【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 前世系




1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:45:51 ID:FBy

統合失調症かな?


2: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:46:28 ID:ePY

語ってみて


6: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:47:06 ID:FBy

語ってええんかな
はっきりしとるのが4回あるんや


7: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:47:34 ID:R8T

前前前世


9: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:49:34 ID:moS

俺の似たような人はエジプトとロシアとアメリカにいるみたい
アジア人風


10: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:50:25 ID:FBy

一番古いっぽいのは
山の中村のはずれのあばら家でかーちゃんと暮らしてた
寒かったときのかーちゃんが自分の着物あけて
体温であっためてくれたん覚えとる
かーちゃんは俺に外に出るなと毎日言ってたけど
好奇心旺盛な俺ちゃんは村のほうに遊びに行っては
かーちゃんに怒られとった


13: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:51:48 ID:FBy

そうやって村のほうに行ってたある日、
俺ちゃん捕まってしまうんや
黒っぽい服、みんな同じ格好してた数人の男の人たちやった


11: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:51:04 ID:xJb

どんな村なの?


16: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:53:33 ID:FBy

>>11
大きな街から多少距離のある山里って感じやった
そっから山深いとこへ入ったいったトコに俺とかーちゃんで住んでた
家のそばにはもうひとつ家があったけど、そこには人は住んでなかった




15: d=(^o^)=bありぅめ◆82m4ER4FUg 2016/11/13(日)00:52:43 ID:XVy

ぼかぁもそれっぽいのあるわ。
昭和の建物の中かな、3才児くらいの視点で火事に巻き込まれてた


17: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:55:08 ID:vQD

子供の頃に何度も何度も同じ夢を見て、その夢を見る度に泣いてたんだけど、あれもオカルト的には前世の記憶とかなんかな

夢の内容自体は悲しいもんじゃないんだけど、その夢を見ると凄い悲しくなんの


18: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:56:02 ID:xJb

懐かしい記憶って
前日くらいに見た夢なのか
大昔の記憶なのか曖昧なとこない?


23: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:01:33 ID:FBy

>>18
なんやわからんけど、頭の中にずっとあったイメージやらはあるなぁ
あと、何かの拍子に頭の中に入ってきたって異物感のあるイメージやら
急にクラウドからダウンロードされてきた感じの感覚やら


20: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:58:56 ID:FBy

捕まってしまった俺ちゃんは村のなんか広いとこに連れていかれて縛られとった
そこにはかーちゃんも捕まってて、やっぱ黒い服きた男の人に押さえつけられとった
ほんで、そのかーちゃんの前で俺ちゃん槍で刺されて殺されてしまうんやけど
自分が死んでいく記憶がめっちゃリアルなんやわ
刺されたけど痛みとか感じん、体が熱くなって呼吸できなくなったら
どんどん寒く体が冷たくなっていって、感覚がだんだん消えていくん
目も見えなくなったころに、地面に放られたと思うけど、
音は聞こえてて、かーちゃんが俺を呼んで叫ぶ声はずっと聞こえてた
そのまま終わるのがたぶん1回目


64: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:56:40 ID:fEx

>>20
リヤルだなぁ


21: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)00:59:53 ID:ObT

2回目どうぞ


22: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:00:36 ID:YZn

アクエリオン見てた俺にはタイムリーなスレ


25: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:02:58 ID:xJb

あ、この感覚懐かしいって突然思ったとして、
それが前日の夢なのか、
だいぶ前に経験したことなのか
わからないことがある


26: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:06:24 ID:FBy

2回目
場所は大坂の陣の時の大阪城なんやけど、これはちょい微妙
自分がそのときの自分のご先祖さんなんやわ
史実とごっちゃな部分もあるし、ドラマなんかにでてきて
そのシーンに違和感感じて「俺、こんなんしとらんし」って感じることがあって
調べてみたら創作やったとかがある。
あと、そのご先祖さまの生誕地に何か引かれてたどり着いたことがある

神社関連の人に、いままで3回、
「あんた前世で大阪城におったね」って言われとるんやけど
先祖がおったでって言うと、「ああ、なら間違いないわ」ってなる


27: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:08:14 ID:moS

>>26
祖先の生まれた地ってどこ?


29: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:15:08 ID:FBy

>>27
偶然だけど今の地元なんでスルーで


32: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:17:49 ID:moS

人の流れというものを最近調べたいと思っていろいろと探しているんだ


34: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:19:56 ID:FBy

>>32
そのご先祖、出自にも説がいくつかあるん
だいぶ前にそこが生誕地ってんで像作られて
なんで知られてたんかわからんけど、ウチのじーちゃんが子孫やってんで
除幕式に呼ばれたらしいわ


28: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:14:18 ID:FBy

3回目はヨーロッパ
たぶんスコットランドやね
住んでた町や村に死んだ場所もわかってる

俺ちゃん貴族かなんかに生まれたけど素行不良か何かで教会に放り込まれたん
ほんで教会で勉強やお仕事しながら田舎の村をマワッとった
とある赴任先の村で一人の女の子と出会うんやけど、
この子はお父さんが教会や役所のでガテンな感じの仕事しとったんやけど
お父さん事故で死んでしまうん、ほんでその子引き取って次の赴任先へって旅をしとった
いくつかの村や町をまわったあと、ちいさな村にたどり着くん
教会あって、教会脇の建物に住んでた そこが村でいちばん大きな建物
ほかは教会の前に広場あって村の人がお店やってたり、まわりに民家
産業っていえば麦の畑くらいのとこやったわ


33: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:18:03 ID:FBy

その村にも馴染んだころ、連れてきてたチビが
いつの間にか教会前の広場でパンを焼いて売ってた娘さんと仲良くなってた
お店っていっても地べたに布引いて商品並べて座ってるだけやけど、
仲良く姉妹のように座ってお手伝いしてるの


36: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:22:27 ID:FBy

ほんで教会で働いてた俺ちゃんはそのお店やってた娘さんと仲良くなる
村を出て畑を抜けたあたりの林や岡でデートしとった
連れてきたチビも一緒だったり二人だったり


39: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:24:01 ID:kZr

なんで全て人間なんだろうな
腸炎ビブリオとか回虫とか精霊バッタとかじゃないよね
この手の人って


41: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:26:12 ID:FBy

>>39
人間くらいになった奴はもう大きくなりすぎてて
小さい動物や虫には戻れんらしいで
俺は人間になる前は鳥やったと思うわ


51: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:35:09 ID:kZr

>>41
なら鯱とか鯨とかクダクラゲ(全長2000m)
とかにはなれるんか?


55: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:41:30 ID:FBy

>>51
しらんけど、
地球の生き物では人間がいちばん入れるスペースが大きいらしいで


40: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:25:01 ID:FBy

3人で仲良くする時間がお気に入りだったけど、終わりも来るんね
戦争があったってかやってたみたいで村が慌ただしくなってくるんやわ
そういうある日、村のほうにも敵がやってくるってんで
皆、北の大きな街へ逃げようって大騒ぎになるんやわ


43: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:29:47 ID:FBy

その時、俺ちゃん余計な事考えてしもうたん
娘さんとチビちゃんと、混乱に乗じて村から逃げようって
ほんでチビちゃん探すけど、見つからんの、こんな時に限って

なんで逃げなきゃならんかってーと、俺もわからんかったけど
詳しい人に見いてみたら、魔女狩りやろう、、と
俺が神職やったから娘さんが魔女になってまうからやろう、、と


48: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:32:59 ID:FBy

逃げるしかなくなっとったんは娘さんのお腹に子供ができたからなんやけど
俺らはチビちゃんも連れて子供と4人でどこかで暮らそうと思ってたん


54: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:40:42 ID:FBy

どうしてもチビちゃんが見つからんかった俺たちは
もう敵が来るってので仕方なく村を出るん、二人で
チビちゃんは誰かが連れて逃げたんだろうから後で探し出せるだろうって

大きな街へ逃げる村のひとたちと違い、海沿いのルートで敵から隠れつつ逃げる俺ら
崖のあたりを進むんやけど、結局、見つかってしまうん
逃げようとしてて崖から落ちる俺、俺を助けようとして
一緒に落ちてしまった娘さん
落ちてる間に空と一緒に俺を掴んでた娘さんの必死な表情を覚えてるわ
あーっ俺死ぬわって思いながらチビちゃんと娘さん、娘さんのお腹ん中の子供のことを考えながら終わったわ


52: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:36:36 ID:xJb

なんだそういう話か
やっぱり糖質なんじゃない?


56: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:45:39 ID:FBy

>>52
そういうエピソードってか繋がる感覚は
物心ついた頃からあったんやわ
いろいろ経験してくるごとに、ん?って感覚の繰り返しで
だんだんはっきりしてきた感じや

確定やなーってなったんは
そのイメージ、記憶の中にいた人と今世で出会って話合って
同じ記憶を共有しとるって確認できた時かな
突然、ビジュアルが見えてきたりするようになったで


57: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:50:30 ID:xJb

確信した。間違いないよ


59: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:53:51 ID:FBy

>>57
集団で糖質なんかな
1回目のかーちゃん
3回目のチビちゃん娘さん
4回目の女の子は今世でも出会っててお互いにこうやったなーって自覚あるん
たまに「お前はあん時もそうやってー!!」ってクッソ怒られる


69: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:00:37 ID:xJb

>>59
そう、それが糖質の特徴
集団でというところ


72: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:03:23 ID:FBy

>>69
そういうん伝染でもするんかね?
ちな、これ怖かったから精神科のお医者さんには相談してて
前世の研究やってる大学のセンセ紹介されたん
そのセンセとよく話する


58: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:52:47 ID:FBy

4回目
やっぱヨーロッパ
役人で外国に赴任しとった
あったかいトコ、地中海な感じかな
そこで黒髪の女の子に出会う
港町の市場でリンゴをあげたわ
何年かたって、その子が奥さんになってくれるんやけど
その子若くして死んでしまうん
俺、奥さんが作ったお花畑を眺めながら寂しく余生をすごしたん


60: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:54:31 ID:moS

なにか共通点ってあった?


62: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:55:24 ID:FBy

>>60
あるね
性格人格みたいなん変わっとらん気がするわ
俺もほかの登場人物も


65: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:56:54 ID:moS

>>62
登場人物ってどういうこと?
つまり昔あった人が今も回りにいるってこと?


68: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:59:12 ID:FBy

>>65
そう
1回目のかーちゃんはずっと俺のそばに生まれてきてるそうやわ
出会えんときもあったらしいけどな
私がこれだけ思い続けてるのに、なんでお前は私から生まれてこないんや!
って怒られる


61: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:54:38 ID:ePY

ヨーロッパに特に何か愛着を感じたりする?


63: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:56:30 ID:FBy

>>61
めっちゃある
懐かしいって感じより、知ってるって感じ
なんで俺、ここで生まれとらんのやろ?って
ナチュラルに疑問に思うくらい


66: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)01:58:30 ID:ePY

今の人生に過去世で関わりあった人とかいる? 例えば過去世で妻だった人が今の母親だとか


71: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:01:34 ID:FBy

>>66
1回目のかーちゃんは前に付き合ってたけど今も家族みたいなもんやし
1回目のかーちゃんと3回目の娘さんは同一人物
3回目のチビちゃんは昔からは大親友
4回目の彼奥さんとは今付き合ってる


75: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:05:30 ID:fEx

>>71
一回目のかーちゃんは現世で元カノってことか


79: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:07:32 ID:FBy

>>75
そうね
3回目も彼女
2回目もそうらしいけど、俺はまだ見えてない


73: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:04:33 ID:moS

つまり俺がここで意味もなく死んだら近くにいる人が死んでくれないと次のステージにいけない可能性があるわけか


77: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:06:30 ID:FBy

>>73
みんな念とか業とかあって
なにかするために生まれてくるんやって聞いたで
何かするためとか誰かのそばにいるためとか


78: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:07:11 ID:moS

>>77
失礼かもしれないけどなにか宗教してる?


81: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:09:11 ID:FBy

>>78
キリスト教徒ってか神父さんの血筋やね
でも、このへんは関係ないかも
キリスト教はいちおう前世否定やし

いろいろ聞いたってのも宗教は関係ない人からやで


80: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:08:22 ID:fEx

良いなぁ
何にも分からないわ何か感じたい


84: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:12:05 ID:moS

思ったけど今やってることで新しいことやろうとしたら次の入れ替わりのときもそれが好きな可能性ってあるかもしれないんだよな


85: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:13:41 ID:FBy

>>84
だよね
よく音楽で天才なんて言われる人は何百年もそれやってきた人やって言うらしいな
生まれてすぐにピアノやらせてもモーツァルトになれるわけやないって感じに


87: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:14:39 ID:moS

>>85
ある意味継続は力なりだな


89: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:16:55 ID:ePY

運命って決まってると思う?例えば出会うべき人とは人生において必ず出会うとか


91: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:21:57 ID:FBy

>>89
運命はわからんけど、出会うべき人ってのなら俺はいつも感じてたかな
地元にまだ出会ってない人がおるとかはいつも感じてたし今も感じるし
必ず関わる人ってのも出会えばすぐにわかる感じ
他人じゃないなって
俺、そういう人に出会うとあえて連絡先聞いたりせんのやけど
必ず深く関わるようになるね


93: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:24:48 ID:fEx

他人のことは分からないの?


97: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:28:08 ID:FBy

>>93
わからんねー
自分と関りがあった人?関わる人?って感じがあるだけやわ

人の前世過去世見えるって人はいるけど、よくわからんし


108: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:40:35 ID:fEx

ヨーロッパは実際行ったの?
住んだり


110: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:43:39 ID:FBy

>>108
何度か行ったよ
3回目の時の村はわかってるし当時とは変わってるけど
風景や村の路地は変わってないね
当時のままの石垣もあったよ
本気でまた住みたいと思ってる


113: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:50:14 ID:mJd

何かの拍子ってどういうキッカケ?


116: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:55:25 ID:FBy

>>113
俺の場合、いろんな感覚はずっとあったけど、
それが過去世絡みなんだってわかったきっかけは
かーちゃんの「お前といると崖が見えるんよ、、」って一言
瞬間、「白い崖!?」って返しちゃって「そうそう!」から繋がった


115: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)02:52:18 ID:FBy

なんだかわからんけど3回目のハッキリ具合はかーちゃんのおかげなのかな
自分でなぜかわからんけど、俺はこうなんだ、、みたいのとか
いろんな漠然と怖かったことが理由付けされてハッキリした感じがある
あとはそれをどうやって今世に生かすかなんだけど、それはよくわからんし
自分の場合、ずっと前から誰かにお仕えしたいって願望ってか強迫観念に近いものがあって
イメージがはっきりしすぎてるその誰かを探すのに苦労したけど
それもそういうことだったんだろうな、と



オカルトランキング



1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 00:45:48.97 ID:W6R6sMKM0.net

これから説明する。


7d9df5dddb14ab396d0c1f4109aa7eb4



3: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 00:51:46.74 ID:W6R6sMKM0.net

人は何度も生まれ変わりを繰り返す。
ほとんどの人は前世があり、そのまた前世がある。
前世の回数に比例して魂レベルが高くなる傾向がある。
つまり、前世の回数が多いほと大人の魂といえる。
ではいったい自分の魂の年齢はどの程度なのか?
前世を知り得ない以上、推測するのは困難である。
だから、魂年齢に応じた特徴などを述べる。
これから言うことは自分のかってな考えではなく、高級霊をチャネリングして伝えられた霊のメッセージの本から抜粋したので。


4: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 00:54:36.86 ID:LYNiAoCg0.net

7回か8回生まれ変わってその度難易度が増していくみたいなの数ヶ月前に見たな

5: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 01:00:41.25 ID:z1IRMNQ90.net

>>4
みたみた
7回目あたりからハッキリ自覚あるってやつだっけ


6: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 01:08:33.33 ID:W6R6sMKM0.net

魂の年代には大きくわけて5段階ある。
一番下から、
乳児期
幼児期
若年期
成人期
老年期

乳児期の魂は、人間としての転生が少なく前世が動物である場合も多い。
反対に、老年期の魂はもはや地上で学ぶべきものがなくなり、輪廻転生から卒業するレベル。


7: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 01:12:57.17 ID:W6R6sMKM0.net

その魂の年代を、肉体年齢におきかえるとこうなる。

乳児期の魂は、新生児18ヶ月まで。
幼児期の魂は、幼児18ヶ月から5歳まで。
若年期の魂は、6歳から12歳まで。
成人期の魂は、思春期12歳以上。
老年期の魂は、成人。

とこんな感じらしい。


8: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 01:17:37.70 ID:W6R6sMKM0.net

一体自分はどの時期の魂にあてはまるのか?
乳児期か?
それとも老年期か?
乳児期でも落ち込むなよ。老年期だからって調子にのるな。
これからそれぞれの時期について詳しく説明する。


9: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 01:18:50.88 ID:7v5596dh0.net

はい、先生。


10: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 01:19:12.58 ID:z1IRMNQ90.net

置き換えるってなんだ?
最高段階が成人なのに
何故わざわざ老年期とか名前がついてるんだ


12: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 01:34:15.75 ID:W6R6sMKM0.net

10
するどいな。
じつは老年期の上には超越期があってさらに上に無限期があるんだが、
この二つの段階にいたる魂は、もはや人間として生まれてこない。
輪廻を解脱するレベルつまり守護霊とか菩薩とかいう段階の魂だから今回は除外した。

そもそも地上に生まれてくるレベルの魂というのは幼き魂のみといえる。
だから老年期であっても、肉体年齢でいえば成人ということになる。


18: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 08:15:43.91 ID:W6R6sMKM0.net

魂の年代の大まかな特徴についてのべる。

乳児期。「今、ここ」を生きる。模倣する。
幼児期。文明構造をつくる。
若年期。権力問題。名声、金銭に関心がある。
成人期。感情的な学び。人間関係。自己、カルマとの取り組み。
老年期。日常的な感情問題を超越。知的な表現。人に教える才能がある。
超越期。高次のレベルとの結びつき。
無限期。すべてに気づく。


19: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 08:26:58.52 ID:W6R6sMKM0.net

乳児期の魂。
この年代のキーワードは、原始的、臆病、無力。
ネアンデルタール人の特徴はこの未熟な魂の特徴にぴったり当てはまる。
オーストラリアの原住民であるアボリジニは乳児期の魂の集団。
乳児期の魂の人たちは僻地に住んでいる。アフリカの部族や未開の地の原住民なんかはほとんどこの時代の魂。
単純労働を好み、善悪がわからず、迷信的です。

肯定的な側面。
単純、素朴、純真、無邪気、直感的、疑わない、神秘的。
否定的な側面。
動物的、無力、臆病、無知。


20: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 08:37:38.83 ID:W6R6sMKM0.net

幼児期の魂。
幼児期の魂は、乳児期の魂よりは地上での経験を積んでいます。
ほんの少し世の中にもなれて、恐怖心も和らいでます。
規則正しく生活し、権威者を敬います。伝統や儀式、法律、規則などが彼らに安心感を与えてくれます。
幼児期の魂は断固とした信念をもつ傾向があり、それと相容れない考え方に出くわすと、混乱したり、敵意を抱いたりします。
逆に、社会的に許されることだと教育されれば、信念のための戦闘や殺人もいといません。
幼児期の魂をもつ人々は、おおむね善良な市民であり、地域社会の長になりたがります。
正義の人、模範的人物だと思われたいのです。
彼らは熱心に社会の規則を守り、他の人たちにもそうすることを強要します。


21: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 08:49:19.99 ID:W6R6sMKM0.net

幼児期の魂のつづき。
幼児期の魂が望むのは優等生のように善良であること。
彼らは自分自身の考えをもたず、権威者に最終決定を委ねるのです。
また彼らは二分法的な考え方を確信しています。
例えば、善と悪との対立を信じ、さらに彼らは、自分と同じ信仰を持たない人を罰しようとします。
幼児期の魂にとって食べ物は純粋に機能的なものにすぎません。
健康のために肝油や青汁を食べるのは、幼児期の典型的な行動です。
幼児期の魂は自分の人生についてあまり深く洞察することができません。
そのため、自分の考え方や感じ方が心理学的な諸問題を引き起こしてもも気がつきません。
そして、感情的な問題を抱えてしまったときには身体的な病気になるのですが、
彼らは原因を追求したりせず、てっとりばやく強い薬で治そうとします。
彼らは脅迫的なまでに細菌を恐れ、潔癖で、自分以外のものはすべて危険だからコントロールしなくてはならない、と考えがちです。


22: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 09:06:46.26 ID:W6R6sMKM0.net

幼児期の魂のつづき。
しばしば、幼児期の魂の人々は非常に残念な心的傾向を示します。
身体的虐待や暴力を行うこともあります。警察国家をはじめ、幼児期の人たちが一定の権力を握る国家では
この傾向が顕著です。
そのため幼児期の人がカッとして置かした残虐行為を、また別の幼児期の人が取り調べるということもよく起こります。
マフィアや暴力団は、強行戦術で人々を脅かし、富と権力を手にいれることを目指しています。
幼児期の魂の人々は有名になったり目立つ存在になったりしません。
しかし、幼児期の後期になると、そういうことも起こり得ます。
ウガンダの独裁者イディ、ミアン。リビアのカダフィー大左や南アフリカのボーダ大統領らは幼児期の7段階に属しています。
(個人的には北朝鮮の金正恩もこの時期の魂とみていいだろう)。
中央アメリカには幼児期の魂の人たちが多く住んでいます。インドにも幼児期の後期の人たちが多数います。
南米諸国やアイルランドの人々もほとんどが幼児期に属しています。
一国の魂の年代は、そこに転生しようとする人たちの魂の年代によって刻々と変化します。

肯定的な側面。
善良な市民、まじめ、社会、政治への関心が強い、忠実、家族思い、規則化する、物事をたんじゅんに考える、
安心感を重視する、乳児期の魂たちを秩序づける。
否定的な側面。
頑固、ドグマ的、官僚主義的、正しさを守るためには攻撃することがある、融通がきかない、
理性よりも感情に基づいて行動する、ときに野蛮で暴力的、権威を盲信する。


23: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 09:34:52.83 ID:W6R6sMKM0.net

若年期の魂。
幼年期を学び終え、次は自分がどこまで強くなれるのかを知りたがっている年代。
彼らの関心事とは独立性、自分が人生で獲得したいと思うものを自分で手にいれる能力。
若年期の魂たちは強い衝動にかられて、高い地位や富を得る努力をします。
彼らは成功につながりそうなことだけを行う。
彼らは成功者たちがどこに住んでいるのかを知りたがり、成功者たちの真似をしよとします。
若年期の魂たちは、有名大学に集まる。華々しい学歴を手にいれるため。エリートの道を歩むため。
金持ちや有名人ばかりがでてくる人気テレビ番組は、この年代の魂。
競争的で勝ち負け。人と他人を比較する。
肉体がすべて。精神や魂の存在を信じない。
肉体に執着するので、美容食品を食べあさり、美容整形をしたり、ありとあらゆる過激なことをするようになる。
死への恐怖から、死を思わせるような事柄を極度に嫌う。
若年期の人たちは、自分の行動の動機についてあまり考えない。
自分や他人の行為について深く洞察するのが苦手。
外見を重視する。口先だけ哲学や芸術に理解を示す。
この年代の最終段階になると、宗教に関心を持ち始める。
現在、地球人の大多数が若年期の後半に属してる。


24: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 09:42:48.60 ID:W6R6sMKM0.net

世界的な強国はほとんどが若年期。それらの国の特徴は物質的な豊かさ、軍事力、他国への大きな影響力。
日本も若年期の国。

若年期の魂の肯定的な側面。
生産的、勤勉、信頼できる、組織をより効果的に変える、富を生む、進歩をうながす、人々を導く。
否定的な側面。
競争的、あつかましい、独善的、流行に飛びつく、物質主義、自分の行動動機について考えられない、
利己的な目的で策略をめぐらすのが好き、常に優位に立ちたがる。


28: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 10:03:38.26 ID:W6R6sMKM0.net

魂の年齢が高いと聞くと、有名大学出身とか高い役職や職業についてると思っていただろ?
有名人はみんな一般人よりも魂レベルが高いと思ってただろ?
そいつらほぼ全員、若年期の魂だよ。
その上には成人期があって、さらにその上には老年期があるから。
これから、その成人期の魂の特徴を述べてみるから。


37: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 10:29:54.42 ID:sKmSs+B50.net

続きはやくぅ~(´,,・ω・,,`)


52: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 11:09:33.78 ID:hGJgXwOy0.net

先日ある本を読んでいたら、サバイバルモードか創造(クリエイティブ)モードで
生きているかのどちらかだって書いてあってなるほどなぁと思った
まだ人類のほとんどが、前者サバイバルモードで生きている
サバイバルモードは動物…いや動物を含む人間以外の被造物は
神の秩序の内側にいるが
人間は自由意志を与えられているから、サバイバルモードオンリーだと
ヒャッハーな世界になるよなww


69: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 11:51:01.68 ID:W6R6sMKM0.net

成人期の魂。
人生でいうと13歳から19歳の思春期に相当する。
魂のサイクルの中で、子供の認識から大人の認識のしかたへと移行する時期。
若年期の魂は心の中よりも外に向かう傾向があり、多くのカルマをうみだしてしまう。
若年期の本質は生存競争に勝ち、名声や富や権力を手にいれる。しかし、やがてなにか不安で、物足りないかんじがしてくる。
どんなに儲けて偉くなっても死んだら終わり、という悩みが生じ、それへの回答を見つけようとします。
成人期の魂は「私は何者か?何のためにここにいるのか?」と哲学するようになる。
つまり真理の探求を始めるのです。
この年代になると、力の第三のチャクラから、人間関係のハートの第4チャクラへと移る。
霊的なものに開眼しはじめる段階だが、けして楽なものではない。
それどころか、人格が最大のストレスを受ける段階なので、この時期には新たに心霊力が備わるが、
それを使いこなせるだけの精神力も備わっているとは限らない。
人格は精神疲労のあまり倒れてしまい、統合失調症、その他の精神病になることもある。
この年代の自殺率が他の年代よりも高いのはそのせい。


74: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:03:59.16 ID:W6R6sMKM0.net

成人期の魂の人たちは、人間関係の問題に深く関わることになる。
彼らは他人の経験をまるで自分のことのように感じるからです。
この年代になると、人と人を分かつ境界線が薄れてきます。
他人がどのように感じているかも、自分に対してどのような感情を抱いているかもわかるようになるのです。
この認識力のせいで混乱することもある。ときおり、いつ、誰が、何を感じているのかが、まったく区別できなくなるからです。
成人期の魂にとって自分の経験や感情と他人の経験や感情との協会を見定めること、
人が誰であるか特定すること、人々と共存すること、自分の役割を認識することなどは非常に困難です。
こうした人と人との境界の問題は情緒不安定になっているときに強くあわられます。
ゴッホやヘミングウェイのような精神を病んだ芸術家も成人期の人々。
幼児期の人たちがありふれた家に住みたがり、若年期の人たちが高級住宅街の豪邸に住みたがるのに対して、
成人期の人々は自分の手で建てた家に住みたがります。
彼らは精神性が高められるような、美しく閑静な土地を選ぶ。


77: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:07:54.93 ID:hGJgXwOy0.net

先生が言ってたな「貧乏」病気だって
気がうまく回ってない、それが肉体に顕れるか精神に顕れるか(依存症や精神病)
現象として顕れるか(人間関係の不和、経済的な破たん、そのほかトラブル)
何かが間違っているという印なんだろうな


79: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:11:06.02 ID:W6R6sMKM0.net

成人期の魂の人たちは、人間関係の問題に深く関わることになる。
彼らは他人の経験をまるで自分のことのように感じるからです。
この年代になると、人と人を分かつ境界線が薄れてきます。
他人がどのように感じているかも、自分に対してどのような感情を抱いているかもわかるようになるのです。
この認識力のせいで混乱することもある。ときおり、いつ、誰が、何を感じているのかが、まったく区別できなくなるからです。
成人期の魂にとって自分の経験や感情と他人の経験や感情との協会を見定めること、
人が誰であるか特定すること、人々と共存すること、自分の役割を認識することなどは非常に困難です。
こうした人と人との境界の問題は情緒不安定になっているときに強くあわられます。
ゴッホやヘミングウェイのような精神を病んだ芸術家も成人期の人々。
幼児期の人たちがありふれた家に住みたがり、若年期の人たちが高級住宅街の豪邸に住みたがるのに対して、
成人期の人々は自分の手で建てた家に住みたがります。
彼らは精神性が高められるような、美しく閑静な土地を選ぶ。


81: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:19:43.74 ID:W6R6sMKM0.net

魂の成人期は創造性が開花し、芸術的な輝きにまで高められる。
なぜなら魂のサイクルが成人期に入ると、脳の中のそれまで使われていなかった部分が使われ始めるため。
さらに高度な能力は、意識がもっと進化してから現れる。
成人期の魂は若年期のように名声を求めなくなるが、それにもかかわらず名声を得たりする。
成人期の人々は高い評価や地位を投げ捨てて、周囲の若年期の人たちを驚かせることがある。
有名弁護士が突然、はるかに定収入の野生動物のカメラマンに転職する、というのは典型的な例。
一生続くような友情や人間関係を求める傾向がある。
結婚すると生涯添い遂げることが多い。若年期の魂が人付き合いの中でさえ権力を行使しようとするのとは対照的。


86: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:23:54.76 ID:W6R6sMKM0.net

成人期の特徴。

肯定的な側面。
開放的な感情、人間関係の重視、他人を気遣う、知覚が鋭い、霊的な成長に心を開く、
精神的な意義に気づく、若年期と老年期の両方の考え方に理解があるのでもっともバランスのいい年代。

否定的な側面。
他人と自分を同一視してしまう、感情的、テレビドラマのような芝居がかった行動をする、激しやすい、
神経過敏、次々と困難を引き起こして自ら犠牲になってしまうことがある。


92: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:34:28.99 ID:W6R6sMKM0.net

老年期の魂。

複雑な人間関係を通して成人期の課題を終えた、老年期に入った魂たちは、
存在の意義の探求へと乗り出す。それは精神性と呼ぶこともできる。
老年期は他人に何かを教える年代。
この宇宙の中での、私の存在理由はなんだろう?と問う。
彼らは自分も他人も、何かより大きく全体的なものの一部なのだと考える。
すべての人々の間にある、密接なつながり、結び付きにきづいているのです。
人と接するときにも、相手の中に自分と共通するものを見つけます。
日々の他人との関わりは、自分自身との関わりなのです。
この世のすべての人、すべてのものが、神の「部分」だからです。
人と人が話し合うことは体の一部が、別の部分と喋っているようなもの、つまり神の独り言なのです。


97: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:43:26.54 ID:W6R6sMKM0.net

典型的な老年期の魂は、個人主義でのんきであり、やりたくないことは滅多にしません。
美味しい食事やワイン、友達づきあいが大好きで、一般的に出世しようという気がありません。
とりたてて強い興味があるわけでもないのに、社会の同行や人々の心の中を鋭く洞察することができるのも彼らの特徴です。
彼らは9時から5時までのサラリーマンの仕事を嫌い、社会的には変わった人になりがちです。
企業の世界でスーツを着て働くくらいなら、貧乏してるほうがマシだと考えます。
老年期の人々は肉体労働をいといません。そうした労働を霊的な意味で理解し、楽しむのです。
彼らは個人的な欲求に合わせてスケジュールを決められる、自営業もしくは中小企業での仕事をしたがります。
自由な雰囲気が好きだからです。
老年期の魂は、園芸やワイン作り、教育、カウンセリングなどの職業に魅力を感じます。
また、哲学や芸術を愛し、自然にかこまれているとくつろぎます。


99: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:51:36.82 ID:W6R6sMKM0.net

老年期の魂の特徴。
だらしなく、怠け者にみえることがある。
男女の区別がつきにくい。中性的。なぜなら、どちらの人生も過去に何度も経験してきたから。
高等教育を避け、独自の研究や体験、現場の仕事から学ぼうとする。
技能を習得すること自体を目的としているので、修得してしまうと放り出してしまう。この行動はときに人を戸惑わせる。
旅行を真理の探求に役立てられる。
善悪の観念に縛られている若い魂の人たちと比べると、好色で快楽主義的な傾向がある。
心でとらえた真理や、インスピレーションに従おうとするため、変わり者にみえる。
霊的な真理の探求をまっすぐに目指す。
真理を察知する能力がどの年代よりも鋭い。
輪廻を卒業する前に、自分の知識を一人以上の人間に伝えなければならない。


100: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:58:52.55 ID:W6R6sMKM0.net

成人期や老年期の人たちはどの年代よりも、自己評価が非常に低い傾向がある。
魂が若いうちは自己評価が低くても気にならない。彼らの関心は外の世界で経験を積むことにあるから。
若い魂たちは他人との間にカルマを生み出しながら、経験を重ねていこうとする。
それに対し、年長の魂たちはそれまでにつくったかるまを完了することに関心をもつ。
彼らはもう、地上に戻らないからです。

老年期の課題にはカルマの成就と人間としての自分の価値の理解がある。
そして最後に彼らが学ぶべきことは、無条件の自己受容と、無条件の他者受容です。
そのためには自己評価の低さを解決することが不可欠。
自分を受け入れるには、寛大になること、そして自分を愛することです。


107: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 13:10:29.47 ID:W6R6sMKM0.net

老年期の魂は、特定の人格をもつことはあまり重要ではありません。
その人格も彼らが数限りない転生を繰り返して演じてきた多くの人格の一つにすぎないからです。
いっぽう、若い魂の場合は、現在の転生で使っている人格が非常に目立ちます。
今の人格以外に影響を及ぼすような転生をほとんどしていなからです。
その理由で、老年期の魂は実に柔和で多彩な態度をとることができます。

老年期の魂の肯定的な側面。
のんき、思いやりがある、気長、気楽、無害な変わり者、親切、霊的な気づき、鋭敏な知覚力、
寛大、寛容、哲学的、博愛。
否定的な側面。
引っ込み思案、貧乏、超自然的、人と意見が会わないときは自分が間違ってると考える、
じたばたする、怠け者、やる気がない。


356: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 17:40:15.49 ID:vDzXpimp0.net

>>107
老年期の特徴は、エピキュリアンぽいね。
エピクロス自身も、科学的な(当時としては独創的?)な
アプローチから、真理を深く掘り下げてたし。
彼曰く、「隠れて生きよ」。


112: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 13:32:55.45 ID:W6R6sMKM0.net

一通り老年期の魂まで書いてきた。
老年期の上には超越期、さらに上には無限期があるけど、この段階の魂になるともはや人間として肉体を持つ必要がなくなるので、
地上に生まれてこない。
そのレベルの魂を菩薩とか守護霊とか、神社の神様とかいう。
でも老年期の最終段階を経過した人は、生きながら超越期になることがある。
霊界の類魂と生きながら一つになる状態。すると今までの過去世の記憶がすべて思い出されてくる。
超越期の特徴として、特定の宗教を持たない。だけど霊的指導者として人々を導くようになる。
そういう使命をもって生まれてくる。ガンジーがそう。あと個人的にそう感じるのはやはり、
世界各地の霊的指導者。ラマナマハルシやクリシュナムルティやサイババやグルジェフとかじゃないかな。よくわからないけど。

無限期の魂が肉体をもって地上に生まれてくる場合、2000年に1人とされる。
キリストやブッダや老子やクリシュナなどがその段階の魂なのだと。


114: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 13:42:52.97 ID:W6R6sMKM0.net

古い魂からは若い魂のことがよくわかる。でも逆はわからない。
老年期の魂は、若年期特有の気持ちも心境も手に取るようにわかるけど、
若年期からは、老年期の考えも心境も理解できない。

自分のことでいうと、自分はたぶん成人期だとおもう。
だから若年期の物質主義とか、成功や地位やお金を求める気持ちもよくわかる。
でも現在はそういうものより、魂を高めるように生きてる。
成人期特有の、精神病みたいなのにもなったし、薬も飲んだ。現在は心霊力がでてきたし。
今自分が分からないこと。それは自分の中にある神我というもの。
自分と他人は一つで、神と自分と他人は一つという真理。すべてが神ゆえに自分も神であり他人も神であるという真理。
そこがまだ感覚的にわからないでいる。だから老年期の魂までいってないだろうと推測する。
老年期の魂レベルになると、その感覚がわかるようになるらしいから。
自分もはやくそうなるべく、悟るべく日々を生きてるよ。でも守護霊からはあせらなくていいとメッセージがくる。
ちゃんと導いてくださいよ守護霊様。老年期の魂になるために。


118: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 14:14:35.54 ID:IX+JqBVR0.net

どの時期の感覚も一つの人生で経験してきたからよくわからん。
なんかもっとこうはっきりわかる方法とかないんか


121: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 15:05:39.80 ID:W6R6sMKM0.net

肉体年齢が2歳の老年期の魂だからって、2歳のときからその気質を発揮するわけじゃないよ。
自分もたしかに、老年期以外の段階はすべて今生で経験してきた気がする。
それはたぶん、自分の魂年齢に相応しい肉体年齢に到達するまでのステップとしての経験なのかもしれない。
50歳になっても物質主義で地位や富を求めてるようなら、どう考えても若年期の魂だろうし、
20歳の頃は若年期の考え方でも30歳で精神世界に目覚め、50歳で神我と一つになるなら、
もともとの魂レベルが老年期でようやく肉体年齢が追い付いてきたということになるのかもしれない。
まさか、一回の地上人生だけで若年期から老年期になるわけがないし。
この本によると、魂が老年期の最終段階を終えて輪廻を終了する段階になるには、
49回から400回の地上人生を送ると書いてある。
あと、35歳から42歳になれば老年期本来の認識力を発揮できるようになるかもしれません、とある。
でもその認識力を使った行動ができるのは、平均すると3回の転生に1回だけなのだと。
理由として、人は霊的成長以外のことに気をとられてしまいがちだからです。


124: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 15:23:31.48 ID:7v5596dh0.net

先生ありがとう。
楽しかったよー
魂の話は面白い


129: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 16:17:28.51 ID:W6R6sMKM0.net

簡単に言うと、
人間として初めて生まれてくると、アフリカの原住民族のような所に生まれてくる。(乳児期)
そこで数回の転生ののちに、発展途上国に生まれてくる。(幼児期)
独裁者が支配する国の元で独裁者の決めた規則に従って生きることが快適であり正しいと考える。(幼児期前半)
独裁政権に息苦しさを感じ、来世で民主主義の国に生まれ自分の力を試したくなる。(幼児期後半)
民主主義の国で成功や名誉を求め、がむしゃらに頑張る。ある程度の地位や富を得て満足している。(若年期前半
しだいに富や地位のために人と争うことに疲れてくる。そして宗教とか平和というものを意識しはじめる(若年期後半)
精神性に目覚め宗教心に目覚めて、心を大切に生きようとする。(成人期前半)
しかし心を意識して生きるようになると、他人の悪感情が突き刺さり、物質社会や争いで次第に精神を病ます。(成人期中半)
病を克服し心霊力が備わり、神の存在を求め出す(成人期後半)
自分や他人は神の子であると知ることによって、一切衆生に対する慈悲心がでてくる。(老年期前半)
宇宙の真理を悟る。守護霊や神仏とチャネリングしたりして生きる。自己流の霊的な道を突き進む(老年期後半


130: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 16:32:39.10 ID:hJUapehd0.net

>>129
書いてくれて有難う
ずっと社会が嫌いで、心を癒す事をやってきたんだけど
何故社会(人間)が嫌いで、自分が生きづらいのか明確に説明ついたわ
目指すべき方向が文章化されてるのも有難い

私は多分成人期中半で、これから後半に差し掛かれたらいいなぁって感じ

老年期の言ってる事も一部分かる。(一部は分からない)いつか老年期後半、それ以上とかになれたらいいな…

とりあえず今は葛藤を克服して成人期後半に行きたい


304: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 05:18:05.32 ID:JMYjoXK70.net

>>129
それじゃ、グローバリズムとかはやはり悪だな
発展途上国は昔のままそっとすべき
中韓に技術移転すべきではなかった


174: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 18:14:24.02 ID:TwSCF+Rj0.net

今までもこれからも、自分が何をしたいのかすら分からないんだが?


184: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 18:34:06.78 ID:3Q1GWGDw0.net

父の魂の年齢より、子が上って事も勿論あり得る訳か。


214: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 19:51:06.66 ID:W6R6sMKM0.net

>>184
現代は、そのほうが多いんじゃないかな。
団塊の世代の人たちは幼児期後半から若年期前半だと推測する。
でも現代の若者は成人期の魂が多い。
だから草食系とか悟り世代と言われるけど、これは魂レベルが高い証明。
彼らの父親世代になると物質主義で若年期になるわけだから。
親は子供にエリート街道を歩んでほしい。社会的地位を得て富を得てほしい。この考えじたい魂が幼い証拠。
でも成人期の魂である子供は、その道が真実ではないと知ってるから、自分のやりたいことを選ぶ。
エリートよりも、貧しくても自分の好きなことして生きていくほうが幸せだと考える。
この考え自体は老年期の魂の考え方。だから一言。親の言うことなんかより、自分の心に正直に生きるべきだ。


223: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 20:15:40.77 ID:3Q1GWGDw0.net

>>214
なるほど。ありがとう。


197: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 18:58:25.55 ID:L1eJw5xg0.net

自分は地球の魂としては新米だし、転生回数も少ないけど、今世で人間卒業予定です。こういうパターンは割とあるんでしょうか?


203: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 19:05:32.98 ID:W6R6sMKM0.net

>>197
どうなんだろう。
でも他惑星から使命を持って地球に生まれてくる場合や、
地球より進歩した惑星で罪を犯した代償として一段低い地球に生まれてくる場合とかもあるみたい。


207: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 19:11:05.32 ID:L1eJw5xg0.net

>>203
へえ~。
地球に来る前は飛行人種で、今もエネルギー上で翼の名残があるって言われました。
地球上では、中世ヨーロッパあたりで戦の指揮官とかしてたみたいです。
あと、ちゃんとした血統の人だと。自分にはあまりよくわからないのですけどね。


208: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 19:14:12.06 ID:5rTkUt5i0.net

魂の年代は昇るだけなのでしょうか?
それとも上から下に落ちることもあるのですか?


210: 1@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 19:33:07.20 ID:W6R6sMKM0.net

>>208
落ちることはないらしいよ。
例えば老年期の魂が犯罪をしてしまって、また幼児期に戻るなんてことはありえない。
老年期の魂として罪を償いカルマを解消して、さらに進歩していく。
そもそも老年期の魂になると、99パーセント犯罪は犯さないだろうし。
なぜなら彼らは神の真理に忠実に生きるだろうから。


301: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 03:45:15.48 ID:CWJSq4240.net

魂の段階の特徴ってそのまま人類が歩んできた歴史の特徴みたいだな


336: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 13:46:08.95 ID:LmU6OMsP0.net

青年期と老年期の境目かもしれん
瞑想ばっかりしてるわここ数年


360: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 19:30:20.86 ID:PqTvhd7FO.net

質問します

老年期の魂の特徴に「やりたい事しかしない」と言うのがありました。
これは、やらなくても何とかなるような環境に居る と言う意味でしょうか?


386: 1@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 00:36:51.33 ID:0zSSbcu60.net

>>360
興味のあることは熱中してやるけど、
興味関心のないことにはまったく無関心ってことじゃないかな。
関心のあることだけやって、興味のないことはまったくしない。
これが青年期の場合だと、自分の興味がなくても話を合わせるため新聞読んだり、ニュースみたり、
興味ないけど成功するためビジネス本読んだり、とかじゃないかな。
老年期の人はそういうことをしないってことじゃないかな。


387: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 00:52:33.08 ID:WpND5CGxO.net

>>386
なるほど

私は仕事など、しがらみやお金に関する事について質問しました。
老年期は「やりたくない事」の範囲が普通の人とは違うかもと言う内容に納得しました。

興味を基準に考えるのもありですね


391: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 01:13:03.50 ID:kB43Lo0h0.net

>>386
確かにそうだと思うね。
自分はビジネス本読みまくって、結局例えばエジソンや本田宗一郎のような偉人レベルの人たちは
「やりたいことをやる」、「純粋な知的好奇心のまま生きる」というのを実践したから成功したのだ
ということに行き着いて、その気付きによって人生が大いに変わった。
そしてビジネス本の類は読む気が起きない、というか読めないという感覚になってった。


361: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 19:55:36.55 ID:U2f3z5Dl0.net

1じゃないけど、老成した人は「やりたくないこと」の範疇も普通の人より狭そうだ
人がやりたくないと思うこともそう思わなかったりさ


363: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 20:02:51.98 ID:PqTvhd7FO.net

成長が進めば「理解出来ない人」と言うのは減っていくのかな。
そしたら嫌いな人もなくなるのかな。

それとも理解できたら成長できるのかな


365: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 20:42:11.80 ID:PqTvhd7FO.net

イヤな事を受け入れずにイヤなままでいいわけかね
ノーダメージになれば良いわけで。
憎むと言うわけでもないけど、愛するのには程遠い。

普段の人間関係でもそんな感じなんだけど、極端な話、老年期の人はアル中や精神病の人も愛せるのかな。
病気だから仕方ないとわかってても、たまに憎む。
とにかく愛情がわかないわ。


366: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 20:57:32.76 ID:vb8COIPP0.net

>>365
自称老年期だが
嫌なことは嫌なことでいいと思うよ
愛情がわかないのは、自分の問題かもしれないし相手に問題があることかもしれない
この世の全ての人間を愛せる理解できるなんて無理だから仕方ない、殺人鬼だっているし
誰も強要はしないよ、ただ好き嫌いを超えた次元はあると思う


370: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 21:38:50.86 ID:PqTvhd7FO.net

まあ私はともかく、
知り合いに、仕事が介護、家族は精神病でやっぱり介護、一緒に働く同僚も精神不安定であまり普通ではない、と言う人がいる。

きっと成年期なんでしょうね。で、人間関係について学んでいると言う。
こう言う環境の人は、成年期も後半なんでしょうか。


382: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 23:35:04.64 ID:4xQr69Pe0.net

転生した回数で悟りの境地に近づくとか、若い魂は発展途上国に生まれやすいとかが解せないわ
俺は死ぬ間際に感謝される人間になる事が大切なんやと思うがな。


389: 1@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 01:00:14.71 ID:0zSSbcu60.net

地球に人間として生まれて、老年期後期をむかえ輪廻転生を卒業するまでの平均的な転生回数は180回。
少なければ35回。多ければ400回まで変更可能です。
と書かれてる。
学びが早い人(早い段階で精神性や宗教に目覚める)ははやく魂が成長するし、
学びが遅い(悪の道にそれたり、物質主義だ)となかなか成長できないということなんじゃないかな。

輪廻を卒業するために、魂を磨くため何度も生まれてくるわけだから、
なるべく早く卒業したいものだね。


392: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 02:05:40.72 ID:E3Xh5yfp0.net

魂の存在意義ってこの世界で色々と勉強して
魂のレベルを上げていく事だろうけど
仮にそれを終えて無限期の魂になった結果
その魂に待っていることって一体何なんだろうか

魂の持つ使命をみんな自明のものとして受け入れてるけど
敢えてここでその使命に疑問を問いかけたい…


393: 1@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 02:35:43.47 ID:0zSSbcu60.net

>>392
老年期後半の人たちはその真理の答えをすでに持ってると思う。
神と一つになるため。
たぶんそれだけの理由だ。
でもそのためだけに、何百回も生まれ変わりを繰り返すってどえらいことだよ。
詳しくは神との対話かあの世に聞いたこの世の仕組みを読んでみて。
簡単に説明すると、
神は自分がどのような存在か知るために、宇宙を作り物質を作ったうえで、
自分の分け御霊を作り、人間に宿した。そして物質世界で様々な体験をすることで神が自分自信を知ろうという魂胆。
魂レベルが上がれば上がるほど、神との距離は近くなるし、それに応じて世界も美しく神聖になっていく。
神との合一、なんてレベルはそれこそ超越期以降の魂の考えることだろうし。
我々は、より美しい死後の世界に住むために、魂を磨くっていう動機で十分なんじゃないかな。
魂レベルと死後の世界の美しさは比例するからね。
悪人は薄暗い不気味な世界に住むことになるし、善人は天国のような美しい世界に住むことができるし。


394: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 08:05:39.92 ID:E3Xh5yfp0.net

>>393
なるほど、「魂のレベルを上げて神と一つになるのが目的」
っていう話は以前宇宙人と夢世界でコンタクトを取ってた人も同様に言ってたのを思い出しました。

善行を積めば死後の世界で報われるというのは確かに魅力的ですが、
結局その為の「人生」は遊びまわる楽しみや何かを達成する喜びがある反面、
基本的には思うようにいかない苦しみや世界が閉ざされるような悲しみが付き纏う上に、
結局それは神の自分探しの為のほんのひとかけらでしか無いというのを考えると、
どこか悲しく、そして虚しく感じてしまいます…

魂のレベルが上がればそんな空しさも無くなって神と一体になるのを目指すのでしょうけど、
今あるこの人生や魂の意義への問いかけも神との合一の前では消えて無くなってしまうのも
また、虚しさや儚さをを感じずにはいられません…

そもそもこんな事を想うこと自体がおかしいのでしょうか?…


433: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 22:04:14.68 ID:ZgrJKEl00.net

魂を磨くにも理性と知性と意志と行動力が必要だし
人格が未熟過ぎるとそれができない
自分を育てるところから始めなきゃならない
そのことに意味がある場合もあるけど
まぁあれだ霊能うんぬんより、まずやらねばならないことがあるってこと
人格の基盤がぐらついているのに下手に変な能力があると
それを活かせないどころか、ハンデにしかならないからね
自分がそうだった




オカルトランキング



726 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/07/29 04:29
友達の叔母さんの体験談で、ネタでなく実話です。


友達の叔母さんは、若い時からヨガをやっており、
今は教室の先生もやっているとか。
その叔母さんの若い頃の話です。

ヨガの修行のために、叔母は長期滞在でインドのある地方(聞いたんですが名前忘れた)
へ赴いた。
そこは世界各国からヨガをやっている人々が修行に来るような有名な場所で、
叔母はそこで一人の白人男性(確かカナダ人)と知り合い、仲良くなる。

ヨガの世界はフリーセックスな思想らしく、二人は肉体関係も交えながらも
日々仲良く共に修行をしていたそうだ。
そんなある日、いつものように二人は瞑想をしていると・・・
叔母の瞑想のイメージは、自分が異国の服を着て、一人の男に殺されてしまい、
土の中に埋められてしまうものであった。

瞑想から覚めた二人は、互いの顔を見合うや否や、

「あ~~~~~~~~~!!」

と指を指し合った。

728 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/07/29 04:48
>>726
で、何事もなく帰ってこれたわけね?ヨカタネ


733 名前:726つづき? 投稿日:02/07/29 15:22
>>728
結局、その叔母さんが見たのは自分の前世のイメージで、
自分を殺した男というのは、一緒にヨガを修行していた目の前の白人だったらしい。
白人男性も、同じように自分が女性を殺してしまうイメージを見ていたそうだ。

その後二人はしばらくこんな事があるのかと、愕然としていたが、気を取り直し、
「まー過去の事だし」という事で水に流し、滞在している間、仲良く修行していたそうだ。

まー本当かどうかはわからないけど、前世で自分を殺した男と現世で寝てるってのは
結構洒落にならないかな~と思って。
怖く無くてスマソ




オカルトランキング


493 :本当にあった怖い名無し:2009/04/08(水) 11:49:47 ID:r3vdowv7O
「右目を見ると前世が分かる」って言う女子がいた。
瞳を見ていると、その子のヒタイの前あたりに、その人の前世の映像が見えてくるらしい。
瞬きはして良いけど、目は逸らしちゃ駄目。
その子曰く、前世と今の生き方や知り合い家族はリンクしていることが多く、
また、立場が逆転したり同じ事を繰り返す傾向があるらしい。
たとえば、前世の親子が今では逆に子と親みたいな。

で、半信半疑だったけど、面白いので俺も見てもらった。
その子は結構美人で、見つめ合うのは気恥ずかしかったけど…
どうやら俺は、前世ではインドあたりの兵士で、
何人か部下を引き連れて、町を流れる川の上流の堤防が敵に壊されないように見張ってる役目を負ってた。
ある時。故郷に帰って、部下の一人の奥さんと恋仲になり、それが部下にばれて殺されたそうだ。
いつの時代かは分からないが、100年くらい前ではないかとのこと。
もっと具体的に人の名前や土地名を言われたと思うけど忘れた。

その話を聞いたのが高校時代。今は社会人。
俺は、うちの嫁が同期の一人と浮気してるのを知ってる。
冷めた仲だし殺人の意思はない。
そのうち証拠をつかんで、離婚と同時に上に報告。同僚ごと社会的に抹殺してやるつもり。

人の魂は、無限ループみたいな世界らしい。
良いループを作るのも悪いループを断ち切るのも、本人次第だってさ。


494 :本当にあった怖い名無し:2009/04/08(水) 12:27:52 ID:TbWyWKVd0
>>493
それだと、また次回に同じ事を繰り返してしまうんじゃないだろうか
社会的に抹殺してやる、のくだりがちょっとこわい
なんていうか、必要以上の報復をする必要はないのではないかな?
もちろん、あんまり憎むなとか、できれば穏便になんて、浮気された側にとっては難しいと思うけどね
ちょっと心配でカキコしてしまった


495 :本当にあった怖い名無し :2009/04/08(水) 13:48:32 ID:+PW+fRisO
邪気眼に右目を見つめさせたりなんかするから人生狂うんだよ


496 :本当にあった怖い名無し:2009/04/08(水) 14:02:51 ID:ye/v5pnH0
>>493
その女の子と結婚させてください。


498 :本当にあった怖い名無し:2009/04/08(水) 15:05:02 ID:r3vdowv7O
>>496
卒業してからは会ったこと無い。

女子から人気あったけど、なぜか男子には人気無かった。
というより、本人が避けてたのかも。
俺が見てもらったのも、同じ部活の女の子が見てもらうのについていって、ついでだからって感じだったし。

今でもそんな感じならフリーかもね。
がんがれ。連絡先知らんけどw


499 :本当にあった怖い名無し:2009/04/08(水) 15:19:53 ID:r3vdowv7O
>>494,495
たまに一緒に飲むと、「奥さん元気?」なんて白々しく聞くんだぜ?
平然と俺に接してる同期に殺意を覚えるのは事実だが、実行には移さない。
もし前世の話を聞いてなかったら、刺したくなったかもしれない。
そうならないように、高校時代に釘を刺された気分だよ。

社会的に抹殺することも、確かにループなのかもしれない。
でも、知らぬ顔で放置するなんて俺には無理。



オカルトランキング





938 :名無しさん@おーぷん :2016/02/28(日)07:12:54 ID:ZY4
主人と出会ったのは学生時代、友達の紹介でした。
初めて見た瞬間、あっこの人だ!絶対に手放してはいけない、あとで後悔する、と思いました。

それからは私からの猛アタックでした。
私の手料理を食べて貰う為に、住んでいるアパートに来た時にご馳走しました。
容姿には自信がありませんが、手料理には自信があったのです。

その後、旦那さんの胃袋を掴んだ私はいつも夕食を共にしました。
お互い大学の講義が終わったら、私のアパートに来て手料理をご馳走して…
もう半同棲状態になりました。


939 :名無しさん@おーぷん :2016/02/28(日)07:13:43 ID:ZY4
社会人になってもお付き合いは続いて、1年後に無事結婚することが出来ました。
もう毎日手料理を旦那さんに作ってあげることが幸せです。
主人にも料理中に鼻歌が聞こえてるよと良く言われます。

結婚してから10年が経過しています。私は短大を卒業してから、ずっと保育士をしています。
子どもが大好きで毎日が楽しいです。あいにくまだ子どもがいないのが残念です。
現在も不妊治療を続けています。

主人は会社内の総務関係に配属されています。
どうやら周りからまとめ役というか、段取りが上手いのか、重宝がられています。
卒なく仕事をしているのが私から見ても羨ましい限りです。
みんなのまとめ役と言ったところでしょうか。


940 :名無しさん@おーぷん :2016/02/28(日)07:14:23 ID:ZY4
そんな主人が先日、街中で占いをして来たよと話しはじめたのです。
その占い師はおもに霊視も出来るようで、私達の夫婦関係も携帯の写真を見せて
見てもらったそうなのですが…

主人は前世で、村の長(おさ)のような仕事をされていたようです。
大きな家の中で常に村人の中心で、日頃の困ったことや相談事に対する人々で
周りにはいつも人だかりがいたようです。囲炉裏の周りと言えばいいのでしょうか。

今の主人の仕事もそうだなあと思って聞しまいました。
前世の仕事をそのまま引き継いで同じような仕事を卒なくしていて妙に私も納得しました。
仕事を選ぶ際にも自然の流れで行き着く職業を選んだのでしょう。


941 :名無しさん@おーぷん :2016/02/28(日)07:14:56 ID:ZY4
「…で俺が昔、そのような庄屋というのか村長(むらおさ)みたいな仕事をしていた時に、
いつも料理を出したり掃除してたり周りの家事をしていたのが君なんだってさ」
『えっ?』
「その家にたくさんいた女中さんの1人だったんだって」

それを聞いた瞬間、身体中の鳥肌が立った感覚におそわれました。
そして全てを理解した気持ちにもなったのです。頭にフラッシュバックして来たのです。


942 :名無しさん@おーぷん :2016/02/28(日)07:15:29 ID:ZY4
私は前世で当時から主人が大好きで、遠くからいつも見ていました。
あの人の為に美味しい料理を作ってあげよう、周りの家事をいつもしてあげなくてはと…

でもその恋は実らずに、ずっと見ているだけでした。
今度違う人生が始まったら、何もいらないから主人と一緒になりたいと
いつも思っていた前世の頃の思い出…

それが今回の衝撃的な話でした。スレチだったらゴメンなさい。
けど、もしかしたら皆さんの恋人、夫婦、ご家族は
前世でも繋がりがあるのかなと思ってしまいます。
もちろん、占いも霊視も夢見物語だと思っていただいて結構です。

朝4時に目が覚めて眠れないまま朝を迎えました。
ベッドの中で暇だったものですから投稿してしまいました。
隣で主人の寝息が聞こえています。いつも一緒にいる幸せを感じながら生きていきます。
それでは。


945 :名無しさん@おーぷん :2016/02/28(日)11:15:37 ID:xmD
いま全体を読み上げていて、2人が大学で講義と書いていましたが、
主人が大学で私が短大の講義です。失礼しました。


943 :名無しさん@おーぷん :2016/02/28(日)09:11:43 ID:FqG
>>940
まるで物語を読んでるようだった
お二人共、末永くお幸せにねー


946 :名無しさん@おーぷん :2016/02/28(日)17:44:18 ID:BDP
なんかジーンときましたよ。いい話をありがとうございます。
運命の出会いで生涯の伴侶になった人なんですね。
いかん。いま本気でにやにやしてるw


947 :名無しさん@おーぷん :2016/02/28(日)20:57:18 ID:tpA
少し似ているんだけど、前世がみられるというCD聞いていたら、本当にいろいろ見えたこと
遥か昔、大草原で馬に乗る少年と少女
二人は大人になったら結婚することになっていた
しかし、少女は運動神経が鈍く落馬して短い生涯を閉じた
はい、どんくさい女の子が私で、相手の少年が夫です

その後も何度も転生するも結ばれず、今生でやっと結婚できました
不思議なことにお互いに顔を見た瞬間、結婚すると確信していました
ちなみに、チロルの少女のときは、旦那父親、
イギリスの文筆家のとき旦那は同性の友人、
貧しい武士の嫁のとき旦那は兄、結婚できるわけないですw

つまらないことですが、私にとっては衝撃でした


オカルトランキング

↑このページのトップヘ