【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 呪い




239 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/26(木) 16:47:41.94 ID:FBcOQoNx0.net


東京に上京してマンションを探していた。色々物件見て世田谷区に「お?」って思った4階建てのマンションに目がとまった
駅徒歩1分、外見良し、内装オシャレ、敷金礼金無し、7万円のワンルーム。。。ここ見たいです!って不動産の人に言いました
すると「ちょっと待って下さいね…」と奧の方で社員数名と小声で話していた。
「では案内します」と車に乗って向かったんですが、何故か業者2人も付いて来た
4階一番奧の部屋、部屋を開けてもらうと不動産の人達は部屋の中に入らず玄関先で待ってるだけ
急いでいた事もあり「ここに決めます^^」と言うと、2人は顔を見合わせて「あの…あまりオススメは出来ませんが^^;
本当に宜しいですか?」とか「うーん…私的にはオススメはしませんよ…他の物件も色々ありますよ」
日差しが悪い事が理由かな?と勝ってに思っていた自分
早速次の日入居し数日が過ぎた頃からそれは始まった。。。



240 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/26(木) 16:48:43.30 ID:FBcOQoNx0.net
1、カーテンを閉めてシャワー浴びて出たときカーテンの片方が全開に開いていた
2、夜中TVを見ていたら後ろ首もとで「おい」と男の声
3、帰宅すると彼氏との写真立てが床に伏せるように落ちていた
(入居2ヶ月過ぎた頃彼氏に別れを告げられた)
4、バイト先の友達が泊まりに来た、真夜中3時頃友達が突然帰る!と言い出した
恐ろしい目をした男にものすごい力で首を絞められた(家に泊まった友達「それぞれ共通のない」4人全員が全く同じ体験をしている)
5、突然警察が家に来る「男の叫び声」がすると住人から苦情が入ったらしい。勿論私独りなのに(警察は同じ理由で3回も来た)
6、母さんが厄よけのお札を送ってくれたので壁にはっておいた。数日後、お札が燃やされたように疎らに焦げ目がついている
(友達にお札を見せるとなんかヤバいから家出たら?提案した友達は数ヶ月後婚約者に振られた理由で首つり自◯…これは本当に悲しい出来事)(のち、母さんと父さんが突然離婚)
7、黒い煙のようなものが壁を出たり入ったりを何度も見るようになる、寝ようとすると耳元で「おい」とか「金どこ…金」と男が呟く
8、部屋中をせわしく歩き回る音、寝てると髪の毛を引っぱられたり、パシンっとほっぺたを叩かれる
9、完全な鬱になってしまい、男の怒鳴り声の幻聴が酷くなり、飲んだ事の無いワイン3本と紹興酒一升、消毒液のエタノールを飲み(部屋に散乱していたと後で警察から聞いた)
手首から血を流し玄関外でうずくまって喚いていた私を隣の住人が119へ、気付けば病院のベットの上で医者看護師に囲まれていた
先生から「運ばれた時は急性アルコール中毒で呼吸停止していた」と聞かされた時はさすがに震えた。1ヶ月精神科に入れられた



241 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/26(木) 16:49:18.65 ID:FBcOQoNx0.net
退院してすぐ友達と一緒に荷物を運び暫く住まわせて貰った(その時使用した車で友達の旦那が人身事故をおこし刑務所へ…)
不動産にこれらの事を話すと、俯きながらうんうんって頷いて「一ヶ月分の家賃と退去時に払う修繕費は要りませんから」と言われた
お寺にお祓いに行った時住職さんが私を見て「言葉に出来ないような凄いモノを背負ってこられましたね」と一言
今はやっと普通の暮らしが出来るようになったので投稿しました。あの部屋は間違いなく呪われた事故物件だったと思います。
しかも関わった人にも害をもたらしましたし…



場所は世田谷区若林アー◯ンリ◯ートマンション4階の一番奧






☜1日1クリックの応援お願いします



970 :1/6:2012/09/05(水) 09:42:03.93 ID:+dJZ7mz90
2chだからある程度IT関係に詳しい人は居ると思うんだが、IT業界に勤めてる人も居るかな?
居たらその中にはきっと多分分かってくれる人も居ると思うんだが、オカルト的な物とは縁
がないように思われるような、デジタルな仕事をやってるこの業界なんだけど、実は意外と
そういう話有るんだよね
個人が信じる信じないはさておいて、重要なサーバに御札が貼ってあったり。
人事を尽くして天命を待つ、と言うのか、安全祈願的なお守りの意味合いが強いんだけどね。俺はそんな業界に10年ちょっと勤めてるんだが、ちょっと前に転職(業界は一緒だけどね)
した。
この話は転職前の会社で、転職する少し前に起きたの話だ。
971 :2/6:2012/09/05(水) 09:42:44.61 ID:+dJZ7mz90
俺が居た会社はそこそこ規模の大きいソフトウェア会社ででかいメーカーの子会社だった。
自社で仕事をする事が多く、必然的に自社内に社内用のサーバを立てて、管理なり試験なり
に使ってた。
俺の部署で部署用のサーバを管理してたのはI子という俺より2年後輩の子だった。
で、このI子に関して結構オカルト的な話があったんだよね。
「I子が体調を崩すとあるサーバの調子が悪くなる」
風邪で休んだ時は妙にレスポンスが遅く、インフルエンザで休んだ時は原因不明のフリーズ
を繰り返して日に2回は強制終了を余儀なくされていた。
サーバといってもあくまで社内向けの物で質はピンキリ。
件のサーバは元々は別の部署で使ってたものの転用で、寿命も近かろうということもあった
ので、多少の問題くらいはまあこんなものだろう、で皆そんなに問題にせずに使ってた。
普段はそれなりに快調に動いてたしね。
972 :3/6:2012/09/05(水) 09:45:15.95 ID:+dJZ7mz90
で、この話はまあ酒の席なんかでそこそこ話題になったりしてた。
マシンの管理って言っても実際マシンはサーバルームに据え置かれてて、メンテらしいメンテ
も毎日やるわけでなし、I子が休んだ事でサーバの調子が悪くなるってのは不可解としか言い
ようが無かったからだ。
とは言えそれでI子が気味悪がられる事も無かったし、「そういうこともあるのか。不思議だな」
くらいにしか皆捉えてなかったと思う。
そのサーバ使う作業がある日の前日にはI子に「体調崩さないでくれよ」とか冗談交じりに話
してたりしてたくらいだし。そんなある日、I子が体調を崩して会社を休み、案の定そのサーバの調子は最悪だった。
昼休みが終わって午後の業務が始まった直後くらいに応答不能になり、遂には強制終了後に
綺麗に立ち上がらないような状態にまでなってしまった。
ハード関係はあまり詳しい奴が居ない部署だったんで、「とりあえず良く分からんが置いて
おこう、I子の事もあるしね」なんて話して、I子が復帰後にまだ駄目なようならハード故障
として専門の業者なりに頼もうか、という事になった。
偶然だけど直前にフルバックアップも取っていたし、その日はそのサーバを使う急ぎの作業
も無かったから、特に焦りも無かった。
973 :4/5:2012/09/05(水) 09:46:34.64 ID:+dJZ7mz90
その日は特に何事も無く業務が終わったんだが、次の日出社すると近くの席に座ってた上司
が深刻そうな顔をしてる。
何事かと尋ねると、「昨日遅くにI子の親御さんから連絡があって、I子が亡くなったそうだ」
と。I子の実家はI子の住んでた部屋から割と近かったため、夜に体調を崩したI子の見舞いに行っ
たところ、I子が部屋の中で倒れてるのを見つけ、病院に連絡したが手遅れだった…というよ
うな内容は、その後通夜に参列した上司から聞いた。
原因は何やらはっきりせず、「恐らく心筋梗塞だろう」というような話だった。
不健康な生活を余儀なくされがちなこの業界では、その中でも特に不健康な人間が倒れる事態
はままあり、それなりに聞く話ではあった。
当然というか、労災についての話もあったんだが、I子は体調を崩しがちな子だった事もあり、
残業はそんなに多くはなく、揉めるような話にはならなかったらしい。
974 :5/5:2012/09/05(水) 09:49:35.94 ID:+dJZ7mz90
そして例のサーバは、と言うと、結局I子が死んだあの日にフリーズした後、立ち上がる事は
無かった。
ハードを扱う業者に見てもらったところ、「こりゃ寿命ですね。HDDが逝ってます」、と。
他にも色々ガタが来てるらしく、また、HDDを取り替えてまで使い続けるにはちょっと古すぎる
事もあって、サーバは廃棄となった。
この話はこれまでの経緯を知ってる人間には当然のようにI子の死と関連付けられ、部署内では
「I子の後を追ったのかな」みたいな空気になってた。ただ、最近考えるんだよね。
「死因がはっきりしないI子」と「寿命に達したマシン」
「後を追った」と言うが本当はどっちが先だったのかな、とか、「後を追った」なら美談のうちかも
しれないけど、「連れて行かれた」だとしたら…とか。
976 :本当にあった怖い名無し:2012/09/05(水) 09:52:53.76 ID:+dJZ7mz90
最後はちょっと穿ち過ぎなのかな、とも思うけど、俺の昔の職場に居た不思議な人間、あるいは不思議なマシンの話でした。
他にも小ネタレベルのものは1つあるけど書きまとめてもいないのでまた機会があればということで。



☜1日1クリックの応援お願いします


460 :本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 18:35:00.51 ID:QCP4BMYN0
会社の同僚の話

10年前に入社して最初に話して仲良くなったあいつをAとする。
Aは俺と同じようにオカルト好きで、2chのオカ板もよく見ていて面白いスレがあったら互いに教えたりもしてた。
そんなAが自らの家系についての話をしたのは確か入社3年目の集合研修の時だった。
金曜ということもあり、研修に参加したメンバー全員で飲みに行き、終電後の3次会だか4次会にも10人くらいが
参加してた。
俺やA以外にもオカルト好きな奴が居たせいもあってか、いつの間にか怖い話に花が咲いてたんだが、その時Aが
怖い話なのかどうなのか微妙に判別がつかないような、自身の話をしたのだ。
曰く、『うちの家系は多分呪われている』と。
多分ってなんだ、とツッコんだ記憶があるのでだいぶ酔いも覚めた朝方の事だったと思う。
詳しい話を聞くと、『うちの家系では跡継ぎである子供が産まれてからすぐに必ずうちの家系の方の親が死ぬ。』
『俺の親父も俺が産まれた数日後に死んでる。』などと言い出し、皆に「偶然だろ」とこれまたツッコまれていた。
だが彼が言うには『祖父も曽祖父も高祖父も皆子供が産まれて一週間と経たずに死んでる』と。
なんでも半年ほど前に亡くなった祖母の遺産相続関係で戸籍関係の書類を漁っていて気付いたそうな。
これが作り話ならこんな中途半端に怖いかどうか悩むような話はしないだろうし、しても例えば先祖が誰かを惨殺
して呪いが…とか、田舎におぞましい古物が…とか言い出すだろうからと、まあ事実ではあるんだろうが偶然なん
だろうな、ということでその時は片付けていた
だが当然の事ながら、当事者たるAからすれば有耶無耶にしていて済む話では無かったんだろう。

461 :本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 18:35:41.70 ID:QCP4BMYN0
それから2年後、そんな話もすっかり忘れた頃にAの彼女(Bとする)から相談を受けた。
Bは同じ会社の1年後輩で、主に俺と同じプロジェクトで仕事をしていたので、会社ではAより俺と話す事のほうが多
いくらいだった。
Bの話によると、Aの子を身篭ったと。
しかしAはその話を聞くと断固として「堕ろせ」と主張して憚らず、喧嘩している最中だと。
その話を聞いてAの家系についての話を思い出したが、流石にBにそんな話を直接しても仕方なかろうと思い、その次
の日にAを飲みに誘って話をすることにした。
Aは浮かない、というか青ざめたような顔をしていた飲みの誘いにも乗り気ではなかったが、「Bから相談を受けた」
と告げると納得したように頷いた。
チェーン店を避け、割と静かな居酒屋のカウンターに並んで座って問い詰めると、Aは「そういえばお前には話した
もんな」と言って、「色々考えたが俺はまだ死にたくない。Bには悪いとは思っているがどうしても堕ろしてもらう。
付き合っていたらまた同じ事になるのは目に見えてるからこの話が済んだら別れる」と言ってきた。
いくらオカルト好きとは言え、Aの話を完全に信じていたわけではなかった俺は、きっとノイローゼ気味なんだろうと
思い、その場では変に刺激しないほうがいいと思って話はそこそこで切り上げて仕事の話や趣味の話で気を紛らわせ
ようとした、
Bにはどう報告するかな…などと考えつつも終電前に居酒屋を出て別れ、その日は家に帰った。
翌週、Bから話を聞かれたが「何やらノイローゼっぽい」「マリッジブルーみたいなものじゃない?」くらいの曖昧な
返答に終始した。
Bに、Aが話したそのままの話をする気にはなれなかったのだ。
ただ「精神的に参ってるみたいだから、場合によっては家族に相談したりするくらいは考えたほうが…」みたいなアド
バイスとかはしていた。
その後しばらくして、Bは異動で別プロジェクトかつ別拠点になり、なかなか話をする機会が無くなった。
Aもさらに別の顧客先に詰めていたこともあり、この話をする事はしばらく無かった。
462 :本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 18:36:18.49 ID:QCP4BMYN0
それから一ヶ月後、久々にBの姿を本社で見た。
休憩室の椅子に座って項垂れていたBは俺が挨拶をすると顔を上げ、「Aが自殺未遂をしてしまって意識不明の重体にな
っている」と告げた。
Aの精神は日に日に参っていったそうで、脅すような口調で「堕ろせ」と迫っては我に返ったように謝罪するといった
事が増え、それがピークに達した日、眠っているBの首を絞めたそうだ。
目を覚ましたBがAの手を振り払おうとするとAはすんなりと手を離したが、すぐに部屋(Bの部屋に泊まっていたそうだ)
から出て玄関から飛び出し、走り去ってしまった。
流石に警察に話すか病院に連れていくべきか、などと考えながらも放ってはおけないと思い、探しに出たが既に深夜で
あり、見つけるのも困難だと判断したBは翌朝を待って、まずはAの自宅に向かった。
合鍵で玄関の扉を開け、ワンルームの部屋を覗くと、部屋の中央にAが倒れていた。
すぐ横に薬瓶が転がり、微動だにしないAがを見て焦り、揺り起こそうとするが返事がない。
慌てて救急車を呼んで搬送されるも意識は戻らず重体の状態が続いている…との事だった。
そこまで思いつめてたのか、と話を聞いていた俺も自責の念に駆られたが、あの時点であれ以上俺に出来た事があった
とも思えず、Aの快気を祈るしか無かった。

が、俺やBの祈りも虚しく、Aは植物状態(Bからの又聞きで詳しくは分からないが、あるいはそれと同様の状態)のまま
目覚める事は無かった。
そんな事件があったもののBのお腹の子はすくすくと育ち、無事に出産を迎えられそうだ、との話を聞いて俺は複雑な気
分になった。
まさか子供が産まれたらAが死ぬ…?
だがBに妙なことを吹き込んで万が一流産でもしてしまったらそれこそどうしようもない。
結局このことについてBには話せないまま時は過ぎ、3月の末に無事出産したとの報告をBから直接受けることとなった。
複雑な気分で「おめでとう」と返答のメールを打っている中、上司からの電話が入った。
「おい、お前の同期のA、ついさっき病院で息を引き取ったって…」

463 :本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 18:37:21.49 ID:QCP4BMYN0
あれからもう4年が経つ。
Bは出産してすぐに仕事を辞め、育児に専念している。
子供の親がAであることについては以前からAの母親とも話をしていたため、育児環境には問題は無いそうだ。
Aの家系についての話は、Bには出来ていない。


 ☜1日1クリックの応援お願いします


175 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) 12:45:23.57 ID:LGnsh5WU0
謎でもないが聞いてほしい話がある
177 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) 12:59:22.77 ID:LGnsh5WU0
俺が中学の時に当時は交流のあった埼玉の親戚の家へ遊びに行ったんだ
その時親戚に「怖い場所があるから一緒に見に行こう」って言われて着いていったんだよ
行った場所ってのはそいつが通ってる中学校の近く林にある小さな祠なんだけど
木が生い茂っているから昼間でも暗くて不気味だったのを覚えている
178 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) 13:06:36.47 ID:LGnsh5WU0
すまん、書き溜めてないから遅いかも

で、実際に祠に着くと狐(お稲荷様?)の頭がなかったり
誰も手入れしていないのか祠がぼろぼろだったりで
かなり薄気味悪かった
ただ、親戚が言うには別にいわくつきとかではないらしいので
不気味なもののそこまで怖くもなかった
祠の周りもかなり狭いからすぐに飽きてそろそろ違う所に
遊びに行こうってなった時に親戚がそれを見つけて話かけてきた
「おい、あれって藁人形じゃない?」って

179 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) 13:25:11.15 ID:KGuLfAn70
言われた方向を見ると確かに藁人形が刺さっていた
よくよく見ると他の木にも釘を刺した跡がたくさん残っていたので
相当な数の藁人形が前はあったのかもしれない
見た瞬間はさすがに縮み上がった、人間が人間をここまで憎むことがあるのかと
怖くなったので帰ろうと言ったんだけど、親戚は
「おい、これ燃やしちゃおうぜw」
と言ってライターのオイルをかけ始めた
(親戚はサバイバル好きのためいつもこんな感じのものを持ち歩いていた)
181 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) 13:36:48.01 ID:LGnsh5WU0
祟られるんじゃないかと諭したが、親戚は
「大丈夫でしょ、幽霊じゃあるまいし。それに祟られるならこの藁人形の
対象だろうから祟られるとしても俺らじゃないでしょ」
と言っていた
たしかにそれもそうかと火をつける親戚を見ていた
山火事(山ではないが)になるとやばいってことで燃え始めてすぐ帰ったんだけどね
帰り道に親戚と、明日藁人形がどうなっているか見てみようって話になったので快諾したんだ
その日の夜は藁人形の話でかなり盛り上がったのを覚えている
藁人形も五寸釘も初めて見たとか、どこまで憎いと呪おうと考えるのかねとか…
184 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) 13:51:14.09 ID:LGnsh5WU0
そして次の日、祠に着いてすぐ俺らは昨日のこと、そして今日来たことを後悔した
昨日燃やした藁人形は予想通りそのまま黒くぼろぼろになっていたんだが
その隣の木に藁人形が2つ刺さっていた
藁人形は急ごしらえのようでかなり作りが荒い感じだった
俺は「やばいよ、昨日2人で来たことを見られていたんだよ」とかなり怯えていたが
親戚は「たまたまだろ、昨日も人の気配なんてなかったし」なんて言っていた
それでも二人とも怖くなってその日は早々にその場を後にしてゲーセンでも行って
気分転換しようという話になった
185 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) 14:05:11.07 ID:LGnsh5WU0
俺らは自転車でその祠まで行っていたのでそのまま自転車でゲーセンへ向かったんだが
その道中でかなり背の低いカーブミラーを見つけた
向きもおかしいので変だなあと思いながらその横を通ったときミラーに自分の姿が映った
ミラーに映った自分の姿を見た瞬間思考が止まった
俺はその時ママチャリに乗っていたんだが、誰かが女座りでうつむきながら
俺にしがみつくように乗っているのを見たんだ
ミラーに映るのは一瞬だし、何かの見間違いだと必死に考えても怖くて
後ろは振り向けなかった
187 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) 14:18:47.43 ID:LGnsh5WU0
ゲーセンに着いたときに親戚にその話をしたら
「そんなところにカーブミラーなんかないぞ、ましてあそこは直線だろう」と言われた
それを聞いたときは祠でのこともあって腰が抜けるほど怖かった
ゲーセンからの帰り道は一本しかないため否応にもさっきの道を通るしかないのだが
さっきの事があったため俺はかなりびくびくしながら走っていた
さっきのカーブミラーの所を通るときは怖くて下を見ながら走っていたが、
ちらっと見ると親戚の言う通りカーブミラーはなかったし、ミラーなど必要のない直線の道路だった
「さっきのは怖がっていたから何かと見間違えたのかな」と考えながら走っていたら盛大にコケた
188 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) 14:32:18.84 ID:LGnsh5WU0
幸い怪我は軽かったがさすがにそれ以来あの祠へは近づいていない
一番不思議なのは藁人形を燃やしたのは親戚なのに、俺にだけ報いがきたことだ
なお、10年以上たった後日談だがその林で白骨死体が見つかったらしい
自殺だと聞いたが、おそらく俺が体験した話とは全く関係ないだろう

以上、文才がない上に予想以上に長くなってすまん
埼玉県在住の方で見に行きたいという人がいたら記憶の範囲で
場所を書くので是非今もその祠があるか見に行って欲しい
そして今も藁人形が刺さっているかを確認して欲しい

>>182
結果火事になってないからw




☜1日1クリックの応援お願いします

446 :にぶんのいち:2014/02/19(水) 14:46:51.32 ID:+Yg8aGZd0
さっくりと俺の爺ちゃんの話をば
俺の爺ちゃんはちょっとした腰痛持ちであり、原因の心当たりはなく
足を捻った時に行った整形外科でついでに調べてもらうも原因不明
ついでに、というくらいなので時たま軽く腰が痛くなる程度のものだ
ところがある日その原因が判明する事となった
婆ちゃんの友達の占い師が遊びに来てたのだが
爺ちゃんを見て、腰に女がしがみついてる、腰が痛くなる事があるだろう、と言ったのだ
特徴を聞くと、お腹に子どもを抱えてて、水難事故で死んでいて、そして親戚だと
なんとまあ、実際に親戚にそれに当てはまる女の人が昔に居たらしいのだ
因みに爺ちゃんも婆ちゃんもそんな事を誰かに話した事はないらしい
447 :にぶんのに:2014/02/19(水) 14:56:39.48 ID:+Yg8aGZd0
何でそんな人が今頃、よりによって爺ちゃんの腰にしがみついてるかと言うと
何かしら、供養のしきたりを破ってるだろうと言われたそうな
これまたあてはまることがあり、たまに先祖供養の法事をするのだが
基本は本家の長男がすると言う決まりがあるそうで
でも長男がめんどいやらなんやらでごねて、何年か前から次男の爺ちゃんがそれをしてる
それが原因で女の人が迷い、爺ちゃんの腰にしがみついてしまっていると占い師の言
でも色々めんどいし、腰もちょっと痛いだけだからと未だに爺ちゃんが法事をしてる
そして俺はその話を聞いて、占い否定派から中には本物もいるかも派に変わりました
おしまい


 ☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ