【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: いい話




76 :本当にあった怖い名無し:2014/03/06(木) 16:50:10.75 ID:CEx7l+g40
塾講師M先生から聞いた話。

M先生が中学生の時、猫が毎日のように轢かれていた。
それを見た校長先生が、
思いつきで猫の遺体の回収・埋葬のボランティアを決意。
その場にいたM少年、
他数名の生徒にも手伝うよう要請(巻き添え)。
毎朝遺体を袋に入れて回収して、校長先生に渡していたそうな。

そして一応、校長先生に塩降られてからそのまま授業へ。
(M先生は「今思うと毎日全身塩だらけで授業受けてたwwwww」と草生やしてた)


77 :本当にあった怖い名無し:2014/03/06(木) 16:55:52.27 ID:CEx7l+g40
ある日、手間取って遅刻寸前になり、
校長先生から「もういいからクラスに行きなさい」と塩撒きなしで出席。

その晩の事、M少年が寝ていると金縛りにあい、どこからともなく猫の鳴き声が聞こえてきた。
そして足元から大量の猫が体の上をダッシュ。
あーこれまで回収してきた猫たちか。
お礼でも言いに来たのかな。

と思うも、「みゃああああああああああああああ」という鳴き声とともに
顔まで遠慮なく踏まれていったそうな。
羨ましい
(顔を手でムニムニしながら「こんな感じだったよ」と言ってた)


78 :本当にあった怖い名無し:2014/03/06(木) 16:58:02.53 ID:CEx7l+g40
翌日からはそのボランティアもなくなったそうです。
話してもらったのが10年近く前だからあやふや。




☜1日1クリックの応援お願いします





12 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/20(木) 23:53:12.99 ID:EcKJL+n30.net
自分が一番不思議だなって思う体験したのは、12の時の祖父の葬式の後。
火葬とか一通りおわって、親族だけで夕飯食うかって話になったんだ。
よく覚えてないんだけど、とりあえず広い座敷で刺身とか出るところだった。
それでよく人から変に思われるんだけど、自分酸っぱい物が大好きなんだ。
だから刺身をお酢で食べたくなって、隣にいた祖母に頼んだんだ。


15 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/20(木) 23:56:23.50 ID:EcKJL+n30.net
すると前の人に「あなたも酸っぱいもの好きなの?」って聞かれた。
その声は正面から聞こえてて、見ると女の人が座ってた。
自分は当時おばさんって思ったけど、知ってる伯母さん達よりは若い気がした。
それで自分は普通に「はい、お酢とか原液で飲めちゃいます」って返した。


16 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/20(木) 23:59:30.67 ID:EcKJL+n30.net
そうしたらその女の人が、「あら、あの人に似たのかもしれないわね」って言った。
自分は「あの人って誰ですか?」って聞いたんだ。
そうしたらその人は、「あなたのお祖父さんのお祖父さんのそのまたお祖父さん」って答えた。
この時点でその女の人が言ってることは変だと思う、けど自分はその時は全然そう思わなくって、
「そうなんですか!その人のこともっと教えてください」って言って色々しゃべってた。







20 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/21(金) 00:02:42.55 ID:/Mm36tVR0.net

で、その夕食はお開きになって、
自分はその女の人に「また会ったら、そのお祖父さんの事もっと教えてください」って言って別れた。

で、祖父の三回忌、三回忌っていっても確かすぐ1年後だが2年後だかにあった。
そのときに自分は、絶対あの女の人が来るもっと色々話すんだって思ってた。
で、親父に「あのおばさん来るかな?」って話をしたんだ。


24 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/21(金) 00:07:29.09 ID:/Mm36tVR0.net
親父は「おばさんって誰だよ」って聞いてきた。
自分は「ほら、自分の前に座ってた、ばあちゃんと一緒で着物着てた女の人だよ」。
その場だと着物はその女の人と祖母しか着ていなかったから、すぐわかるだろって思ってた。
そしたら親父は「はぁ?なに言ってんだ。着物着てたのはお袋だけだったぞ。あとお前の前空席だっただろ?」って言われた。
自分は「そんなはずない。酸っぱいもの好きな爺ちゃんの爺ちゃんのそのまた爺ちゃんがいたって言ってた」って言ったら、
親父は「お前それおかしいだろ。そんなに昔なら誰も生きちゃいねぇしわかんねぇよ」。
よくよく考えたらそりゃあそうなんだよね。でも自分は「えっ」って思ってた。


26 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/21(金) 00:12:28.48 ID:/Mm36tVR0.net
三回忌にきていた親族にその女の人のこと聞きまくってたんだけど、
結局その女の人も来なかったし、皆知らないといっていた。
でも自分は今でも思うんだ。自分がおかしいことに気づいたから、その女の人が来なくなったって。
で、自分が今もオカルト追い求めてる理由が、
その人と約束した「また会ったらその爺ちゃんのいろんなこと教えてください」ってこと。
自分は今でもその人にいろんな話を聞きたいんだよね。
あと自分はたまに霊的なものをみる?けど、
その女の人と同じで最初はどんなに変でも気づかないし、生きてる人だと思って接してる。
別れてふとした時、なんであの人あんなとこいたんだって気づくことが多い。

 

☜1日1クリックの応援お願いします




189 :本当にあった怖い名無し:2009/11/16(月) 16:40:39 ID:V5gViB5UO
父親が幼い頃に体験した不思議な出来事です。 

私の父親はアメリカ人です。
父親は成人してから日本に移住しました。小さい頃から憧れていた国が日本だったそうです。 

そんな父(当時9歳)のためか、家族で日本へ海外旅行となりました。 
父はとっても張り切り、ガイドブックを読み耽り、ワクワクしながら日本に到着。 
日光や鬼怒川、新宿や浅草など、関東を巡ったそうです。
日本=忍者や侍だった父親は、忍者や侍がいないことにショックで、
わざわざアメリカから持ってきた宝物のオモチャの刀を、道端のごみ箱に捨てたらしいです。 
しかし、捨てた直後から激しい後悔にかられ、観光から帰ってきた旅館で夜中に泣いていたそうです。 


191 :本当にあった怖い名無し:2009/11/16(月) 17:05:31 ID:V5gViB5UO
皆が寝静まり静まりかえった部屋に、いつの間にか侍が立っていました。
オーマイガー状態の父親に侍はゆっくり近付いてきて、そーっと捨てた刀を渡してきました。 
父は侍に「サンキューベリーマッチ」と言い、英語で興奮気味に話しかけました。
しかし侍はニコッとしただけで黙っています。 
次の瞬間、スウーッと侍は消えました。 
父は何故か、このことは絶対内緒にしなきゃ!と思い、皆には黙っていました。 

それから一週間、観光中に何度も侍は突然現れました。 
父以外には見えていないらしく、侍は父を見て優しく微笑んでいました。 
道に迷ったりしたときは、右手をかざしてくれて、その方向へ進むと目的地に着いたそうです。 
父はコミュニケーションをとれない侍へ、自分と侍の手を繋いだ絵をかきました。


192 :本当にあった怖い名無し:2009/11/16(月) 17:41:59 ID:V5gViB5UO
アメリカに帰国する前日、侍は夜中に突然現れました。
父は下手くそな日本語で、「いっしょ、シカゴ、いこう」と言いました。 
侍は悲しそうな顔で首を振りました。
父は英語で「PLEASE!PLEASE!」と言いながら、激しく泣いてしまいました。 
侍は静かに涙を流し、色とりどりの小さな星が入った小びんを手渡しました。 
父も侍に絵をプレゼントしました。
父は侍に「ぜったい、また会えるよね」と聞きました。 
侍は淋しそうにニッコリして、スウーッと消えていきました。 

帰国し、それから二度と侍に会う事はありませんでした。 
しばらく経って、大人になった父は確信したそうです。
あのとき侍がくれたコンペイトウは、二度と会えない自分を思ってプレゼントしてくれたものなんだと。 
日本を好きになってくれて本当にありがとう。
これからずっと一人ぼっちにさせてしまってゴメンね…という意味だったんだと。

 


☜1日1クリックの応援お願いします




8:本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 04:31:46.44 ID:72ZTg+rn0

>>1乙です。

うちの故郷は東北。
じーちゃんは足が悪くて戦争には行かなかったけど兄弟…ワシの大叔父にあたる人は海軍でどこいらの海で沈められたそうだ。
何かの折りに話を聞いたのが
『白い軍服の兵士』
ロシアで戦っていた時広くて果しない平原で劣勢になると白い軍服の奴等が現れて敵軍に向かって行った。
日本兵士なのは軍服でわかるが白い物など目立って危なくて着られるものではない。
ロシア兵は当然この目立つ白い兵士を狙い撃ちしてるのだが一向に当たらない。




9:本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 04:42:25.67 ID:xX2AWAEK0



続きます。

弾は当たっているはずなのに白い兵士は倒れるどころか数を増したように見えた。
自分と同じ軍服の兵士は倒れていく。
しかし気が付いたらロシア兵は逃げ去っていた。
白い兵士もいなくなっている。
その後も『白い軍服の兵士』達は現れて、ずいぶんと助けられた。

そんな話を聞いた。
また、近所の家では行方がわからなかった息子が真っ白い軍服を着て帰って来た。
母親は泣いて喜んで今夜は祝いの馳走をするからと買い物に出て帰宅すると同じ隊に居たと言う復員軍人が息子の戦死の報せをしに来ていた。
とか…。

22:本当にあった怖い名無し:2011/07/25(月) 03:51:10.50 ID:HXYDq2c10

余談ですが、案外と『白い軍服の兵士』は有名らしくて、あれは日本全土からお稲荷さんが集まって助っ人で行ったんだと聞いたりしました。

こわいって言うか…残酷な話はたくさん知ってます。
でもワシが知ってる話をすると戦争が辛くて情けない話になってしまうのであえて身内の実話をレスしました…。

日本はね『敗戦国』なんだよ…、それくらいかな。
↑意味は推し図って下さい。






877 :1/2 :2008/06/15(日) 12:25:03 ID:tW9admlA0


おじさんに会う1年前頃、お金に困り「スナックでも働こうかなあ」と思いながら 
姉と飲んでいました。偶然知り合った隣の席の京大生の方に「貴女の守護霊さんに 
呼ばれまして、すみませんが驚かないで下さい」と言われました。そして彼は続けました。 
「貴女の守護霊さんが、“この子に水商売をさせないように忠告して欲しい”と言っています」

姉にも水商売をすることも言っていなかったので、大変びっくりしましたが、 
「どんな守護霊さんですか?」と聞きましたら、「白い着物を着たとてもきれいな若い女性です。  
貴女の先祖かどうかはわかりません」とのことでした。ちなみに姉の事も聞きましたが、
姉の守護霊さんは男性の守護霊で僕と話をしたがっていないので言えません」とのことで
姉のことはなにも教えてくれませんでしたが、私のことは、彼が予告した出来事すべてその後 
パーフェクトに当たっていました。彼が言うには「僕たちの様な人間は沢山いて、 
人助けする使命があるのを自覚して生活している」とのことで、子供の頃ある日突然 
その事に気がつくのだそうです。人助けのみその能力を使うように使命をうけているみたいで、 
「お金をもっらたり(占いなど)すると能力が薄れレベル(階級)が下がる」と言っていました。

どんなレベルか興味がありましたが、「僕は守護霊さんに呼ばれて頼まれた際にだけ忠告するため声をかけている」 
と言っていました。彼にはちゃんと姿も見えているとのことでした。 
せめて御連絡先をと聞きましたが、名前も連絡先もなにも、教えてもらえませんでした。
京大の人ということだけはわかりました。不思議な人たちでした・・

878 :2/2 :2008/06/15(日) 12:26:10 ID:tW9admlA0
私は、2度も予告され見えぬ方々に助けて貰いましたが、 
神様か守護霊様か教えて下さった見ず知らずのお二人に今は本当に感謝しています。 
おじさんには何とかまた訪ねていって酒屋の娘さんにもお礼を言いたいです・・

私自身は何かを視たりするというような事はなく、霊感の強い方では無いと思っているのですが 
時々不思議な人に出会ったり忠告を受けたり、偶然の出来事が多く、守られているなんだと 
感じることがよくあります。



 ☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ