【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 先祖系






356:自治スレでローカルルール他を議論中 : 2010/10/24(日) 14:09:17 ID: ID:qWctVM9C0

あの世のことはさっぱりわからん
地獄のような世界があること、人によって居る場所がなぜか違うこと
それが波動と関係があることくらいしか
その波動の周波数は生きてる人間も死んだ人間も同じで
その周波数が繋がる世界があるんじゃないかと感じてきた
低い周波数は、圧縮された封じ込められているような感じがする世界
高い周波数は、自由と歓喜の世界、広々としいて明るい
周波帯それこそ相当広い、各自波長が合いやすい周波帯がある
人によって幅がある
周波数を上げるしか、方法はない
明るく前向きに積極的に潔く、感謝して生きる…言葉にすると陳腐だが
どんな自己啓発本にも似たり寄ったりのことが書いてある
それが難しいんだけど、よほど霊性が高くない限り
体調が悪いと気分も悪くなるし、
悪意を向けられても悪意で返さない、それしか方法がない
悪意を悪意で返すと「カルマ」が生じる、悪意を悪意で返さなければ
悪意は放った人に戻って、こっちには影響しないから


357:↑訂正 : 2010/10/24(日) 14:10:01 ID: ID:qWctVM9C0

その周波数が繋がる世界があるんじゃないかと感じてきた

その周波数によって繋がる世界があるんじゃないかと感じてきた





360:自治スレでローカルルール他を議論中 : 2010/10/24(日) 16:52:24 ID: ID:qWctVM9C0

人の波動を追って行くと、心の世界みたいのが見えて来る
リアルな夢のような感じ
荒涼とした何もない寂しい世界に行きつくことがあるかと思えば
罵り合いいがみ合いみたいな殺伐とした世界が見えることもあるし
もっと重苦しい、兎に角苦しい出してくれって感じるほど
圧力というか、凄まじい重力を感じる世界もある、赤黒い炎が地の裂け目から噴き出すような
何もかもが虚しく無意味に感じる、真っ黒い穴もある
うっそうとした暗い森、樹海のような一度は行ったら出られないんじゃなかって
ところもあるし、真っ白い(すこしクリーム色っぽい)霧の中のような世界があったり
明るく見通しの良い広々とした世界があったり、人の心の世界も様々だ




362:自治スレでローカルルール他を議論中 : 2010/10/24(日) 18:33:49 ID: ID:qWctVM9C0

残念ながら滅多にいないけど
悪魔みたいのも滅多にみない、けどいる

悪意を悪意で返すと、毒を被る
悪意の波動とかけ離れた周波数にいると、誰に呪われようと何の害も受けない
心が澄明で平安ならば…自分に後ろ暗いところがあると
影響を受けるんだよね、気分が落ち込んだり、怒ったり、体調が悪くても…
波動を下げるのは簡単だけど、波動を上げるのは難しい




363:自治スレでローカルルール他を議論中 : 2010/10/24(日) 18:44:53 ID: ID:AyzfdREhO

受け取らなければおkですよ。
受け取らなければ、送り主のもとへ返りますので。

あとは、ご先祖供養で自分の応援団を固めておく事ですね。

死にそうな瞬間くらいしか守ってくれない、万馬券も宝くじも当ててくれない
上司に叱られてもかばってくれない、宿題も手伝ってくれない
何も変わらないけど、サポーターのネットワークで色んな人や色んな事象にもリンクしやすくなったり
回りにファンが多いので
ややこしい人達からチョッカイ出されたりしにくくなります。




370:自治スレでローカルルール他を議論中 : 2010/10/24(日) 21:01:09 ID: ID:E3QTwqbS0

守護霊というかご先祖たちも
子孫を守ることで徳が上がるみたいなシステムがあるんだろうか
しかもそれは魂の世界での「正攻法」でないとダメって事で
宝くじも馬券も当てたりはしないんだろうね




371:自治スレでローカルルール他を議論中 : 2010/10/24(日) 22:54:49 ID: ID:J4ePLDL2O

うちのおばあちゃんは優しくしてくれないと祟ってやるってしょっちゅう言ってたけどな




372:自治スレでローカルルール他を議論中 : 2010/10/24(日) 22:57:22 ID: ID:6OZkyMFN0

>>370
もしお宅が前世で奇特な人で自分の生活省みず人の貧しい人にお金を与えて
そんな一生を嘆きもせずに一生を終えたならお宅の現世は宝くじも馬券も当たる可能性
大となることだろう。
霊感もバッチシだし守護霊も実力はぞろいよ。




458:自治スレでローカルルール他を議論中 : 2010/10/27(水) 11:00:44 ID: ID:SXknd4jqO

>>370:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/24(日) 21:01:09 ID:E3QTwqbS0 [sage]
守護霊というかご先祖たちも
子孫を守ることで徳が上がるみたいなシステムがあるんだろうか
しかもそれは魂の世界での「正攻法」でないとダメって事で
宝くじも馬券も当てたりはしないんだろうね

 ↑
人は生きている間は、感謝される事もありますが
死んだらなかなかそうはいきませんよね。

でも、死んでからも誰かに感謝されたりするとアチラでもポイントがたまります。(簡単に言うとですが。)

感謝されてどんどんポイントがたまると、アチラで身動きが少しずつとりやすくなり、
更にポイントがたまると固定化しかかっていた思考も自由になって少しずつ楽になってきます。

楽になった霊から
コチラ世界に不法滞在している同じ霊籍の先祖霊を救済して向こう側に引き上げて下さる手助けをしてくれたり、
感謝ポイントを送ってくれた人(子孫)に御返しする事が出来ます。

かがみうつしの法則が働いて、ポイントをくれた人にはポイントを御返しする事が出来るみたいですよ。

子孫を守るとポイントがたまるのではなく、
子孫が先祖に感謝し敬うとポイントがたまる感じです。
そしてお互いのリンクがしっかりして来て、誰かからの余計な念や霊的干渉をバリアしてくれます。

先祖を敬い守り大事にすれば、必ず先祖から敬われ守られ大事にされます。
自分が裏切らなければ、先祖も必ず裏切りません。

そういう感じです。







オカルトランキング



424 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/13(金) 11:35:58.45 ID:SQ4PKVbt0.net
うちの実家の墓地には一人ずつ、あるいは夫婦単位で墓があって、ズラッと並んでる。
その中に一つだけ、墓石が中途半端で、上の柱状の石がなく、下の基礎部分っぽい歪な石しかない墓がある。
名前も掘られてない。
幼いころから不思議だったけど、お墓の事を根掘り葉掘り聞くのも気が引けて、家族の誰にも聞かずに変だなーって思ってた。
多分お墓が台風とかで壊れちゃってそのままなのかな、可哀相だなって子供心に不憫に思って、
墓参りの度に、他のお墓は一本ずつの線香を2本あげたり、お供えのお菓子を2個置いたり、
そういう小さいえこひいきをしていた。

小学校高学年の時、私はでかい病気をして、全身麻酔の手術をした。
本人は麻酔で寝てるから知らなかったが、予定より大変で何時間もオーバーしたらしく、
父ちゃん母ちゃんは、このまま私が死ぬかもしれんと思って気が狂いそうだったらしい。
どおりで目覚めた瞬間、母ちゃんが号泣したはずだ。


425 :>>423@\(^o^)/:2014/06/13(金) 11:37:18.84 ID:SQ4PKVbt0.net
私は手術中、夢をずーっと見てた。
断片的にしか覚えてないけど、すごい長い夢で、
ぐにゃぐにゃの道路を必死で走るとか、どんどん伸びてくる木の根っこみたいのから泣きながら逃げるとか、
結構怖かった気がする。
けど、ぱたっとそれが止んで、いつの間にか、『お兄ちゃん』と遊ぶ夢に変わっていた。
まったく知らない子。
普通なら誰だよって思うとこだけど、夢だからか『お兄ちゃん』としか思わなくて、なんの違和感もなく遊んでもらってた。
コケたらからかわれたりとかもされて、随分親しく遊んでた。
ほんとに兄妹なんじゃないかって思うほど、仲良しな感じだった。
このお兄ちゃん、何故か裾の短い着物姿だったんだけど、ほんとに何の違和感もなかった。

目が覚めてから夢の話をしたら、家族は「ご先祖の誰かが助けてくれたんだろう」って言ってたから、
そんなもんなんだろうとすんなり納得してた。
それというのも、私は本当は上に一人兄姉がいたはずで、
母ちゃんが流産してしまったから生まれなかったのだ、と聞いていたせいだ。
あんまり親しい感じの『お兄ちゃん』だったから、きっとあれは生まれられなかった私の兄ちゃんなのだろうと納得したわけだ。
そんでちょぴっと泣いた。兄ちゃん欲しかったからさ。


426 :>>423@\(^o^)/:2014/06/13(金) 11:39:26.55 ID:SQ4PKVbt0.net
で、それとは関係なく、一番最初に書いた半端なお墓に対するえこひいきを数年続けたある日、
えこひいきが母ちゃんにバレた。
10年弱気付かれないほどの、そのくらい小っちゃいえこひいきだったんだけど、
ご先祖は平等に敬え!系の説教を食らうに違いない、と私はビビった。
けど母ちゃんは「その人はあんたの恩人かもしれないからねえ」って笑った。
「どゆこと?この人誰?」って聞いたら、母ちゃんビックリ。
「あんた知らなかったの?!じゃあなんであんな夢見たの?!」
母ちゃん曰く、そのお墓はじいちゃんの兄弟の一人のお墓だそうな。
小さい頃に池に落ちて亡くなったらしく、子供だからか中途半端なお墓にしてあるらしい。
で、家族皆、その話は誰かがとっくに私にしてると思ってたらしく、
だからこそそのイメージが私の中にあって、それを元に手術中にそんな夢を見たんだ、と家族は思っていたらしい。
私は手術時点ではまったくもって知らなかった。知らずに夢に見ていた。
「生まれずに死んじゃった兄ちゃんなんだと思ってた」って正直に言ったら、
母ちゃんは涙目になって(今思うと母ちゃんゴメン、古傷抉ってたな…)「そんなはずはない」って。
母ちゃんが流産した子は、人間の形にさえなってない初めの段階で流れてしまったらしい。
当然性別も不明で、『お兄ちゃん』にはなりえないと思う。
多分、小さすぎて人間としての魂とかも備わってなかったろうって。
(このへんは母ちゃんが自分に言い聞かせたことかもしれんが)
あと、着物を着てるなんて変って。確かに。何故気付かなかった自分。


427 :>>423@\(^o^)/:2014/06/13(金) 11:41:53.76 ID:SQ4PKVbt0.net
というわけで、手術中の私と遊んでくれたのは大叔父さんにあたる人だった説が濃厚。
正直に、お墓が中途半端なのが可哀相で、手術以前からずっとえこひいきしてたって話した。
「だから助けてくれたのかもね」って。確かめる方法はないけど。
大叔父さんからしたら、毎回お菓子を大目にくれる当時の私は、
お気に入りの妹分みたいな感じだったのかもしれない。超楽しく遊んでもらったし。
私が実の兄だと思い込むほどには可愛がってもらった。
今でもちょっとお菓子を大目に置いている。
しかし蓋を開ければ自分より随分年上だったわけで、お酒とかの方がいいんだろうかとちょっと悩んでいる。
ビスコは口に合うだろうか大叔父さん…。ふかし芋とかの方が嬉しい世代だろうか。

夢の話だけではなんなので、もう一つ不思議体験。
ちなみにこの話のさらに数年後の高校時代、いじめにあって死にたくなって、
ばーちゃんのお墓の前で「頑張るけど耐えきれなくてそっち行くことになったら許してくれ」って祈ってたら、
後ろから肩をぽんって叩かれたこともある。
振り返ったら、一緒に来た家族は手の届かない遠くにいて、じゃあ誰に肩たたかれたんだと不可解。
でも嫌な気はしなかったので、あれはばーちゃんの励ましだったのだと思っておくことにしてる。

この度自分も母になったので書きたくなった。長文すんません。
ご先祖って大事ね。


オカルトランキング




824 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 18:22:22 ID:GowOvd3g0
十数年前に母方の叔父が病気で亡くなった。
部活で脚を故障してた俺は、叔父の49日の法要には出席できなかった。
で、法要から帰ってきた母から聞いた話。

法要で集まったみんなの近況を聞いていると、妙に怪我人が多いことに気がついた。
伯母1は仕事中の事故で右腕を骨折、
イトコ(伯母2の息子)は学校でふざけてて右目に怪我、
伯母3はやかんのお湯で右手にヤケド、
イトコ(伯母4の娘)は右耳が難聴、など。
なぜか右側にばかり異常がおきている。そういや俺の故障も右脚だった。
そうしたら、喪主の挨拶で義叔母(叔父の奥さん)が、
「今日まで毎日泣き続けてました。
 幽霊でもいいから帰ってきて、ってずっとお祈りしてたんです。
 でも、49日で成仏してしまうんですよね。
 これからもっと寂しくなります…」
などと言出した。
それを聞いたお坊さんがやんわりと義叔母をたしなめてくれて、なんとか法要は無事に済んだ。

後で母たちがお坊さんに聞いてみたところ、「男性の霊の障りは右側に出る」とのこと。
最近の怪我人続出は、
義叔母のことが心配で成仏できなかった叔父が、親戚のみんなにそのことを訴えていたからではないか、と。
親戚一同はあらためて叔父の冥福を祈ったとのこと。



オカルトランキング




17:本当にあった怖い名無し:2011/05/13(金) 21:31:08.17 ID:1QbPeVCT0
夢の中で警告

去年の六月頃なんだけど、死んだ母ちゃんが夢にでてきて、墓がどーたらいっている。
なんか胸騒ぎして、帰省しようと思いつつ、仕事が忙しかったんで帰るのをサボッてたら、寺から電話がかかってきた。
集中豪雨で、斜面にあるおれんちの墓が崩れかけている、って。
慌てて見に帰ったら、ホントに崩れる寸前で補強工事してもらうことになったんだけど、見積もりだしてもらったら、おれにはとても払えない大金。
が。ちょうど満期になった保険があったことを思いだして、調べたら、ぴったりの金額だった。
結局、払戻金で払ったが、それは元々は親が払った保険だった。
母ちゃん、もしやコレみこして払ってたんではなかろうか。確かにおりは甲斐性のない息子だが。
なんともいえない気分でした。

おれの伯父さん(故人)も昔、「死んだ親父が夢にでてきて、『義一(伯父の名前)、おんどりゃあ家が流されるちゅうのに、なんしとんじゃ』と怒られて、もしやと墓をみにいったら、増水で敷地が削られて墓石が倒れていた」と話してたけど。
いやはや自分にも、こういうことが起きるとは思わなかった。
ご先祖様は大切に・・・・





オカルトランキング



886:名無しのオカルト 2017/04/09(日)08:13:59.94 ID: WtSpdzL20.net

先祖供養を神社の神様にお願いするのってあり?

888:名無しのオカルト 2017/04/09(日)10:28:06.49 ID: stBtEGiC0.net

>>886
家の宗旨による
代々神道で神葬祭してる家なら春日大社はなんかやってた気がするが、そもそも
神社で先祖供養系の祈願を受け付けてるところ自体が稀じゃないかな

仏教の家なら順当にその宗旨で
別の宗旨であっても亡者供養の本尊として適している観音や菩薩、如来にお願いするのがいいだろう

祈祷で人助けしてる人のサイトでは、亡くなった方の家系の宗旨でやってあげないと
かえって不具合が生じるとか
先祖供養は自分だけでなく子孫や他の血縁者にも良くも悪くも影響が出かねない行為なので、
素人判断でめったなことはしない方がいいと思うよ




889:名無しのオカルト 2017/04/09(日)11:21:13.38 ID: igmHR6CE0.net

>>886
今、仏教から神式に変えてる人多いよ




890:名無しのオカルト 2017/04/09(日)11:32:49.94 ID: 8FvA2vAx0.net

>>886
まず供養という言葉自体が仏教のものだからね。
仏教の葬式で弔った先祖の冥福を祈りたいなら素直にお寺へ。

神葬祭で送られた故人は祀られて子孫を守るという感じになるので
神に死者の冥福を祈るのはおかしいことになる。




892:名無しのオカルト 2017/04/09(日)12:57:59.59 ID: stBtEGiC0.net

>>889
自分の葬儀を神葬祭にしたいならそれでいいけど、
>>890も書いている通り過去すでに仏式で葬儀した先祖に関してはその宗旨でやるべき

先祖供養とは何か
相手がもっとも欲している”生前にやっておくことができなかった善行による徳”を
子孫が肩代わりしてプレゼントしてあげること
本当に相手に喜んでもらいたい贈り物は相手の好みのものを調べて選ぶだろう
欲しくないものを送っても喜ばないばかりか怒らせる場合があると聞く
特に生前その宗旨を信心して亡くなった方に、まったく違う世界観の宗教を
押し付けたらどう思うか想像してほしい




893:名無しのオカルト 2017/04/09(日)14:23:06.31 ID: 18MVkTU00.net

>>892同意
このスレの人はよく見聞きして知っている人が多いと思うけど、宗派替えは
トラブルの元になりやすい。

日本の歴史上、檀家制度が導入された後に人生を送ったご先祖さんは
自分が死んだら子孫はその宗教宗派で先祖供養を行ってくれると
思っている訳だからね。

宗派替えするならご先祖さんに十分な断りを何度も何度も繰り返してから
にしないと「なにやっとんじゃ〜!うちは代々OOのやり方なんじゃ(怒)」
とそれまで安らかに眠っていた先祖まで騒ぎ出すことになる。
(霊能者の書いた本の中に浄土真宗の西と東の作法の違いで
先祖が文句言うエピソードなんかもある)

生きている自分の信仰は公序良俗に反しない限りなんでもOKだけど
日本人なら先祖供養は家系の宗派に沿ったものにしたほうが良い。

※但し浄土真宗は先祖供養をしないので供養したかったら
天台・真言・修験道の祈祷寺院で依頼するのは構わない。
浄土真宗も法事を行うが、他の宗派と違って先祖供養に見えるけど
やっていることは阿弥陀如来への報恩のお参りなので
先祖への供養回向じゃない訳よ。




912:名無しのオカルト 2017/04/09(日)19:24:09.32 ID: C+DU8VyU0.net

>>886
結論を書けばあり。
というより墓参りは古神道からきた祭祀。
古来から日本の古神道では先祖崇拝が基本。
古代の人は五穀豊穣・子孫繁栄が主な望みでしたから、元々は先祖を崇める事で性としての側面、つまり子孫の繁栄を願ったと言われています。
人格神を祀り、御霊を鎮めるなんて例は沢山あります。
これらに仏教が習合した結果、現在の墓参り信仰があるのですよ。
墓参りが仏教的だったなら輪廻転生なんて存在できない事からも伺えます。
仏教だけでに考えると「先祖が守ってくれている」なんて考えは出てこないですし。




887:名無しのオカルト 2017/04/09(日)09:13:17.67 ID: HKvFRry60.net

大国主様ならアリでは?
幽冥主宰大神という肩書きもあるし




895:名無しのオカルト 2017/04/09(日)16:33:23.17 ID: 6yaCtGna0.net

逆はよく聞くけどな、
仏式から神式に変えたらご先祖さまが安心して供養されたって話。
神式にして先祖が供養されて運気も上がったて話はよくよく見るな
俺も俺の代になったら速離檀し神式にするつもり




897:名無しのオカルト 2017/04/09(日)17:07:30.27 ID: stBtEGiC0.net

>>895
先祖が「供養」ってなに?成仏の間違いかな

現代人のように宗教観念の希薄な人生を送った人なら了承もなしに突然
宗旨替えされても特段文句が出ないのかもしれないけど、ガチ信仰してた人は
やっぱり非常につらいらしいと聞くが、その話の元ネタなどあればkwsk聞いてみたいな

先祖といっても直系以外は血縁者がねずみ算式に増えて膨大な数になっていき、
中には江戸時代からの檀家制度とは相いれない信念・信仰を持っていた人「も」
いる可能性は否めないね。しかし全体から見ればかなりの特殊例かと

最近の、仏式→神式もしくは無宗教形式の葬祭の流れは、喪主側がガメつい檀那寺と
モメたりとか、実家から離れて独立したから実家の宗旨に何の思い入れもないから、
とか、供養する側(ぶっちゃけお金出す側)の事情が目立つね




902:名無しのオカルト 2017/04/09(日)18:10:10.25 ID: S+qKIcL90.net

900
わかる。
先祖が仏式が辛くて神式にしたら無事いったのも聞くし
逆のバージョンも聞く。
結局ここは自分の信仰の押し付けしかないんだよね
しかも○○では先祖が苦しむとはんば脅迫みたいなことしてくるからたちが悪い。




914:名無しのオカルト 2017/04/09(日)19:28:59.85 ID: J7xd41Ij0.net

今でいう供養の祖霊を慰めるという考え方は神道のもの。
供養を神道的に言うなら「鎮魂(たましずめ)」や「慰霊」
本来の仏教には祖霊信仰の概念はなく、供養という言葉は仏に供物を捧げるという意味。

神道の葬儀を「神葬祭」
○周忌、○回忌などの年忌法要にあたるものを「霊祭(れいさい)」や「御霊祭(みたままつり)」などといいます(○年祭)。




917:名無しのオカルト 2017/04/09(日)19:32:17.91 ID: ZXkNa30h0.net

今も外国の仏教では葬儀も供養も法要もある国はあんまないよ
日本の場合は神式で死者をまつっててそれを仏教が取り入れた珍しいケース。
当然神社でも供養を行なう場所もある。






オカルトランキング

↑このページのトップヘ