた様に不幸のどん底に落ちていった。

それをリアルで見た俺は一度知人に
「お前は呪いをかける事ができるのか?」と冗談交じりで聞いたら、知人が一言

「心の中で不幸になって欲しい相手の名前をつぶやくだけで、相手が勝手に不幸になってくんだよ」
なんじゃ コイツ キモすぎ これじゃあ彼女も逃げるぜ(藁

 
あと・・・知人は数秒後に起きるアクシデントをかなりの確率であてる事が出来る。
そんなもん役に立つのかよwと俺は笑ってたが車を運転してるときに
「そこ。車が飛び出してくるから注意しなよw」と言うと8割を超える確率で車が飛び出してきたりする


☜1日1クリックの応援お願いします




206 :本当にあった怖い名無し :2009/05/07(木) 23:59:07 ID:WHgmn04r0
自分には3個違いの兄がいて、小さい頃はかなりの暴れん坊だった。
ジャイアンをちょっと陰険にしたような嫌なガキで、当然みんなから嫌われていた。
でも喧嘩が強いので何人か取り巻きのような友達がいて、力の弱い子を見つけてはイジメていた。

そんな兄を見かねて、近所の坊さんがした話。
坊さんの父親(仮にAとする)は、かなりいじめっ子体質だったらしい。
学校でも恐れられた存在で、気に入らない子がいると速攻イジメ。
特にひどかったのは小学4年の時、時には暴力を振るったり、公園で全裸にしてみたり、
手首足首を縛ってプールに投げ込むなんてこともやっていたらしい。


208 :本当にあった怖い名無し :2009/05/08(金) 00:04:02 ID:2FBDCz650
そんなことを繰り返すうちに、ついには自殺者が出た。
短い遺書を遺したその子は、あからさまな信号無視で車道に飛び出したのだとか。
遺書には両親への謝罪と妹へのメッセージ、そして最後の願いとやら。
『僕のお葬式は、Aくんのお寺でやってください』
両親はイジメのことは何も知らなかったから、その通り息子の願いをかなえてやった。
Aは気味が悪かったけど、その子の最後の復讐だろうと考えて鼻で笑ったそうだ。
そして遺族の頼みで、まだ修行も満足にしていないAくんも読経に参加した。遺族は喜んで帰っていった。

それから何十年か経ち、結婚して子供が出来、寺を継いで幸せに暮らしていたA。
しかし、息子が小学4年になったとき、急な脳溢血であっけなく亡くなってしまったらしい。


209 :本当にあった怖い名無し :2009/05/08(金) 00:07:16 ID:2FBDCz650
住職はそれを話すとニヤニヤ笑って、
「これは呪いよ。○○くんも大概にせんと、呪い殺されてしまうけえ気をつけんさいや・・・」と言った。
兄貴はびびってイジメをやめた。

そして、その後。住職は、子供が小学4年になった時に事故で死んだ。
兄貴はびびって、今までイジメてた子全員に謝った。

そんな兄は現在26歳、子供は小学3年生の女の子。
「無事に4年生見れたらええねえ」とこないだ無駄口を叩いたら、本気で嫌そうな顔をされたので、
多分いまだに怖がっているのだと思う。


211 :本当にあった怖い名無し :2009/05/08(金) 00:13:57 ID:pDlQzv1rO
>>209

先代住職だけじゃなくて、息子住職もイジメしてたのだろうか、それともとばっちり?
ともあれ、仮にも坊主のくせに、遺書のこと知った上で鼻で笑うとか、ほんのりどころじゃねえ


212 :本当にあった怖い名無し :2009/05/08(金) 00:14:26 ID:OPOLOYBAO
>>209
26歳で小3(9歳)の子供ってことは、17歳の時の子供?????


213 :本当にあった怖い名無し :2009/05/08(金) 00:34:01 ID:2FBDCz650
>>211
たぶんとばっちり?
住職は結構いいひとで、イジメとかしそうにないし

>>212
そうだよ
兄貴→DQN
俺→ニート
この現実が一番怖いwww





☜1日1クリックの応援お願いします




私は大変なおばあちゃんっ子で、中学になってもよく祖母の家に遊びに行っていました。父方の祖母なのですが、父親は私が幼いころに不慮の事故で死去していました。祖父を早くに亡くした祖母は、唯一の血縁者だと言って私をとても可愛がってくれました。しかし母親はあまり祖母と仲が良くなかったのか、一度も一緒に祖母の家に入ることはありませんでした。

私は毎週日曜日の午前中に、祖母と神社にお参りに行くのを日課としていました。大変信心深い人だったので、雨の日でも必ず行き、父が他界して間もないころから欠かすことはありませんでした。祖母とつないだ手はとても温かく、私はお参りが大好きでした。祖母はいつも手を合わして、深々と礼をし、ずいぶん長い間目を閉じてお祈りをしていました。私はいつも単純なお祈りだけをし、祖母の真剣な横顔を眺めていました。終わってからいつも「何をお祈りしてたの?」と聞くのですが、祖母はニッコリ笑うだけで一度も答えてくれませんでした。私は気にすることなく、毎回帰りに買ってもらうアイスを楽しみにして、祖母とおしゃべりをしながら帰りました。

話は急に変わってしまうのですが、私は幼いころから霊能力が強く、いつも霊障に悩まされていました。金縛りは毎日で、眠れない日々が続き、不眠症でした。寝ていても足を触られたり、お腹を針のようなもので刺されたりと、年々エスカレートしていきました。母と霊能力者のところにも何度か訪れたのですが、高いお金を請求され、しかも何をやっても効かないのでもう私もあきらめていました。中学3年になるころには、さらに霊障はひどくなり、交通事故も何度も経験し、毎晩繰り返される金縛りや霊によってみせられる幻のようなもの(ご飯の上に髪の毛や虫がのっていたり)で、精神を病み、不登校になりました。

祖母は母が仕事に出ている時間、うちに来てくれていつも手を握っていてくれました。祖母といる時間が私にとって唯一安らげる時間でした。母親は仕事で帰りが遅く、あまり口をきく時間がありませんでした。毎日の嘔吐、拒食症になったと思ったら過食症になり、常に体調も精神も不安定で、自殺未遂も何度か起こしました。そのたびに失敗し、生きるのも辛い、しかし死ねないという最悪の状態が続きました。祖母とのお参りにも行けなくなりました。

中学を卒業してすぐのころ、唯一の支えだった祖母が他界しました。私は大泣きしました。しばらく祖母の使っていた部屋に引きこもり、祖母が使っていた洋服などを抱きしめながら泣く日々が続きました。そんな時でも母親は平然とした顔で仕事に行っていて、それで食べさせてもらってはいるものの、少し母に対して怒りも芽生えました。

祖母が他界してから2週間ほどたったころ、だんだん私の周りで霊障が起こらなくなってきたことに気が付きました。私の4人だけいた友だちの一人が「〇〇(私の名前)の痛みをおばあちゃんが全部天国へ持って行ってくれたんだよ」と、電話で言ってくれました。そのときも私は、電話口で大泣きしました。

一年後には霊障が全くなくなり、精神も体調も回復した私は、通信制の高校にも行けるようになり、バイト仲間たちに支えられて楽しい日々を送っていました。祖母の家が引き払われることになったので、私は荷物の整理に行きました。もう気持ちも落ち着いていて、毎日墓参りに行っていました。押し入れの中を整理していると、祖母の古い日記が何冊か風呂敷にくるまれて出てきました。その日記は毎週日曜日に付けられていました。

私は日記を読んであ然としました。まず初めのページは父が死んだ日でした。不慮の事故と聞かされていましたが、実は自殺だったということが書かれていました。原因は母の浮気だったそうです。ショックでした。涙が出ました。しかし次のページをめくった時に、一瞬で全身が冷たくなりました。そこには祖母の私に対する怒りが書かれてありました。端から端までギッシリと。

私が浮気相手との間にできた子だという文章から始まり、殺してやりたい、死ねばいい、などという今までの祖母とは全く違う顔がそこにはありました。私が苦しみながら死ぬように、神社で祈っていたのです。あんなに長い間、毎週毎週、長い時間。隣にいる幼い私を呪い殺すことだけひたすら願い続けていたのです。祖母の熱心な祈りが通じたのか、私は大変苦しみました。そして祖母も苦しみながら死んでいきました。

日記は燃やしました。長い年月がたった今でも忘れられない出来事です。誰にも言ったことはありません。





☜1日1クリックの応援お願いします




183 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 11:13:13 ID:79Ddwri60
俺は呆気に取られながらも言い返した。 
「俺にも好みはあるんだよ。自己主張のきつい女には興味はない」 
それでもAは、「お前以外にそんなこと頼める奴いないんだよ」。 
「そりゃそんなアホなこと頼めるのは俺ぐらいだろうけどさ、それは無理な話だ。
 俺が俺のままの性格でBの立場でも、別れ無いと思うぞ」
そう言ってたしなめた。

「もしBが俺と結婚したら、どうなると思う?」
Aはそう俺に問いかけた。 
「辛いかもしれないけど、本人が望むことなんだから仕方ないだろう」
そう答えるしかなかった。 
「結婚して呪いがそのままBにかかったら、俺は死んでも死にきれない」
Aの言葉は切迫していた。
納得いくわけはない。
それでもAが呪いに拘るのであれば、Bと話してみようと俺は思った。
俺自身は呪いは否定している。それでも、これだけ続くと正直怖い。 
俺が別れさせ無かったことが原因で、Bの身に何か起こったら。
そう考えると、たまらない気持ちになった。 

俺はそれからすぐに、Bに連絡を取った。強引に時間を作らせ、会う予定を入れさせた。 
久しぶりに会うBの顔は、見るからに疲れていた。お互い笑顔など無かった。 
「Aの事なんだけどさ」
そう切り出した。
Bは俺の話を遮るように、「別れる気はないから」。
その言葉に、俺は次の言葉を見失った。 
それでも何とか平静を装いながら、「いきなりそれかよ」。そう言ってBの顔を見た。 
Bの目は真っ赤だった。
Bにしてみれば、俺が何の話をしに来たのか、大体は想像ついていたんだろう。
Aの代弁を頼まれて来たのだろう事を。 
しばらく二人は黙っていた。 

「別れることはもう出来ないよ」
いきなりBが切り出した。 
「そりゃそれだけ長く付き合ってたんだから、仕方ないさ」
俺はそう返した。 


184 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 11:14:54 ID:79Ddwri60
「そんなんじゃないよ」
Bは続けた。
「子供が出来たんだ。あの人の分身が、この中にいるの」
そう言ってBはお腹をさすった。
俺はその言葉を聞いて、頭の中が真っ白になった。 
さらにBは、
「子供が出来たことを彼に伝えれば、もしかしたら病気も治るかもしれない」 
涙を流しならBは言った。
その言葉を聞いて、俺は我に返ったのだと思う。 
「今のあいつには絶対に教えるな」
その言葉にBは切れてしまった。 
店の中だと言うことも忘れて、二人で言い争った。程なく店員に注意された。 
それでも口論が収まることはなく、結局話は平行線のまま、店を追い出されてしまった。 
店を出て歩きながら、俺はBを説得する方法を考えていた。 

歩きながらBに聞いてみた。
「そもそも何年間付き合ってきたんだよ」 
「これだけ長く付き合ってきたのに何で今、妊娠するの?」
「避妊はしてたんだろ」 
俺自身が疑問に思ったことだった。
さらに、聞きづらい事だとは思ったが、俺は続けた。 
「出来たのがわかったって事は、あいつが入院する前にやったって事だよな」 
本当にひどい聞き方だ。
Bは答えてくれた。
「今まではちゃんと避妊してたよ」
Bは続けた。Bの話を聞いていくと、俺は寒気を覚えた。 

4ヶ月くらい前に、変な夢を見たんだそうだ。3日間、夢は続いた。 
最初に見た夢は、会った事もない男性で、何度も同じように「すまない、すまない」と言い続けていたらしい。
会ったことのない人なんだけど、何となくAに似ていたそうだ。 
次に見た夢は、亡くなる前に紹介されていた次男だった。
同じように「ごめんね」と何度も言われた。
そして最後に見た夢は、A本人だった。
何度も振り返りながら、手を振っていたそうだ。 


185 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 11:15:51 ID:79Ddwri60
その夢を見て嫌な予感がしたらしく、結婚を急がなければと感じたらしい。 
以前から、結婚の話になるとAは消極的だったらしく、いきなり結婚話をしても変わらないだろうと思い、
それなら妊娠してしまおうと考えたそうだ。 
でも、妊娠したのがわかる前にAは入院してしまった。 
Bはこうも言っていた。
「あの夢は、この事を伝えたかったんだと思う。
 だから、子供が出来たことを知れば、必ず直ってくれるよ」
頭がおかしくなりそうだった。
「今日はもう遅いから明日また話そう」と、Bを家に帰した。 

その日は一晩中、寝ることは出来なかった。
何が最良なんだろう。 
自問自答を繰り返して出た答えは、Bに呪いの話を告げることだった。 

翌日は、Bを俺の家に呼んで話すことにした。こんな話は外では出来るわけもない。体のことも心配だったし。
Bと話をし、すべてを教えてあげた。
何人もの人が死に、そしてAの家族が亡くなり続けていることも。
夢の話や、細かい事もすべて話した。

Bはため息を付きながら、「言えないよね、呪いなんて」。そう言った。 
「それが結婚に踏み切れない理由だったんだね」
Bは泣いていた。 
俺はBに言った。
「あいつが呪いを信じてる以上、妊娠のことがわかれば、100%堕ろせと言ってくるだろう。
 もしBが生む覚悟なら、絶対に言うな」
Bは、「あの人の性格を考えれば言えないよね。でも堕ろさないよ」
涙をこらえながら言うBを見て、俺は泣けてきた。 

その後に俺たち二人は、これからのことを話し合った。
人の人生をこれだけ真剣に考えたのは、俺自身初めてのことだったかもしれない。 
Aの病が奇跡的に治ってくれれば、どれだけいいだろう。 


186 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 11:16:50 ID:79Ddwri60
それから俺は、暇があればAの元に見舞いに行き、Bともよく話をした。 
Aの病状は一向に良くはならなかった。 
2ヶ月も経たないうちにAは危篤状態に陥った。
持ち直すことなくAは他界してしまった。 
俺が駆けつけた時には、すでにAの体からは温もりは消えていた。 

Aは、自分が亡くなった後のことをよく考えていてくれた。 
Bに保険のことや遺産のこと、俺とBに葬儀のお願いや後の処分方法など。 
Bに宛てた手紙。俺とBに宛てた手紙。そして俺に宛てた手紙。 
俺とBに宛てた手紙には、もの凄く感謝の込められたものだった。 
Bに宛てた手紙も、同じようなものだったらしい。 
ただ、俺個人に宛てた手紙は違っていた。 
その手紙の内容は、Bに見せられるようなものではなかった。 

Aが亡くなって半年ほど経った。もうすぐBは出産する。 
無事に生まれてきてほしい。何事も無く成長してほしい。 
ひたすらそう願うしかない。
俺は、Aの残した遺言で今も悩んでいる。なんでこんな物を残したんだ。 
Aの残した手紙の中には、俺とBの婚姻届が同封されていた。 
そしてAの残した手紙。


187 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 11:18:04 ID:79Ddwri60
『Bのお腹に居る子供は俺の子供ではない。お前の子供だ。だからお前は、責任を取ってBを幸せにしろ。』
Aは、子供が出来ていたことに気づいていたのだ。 
だからって強引に俺の子供にするなよ。
お前なりに考えたことだろう。
きっと、呪いの事で頭がいっぱいになっていたんんだろう。 
お前の気持ちは良くわかる。でもこれはないだろ。 

最後にAはこう綴っていた。
『頼むからBを幸せにしてくれ。頼むからこの願いを叶えてくれ。もし叶えてくれなければお前を呪う。』

Aの身の回りで起きたことは、偶然だと俺は思いたい。
Aが呪われる必要は、何一つ無かったはずなんだから。 
もしかしたら、これは俺自身が招いたのかもしれない。 
今までしてきたことの罰なのかな。





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ