【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: お守り



162 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/18(土) 20:10:25.30 ID:g11caA2x0.net
ほんのりと言えば、俺が大学生のとき週末だけバイトしてた某ファミレス店での話をしてもいいか。 

24時間営業のその店では、従業員同士の“霊がでる”系の噂もなく、 
霊感があるという常連のお客さんと、霊感ありのマネージャーからたまに私生活での怖い体験談を聞くことがあったんで、
その2人に面白半分に聞いてみても、「この店で幽霊を見たことがない」という、
オカルト好きの自分には非常に残念な店だった。 

ちょうど今くらいの季節だった。
深夜の人手が足りないというので、1度だけ土曜の夜7時~深夜3時までシフトに入ったことがあったんだよね。 
夜0時を過ぎたころ、俺と同じ大学生くらいの男5人がワイワイと入店してきた。 
カウンター席に近い奥まったところに案内して、メニューとお冷を運んだ。 
席につくなりそいつらは、
「マジやばかったなあそこ」「もう行かないほうがいい」「誰だよ肝試ししよっつったの」などと興奮気味に話してた。 
あーこいつら心霊スポット行ってきたなってピンときたけど、詳しく聞かせろとも言えないので、
「ご注文がお決まりになりましたらお呼びください」と言ってその場を離れた。
しかしこいつらは声がデカかった。
客も少なく暇だった俺は、カウンターの中で掃除するふりして聞き耳を立てた。 
「A遅くない?ちゃんと車ついてきてた?」「大丈夫っしょ」「まさか事故ってないよなメールしてみる?」 


163 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/18(土) 20:12:26.08 ID:g11caA2x0.net
間もなくして細身でメガネの“A”らしき男が入店してきた。 
「おせーよ!」「どしたん?」「心配したわ」
先に来てたやつらが笑いながら言ったが、Aは憔悴しきっていて無表情だった。
俺は水とメニューを運んだ。 
席につくとAは「お前ら・・・ほんとふざけんなよ・・・シャレならん先に行くとか」と言った。 
他のやつらは「ごめんって、正直待ってる余裕なかったわ」とゲラゲラ笑った。 
A「笑い事じゃない!笑い事じゃないんだよ・・・」 
他「なに、なに?(笑)」 
俺「ご注文は・・・」 
注文が決まったら呼ぶ、と言って追い払われたのでカウンターの定位置へ。 
俺はまた聞き耳を立てた。 

他「ちょ、なんかあった?マジ顔すんなって、車2台あったからいいじゃん、こっち5人しか乗れんし」 
A「ついてきたぞ」 
他「???おまえ?うんわかっ・・・」 
A「ヤバイのがついてきたっつってんだよっ!」 
Aは完全に怒ってたし、先に来てた一同に沈黙が走ってた。 
何か面白いことになってきた、こいつらAを置き去りにして逃げ帰ったんだ。 
俺はますます仕事がはかどらず、呼ばれないのをいいことにカウンターに入り浸りだった。 
A「どーすんの、どーすんだよ、俺、車に乗せてきたかもしんない・・・」 
Aは震えていた。 
他「乗せてきたって、建物の中で見た人影?」 
A「憑いてる気がする・・・俺に」 
他「(爆笑)真面目に言ってんのちょっと、よし写メ撮ろ、写メ!」(パシャ) 
それまでおちゃらけていた奴らが写メを見て叫んだ 
他「マジじゃねーか!やばいやばいやばい、写っとる!」「どれどれどれ」 
A「もうやだ・・・」 


164 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/18(土) 20:14:30.64 ID:g11caA2x0.net
するとその中の1人がAに背中を向けさせ、簡易的なお祓いみたいなのを始めたんだ。 
思えばそいつだけ終始、妙に冷静だった。 
お祓いしながら「これ効くから、大丈夫。ここ置いてこ、な?」と言って。 
“置いていく”って店にかよ。
そのとき俺は正直バカにしてたし、このあとAがどうなるのか期待でいっぱいだった。 

俺は注文を取りに行くついでに、我慢しきれず聞いてしまった。 
俺「あの、皆さんどちらに行かれたんですか?」 
他「ああ・・・○○って知ってます?あそこ行ったんすよ」 
○○とは、俺の住むところでも有名な最強心霊スポットだった。
あまりにもヤバイんで、オカルト好きでも二の足を踏むような場所だ。 
俺はせっかくなんで、写メも見せてもらえませんかとお願いした。 
「見ないほうがいいと思うけど」
そう言いながら、もう消すからと見せてもらった。 
マジだった。 
Aと後ろの窓の間にはソファの背もたれほどの隙間しかないが、肩越しに浮浪者のような女がはっきり写ってた。 
他「シャレにならないことになっちゃって(笑)」 
俺は霊感もないし体験もなかったので、不思議なことって本当にあるんだなと、
目の前で見届けたことに感激しながら注文をとった。 

怖いから朝までいると言ったそいつらは、A徐々に落ちつきを取り戻すころには心霊スポットの話をしなくなっていて、
朝方何事もなかったように帰っていったそうだ。 


165 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/18(土) 20:16:59.15 ID:g11caA2x0.net
一週間後に霊感のある常連さんが来てたんだけど、俺を呼んでこう言った。 
「お店の雰囲気、変わったよね~・・・君の好きなお化け、ここ(店)いるよ。気をつけて(笑)」 
俺は愛想笑いしながら、例のお祓い大学生の言い放った『置いていく』という言葉を思い出してた。 
というもの、店では頻繁に怪奇現象が起きるようになってた。 
写メに写ってた女を思わせる証言も多かった。 
店長は霊を信じないと強がりながら、お守りの数珠を手首に欠かさずつけていたが、
それが弾けるように数珠が切れることが何度もあったよ。 
その辺の怪奇現象については割とすごかったんだが、いろいろありすぎて長くなるので今回はやめとく。 
ちなみに俺は、大学生たちの件を他の従業員や客に話したことはなかったな。 

他のバイトや従業員、果てはお客さんまでもが、
その店で昼夜を問わず霊を目撃したり、怪現象を体験するようになってたのに対し、 
俺だけは店が潰れて辞めるまでに、何にも見えないし感じなかったことは今でも納得がいかない。


☜1日1クリックの応援お願いします




高校生の夏休みの時、バイクで事故って
高校生活最後の夏休みを入院生活するハメに。

入院してから俺の担当?の看護婦さんの様子がどうも変、
俺を変な目で見やがる。
ある日、俺は看護婦さんに話しかけた。「俺って変な顔ですか?」
看護婦「え?」
俺「看護婦さんいつも俺を変な目で見てるじゃないっすか。
俺ってそんな珍しい顔してます?」
看護婦「そんな事ないですよ!そういうつもりで見てたんじゃないんです・・・」

そして看護婦さんは小声で言った
「冗談でなくマジな話なんですけど、あなたに女性の霊が付いてるんです・・・」
俺は笑って冗談でしょ!ってな顔してたんだが、看護婦はマジ顔で話続けた
「この怪我(右足骨折)は彼女の仕業です。
しかし、この程度で済んで良かったと思います。
彼女はアナタを自分の世界に引っ張ろうとしてます。」

してます・・・・???
俺まだ狙われてるのかYO!


看護婦「弱気にならないで、強気でいてください。でないと負けてしまいます。」
そういい残し看護婦は去っていった。
俺は変な看護婦だなと思いそんな事は気にしないでおいた。

次の日、看護婦さんが「○○さん、事故起こした場所ってトンネル付近ですよね?」
当たってたが医者から聞いたのだろと思い「ハイ、そうですよ」とだけ答えた
看護婦「そこで憑かれたんでしょうね・・・
ん~ん、コレで対処出来るかどうかは・・・一応持っててください。」
そう言ってボロボロなお守りをくれた。
俺「看護婦さんって一体何なんですか?霊能者?」
看護婦「霊感結構あるんです。けれど、あなたを助けれるかは分かりません。」

この人は本物かただの不思議ちゃんか分からん、謎な人だなあ。
しかし、この話が本当だったら俺やばいじゃんと動揺しまくった。

その日の夕方、友達が見舞いに来てくれた。
コイツは俺が事故った時に一緒にバイクで走ってた奴。
俺は馬鹿にされるかも知れないが、看護婦の話をした。
するとダチは真顔になり
「俺、あの時見たかも知れないんだ。トンネルでお前の前走ってたんだけど、
ミラー見てお前見た時、お前の肩に顔みたいなのがさ。
まあ、気のせいだと思ってたんだがお前が転倒した時はマジあせったよ」

俺は霊なんて見た事ないし、信じようとは思ってなかったから
こういった時はどうしていいんだとノイローゼ気味に・・・
そして、入院してしばらくたって俺はゲッソリに痩せて体調を崩した。
食欲も全然なく体が重い。
最初はゲームボーイやマンガ読んでトイレで抜いてた頃が懐かしい。
もう、そんな事もやる気なく1日中ボケーっとしながら
ベッドで横になったまま動く事も出来ない。

看護婦さんは様子を見に来てくれるんだが、
彼女では対処出来ないようで申し訳なさそうに接してくれる。


そしてある夜、遂に俺をこんなにした奴が姿を現した。
寝てると急に体が痺れた。電流を通されたかのようなビリビリ感。
コレが金縛りか・・・
金縛り初体験だ!次に耳に変な雑音みたいなのが聞こえる。
よく聞いてみると、女のうめき声とも言える。
そしてベッドの右から白い手が!
そしてボサボサの髪が見えて女がベッドに這い上がって来る!
俺は心の中で「来んじゃねー!誰か助けてクレー!!!!」
だが、女は「ウーー」と苦しそうにゆっくりと這い上がってくる・・・
俺の病室は後2人いるんだが、そいつらは俺の様子に気付かず寝てて
役立たずな糞野朗共だ。
女はとうとう俺の体の上にまで上って来やがった。俺は恐怖で失神寸前。
とどめと言わんばかりに女の顔を見てしまった。
目は濁ってて目ん玉が有るのか無いのか分からんで、
頬が削れてて頬骨が見えて血だらけ。

女は俺の首に手を持って行き絞め殺そうとしてるみたいだ。
「もうダメだ。何で俺が・・・」と思った瞬間、女は怯えるような感じで
スゥ~っと消えていった。

・・・夢だったのか?
さっきまでの恐怖が嘘みたいに落ち着いている。
何が起こったんだ、何であの女は帰っていったんだ?
首を絞めかけたのに・・・・ん?
そう言えば首には看護婦から貰ったお守り下げてたんだった!
まさかあ~・・・

次の朝、看護婦に夜起こった事を話した。
看護婦「・・・そうですか・・・でも無事で良かったです。」
俺「このお守りが守ってくれたのかな?コレってすごいんだな」
看護婦「このお守りは無くなった祖母から貰ったんです。
祖母はすごい霊能力者だったらしいんです。」


・・・と

話は飛ぶが、夏休みが終わり9月の中旬に無事退院す事が出来た。
念のためお寺でお払いしてもらった。効くがどうかは微妙だが保険に・・・。
そして、あの体験は今ではいい思い出になってるな。
あの看護婦さんは今は俺の嫁さんになって幸せな生活を送ってます。
彼女と一緒になったからだと思いますが、俺にも霊が良く見えるようになりました。
時々霊体験しますが・・・
丁度10年前の話でした


☜1日1クリックの応援お願いします




905 :可愛い奥様:2010/12/04(土) 12:19:18 ID:BwmK6vjuO
以前、大切に持っていたお守りが、ある朝突然びしょびしょに濡れていた。 
毎日使うバッグのポケットに入れていたし、水気のものは一切ない。 
他にもポケットティッシュやメモ帳、あぶらとり紙なんかも一緒に入れていたんだけど、見事にお守りだけがずぶ濡れだった。
出張中の夫に何かあったのかと慌てて連絡したが、変わりなし(夫が直感で選んでくれたお守りだったから)。
日当たりの良い部屋の中で自然乾燥させて、その日はお水をお祀りして手を合わせた。 

一体何だったんだろう。 
ずぶ濡れのお守りを手で触れても、全く嫌な感じはしなかったんだよね。 
不思議だ。 


906 :可愛い奥様:2010/12/04(土) 13:50:04 ID:STUCTYAX0
友達のおばあさんの話なんだけど、おばあさんは終戦の時サハリンにいた。 
もうロシア人が侵攻してくるので、慌てて引き上げ船に乗ろうとしたら、
いつも肌身離さず身につけているお守りがないことに気が付いたらしい。 
お守りがなくてはとても引き上げ船には乗れないと、家に帰って探したら、ありえないところにお守りがあったらしい。
結局、引き上げ船に乗り遅れたんだけど、その引き上げ船は留萌沖で撃沈されたんだって。


907 :可愛い奥様:2010/12/04(土) 17:39:58 ID:lpKsiAP80
母方の祖父(存命なら110歳越え)が戦時中に、出征先で川の中を3日3晩行軍したことがあった。
木のお守りを左胸のポケットに入れていたらしいんだけど、
やっと川の外へ出られてから気づいたら、お守りに流れ弾が当たって二つに割れていたらしい。
流れ弾だから致命傷になることはなかったろうが、怪我くらいはしてたかもと言ってた。

川の行軍はとても辛く、上がってから尿意があっても尿が出なく、やっと出たと思ったら血尿だったそうです。
食べ物も食べず3日も腰から下に水に入ってた、という話も衝撃的でした。

 


☜1日1クリックの応援お願いします




815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/01/09 22:28
昔、数年間付き合ってた彼女が他界した時の事です。 
形見としていくつか持ち物を頂いたのですが、その中に二人で買ったお揃いの石の御守りもありました。 

私はかなり落ち込んでいて、かなりの期間立ち直れませんでした。 
でも1年ほど経った時、あることをきっかけに、前に進もうと決意したんです。 
その後、不思議な事がありました。

夜寝て、暫くしたら目が覚めたんです。 
普通に目を覚まして、普通に周りを見たのですが、
部屋の物の配置が、2年ほど前の物になってたんです。 
不思議に思って、ぼーっと部屋を眺めてると、彼女がドアを開けて入って来ました。 
その後、机の引き出しに入れていた二人の御守りの内一つを取り、 
笑って私を見て、「もう、大丈夫だからいらないみたいね。頑張ってね」というようなことを言って、また出て行きました。 

この後の事は良く覚えていないのですが、次に気づいた時はいつもの部屋でした。昨日までの配置。普段と同じ配置。
急いで引き出しを開けて確認したところ、御守りは一つだけになっていました。
今でも大切に持っています。

もう7年前の話です。

 


☜1日1クリックの応援お願いします


225 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 20:54:16.70 ID:ZJDP4kc60
前スレに「身代り守りを寺でおばあさんに貰ったあと無くした話」を書いたうっかり者
なんだけど、今日ちょっと驚くことがあったので聞いて下さい。
今日の朝、駅のホームで電車を待ってたら「落としましたよ」と声を掛けられた。見る
と、白髪まじりのおばあさんだった。おばあさんは私の手をぎゅっと掴んで何かを手渡
したあと、さっさと歩いて行ってしまった。手の中を見ると身代り守りが……。
前に寺で貰ったものとは違うものだと思う。カバンはきっちり閉めてあったし、ポケッ
トにも何も入れてなかったし、私が落としたものではないんだけど……。
前に駅で「降りなさい」と声を掛けられたのもおばあさんだったんだけど、こう、ちょ
いちょいおばあさんに声かけられたりお守り貰ったりするのって良くあるんでしょうか。
何も起こらないといいけどな……
230 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 21:47:31.34 ID:ZJDP4kc60
お守り自体はほんとどこの寺にも売ってそうな奴なんだけど・・
ちょっとうpしてくる
231 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 22:06:52.55 ID:ZJDP4kc60
イメピタ+終了してて焦りました……
これで見れてるかな


http://s1.gazo.cc/up/s1_13036.jpg
ほんと普通のお守りです。

>>229
中身何もなかったです!

232 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 22:23:50.85 ID:UUiWbGve0
>>231
うpありがとう

「身代り守」で画像検索したら、まったく同じのがいくつかあるね
宗教絡みかと思ったが関係ないみたい

233 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 23:24:21.39 ID:ZJDP4kc60
>>232
私も検索してみました。
いくつか同じのが上がってますね……。

前にお守りを貰ったのは四国の石手寺という所でした。
その時に貰ったのも、普通に売店で売られているお守りだったんですよね。

とりあえず大事にしておきます。

234 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 23:25:53.78 ID:qh+Su4Vo0
>>233
これも何かの縁だろうし、もしかしたらお守りが必要な生活をこれからするのかもね
235 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 23:46:22.82 ID:n7u2htWsO
石手寺w近くだわ
四国には、お遍路さんというのがいてな
亡くなった身内の供養の為だったり、自身の修養の為に
八十八のお寺を回るんだわ
それで四国には、その遍路を無償で
もてなしたりする布施の精神が根強いのよ
そんで幾つか頂いた御守りを
つい、ぼーっとしてるような危なっかしい若者に
握らせたりしてしまう婆さまもいるんだなw

ん?でも、とくに意味はない …ってうちの婆ちゃんが言ってるw

236 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 23:49:25.07 ID:ZJDP4kc60
>>234
お守りが必要な生活にならないよう、気をつけて生きます!

>>235
ありがとうございます
相手はお遍路さんの恰好はしていなかったと思いますが、私は確かに危なっかしい
感じではあったかもしれませんw
でも今回お守りを貰ったのは大阪の駅のホームなんですよね。
偶然ですかね


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ